「ほっ」と。キャンペーン

海底・地底でいったい何が?!

みなさん、こんにちわ☆

ようやく「春」ですね~
桜がとてもキレイです!

日本人にとって桜は、新しい始まりを予感させる象徴的な花ですものね。

キリスト教では8日は「復活祭」・イースターでした。
イースターは春分の後の最初の満月の日の次の日曜日。と決まっているので、2012年は4月8日「夜・7」の日となりました♪
b0213435_11541163.png

キリストが死後3日目にして甦ったことを記念し、春の自然の甦りを祝うお祭りです。
そしてイースターの日から数えて40日目がキリスト昇天祭「アセンション」の日です。
2012年5月17日がその日ですが、マヤ暦では「風・7」ケツァルコアトルがピラミッドの頂上に座する日!となります。

b0213435_11544446.jpg

4月から5月にかけてどんな不思議ミラクルが起こってくるのか楽しみです(^_-)-☆

気になるニュースがあります。

2010年4月20日、メキシコ湾沖合80kmで起こった大事故「2010年メキシコ湾原油流出事故」は記憶に新しいですよね。
BP社の石油掘削施設のパイプが折れて大量の原油がメキシコ湾へ流出した痛ましい事故でした。1日5,000から25,000バレルが流出していたといわれています。
b0213435_1156829.gif

ウィキペディア「2010年メキシコ湾原油流出事故」

今回は海底ガス田での天然ガス流出事故です。

スコットランドのアバディーン東240kmほどに位置する北海で、ガスプラントからガスが漏れているという環境にも被害を与えそうな事故です。
b0213435_11572555.gif

3月25日、スコットランドの北海上エルギン油田・ガス田で発生し、掘削基地で作業していた約240人が緊急に避難しました。

一時は爆発も危惧されていたようです。何らかの原因で流出したガスが発火すれば大惨事になりかねないとして、緊急に流出を食い止める必要があると指摘していました。

プラントの周囲20万立方メートルもの範囲では、現在も地下から一日に28万バレルもの天然ガスが漏れ続けているというのです。
エルギンのガス田ははるかに浅い海底にあり、ガスは石油に比べて爆発しやすいため早急な対応が求められています。
b0213435_12101538.gif

b0213435_11582088.gif

数日がたちようやく "ヘルファイター"と呼ばれる石油掘削装置の爆発などの災害専門家が現場に入ったとニュースにはあります。
この状態が回避修復されるまで半年は続くなどと書かれていますが、どうなるのでしょう!

元記事:デイリーメール・サイエンス
画像はデイリーメール記事のスクリーンショット

b0213435_12144240.gif


Total gas leak: Greenpeace says infrared shows extent of gas cloud

日本では北朝鮮の弾道ミサイル発射関連の報道記事に関心は向けられていますが、北海でおきている海底ガス田での天然ガス流出事故は、エネルギー資源問題として福島原発事故にも関連し、今後人類が地球滅亡させないために考え学びとらなければならないとても重要かつ重大な問題だと思います。

スピリチュアル的にみるとキーワードが「エネルギー」「海底」「地底」「人工」「掘削」として大変気になります。
日本でも海底掘削船・ちきゅう号が、次世代天然ガス資源「メタンハイドレート」の海洋産出試験に向けた事前掘削を遠州灘で行っていたことでも有名です。

メタハイ試験終え清水帰港 深部探査船「ちきゅう」

今、地球の大地の底や海底が傷つけられているのです!

((((;゜Д゜)))

『お知らせ』
☆Coming Soon!!
b0213435_12193755.gif

☆春の応援キャンペーン
3月10日~13日 ⇒ 人気占い師ならエキサイト

[PR]