「ほっ」と。キャンペーン

光と闇に生きることの意味

みなさん、こんばんわ★

今日も無事で地球が守られたこと、天と地に感謝します^^!

きょうは娘が風邪で体調を崩してしまい、病院へ行ってきました。
合唱コンクールとやらが近づいていて、実行委員を引き受けた彼女は中学最後とあって気合が入ってるようで、熱があっても練習に行く!と言い出す始末ww
いいけど・・私に移されると厄介だし(>_<)

病院で薬をもらってきました!
帰りには「お寿司とデザートが食べたい!」と元気そうに言うので、ホッとするやらムカツクやらwwでしたが(^_^;)

今日は光と闇について「わたし」を例に書いてみました♪
「光」や「闇」という言葉について述べるとき、その定義はたくさんあります。
ここでは心を象徴的に捉えながら、無意識と意識、潜在意識と顕在意識、あるいはスピリットの世界から見た「光と闇」を定義として述べてみたいと思います。

 ★
私は小さい頃から「暗い」こと自体が好きな一風変わった子でした。
みんながマル・○を選べば、私はシカク・□を選び、赤を選べば黒を選びます。暗い押入れや閉じた空間が大好きで、明かりのないところでは怖いどころかドキドキワクワクしていました。
元気のいい笑顔で写る写真はほとんどなく、いつも下を向いて怒っているような冷たい顔の写真ばかり。
温かいものより冷たいものが好きで、太陽より北風が、夏より冬が好きでした。
早朝より夕方の空気が、私を慰め、励ましてくれると信じていました。

こう書くと大体の人は「暗い子」というイメージを持ちますね!(笑)
でも決して根が暗いわけではないんですよ^^♪

そういった意味からも「私」という人間は小さい頃から「闇」を好んで生きている子どもなわけです。

b0213435_18425271.jpg

このような私にとって、闇は恐怖ではなく友達です。
夜や暗闇、見えないものを怖がることはない代わりに、見える人間の言葉や態度など人の明るさが恐怖でした。

友達や家族と仲良くするためには、相手が「闇」を好きかどうかにかかっていた!と言っていいほどで、「光」が眩しすぎたり相手が熱い人だったりすると、もうダメです。
優しくされるのも苦手ですし、善を心から信じることはできず「偽善」としか認識できなかったような、ふざけた青年期だったと思います。

これがいったいなぜなのか、どうして私は普通の人と同じように楽しく明るく生きることができないのか、ずっと理解できませんでした。

精神分析心理学で有名なカール・ユング博士のことが大好きで、難しい本が友達(・_・;)♪だったのですが、それもおそらく私の闇と無意識がそうさせていたからだと思います。

その後も私は深層心理学、象徴哲学、精神世界の教え、宗教、神話などあらゆる方面から自分の闇を解き明かそうと学び続けてきた私でした。が、どーもしっくり納得いくものと出会えませんでした。

それが・・・古代マヤの宇宙観、暦の思想、サインや守護者の特性を知ったとき、全ての謎が解けたのです!

私の闇が闇である所以も、光が遠いものであった意味も、認識できたのです。
驚きでした~。

b0213435_18441016.gif

私はマヤでいう「死(CIMI)」というサインのもとに生まれています。
「死」は人間にとっては身近でありながら、近寄りたくない恐怖と絶望の行き着く先ですよね。究極の闇といってもいいほどかもしれないですね。

しかしマヤでは「死」は怖いものではなく、大地に祝福されたサインで、見えない世界の橋渡しであり、見える世界とあの世をつなぐ縁結びの役までもっています。
暗闇を愛し続けていた私に「死」の守護者がついていた!
死という言葉が祝福につながった!
キリストの十字架につながった瞬間でした。

マヤ・ツォルキン暦を象るデイサインは20個あって、10個が「生」のグループ、そして後の10個は「死」のグループに属しています。
そしてお互い一つずつパートナーをもっています。
「死」は「コーン」がパートナーですが、コーンは太陽のように明るく、愛と強さの象徴です。

納得でしたね。
私は本来の姿は「死」ですが、他方すごくアグレッシブで明るく、純粋な精神を持っています。それは私にとっては「コーン」の側面だったわけです。

闇を愛し、生と死の世界を見分けてつなぐことができるんだ! そう思ったときから、古代マヤ文明とその叡智、思想、暦の世界観を織り込んだ「マヤ占い」はお役立ちツールになりました(^_^)/~

b0213435_18462913.jpg

光に生きる人は闇が怖いはずです。闇に生きる人は光が怖い・・・
けれど闇は決して悪ではないし、光が常に正しいわけでもありません。

どうでしょう?
あなたはどちらのグループですか?
ご自分の存在は光が中心ですか?それとも闇ですか?

b0213435_1856719.jpg
無料マヤ占い



最終的には闇は光と結合するのですが、そこにいたるまでの間に、間違った方向へ行こうとしてしまうと「苦労」しますよ♪^^

◇光(生)のグループ
 ワニ・夜・ヘビ・シカ・水・サル・コーン・ワシ・香・嵐
◆闇(死)のグループ
 風・トカゲ・死・ウサギ・イヌ・道・ジャガー・コンドル・ナイフ・祖先

光のグループは「東」と「西」の性質にわかれ、闇のグループは「北」と「南」の性質にわかれます。


現在2012年のカレンダー製作中です!お楽しみに♪
来年12月21日には長期暦5125年が終わり、新しい時代が創造されます。

個人的には新しいグレートサイクルが始まると、人は光と闇の融合を目指し、見えない世界と見える現実、精神世界と科学が手をとりあう社会が形成されると信じています。

恐るべし「マヤ占い」!
お試しくださ~い(^_-)-☆

人気占い師ならエキサイト

[PR]