古代の音楽が超ロック?!

皆さん、こんばんは。

北朝鮮が戦闘仕掛けてこなくて良かったですね。
でもまだまだ油断は出来ませんよ108.png
この世の中には、戦争したら得する人たちがいるのは本当ですからね。

この世界には、私たち一般人が知ることのないよう、黒いベールで覆われているもう1つの世界がある。
それは事実なのですが、知らないことは幸いなのかもしれません。



みなさんは「古代の言葉」を耳にしたことがありますか?
考古学者や古代語研究学者ならともかく、ふつうはあまりないですよね。

古代シュメール語らしき言葉やマヤ語も含めて数か国の古代語が聞けるので、下にリンクしたYouTubeの動画でちょっと聞いてみてくださいね♪




どうでしょう。
魂の記憶が共振するような言語イントネーションはありましたか?

もっと遡れば言語を獲得する前の人類は、音や歌でコミュニケーションしていました。
メソポタミアやシュメール文明以前、チグリス・ユーフラテス川麓の大地では、どんな音が奏でられていたのでしょう?

こんな感じ?

A Hurrian Cult Song from Ancient Ugarit




The Oldest Written Melody in History c.1400 BC!!!



私はなぜか「古代(ancient)」という文字を見ると無意識に引き寄せられてしまい、すべての作業が中断してしまうから困ったものです(汗


きょうは「3400年ほど前に楔形文字で書かれた古代音楽」に関する記事を見つけたので、ご紹介しようと思います。

The ancient song recreated from 3,400-year-old cuneiform tablets

b0213435_20431631.jpg

元記事:Ancient Origins


2014年にカリフォルニア大学バークレー校の学者たちは、WFMUの報告書によると、3,400年前の古代の楔形文のテキストの解読と研究の後、メソポタミアの古代の音を生き生きと蘇らせました。

テキストとして知られている古代の楔形タブレットは、3世紀から1世紀にかけての時代を経て、1950年代初めにウガリトの古代シリアの都市で発見されました。 彫刻された写真や考古学的発見から差し引かれたように、使用された楽器の種類を除いて、これまではスメロ・バビロニア音楽は事実上知られていませんでした。

魔法、芸術、工芸の分野を監督したシュメールの神エンキ/エア神の芸術と考えられていたものの、理論と実践については完全に暗闇の中でした。しかしこの壮観な発見は、古代スメリア人とフーリア人の学術的な追求の広範な側面を明らかにしています。

このコレクションの中で、4つの単一の楔形文字のテキストと5つ目のテキストグループには、複雑な音楽理論と表記法、そしてこれまでに発見された最も古い完全な楽譜の3,400年前のカルト賛美歌が含まれていました。
粘土状の錠剤の断片には約40の賛美歌がありましたが、これらのタブレットの1つだけが、ニカールのHurrianの賛美歌がほぼ完成しています。 タブレットには、果樹園の女神、ニカールの賛美歌のための歌詞と、9弦のサムム、ハープのタイプ、またははるかに可能性の高い抒情詩を伴う歌手のための説明が含まれています。 1つまたは複数のタブレットには、ハープをチューニングするための説明も含まれています。
Hurrian言語の解釈が難しいため、テキストの意味は非常に不明であり、これまでに1つの解釈しか提案されていません。ここに簡略化された英語版があります:

I will (bring x?) in the form of lead at the right foot (of the divine throne)
I will (purify ?) and change (the sinfulness).
Once sins are) no longer covered and need no longer be changed,
I feel well having accomplished the sacrifice.

(Once I have) endeared (the deity), she will love me in her heart,
the offer I bring may wholly cover my sin
bringing sesame oil3 may work on my behalf
in awe may I ...

The sterile may they make fertile,
Grain may they bring forth.
She, the wife, will bear (children) to the father.
May she who has not yet borne children bear them.

私は(右の足で)(玉座の)鉛の形で(xを持っていく)
私は(浄化される)、変化する(罪深い)。
いったん罪が犯されると)もはや覆われなくなり、もはや変更する必要はありません。
私は犠牲を遂げたことをうまく感じています。

(私がいったん持っている)endeared(神)、彼女は彼女の心の中で私を愛し、
私が持っている申し出は、私の罪を全面的にカバーするかもしれません
ごま油3を持って来るのが私のために働くかもしれない
恐怖の中で私は...

彼らは滅菌されて肥沃なものになるかもしれないが、
穀物が生まれるかもしれない。
彼女は妻に、父親に(子供たちを)負わせます。
まだ子供を抱えていない彼女がそれらを耐えられるように。


1960年代にカリフォルニア大学アッシリオ論教授のアン・ドラフトン・キルマー(Anne Draffkorn Kilmer)が1960年代にその楽曲の解釈を発表し、以来他の古代の学者が独自のバージョンを発表しています。 カリフォルニア大学バークレー校のKilmer教授とRichard Crocker教授は、古代近東音楽に関する情報を題材にした「Sounds From Silence」というオーディオブックを出版しました。
付属の小冊子には、 上記の歌が来る。 彼らはまた、歌の最初の聴衆が聞いたことに近い、抒情詩で演奏された "古代ウガリット出身のウリリア人のカルト歌"と題した歌の解釈をリスナーに与える。

Google 翻訳を使って訳したものです。以前に比べると最近の翻訳機能は確かに改善されていますね!

すごいですね。「沈黙からの音」というCDを出したそうですから、興味ある方は聞いてみるのもいいかもしれません♡

Sounds from Silence

SOUNDS FROM SILENCE
b0213435_21360535.gif

Mesopotamian Music Fragment



外国人の方のコメントを読んでいたら「ヮ(゚д゚)ォ!Led Zeppelinの”天国への階段” ”Stairway To Heaven” の出だしに似てる!」と書かれていました。
"Led Zeppelin - Stairway To Heaven (NOT LIVE) (Perfect Audio)"

確かに!
どうですか?そんな感じがしませんか?!
古代音楽がロックのルーツだったのかもですね~