「ほっ」と。キャンペーン

マヤカレンダー「シカ・8」の日に♪

みなさん、こんにちわ☆

今日の朝も寒かったですね・・"(~_~;)

今晩~明日にかけて天気よければ双子座流星群が観測できそうですが♪

~ふたご座流星群、14日夜ピークに~

 クリスマスを前に、天文ファン必見の天体ショーが繰り広げられる。毎年恒例のふたご座流星群が、米国時間12月13日から14日にかけての深夜(日本時間14日夜から15日未明)にピークを迎えるのだ。

b0213435_1194479.jpg

長時間露光で捉えた、星の軌跡を横切るふたご座流星群の流星。アリゾナ州の隕石クレーターで撮影。Photograph by Jonathan Blair, Corbis

 2011年のふたご座流星群では、色とりどりの流れ星や特に明るい火球が夜空を彩るとみられている。だがこうした華やかなショーを目にできるかは、観測タイミング次第とのことだ。

「観測に最も適した時間帯は、月が出る前で空がまだ暗い、世界各地の現地時間で午後9時前後だろう」と、シカゴにあるアドラープラネタリウムの天文学者ゲザ・ギュク氏は述べている。満月を過ぎて間もない月が昇ると、比較的暗い流星はその明るさに隠れて見えなくなってしまうからだ。

 晴天に恵まれれば「北東の方角を向き、まだ地平線近くの低い位置にあるふたご座から発する流星を観測することができる。ふたご座はこの流星群の放射点で、名前もこの星座からとられている」とギュク氏は説明する。

 ギュク氏によると、「もう1つの観測に最適なタイミングは、14日(日本では15日)の早朝、世界各地の現地時間で午前2時ごろだ。この時、流星群の放射点は天頂近くの高い位置に達する」という。

「この時間帯に観察する場合は、月の光を避けるために西を向き、天頂付近から流れ落ちてくる流星を探すのがお勧めだ」。

 同流星群のピーク時には、都市郊外でも1時間あたり30~40個の流星を確認できる。周囲に街の明かりがない場所であれば、1時間あたり最大100個の観測も可能だ。
(ナショナルジオグラフィック ニュースより)


また、私としてはびっくりするくらいぴったりの時間にビックニュースが目に留まりました(*^^)v

12月14日 0時0分
「ヒッグス粒子 発見へ“大きな進展”」

物質に質量がある起源とされ、理論的に存在が予言されながらまだ見つかっていない、「ヒッグス粒子」という未知の素粒子について、国際的な研究グループが記者会見を開き、「実験の結果、発見に向けて大きな進展があった」と発表しました。現代物理学の大きな謎を解く、歴史的な発見の可能性が高まっています。

記者会見は、スイス・ジュネーブ郊外にあるCERN=「ヨーロッパ合同原子核研究機関」が、13日に開きました。実験は2つの国際的な研究グループが行い、CERNに建設された、1周27キロ(山手線と同じ規模)の、巨大な円形をした加速器という実験装置を使い、光とほぼ同じ速度まで加速した陽子どうしを正面衝突させて、宇宙が誕生した直後のエネルギーの高い状態を再現し、そのときに生じるさまざまな粒子を観測しました。その結果、ことし10月までの実験で、ヒッグス粒子の可能性がある粒子の存在を示すとみられるデータが、2つのグループともに得られたということです。これについて研究グループは、「実験に大きな進展があり、かなり興味をひくヒントが得られた。発見と言うには十分ではないが、この謎を解くのに長い時間がかかるとは思わない」として、来年中には最終的に確認できるとする見通しを示しました。現代物理学の標準理論では、宇宙はヒッグス粒子で満ちていて、物質を構成する素粒子はヒッグス粒子とぶつかり合って動きづらくなり、その動きづらさから、質量が生まれたと説明されています。標準理論で存在が予言されながら、まだ確認されていない素粒子は、ヒッグス粒子だけで、世界の物理学者が長年にわたって探し続けてきました。今回の発表で、現代物理学の大きな謎を解く、歴史的な発見の可能性が高まっています。
by NHKweb


これらは時の事象として偶然に発生したことではないと思います。


マヤカレンダーからみると2011年12月14日は

シカ・8(祖先を祝うマヤの祝日)・ナイトロードG5(ミクトランテクウトリ)
---------
祖先トレセーナ
-------------
道・12 イヤーベアラー(年の守護者)

具体的に説明すると長くなるので、簡単にいいますと

「人を支えるパワーある年の、祖先アハウの神が時を見守る周期に、死の神と自然・文化を守る守護者(シカ)が地球で手を取り合って祖先に感謝を捧げる日」

となります。
双子座から流れくる流星群は天からの贈り物。
そして神の粒子は現代物理学の大きな謎を人類に知らしめるために、存在の証として具現化させたもの。
ではないでしょうか?^^


今日は自分の守護者にも感謝しましょうね。

ひとりひとりの人間には、マヤでいう「ナワール」という時を担ぎながらその人を守護する存在がちゃんとついてくれています。

自分だけでどうしようもない問題や悩みは、守護者に頼ってみるのもいいかもしれませんよ!

そして守られているときには、感謝してこれからも守ってくれるようアハウに祈りましょう♪

b0213435_11274917.jpg


★ウーマンエキサイト
2012年の恋愛運・仕事運をマヤ暦で予測!

今週は働く女性に向けてのメッセージです^^
まだまだ続きますよ~ お楽しみに♪
[PR]