マヤ占星学と曼荼羅・修得中★

皆さん、こんにちわ(^_^)

2014年の春分3月21日をはさんだ数日間は、チチェンイッツァのククルカンピラミッドをはじめ、あちらこちらのマヤ遺跡群には、何万人もの観光客が訪れていたそうです☆
b0213435_18281698.jpg

古代マヤ文明を発祥としたマヤ暦や神話、そしてマヤ族の天文学的知識と暦から解読された時読みの術は、個人、集団社会とそれぞれのあり方において、その土台をもとに少しずつ次のステージへと移行しているように感じています。

マヤ遺跡のカスティーヨピラミッドから放たれた叡智の光は、2012年12月21日をピークとして現代に生きる私たちの世界観に大きな影響を与えました。

過去からの歴史的産物や文化遺産の承継、あるいは精神世界に与える黙示的な啓示、宇宙との関わり方に対する異なる視点や認識力、またアセンションや惑星意識への移行についても、大小の違いはあれど認識を促してくれたことは否めません。

時代が次の光ステージへと変化しつつある中2014年の春分をむかえ、光の蛇ククルカンは再びチチェン・イッツァのピラミッドに降臨しました。

b0213435_18290226.jpg
エネルギーとパワーを感じます★

ただ・・私の中では、2013年の秋分、アイソン彗星が最も太陽に接近した11月、マヤツォルキン暦が「ワニ」がアセンション後にナイトロード「G1」と結合し、新たな始まり・統合、大いなる意思決定とともに満月と重なった12月で、ステージは既にスライドしてしており、それからというものUFOらしきに遭遇したり、パラレルワールドとのデジャブが始まったりして、今年の春分になると一気にすべてが落ち着いています。
何かこれから大きく変化していく、というような時ではないのかなぁと感じます。

上の内容に関連する記事:
アイソン彗星・宇宙からのメッセージ
立冬はワニのパワー全開です!
光のライン天・地・冥をつなぐ!
パラレル宇宙がシンクロ☆
・「ワニ5」の日の記事:光やスピリットが目に見えるようになる時代


それ以来マヤ天界13神オシュラーフンティクからうけるエネルギーはさらに天を押し拡げていて、古代、西洋、東洋を統合していこうとする巨大な渦の力を引き起こしながら宇宙を一点に閉じ込めようとする、あたかも宇宙における「ブラックホール」の中心で引き寄せるエネルギーが生じているかのようなそこはかとない脅威を感じてはいます。

私はといえば、次のステージで必要となる惑星意識をさらに押し広げて古代マヤの体系理論にシンクロするものを見つけよ!とのミッションを与えられておりまして、古代象徴神話、西洋占星学、そして東洋曼荼羅の共通点を見つけなければならず(;゚∀゚)、さらには現代に生きる私たちの心にどんなメッセージを投げているのかを読まなければならないので大変なことになっております(/_;)

これも私がこの時代のこの時に生まれた意味と使命なので、逃れられないのでございます(笑)

地球にあるすべてのピラミッドは宇宙の真理を告げる暗号です。なのでまずはマヤピラミッドから!とピラミッド暦の数秘を説き出したら、驚くべき発見がありました。何とエジプトの3つのピラミッドに匹敵する象意を見つける事ができたのでございます!!Σ(@ω@;)
b0213435_18441905.png
今はまだお伝えできませんが、いずれ体系が構築できてきた時にはお知らせしたいと思います♪
ピラミッド意識の象徴ってこんな感じです(^_^)

b0213435_19063174.jpg
ドバイにあるピラミッド型の居住施設「ジッグラト」
太陽光、蒸気や風力を使った自給自足のエネルギーシステムで100万人の人口を支えるそうです。
A Video About Dubai's Pyramid City, Ziggurat
(紹介動画)
 
COOL!


おっと・・・(´・ω・`)?

何だかオーパーツに似てるかな!?
b0213435_18523711.jpg
学ぶってだから面白い!o(*⌒─⌒*)o