マヤ神聖暦「新しい始まり」

こんにちは。

一気に「夏」モード全開な週末ですねー105.png174.png

「聖なる時間次元」や「妊娠周期」ともいわれている「マヤ・ツォルキン(神聖暦)カレンダー」は、260日で1サイクル(1年)します。
またツォルキンは「人類」と「天」を結びつける周期だともいわれています。

260日は20×13=260から成り立っていて
「20」は人体の手足の指を足した数であり「小宇宙・内宇宙」のメタファーです。
「13」は、マヤ宇宙の時のピラミッドの階段が「13」段階あることのメタファーだともいわれています。

b0213435_16564068.jpg

マヤ暦を知ることは、自分という人間が秘めている「内宇宙」を知り、太陽系を含めた「外宇宙」や「天」への階段を昇りながら、天と地のつながりや誕生の意味を知る、ということにもつながります。

「ワニ1」から始まって「祖先13」で終わる、壮大な宇宙の絡繰りを孕んだマヤ宇宙神話を象徴する世界観です。


今年2017年は「7月8日」が「祖先13」で終わり
「7月9日」から「1ツォルキン」神聖暦がスタートします。

何世紀が過ぎても変わらない普遍的な「古代マヤの暦」体系は、人間意識の脱皮と成長をあらわし、受胎から誕生へ、そして誕生から未来へ向けての果てしない旅の道しるべを示しています。

b0213435_17004164.jpg
2017年7月9日をマヤ暦で表すと上のような表記になります。


世の中には常識や科学では説明できない事がたくさんあります。
人間の誕生や死も、運命を予感させる神秘的なものや超常現象もその類の1つでしょう。


マヤ暦でこの世界や日常を見てみるとき、不思議なことを説明することの意味、意味付けする意味などに「意味がない」ことがわかります。
人類は、自分の思考や頭脳で説明に紐づけて、自我意識を納得させたいだけかもしれません。


運命があろうがなかろうが、超常現象を見たことがあろうがなかろうが、そのことに自分が足掻いて翻弄されていなければ、ただの時間や事象の流れにすぎないということです。


自分を超越する意識、サードアイという視点、覚醒されて統合された自分は、肉体をもつ自我意識から離脱することが容易です。


これから始まる「1ツォルキン暦」「妊娠周期」に何が誕生することを期待できるかしら?

ここでいう「妊娠」は「メタファー」です。
転職したければ、付きたい仕事の種を育てることが妊娠中必要でしょうし、愛がほしければ、愛の種をみつけて自分の心の大地に植えないと、愛の花は咲きませんね。


明日「ワニ1」の始まりは満月です162.png177.png(^▽^)



どんな1ツォルキンを過ごし、次にどのような実りを得るかは
あなた次第!なのですよ♪

b0213435_17171879.jpg

時間のとらえ方について、公式サイトにてコラム掲載しております。


Have a special great weekend!!124.png



by cimi666 | 2017-07-08 19:10 | マヤ暦