マヤ人類滅亡説から2年!

みなさん、こんばんわ★

今日は2014年12月21日ですが、皆さんはマヤの人類滅亡説を覚えているかしら?!

b0213435_22391673.jpg
マヤの予言として恐れられていた2012年12月21日「人類滅亡説」から、ちょうど2年が経過しました。

新しいカトゥン・サイクルが始まって2年。マヤ的な視点から見ると、地球も人類の意識も本当に変わってきているように思えます。

随分と深いところへ下降していくグループAと、グングン高みへと飛翔していくグループBとに二極化してきたのがこの2年。そして明日22日の冬至から今度は互いが引き合いながらあるいは性質の違いを認め合いながら、スパイラルになって結合していく。そんな始まり・・・


明日の冬至は特別な冬至だそうです。

「朔旦冬至(さくたんとうじ)」と呼ばれ、新月と冬至が重なる年の冬至のことで、19年に1度しか訪れないとのこと。

冬至の日、伊勢神宮宇治橋の大鳥居真ん中から太陽の光一直線に-冬至祭も(伊勢志摩経済新聞)
b0213435_22370395.jpg
古代の暦においては、その出発点を「朔旦冬至」においていました。これは、月が朔(さく:新月)の日で冬至と重なる日が19年に1回おとづれるということで、それを基準に暦が作られたとあります。
暦の正確さは、政治が正しく行われていることの証(あかし)であるとして、朔旦冬至は盛大に祝われたそうですが、どこか最近日本でもそんな様子を聞いたような・・アベノ・・とか。。(;゚∀゚)


b0213435_22342783.jpg
古来から「冬至」は極限まで弱まった太陽が復活し、新しい太陽が昇ってきて新しい太陽のサイクル(日が長くなる)を迎える「復活の日」として神聖視されてきました。

マヤ暦でも今年の冬至は「ヘビ」トレセーナ周期の「サル・7」で次の日が「道・8」で人生を祝うマヤの祝日。

天において神聖な血の継承者であるヘビの守護神が時の座にすわり、地においては幸せと喜びを尊んで人生を虹色に織り上げていこうとするサルのナーカルが太陽を担いで昇ってくる!
さらに次の日はマヤ暦「人生を祝う日」として2015年を担ぐ年の守護者「道」が新たな始まりの太陽を担ぎます。

この幸せに預からないのはもったいなーい!o(・д´・。)○オ━━ッ!!

b0213435_22325722.jpg
マヤ的には東と西のレイラインが1日中開いておりますゆえ、朝は軽く太陽に向かって微笑み、夕には大きく深呼吸をしてその息を腹に飲み込む。そんな気持ちで時の守護者が放つ風の香りを感じていただけたら、新月冬至の祝いの儀も魂の中におすすわけされることでしょう☆

明日は皆様にとっても古代マヤ暦にとっても第3ステージへと向かう新しい始まりの日です。

b0213435_22320417.jpg
滅亡論を信じている人にはまだまだ修行は続くよ〜〜と一言添えて、幸多かれと祈ります♪