「ほっ」と。キャンペーン

10月1日にシンクロする新たな始まり!

みなさん、こんばんわ★

昨晩の台風直撃、大丈夫でしたか?!
爆風の強さには驚きましたね。(~_~;)

あれだけの強風をどうやったら一瞬で起こせるのか?
ふしぎですねー!
自然界のもつエネルギーに人力は太刀打ちできませんw

マヤ暦では10月1日の今日から「嵐」の13日トレセーナ周期にはいりました。

嵐のトレセーナを見守るマヤの神様は「トラロク」という光と雨・雷の神です。
文化・教育の神々に属し「シカ」ナーカルの守護神でもあります。

b0213435_19171266.jpg


天界13神のうち第8番目の神として君臨していて、破壊された世界の統治者として霊的な光と雨を通して人間に共振・調和・共鳴の大切さを知らせようとされています。が、その表情は「激怒している」ほどに怖いと伝えられています。

洪水をおこすか干ばつとなるかは、トラロク(チャックの神)の意向によると伝えられることから、古代マヤでは生け贄を捧げていたこともあるといわれます。

嵐の周期を目前に雨風の強い台風がやってきたので、びっくりでした。
また南米コロンビアの南西部では日曜日、マグニチュード7,4という大きい地震も発生してしまいました。

また、たくさんの古代遺跡が存在するといわれているシリアでは、アレッポの町での政府軍と蜂起軍との間の先頭で、ユネスコの保護の対象となっている中世の市場が破壊されたそうです。
シリアでのユネスコ遺産の破壊を思うと、マヤのスペイン征服を思い出してしまいます。
どうして人間は愚かなことを繰り返してしまうのでしょう!

シリア ユネスコ遺産が破壊される

30.09.2012, 11:35
シリアの町アレッポでの政府軍と蜂起軍との間の先頭で、ユネスコの保護の対象となっている中世の市場が破壊された。BBCが伝えた。
9月28日、市場では火事が発生し、その原因は銃撃戦だった。 シリア政府軍は蜂起軍による文化遺産の破壊に警鐘を鳴らしており、古代博物館局のマアムン・アブデル・ケリム局長は、シリアでは国際マフィアが活動しており、イラクおよびリビアでの混乱でその活動はより活発化しているという。


人は「象徴」がどれほど人間にとって大切なものかをあまり知りません。

Wikipediaによる「象徴」とは・・

象徴(しょうちょう)とは、抽象的な概念を、より具体的な事物や形によって、表現すること、また、その表現に用いられたもの。

○言葉としての定義
日本語における「象徴」という言葉は、使用法から細分した場合に、次の様なものがある。

あるものを、その物とは別のものを代わりに示すことによって、間接的に表現し、知らしめるという方法。
抽象的な概念、形のない事物に、より具体的な事物や形によって、表現すること。
ある事物の側面、一点を、他の事物や形によって、強調表現すること。


とあります。
その他にも学術的な定義、精神的な定義、芸術における用法、人文的な意味などについて書かれています。

さらに「徴(しるし)」として・・

人間以外の存在が示した象徴はしるし(徴、英: signs)と呼ばれて区別される。宗教的には、信仰対象が人に与えたものと理解され、現実に示される予兆や奇跡のほか、啓示や懺悔(の発端としてのひらめき)など、人の精神世界に直接示されるものが含まれる。

キリストにおいて、「預言者ヨナのしるしのほかにはなんのしるしも与えられない」と述べられている。

聖書には奇跡として多くのしるしが示されている。またキリスト教でのしるしは神の実在の証と考えられ有意に探し求められるものだった。

古代の祈祷や占いで得る神託・予言は、しかるべき手順を踏んで得た「徴」から意味を読み取ろうとするものである。供物や音楽・踊りを捧げて儀式を行ったり、命がけで危険な行為をする等は、行為や状況を通して自然そのもの、或いは超自然的な存在から何か特別な「徴」を得る為の手段であり、「徴」を人間が理解可能な「象徴」へと置き変える手法であると表現できる。


象徴は私たちの住む日本にとって、とても身近で大切なものであるように私は思っています。

今日10月1日、JR東京駅丸の内側の赤れんが駅舎が復元工事を終えて全面開業したそうです。

「辰野式」と呼ばれる、褐色の化粧れんがに白い花こう岩を帯状に配したデザインとビクトリア調のドームは、約100年前の創建当時の姿を忠実に再現。ドームの天井は鮮やかな黄色で、えとのレリーフやワシの彫刻が見どころだそうです。

b0213435_1926021.jpg


東京駅の顔としてその存在を知らしめることになる赤レンガ駅舎とドーム天井は、やはり日本の1つの大切な象徴として2012年に復活させる必要があったのかもしれません。

また天皇は日本においては「象徴」的存在です。
日本国憲法第1条は、天皇を日本国と日本国民統合の「象徴」と規定しています。
そして現在の天皇と皇后は「日本の平和を祈る」象徴として、日本国民が平和であるようにとその使命を果たしておられるのではないかと深く感じております。
(天皇は森の王・シカの一族、皇后は愛と豊饒の女神・ウサギの一族です)

10月の始めに「嵐」が時の守護者として時を担ぐためにやってきたことは、マヤの世界観からみればとても重要な意味をもっています。
そしてそれは象徴に結びつく大切な「時のオラクル」であると感じます。


・東京駅が100年前の姿を復活させたこと。
・「嵐」のトレセーナが10月1日に「1」から始まったこと。
・10月1日から東京丸の内が光のイルミネーションで飾られるようになったこと。

様々な始まりが「復活」や「光」などと融合している時の事象を重ねてみると、マヤ暦の告げる新しい時代の到来は近いのではないかと感じています!

★お知らせ★

日経ウーマンオンライン「あなたの性質をマヤ占いで診断」がリニューアルされ、新たに復活することになりました♪
b0213435_19353643.jpg


日経ウーマンオンライン会員限定コンテンツでは、毎日・毎週のマヤ占い運勢が、マヤのデイサイン別に掲載されています!
仕事にお金に恋愛に、目標や夢についても多方面から占っていますので、ぜひご登録くださいませ。
o(*^▽^*)o~♪

またマヤのコラム記事も掲載されることになりますので、お楽しみに!(*^_^*)

b0213435_19341875.jpg


マヤ暦占いをエンジョイなさってくださいませ~~♪

おまけw|;゚ロ゚|w

◆世界にある「14の謎の古代遺物」

b0213435_1947013.gif

http://karapaia.livedoor.biz/archives/52102488.html
[PR]