願望成就のための「秘伝」

夜中のあいだにやっと水星が順行に戻ったようですが、いやはや今回は(前回もでしたがw)通信機器ではマジで悪戦苦闘しました047.gif

アップルケアサポートセンターのスペシャリストの内線番号までもらっちゃったくらい、Macと格闘しましたヨw

その後も毎日何がしかの障害がおこり仕事にも支障をきたしておりました(;´д`)トホホ…

でもこれにはぜったい理由があるはず!
b0213435_12594974.jpg
そうです。コレコレ!079.gif

お日様が昇る夜明け前、今日から月も加わって水星・金星・土星・火星・木星と太陽系の惑星らが空で集合するわけですから、星読みや暦、時を詠むという時神に対してなんとも畏れおおいことをしている者にとって「天の洗礼」というか「通過儀式」をうけたような感じΣ(゚Д゚;)

なので自分なりに「時のナーカル」と厳粛に向き合っておりました。


でも悪いことばかりではなく、逆行のなかで生じているマヤのシンクロがいい引き寄せもおこしてくれて、何といいますか

「超大変031.gifだったけど、超ラッキー!016.gif

みたいな感覚・・(笑)


で、あと少し!みたいな23日、マヤ暦は「ウサギ」のトレセーナに入ったわけです。

24日は仕事もてんやわんやな感じでいたのですが、パソコンもまだ調子悪いし・・とヤフーニュースを見たらびっくり!005.gif


過去最大の素数発見、2233万8618桁 米大学教授

米セントラルミズーリ大は21日、1とその数自身以外では割りきれない素数を研究している同大のカーチス・クーパー教授(計算機科学)が、過去最大となる約2233万桁の素数を発見したと発表した。これまでより約500万桁大きい。

これまでの最大は、2013年にクーパー教授が見つけたn=57885161(1742万5170桁)。今回はn=74207281が素数であることを約800台のコンピューターを駆使した計算で突き止めたという。3で始まり1で終わる2233万8618桁の数字だ。稼働させていた計算プログラムは、昨年9月17日に新たな素数を見つけていたが、関係者が発見に気付いたのは今年1月7日だったという。
Yahoo!ニュース

私的にはヤバくてじっとしてられないキーワード!071.gif066.gif
・「3」で始まり「1」で終わる
・22338618桁の数字
・2015年9月17日 計算プログラムが新たな素数を発見
・2016年1月7日 関係者が発見に気づく
・2の「74207281」乗

b0213435_13482314.png
7+4+2+0+7+2+8+1=31
3と1がつながったやんか!

マヤ数秘では
「1」は統合、統一、連帯、始まり、創造の第1ステップ
「3」は結び合わせる、協力、認め合う

2+2+3+3+8+6+1+8=33
3と3のぞろ目?
3+3=6

「6」は流れを生み出す、生産、生命のバランス

数霊でみてみた。

「1」ひ・・・ものごとの始まりを示す数霊。原初の響き。
「3」み・・・一つの完成を示す数霊。ものごとの理をなす。バランスよく調和されたかたちが作られていく。
「6」む・・・ものごとが生成する産霊(むすび)が整う数霊で、横の働きを示し、安定をもたらす。結び。
「33」・・・女神と賢者のエネルギーを両方もつ魅力的な数霊。

2015年9月17日・・マヤ暦 「祖先・3」ナイフ周期
死とアンダーワールドを支配する死の神ミクトランテクウトリ(ナイフ周期)が、若くて美しい愛と美の女神ショチケツァール(祖先)と協力し、結ばれた日


2016年1月7日・・マヤ暦 「道・11」風周期
創造の神によってイヌに変えられ、宝と火を見守る女神チャンティコ(風周期)が、竜舌蘭で酔わせる虹の女神パテカトル(道)と一緒に空気を入れ替え、エネルギーを解放しようと働いた日

祖先と道は相性がよい。


今回見つかったこの素数を、普通のA4サイズの紙に印刷すると、約1万枚必要になるそうです!

3から1へと数がつながって、女神はアンダーワールドの神と結ばれる!!
しかもウサギ周期に入って報道されるって、どーよ!

立春に向かい「ウサギ」の周期運は?



b0213435_14243639.jpg
というわけで、本題にはいります(前書きながっ!!)







このお正月、初詣とかにいって願いごとを天や神様にお願いした人、きっと多いですよね!

○○が叶いますように
受験に合格しますように
恋愛が成就しますように
商売繁盛しますように。。。。

b0213435_14322553.jpg
神頼みするわけですけど、そうはいっても「叶うといいな」程度。あるいは「叶わないかもしれないけど、一応お願いしておこう」みたいになって、ついでに「神にお願いしても努力するのは自分!」とえらく頑張っていくわけですね。

「幸運が訪れますように。」

とか

「願望成就しますように。」

といいながら、頑張る!アレレレ!?(・_・;?


占い師といっても私も人の子ですから、普通に個人的なお願いもしかとしますし、お祈りもします。


ただ、私のお祈りとかお願いは普通とは少し違うかもしれません。

「天」「宇宙の創造者」「サムシング・インテリジェンス」「神々」の支配している世界は、「お金」とか「チャンス」みたいなちっちゃなものじゃなくて、「理」とか「摂理」「宇宙の真理」とか「力」「権威」「尊厳」「愛」「神秘」「時」「天使」「悪魔」「惑星意識」みたいに、人間が関与できない世界の動きですよね。


で、私が日々使わせていただいている「古代マヤ暦」「マヤ世界観」「マヤの象徴体系理論」などは、「時」だったり「神話」「シンボル」「関係」だったりを知るために有用であり、人間界に生じている引き寄せ現象も含めて、天の力を借りて解き明かしていかれるわけです。



b0213435_15401643.jpg
では「秘密の技」をお伝えしましょう!


願いを叶えるためには「自力」で頑張るのをぐっと我慢しなくてはなりません!!!
それは「天の力」を信じていないことに等しいから。

なわけです。



それと「叶わないかも」とか「できればお願い」みたいな「不安定な願い方」はやめましょう。
意味ないから。


叶わないことをお願いして何になります??


どうしても叶えてほしいことは、しっかり真剣に魂と精神をこめて、天なる神にお願いする。


お願いをしっかりしたら、その時が来るのを信じて、しっかり待つ!
「いつ?」とか天が直接知らせてくれるはずがない。

時を読みながら、ひたすら信じて「待つ」
努力するのは「毎日信じて待つ」ことだけ。

願い事に向かって努力するのなら、それは自力でがんばりましょう!


魂をこめて天に祈って願ったら、かならず叶います。

叶う時期とか、方法とか、どんなかたちで?とかは、天にまかせましょう。
そこまで叶いたいなら、そこまでちゃんとお願いしてくださいね。


古代マヤ暦のなかには、時の神様(ナーカル守護神)が住んでいます。


だから私の願いは叶っているわけですね〜〜♡
b0213435_13460429.jpg
cu