カテゴリ:マヤ暦新しい時代( 42 )

悩みなんか吹っ飛ばせ♪

みなさま、こんにちわ。016.gif016.gif

ミラクルワールドのブログ更新、久しぶりとなりました。
皆様お元気でお過ごしになられていたら嬉しいです☆

今週21日はいよいよ「春分」ですね〜♪
マヤ遺跡のチチェン・イッツァには光の蛇ククルカンの降臨を見ようと、たくさんの人が集まっていくことでしょうね!パワーもらえますものね☆
b0213435_22393263.jpg
こちらのブログには、今でもたくさんの方が訪問してくださっています。

これまで記事を書いてきたポータルサイト様やマヤ暦コンテンツを配信して下さっているサイト様、他にも全体の6割前後はキーワード検索でのぞいて下さいますm(_ _)m


2012年はマヤ暦最大の時代イベントがあったので、月に1万以上あるいはマヤ文明ドキュメンタリーテレビやニュースなどが放映されたりすると週に1万ページビューものアクセスがございました。060.gif058.gif

b0213435_22483435.png
今日からコンドル周期♪17日の星模様です。

たくさんの方が読んでくださるというのは、ブログを書くものとってはすごく励みになるんですね! 
マヤ的に不思議なことやシンクロが見つかると、すぐパソコンに向かって記事を作成していたのを思い出します。


ブログを書くこと自体は仕事ではないのですが、占いを仕事にしていると、お客様にはもっとマヤの叡智や神秘学を知ってもらいたいと思いましたので、しょっちゅう書いていましたね。 
特にマヤ暦の話題では他のブロガーさんもあまりいなかったので、私も一生懸命だったのかもしれません♪
b0213435_22413789.jpg
ただそれだけに結構プレッシャーもあったりしました。


日経ウーマンオンラインさんの占いコラム記事も連載していましたし、もちろんメインのお仕事である鑑定もありましたので、毎日パソコンに向かったまま1ヶ月を過ごすなんてことはざらにありました。

私の場合はもともとパソコン入力の仕事をしていたり、ライティングの仕事をしていたので、ウェブページや記事を作成するのは苦ではありませんでしたから慣れでしていましたが。
もう10年近く前から書き続けていますので、ほとんどネットオタク病みたいなものでしょうか。(笑)


「魔法のブログからから★」から弓玉ミラクルワールドへお引越ししてきて4年。

正直少し「書く」プレッシャーから解放されたかった!という気持ちもあります。

また幸か不幸か(;゚∀゚)昨年は私にとってまさに大変化の年でした。
シカ年とか道、風、香年とかいう「イヤーベアラー(年の守護者)」の脅威を見せつけられた気がします。
同時に年の守護者は、恐ろしいものだけでなく「前に進むためのヒント」も一緒においていってくれます。


病気、家族、死、挫折、無力、困惑、不安・・

そういった人間のもつ「罪の性」のようなものへの認識不足を知らされ、向き合わされた気がしております。
グリーフケアみたいなもの、とっても大事だと思います!
私の魂は、いつの間にか自分の運命に謙虚さが足りなくなっていたのかなぁと反省しました(;゚∀゚)


b0213435_22471572.png

また最近ボチボチと視点を変えたブログを始めました。
「魔法」「宇宙」「不思議」「占い師」「マヤ」キャラから、少し違った世界や別カテゴリーへ意識を引越ししてみたくなりました。
こちら。。 「NIPPON 「占」オタCUL☆」
相変わらず変人ブリは進化しておりますようで・・(;゚∀゚)003.gif006.gif037.gif


そちらでのブログを始めてみようかな。と思ったきっかけがいくつかありまして、そのうちの1つが「お悩みフェス」というイベントと「酒井日香」さんというとっても面白い占い評論家さんでした。

もちろん私もこのフェスに参加します☆053.gif053.gif
b0213435_22542875.jpg

お悩みフェスの正式名は
「第1回お悩み相談フェスティバル」hp

フェイスブックページ


4月4日(土)11時から18時まで、YMCAアジア青少年センターにておこなわれます。
入場はお一人様千円ですので、お時間のつく方はぜひ遊びにいらしてくださいね。

癒しフェアとか占いイベントとは趣が少し違っています!


先月、フェスに参加されるブースの方々との説明交流会がありまして、出かけてきたのですが、少しどころかかなりのカルチャーショック!を受けました。

ジャンルが「占い」とか「スピ」とか「癒し」とかだけじゃないんです!!


とにかく何かに「悩んでる」ことを解決するためのプロ集団とでも申しましょうか。。
プロのようにうまく写真をとる方法とか、健康チェックとか、起業するためのテクニックとか・・とにかく一人で悩んでないで、悩みを解決するプロがたくさん集まるから、いらっしゃいよ!気軽に!!みたいなノリなのです。

セミナーもとっても魅力的なトークをされる人気講師ばかり!イベント主催者には「酒井日香」さんの他にオネエ講師もいらっしゃる!Σ(( ̄д ̄; )

「悩み」をひとくくりにしたフェスというのが私の琴線に触れまして、今は触発されちゅうでございます。


そしてもう一人の影響力半端ない「酒井日香(さかい にちか)さん。
b0213435_22590567.jpg
酒井さんとご一緒させていただき、お話をするチャンスもございまして、何時間かぶっ続けお話させていただいたのですが、彼女のなかにはめちゃくちゃ不思議な生命体が住んでおられるようでした。

とてもご苦労されていまして、それでもひたすら書くことを使命としてブログも書籍もイラストも書き続けてきて、今ではブログのアクセス数も凄い勢いで伸びているとのこと。納得という気がします☆


彼女、本当はとってもあったか〜い人なのです♪037.gif058.gif049.gif

ちなみに彼女も元占い師だったそうです。

彼女はマヤ暦で見ると「コンドル」で、浄化と癒しと許しのキブと言われるデイサインです。
悩みとか胡散臭いものを「浄化」するのが使命なのかも♪とお話していました。

彼女の面白いブログはこちらです。

作家・占い評論家 酒井日香の「占い死ね死ね♡」ブログ溝鼠NEO



こちらのミラクルワールドのブログは、マヤ暦関連のことで面白い発見をしたり、マヤ占いの記事書くときは、こちらへ投稿しようかな。と考えています!

よかったら別顔の私のブログもご覧くださいね!
http://ameblo.jp/uranai-otacalture

第1回おなやみ相談フェス、お待ちしていまーす☆
とーってもリーズナブルな料金で、マヤ暦鑑定やマヤ曼荼羅を作成できますよ♪



皆さん、こんにちわ★

いよいよ大晦日ですね。
2014年も今日で終わり…(〃´-`〃)
b0213435_11103154.jpg
2014年元旦の始まりを担いだマヤのナーカルは「ジャガー周期」の「コンドル」でしたが、大晦日年の終わりを担ぐのは「ナイフ周期」の「祖先」となります。
「北」の属性をもつ「ジャガー」と「ナイフ」が13日周期を担いでいるのにたいして、太陽(キン)を担ぐ日のサインは「南」の属性をもつ「コンドル」と「祖先」が担ぐという年でした。 それだけでその年の傾向が見えるわけではありませんが、北と南という反対の特性が引き合い、せめぎあった年でもあったように思います。

2015年はというと、元旦は「ナイフ周期」の「ワニ」で始まり、2015年の大晦日は「風周期」の「ヘビ」で終わります。北の属性が周期を担ぐのは2014年と同じですが、日のサインは「ワニ」も「ヘビ」で、どちらも「東」の属性です。
b0213435_11074926.jpg
春分と秋分や年の守護者の影響も受けてその年の傾向や特徴などがみえてくるのですが、このようにサイン、周期、惑星や月との関係など様々な角度から1年をみていくと、おもしろい発見や新たな気づき、不穏な気がかりなどが見つかったりしますので、古代マヤ人の知恵にはほんとに驚かされ、そしてハマってしまいます(笑)
面白いですよ(^_^)!072.gif

今年もたくさんの皆様にご縁をいただき繋いで紡いでいただきました。
本当にありがとうございましたm(_ _)m016.gif


お電話や対面鑑定などで「ブログいつも拝見してます!」「ツイッターフォローして毎日チェックしてます♪」「一度話しを聞いてみたかったです!」とたくさんの声をいただき、大変嬉しく思っております☆
先日はわざわざ新幹線にのって遠くから東京まで鑑定にお越しくださったお客様がいらして、感激してしまいました!

b0213435_11082764.jpg
私にとって2014年は、子どもや母に突然の病という試練があったりして、不慣れな看護に手がとられ仕事にあまり時間がとれず集中できなかったり、ブログ等も更新できなかったりして、皆様にはとってもご不便をおかけいたしました。
ごめんなさいw(´・ω・`)(´-ω-`))

でも私という人間は、どうやらアセンションして悲観的にはならない生き物になったらしいです。
たとえ世界が滅亡しようが死と向き合うことになろうが、おそらく何があっても肯定的に前を向き、ひたすら前を向いて歩いては人を支えていく、そんな生き方をするのだとおもっています。

それが私なのかなぁと思わされた1年でした。
怖いものがない!というほど怖いことはないのかもしれません。047.gif042.gif

来年は仕切り直します(^_^)

また違った自分になって、今までとは違うステージへ向かって、ホップステップジャンプしていきたい!そんな願いをこめて、マヤの体系や暦研究をしていこうと思っています。
b0213435_11073958.jpg
そういえば朝方、すごいリアルな夢をみました。

アンガールズの田中さんが、隠れ家風のレストランで私に食事をご馳走してくれたのです!!(笑)
何で田中さん??!汗042.gif
そこへオーナーの女性がやってきて「お連れ様がおいでです」と。

そこへ現れたのが沢尻エリカ様!Σ(・∀・|||)ゲッ!!053.gif

どーよ、この夢シチュエーション!?

夢といってもほぼ現実のように色もあり、レストランの風景も詳細も全部覚えてまして、まじこわばる!!
そこですぐにマヤのデイサインを調べたわけですが、そこでまたビックリ!(◎_◎;)

田中さんは「ジャガー6」で沢尻エリカさんは「死13」
お二人の誕生日は田中さんが2月8日、沢尻さんが4月8日。
お二人とも「6」がつく年に生まれており、田中さんと私は同じ水瓶座。

私のサインは「死8」で、誕生日は2月4日生まれです。
田中さんは私の未来のサインで、沢尻さんは私と同じサイン。

2014年の始まりは「ジャガー」周期で、マヤ暦の新年は「死」の周期でした。
光の蛇ククルカンが降臨して西の神殿にお入りになられた周期も「ジャガー」周期でした005.gif005.gif

ジャガーが何か隠れてるものを明らかにしてくれちゃう??
6、8、13の力で魅了する何かを???

・・・・
b0213435_11080809.jpg
こういう夢をみちゃいますと、マヤのナーカル守護神は何かを私に伝えたいはず!
調べて解き明かそうとしちゃうので、時間なくなっちゃうわけなのですw(笑)


ということで、今年は皆様にたくさんのご愛顧を頂戴しまして本当にありがとうございました。


海外旅行中の方も、渋滞に時間を奪われている方も、仕事中の方も、大掃除中の方も、まったり休日モードの方も・・・・

どうぞ皆様良い新年をお迎えくださいませm(_ _)m

天が災いを遠ざけ、福をもたらしてくださいますように♪



みなさん、こんばんわ★

今日は2014年12月21日ですが、皆さんはマヤの人類滅亡説を覚えているかしら?!

b0213435_22391673.jpg
マヤの予言として恐れられていた2012年12月21日「人類滅亡説」から、ちょうど2年が経過しました。

新しいカトゥン・サイクルが始まって2年。マヤ的な視点から見ると、地球も人類の意識も本当に変わってきているように思えます。

随分と深いところへ下降していくグループAと、グングン高みへと飛翔していくグループBとに二極化してきたのがこの2年。そして明日22日の冬至から今度は互いが引き合いながらあるいは性質の違いを認め合いながら、スパイラルになって結合していく。そんな始まり・・・


明日の冬至は特別な冬至だそうです。

「朔旦冬至(さくたんとうじ)」と呼ばれ、新月と冬至が重なる年の冬至のことで、19年に1度しか訪れないとのこと。

冬至の日、伊勢神宮宇治橋の大鳥居真ん中から太陽の光一直線に-冬至祭も(伊勢志摩経済新聞)
b0213435_22370395.jpg
古代の暦においては、その出発点を「朔旦冬至」においていました。これは、月が朔(さく:新月)の日で冬至と重なる日が19年に1回おとづれるということで、それを基準に暦が作られたとあります。
暦の正確さは、政治が正しく行われていることの証(あかし)であるとして、朔旦冬至は盛大に祝われたそうですが、どこか最近日本でもそんな様子を聞いたような・・アベノ・・とか。。(;゚∀゚)


b0213435_22342783.jpg
古来から「冬至」は極限まで弱まった太陽が復活し、新しい太陽が昇ってきて新しい太陽のサイクル(日が長くなる)を迎える「復活の日」として神聖視されてきました。

マヤ暦でも今年の冬至は「ヘビ」トレセーナ周期の「サル・7」で次の日が「道・8」で人生を祝うマヤの祝日。

天において神聖な血の継承者であるヘビの守護神が時の座にすわり、地においては幸せと喜びを尊んで人生を虹色に織り上げていこうとするサルのナーカルが太陽を担いで昇ってくる!
さらに次の日はマヤ暦「人生を祝う日」として2015年を担ぐ年の守護者「道」が新たな始まりの太陽を担ぎます。

この幸せに預からないのはもったいなーい!o(・д´・。)○オ━━ッ!!

b0213435_22325722.jpg
マヤ的には東と西のレイラインが1日中開いておりますゆえ、朝は軽く太陽に向かって微笑み、夕には大きく深呼吸をしてその息を腹に飲み込む。そんな気持ちで時の守護者が放つ風の香りを感じていただけたら、新月冬至の祝いの儀も魂の中におすすわけされることでしょう☆

明日は皆様にとっても古代マヤ暦にとっても第3ステージへと向かう新しい始まりの日です。

b0213435_22320417.jpg
滅亡論を信じている人にはまだまだ修行は続くよ〜〜と一言添えて、幸多かれと祈ります♪


秋分☆2014

皆様、こんにちわ(^_^)
今日は9月23日「秋分」でございます!
b0213435_13582953.jpg
マヤ暦だけでなく地球意識にとっても神々が集う天と地のつながりの場においても、陰陽においても色々な意味で春分・秋分は大切な意味を持っていますね。
ちなみにツイッターにはちょっと書いたのですが
「秋分は、太陽が北寄りに位置しているのか南寄りに位置しているのかを示す「視赤緯」の値が「0度」になる。実際には微妙な差で23日11時59分6で+0°2’で、24日になると12時3分2で−0°21’になり、プラス(陽の気)からマイナス(陰の気)、あるいは天界13神オシュラーフンから冥界9神ボロンティクの影響に変わる。ここから春分まではずっとマイナス」なのです。

マヤの世界観で重要な役割をもつ「ククルカン」ですが、今日は秋分なので「マヤ・アステカの神々(新紀元社)」から引用しながら、さらにククルカンは今年に対してどんな働きと影響をもっているのかも合わせて少し紹介してみようと思います。

「空飛ぶ羽根毛をもつ蛇」「ククルカン」「ケツァールコアトル」「グクマツ」は皆同じマヤ・アステカの神さまのなまえです。
b0213435_12180088.jpg
上の画像はケツァールコアトル(ククルカン)がピラミッドの頂上に立っている様子です♪


ククルカンは風の神であるとともに、学問やさまざまな文化を人々に伝えた神であり、さらに人間にトウモロコシの栽培を教えた農耕の神でもあるとされる。一説ではククルカンは人々に残酷な「生け贄の儀式」をやめるように諭し、そのことが暗黒神テスカトリポカとの争いの原因にもなったという。まさに善神中の善神という感のあるククルカンであるが、ときとしてハリケーンをもたらし、人々を苦しめることもあったようだ。

ユカタン半島にチチェン・イッツァという大都市国家を建設したイッツァ族は、ククルカンをその部族の守護神にしていたとされ、チチェン・イッツァーの都市遺構の中心部には、その端正な容姿が魅力の「ククルカンピラミッド(エル・カスティーヨ)」が建てられている。

b0213435_1304215.jpg
ククルカンピラミッドの四方には基壇上にある神殿に登るための石の階段がつけられている。その階段の数はそれぞれ91段あり、合計で364段、これに頂上の基壇を加えると、マヤ暦の「太陽暦」で1年の日数になるよう設計されている。またその北の階段の欄干部分には蛇の彫刻が施されており、毎年、春分と秋分の日の午後、太陽の光によってその欄干が、あたかも光の蛇が降臨するかのように光り輝くという、極めて精密な造りになっている。

b0213435_0214077.gif
b0213435_017643.gif
今年、春分に光の蛇ククルカンを降臨させたトレセーナの守護ナーカルは「道」。
世界が従来あるべき道(タオ)へ戻るようにそのナーカルの種を蒔かれたのでしょう。そして陰に転じる秋分のククルカンを降臨させる守護ナーカルは「ジャガー」!
ジャガーのトレセーナの守護神は風の神、そう!ククルカン(ケツァールコアトル)なのです。
そういう意味ある偶然によって暦はなりたち、守護神は時の中央に座して人類の道を開いては閉じて行く。
そんな壮大な物語が人類全体にも一人一人の個人の上にも降り注がれていく「秋分2014」なのでございます☆

b0213435_1442837.jpg
2012年にククルカン神殿から解き放たれた光の柱ライフセーバーのパワーは、すでに別次元の意味を人間の心の中にあるいは無意識の中に降り注がれています。

ことし、何が変わりましたか?
今、何か感じていますか?

それは能動的なものや意思から生まれでる主張などのようなものではなく、自然に流れる風のように、運命に頼らない受動的なものの可能性が高いです。

何をすべきか?ですって?

特別な何かを真似する必要などありません。

ただあるがままに「あなたらしさの道」を大切に思うこと。
そこに光の蛇ククルカンは降臨されるはずですから(^_^)♪

b0213435_1444598.gif
024.gif

みなさん、こんにちわ☆

社会的時間の回転が早くなるのと同時に、引き寄せパワーが尋常でないほど強くなってしまい、自分でもわけが分からない状態にあってブログの更新が出来ず、ごめんなさいm(_ _)m

この間、マヤ暦では15日「イヌ・7」で満月を迎え、マヤツォルキン暦での大晦日を迎えていました。
そして16日「サル・8」で神聖暦の新しい始まり・元旦を祝い、17日は「道・9」で次の260日サイクルがスタートしています。
b0213435_15030468.jpg
(picture from maya tecum)

5月に入ったのと同時に、およそ15冊ほどの書籍を一気に読む事になり(実際はナーカルからのコマンドで読まされてますが!)、さらに神秘の解析量がはんぱなくなり、エネルギーが強まっていることもあって身体中の産毛が立ってるくらいテンション上がるし、占いのお仕事より別のお仕事が忙しくなっているし。。という状態が続いております。

私たちは二つの時間をもっています。
一つは限りがある、と思っている日常の社会的な時間。もう一つは始まりと終わりがつながっている永遠という時間。です。
そしてその両方が自分の中でチクタクチクタク動いているわけですが、この二つの時間のスピードがあわないと大変になります。
今の私のように。。
b0213435_15104686.jpg
時間に追いかけられてるのに、大切な時間ばかりがもう一つのスパイラルに盗まれる。
時間が足りないのに、まるで時間を気にするな!というかのように無制限に私を本の中に縛り付ける。

困りますね。。

スノーデンの「暴露」を読破し、うーんwと考えているその瞬間、これを読んで♪と「チベットの死者の書」を読まされました。

「フリーメーソン」を読んでから「ギリシャ神話」「歴史と神話の心理学」を読んだすぐ後に「シリウス星と謎の古代空間」から「世界の見方の転換」を読む事に。。。そして今から読むのが「千の顔をもつ英雄」です。

意味不明な動きでしょ(^_^;A
読まされる本にどーも統一性がない。
b0213435_15115477.jpg
でも何だかやっと全体像の「輪郭」が見えて来たような気がしています。

私がこれからつけなくてはいけない「仮面」や演じる必要がある「トリックスター」の側面が。

アトランティスカードを購入しました☆
アトレンティスカードには、オカルト的なスピリットの記憶と秘儀が入っているようです!(ノ∇≦*)
解き明かしをしながらも何故かレムリアの記憶が残っていて、既に知っている気がしています。
b0213435_15134544.jpg
今週もまだ忙しいですが、また更新がんばりますm(_ _)m(^_^)


更新に間が空いてしまいました。ごめんなさいm(_ _)m007.gif

2月は立春前後から体調不良になり、大雪や思わぬプチトラブルがあったりと今月は不調でした。。そのうえ毎年恒例の確定申告準備がありましたので、雑用雑事に追われながら時間と領収書や伝票の山と格闘しておりました(・ω・ ;)(; ・ω・)

その間も福島の原発では恐ろしいほど高濃度の放射能汚染水が漏れ出したり、ソチオリンピックが私にはなぜかアスリートを利用した国家戦略による牽制に見えちゃったり、日本ではあっという間に次から次から曰く付きの法律や制度改正が通ってしまっていたり、あれほどネットでは話題だったビットコインが見事にはめられてしまったりと、様々なことに揺さぶりがかかり世界が動いていましたね。

今朝おきて、うつろに横を見た瞬間、小さくて茶色い「ゴキブリ」が長くて細い髭をヒクヒクさせながら歩いているのを目にしてしまいました042.gif085.gif
ヤバい!!何これ?!ゲッ! Σ(oдО;|||)

寝起きからどん引きする状態で。。。

昨夜、どこかのサイトで「2月末頃に現れる小さなゴキブリを見つけたら、ホウ酸団子を置いておくと、巣にもってかえるので全滅させられやすいよ」という記事を読んだばかり!
何なの〜〜この変な共時性は!!
シンクロするところが違うでしょ!

まったくついてない2月でした。(笑)

でも明日28日「ジャガー9」で2月も終わります。
3月1日は新月「ワシ・10」!
気持ち新たに頑張りたいと思っています。
b0213435_18255121.jpg

今日はUFOとマヤつながりの記事を見つけたので少し紹介します。

アポロ計画によって月に降り立った宇宙飛行士らとNASAとが会話した非公開のスクリプトを公開しています。
これが真実なら、やはり驚いちゃいますよ!!

「E.T.接触の証拠となる【聖杯】を盗んだ者を探し出す!」

80年間もメキシコ政府によって秘密とされてきた古代マヤ族と宇宙人との接触の証拠は、政府によって考古学者らに情報公開されました。いずれそれらの文書は解明され、地球外生命体との接触については、明らかとなるだろうと言われています。
b0213435_18264613.jpg
以下グーグル翻訳機能を利用して訳した文章です。

「彼らは露骨にNASAと米国政府からの受注の下でアメリカの人々をだましてきたように、ダイナミックデュオ、バズ·オルドリンとニール·アームストロングが、本当に、アフター大丈夫なもので作られていないかのように見えます。 しかし、私は、文字列上の操り人形であることの単なる副産物だと思う。

実際には、アポロの初期の時代に、クリストファー·クラフトの元フライトディレクター、「引退したNASAのも代理店の設立に尽力した技術者とマネージャーミッションコントロールの動作を[...]を雇われた全米航空諮問委員会 (NACA) 、前身団体アメリカ航空宇宙局 (NASA)。

彼が参加する1958年に頼まれる前に航空研究に10年以上働いていたスペースタスクグループ 、空間にアメリカの最初の男を置くことの責任を委託小さなチームを。 運航部門に割り当てられた、クラフトはNASAの最初になったフライトディレクター 。 彼は、アメリカのような歴史的任務中に勤務していた最初の有人宇宙飛行 、 最初の人間軌道飛行し、 最初の宇宙遊泳 。

アポロ計画の開始時 、クラフト、管理、ミッション計画に集中するフライトディレクターを退任。 1972年、彼は有人宇宙船センター(後の取締役に就任ジョンソン宇宙センター彼の指導者の後を継いで、) ロバート·R·Gilruth 。 彼は、NASAからの彼の1982年の退職までの位置を開催しました。 彼の退職時には、クラフトを含む多数の企業のために相談しているIBMとロックウェル·インターナショナル 、彼は飛行と題する自叙伝出版さ:ミッションコントロールでの生活を 」
ウィキペディア 。

しかし最も興味深いクラフトの全介護者の、クラフトがリリースされ、実際の米航空宇宙局(NASA)の転写産物だったLiveleakのを経由して 、アポロ11ミッションから実際にあった。

ニール·アームストロングとバズ·オルドリン
月からの会話

NASAの宇宙飛行士:「巨大なものです。 いや、いや、いや.... これは目の錯覚ではありません。 誰もこれを信じるつもりはありません! 」

ヒューストンセンターミッションコントロール:「何が...何が...何? 一体何が起きているの? あなたと何が問題なのですか? 」

宇宙飛行士:「彼らは表面の下、ここにいる!」

MC:「何があるの?」 放出は...アポロIIを呼び出す干渉制御を中断。
宇宙飛行士: 「我々は、いくつかの訪問者を見ました。 彼らは計器を観察、しばらくの間があった。 」

MC: "最後の情報を繰り返してください。"

宇宙飛行士: 「私が言ったのは、他の宇宙船があったということ。 これらは、クレーターの反対側に並んでいます。 」

MC:「リピート·リピート! 」

宇宙飛行士 :「私の手はひどく震えていて何もできない...接続625から5 ...自動中継で.....私たちはこのままでいましょう。 それを撮影する? まったく、これらのカメラじゃひろえな...そして何? 」

MC: 「あなたは何かを拾いましたか?」

宇宙飛行士: 「私は手元にフィルムを持っていませんでした。 三つの円盤のショットや、彼らは映画を台無しにした何でも。 」

MC: 「コントロール、ここに制御します。 あなたは正しい位置にいますか? 上方にはUFOなどが大騒ぎしていますか?」

宇宙飛行士: 「彼らはそこに上陸しました。 そこに彼らはいて・・、彼らは私たちを見ている。 」

MC:「ミラー、ミラーは...あなたがそれらを設定している? 」

宇宙飛行士: 「はい、彼らはたしかに場所にいる。 しかし、誰でも確実にそれらの宇宙船を作ったことは明日来て、それらを削除することができます。 オーバーアウト。 」

これは事実だとしたら驚くべきことだ。 しかし、言うまでもない、NASAとアメリカ政府の両者は、地球上と地球外でのE.T.やUFOの存在を隠蔽することで合意している。

しかし、メキシコのように他の政府は、そのことに関して、米国のように隠すのではなく、大衆に情報を公開する用意がある。

「聖杯」を証明するとして証拠性の高い文書化されたETの情報を解放するものの、最近の試みでは、メキシコ政府から直接受注に対しビデオ映像をもって国を脱出した侵入者が現れ、その公開はくじかれてきた。

今明らかにすることはできませんが、私のフリーメーソンのソースによれば、メキシコ政府は「盗まれた」「実際の証拠」を回収するために厳しく調査することに積極的である。

私のソースも「国際法および条約は破られている」と指摘し、その迅速な行動は映像を取得するために、元メキシコのフェリペカルデロン大統領を含む「メキシコの当局者」で取ることができる。

私のソースは、問題の当事者が刑事法律の最大限に起訴されることは非常に明らかにした。

として私は、2012年の11月に戻って報告した 。

少なくとも1300年まで遡る新しくリリースされたマヤの文書、すなわち成果物は、人類だけではなく、宇宙旅行など、非常に高度な技術がそうかなり長い間存在していたことを明らかにした。

メキシコ政府が発表し、このドキュメントはエクスプローラレースの存在は示していないだけでなく、それはまた、人類のルーツを明らかにすることができる。

いくつかの真実がついにゆっくり出すされているときに、情報の政府の発表は人類にとって大きな一歩であると考えています。 うまくいけば、これは永久にUFOや地球外の研究コミュニティに潮を回し、そのような情報が記載されているその他今後も、世界中の他の政府を求めるメッセージが表示されます。

サンダンスの勝者フアンカルロスルルフォの「マヤの黙示録 2012年」はこのような技術に触れることは人類にとって良い。プロデューサーラウル·ジュリア·レヴィ(ドキュメンタリー製作者)は、メキシコとグアテマラ政府と協力して作業していたと述べた。 彼は、共同作業をすることは、国の元大統領、フェリペ·カルデロンから直接来ていたと述べた。

「 メキシコはマヤや地球外生命体の接触の証拠とのCODEC、工芸品や重要な文書を解放し、自分の情報のすべてが考古学者によって確証されるだろう"と彼は言った。 「メキシコ政府は、自分自身でこの文を作成していない-私たちが言うすべては、我々はそれをバックアップするつもりだ。 "

自身CABALLEROSジュリア·レヴィによって発表した声明から彼の不在によって顕著であった。 これまでのところ、カンペチェのメキシコの状態のための観光大臣、ルイス·アウグスト·ガルシアロサードは、地球外生命体の発見を確認した記録に行くために最高位の政府当局者であるように思われるが、彼 ​​は戻って保持してないです。

声明では、ロサードは、「政府は、しばらくの間、地下金庫に安全に保管している特定のcodexの複数の翻訳でサポートされている、マヤと宇宙人との間の「接触の話を聞いた。 ラップとの電話の会話では、彼はまた、「3000歳のジャングルの中でランディングパッド」について語った。

これらの秘密は80年間メキシコ政府によって「保護」されていると言われています。

ソース

b0213435_18321758.jpg

和訳が少しおかしい点をのぞけば、凄い事よねぇ。
私たち人類にとって脅威かもしれない大切な真実を、NASAはずっと隠し続けていたことになります!


既に数年前からカンペチェでドキュメンタリー撮影に入っていた制作監督ラウル・ジュリア・ラヴィーを初め撮影クルーたちは、この2年間大変な思いをしてフィルムを取り戻すために奔走してきました。
そのことが国家的な隠蔽工作だったとしたら、もうそろそろ終わりにしないといけないでしょうね。何しろE.T.は地球人類の知能よりずーーーーっと高度に発達した知能をもっているのですから。
あっという間に隠蔽を覆すようなことは、平気で出来ちゃうのです☆


あ、そういえば今朝みたゴキブリの目が・・・青かったような。。。(笑)034.gif030.gif081.gif


昨晩から台風26号ウィパーが猛威をふるっていますが、すごい風w!
台風の衛星画像に映る巨大な渦に神秘的な畏敬すら覚えます。
b0213435_926569.jpg


NASAの衛星画像を確認しようとNASA Terra satelliteのウェブサイトを訪問したのですが・・・、
b0213435_9272756.jpg


残念ながら未だクローズ中! (oдО;|||)
そうなんです…アメリカ政府機関閉鎖3週間目に突入。しかも米国時間17日はデフォルトのタイムリミット・デイです!

いやはやどう見ても世界が…いや地球が揺さぶられています。

マヤ暦でいうところのカトゥン「4アハウ」で1太陽の時代が終わり、新しい太陽の時代が始まった今年、色々な意味で世界に変化が形となって現れています。
アステカカレンダーがいうところによると2012年12月21日(諸説あり)が終わったその時から、天体上での火山の爆発や、大地震が始まると伝えられていました。
マヤチラム・バラムの書ではククルカンという神が帰還すると予言されていて、さらに13アハウのカトゥンには崩壊、損害、疫病、飢餓、侵略が起こると予言されているのですが、どんな共時性が破壊を引き起こすのかは天のみぞ知る!はず。

現在は「2アハウ』のカトゥン。
では「13アハウ」のカトゥンがやってくるのはいつか?!

それは「2032年9月8日」です。

新時代は「直感的で霊的」「透明」な住人が住む時代、そして「サイバネティクスな文明」が中心となる時代の始まりです。

それにしても地球規模で異常事態が多発していますが、いったい天界13神は何が言いたいのでしょうかしらねw

◇地震が超多発!

10月に入って10日からたった6日間の間にこれだけ地震が発生しています・・・

2013/10/10 03:32:22 5.1M ボリビア南部
2013/10/10 04:03:52 4.8M 大西洋中部
2013/10/10 04:21:05 4.8M カムチャツカ半島東沖
2013/10/10 10:43:51 5.0M フィジーの南
2013/10/10 15:07:32 4.9M インドネシアのモルッカ海北部
2013/10/10 21:23:33 4.2M チリ中部
2013/10/10 23:47:27 4.6M カムチャツカ半島東沖
2013/10/11 00:02:48 4.6M グアテマラ
2013/10/11 00:04:43 4.3M グアテマラ
2013/10/11 01:09:45 4.1M パキスタン
2013/10/11 01:17:29 4.4M コロンビア北部
2013/10/11 01:45:09 4.6M アルゼンチン北西部
2013/10/11 01:51:23 5.4M ソロモン
2013/10/11 02:24:35 4.6M アリューシャン列島
2013/10/11 02:45:20 4.7M インドネシアのモルッカ中部
2013/10/11 03:32:01 4.9M チリ北部
2013/10/11 05:15:47 4.7M ギリシア
2013/10/11 08:22:03 4.6M 日本の福島県東沖
2013/10/11 08:56:05 4.8M チリ中部沖
2013/10/11 10:47:21 4.3M アリューシャン列島
2013/10/11 11:19:11 4.4M インドネシアのバンダ海
2013/10/11 12:48:08 4.6M アルゼンチン北部
2013/10/11 13:04:46 4.8M パプア・ニューギニア
2013/10/11 13:12:56 5.3M インドネシアのスマトラの南西
2013/10/11 13:35:59 4.0M アラスカ湾
2013/10/11 17:29:54 4.2M メキシコ北部
2013/10/11 17:43:11 5.0M 日本の茨城県東沖
2013/10/11 18:04:32 4.0M メキシコ北部
2013/10/11 19:34:35 4.9M カムチャツカ半島東沖
2013/10/11 20:02:36 4.9M ソロモンのサンタ・クルーズ諸島
2013/10/11 20:24:27 4.3M アラスカ半島
2013/10/11 20:28:20 4.0M メキシコ北部
2013/10/11 21:24:58 6.3M ニュージーランドのケルマデク諸島
2013/10/11 23:05:37 5.0M 米国西部カリフォルニア州北部
2013/10/12 00:05:12 4.7M アリューシャン列島
2013/10/12 02:10:29 6.1M ベネズエラ北部
2013/10/12 07:54:14 4.6M 日本の茨城県東沖
2013/10/12 08:18:16 4.1M イラン南部
2013/10/12 09:37:28 4.3M パキスタン
2013/10/12 09:39:51 4.1M 西インド諸島北部ドミニカ共和国
2013/10/12 10:19:49 4.1M モルッカ海南部
2013/10/12 10:33:48 4.5M フィリピン
2013/10/12 11:12:43 4.1M オホーツク海
2013/10/12 13:11:52 6.4M ギリシアのクレタ
2013/10/12 14:30:10 5.7M インドネシアのスラウェシ中部
2013/10/12 15:49:03 5.2M ケルマデク諸島
2013/10/12 16:33:45 4.2M アリューシャン列島
2013/10/12 17:16:17 4.6M ギリシアのドデカネス諸島
2013/10/12 17:39:39 4.8M ローヤルティ諸島
2013/10/12 18:47:09 4.7M フィリピン
2013/10/12 20:01:37 5.2M インド洋中部
2013/10/12 21:21:31 5.1M 大西洋南部
2013/10/12 23:10:31 4.5M カムチャツカ半島東沖
2013/10/13 01:06:39 4.7M ボリビア南部
2013/10/13 01:17:54 5.3M アフガニスタン
2013/10/13 02:27:13 4.6M フィリピン
2013/10/13 05:54:48 4.3M アフガニスタンとタジキスタンの境
2013/10/13 07:15:24 5.1M フィジー
2013/10/13 07:22:34 4.6M カムチャツカ半島東沖
2013/10/13 07:34:06 4.8M アイスランド
2013/10/13 07:53:58 4.3M インドネシアのスンバワ
2013/10/13 10:50:00 4.7M ペルーとブラジルの境
2013/10/13 16:14:16 4.4M アフガニスタンとタジキスタンの境
2013/10/13 17:20:54 23.046N 122.845E 15.3 4.5M 台湾
2013/10/13 17:32:45 5.8M インドネシアのスマトラ北部
2013/10/13 21:39:50 5.0M ニュージーランドの南西
2013/10/14 03:19:02 4.7M 中国中部
2013/10/14 05:19:51 4.2M インドネシアのバンダ海
2013/10/14 09:22:15 4.8M インドネシアのスラウェシ南部
2013/10/14 10:42:37 4.7M イエメン沖のアデン湾
2013/10/14 11:19:12 4.6M 日本の北海道東沖
2013/10/14 13:06:58 4.6M ニカラグア
2013/10/14 13:48:44 4.7M インドネシアのモルッカ中部
2013/10/14 16:09:10 5.0M フィジー
2013/10/14 21:02:55 4.3M 日本の宮城県沖
2013/10/14 22:56:16 4.2M ニュージーランド南部
2013/10/14 23:56:25 5.0M インドネシアのスマトラ南部
2013/10/15 00:12:37 7.2M フィリピン
2013/10/15 00:29:06 5.4M フィリピン
2013/10/15 00:33:51 5.3M フィリピン
2013/10/15 01:07:38 5.0M フィリピン
2013/10/15 01:25:00 4.7M フィリピン
2013/10/15 01:37:57 5.2M フィリピン
2013/10/15 01:55:31 4.9M フィリピン
2013/10/15 02:02:31 4.9M ニュージーランドのケルマデク諸島
2013/10/15 02:36:52 4.6M フィリピン
2013/10/15 02:42:02 5.0M フィリピン
2013/10/15 03:03:28 4.9M フィジー
2013/10/15 04:22:31 5.2M フィリピン
2013/10/15 05:12:13 4.8M フィリピン
2013/10/15 05:47:16 5.0M フィリピン
2013/10/15 05:58:43 4.8M 日本の福島県東沖

ソース:世界の地震近況

◇火山活動が急激に活発に

カムチャツカの火山で噴火活動が活発化 噴煙の高さ海抜8500メートルに

カムチャツカのクリュチェフスキー火山の噴火活動が活発化しており、噴煙の高さは海抜8500メートルに達している。ロシア科学アカデミー地球物理局のカムチャツカ支部が伝えた。
地球物理局カムチャツカ支部によると、現地時間で午前8時から火山のクレーターから火山灰が休みなく放出されており、しだいに高まっているという。

b0213435_9364560.jpg


・紅海のエベルズバイル火山が噴火
中東エリア/紅海にある海底火山/エベルズバイル火山 (Jebel Zubair volcano)が10月13日現在噴火、海面からは蒸気柱がたっている。

◇巨大台風に異常気象

インドに超大型サイクロン 暴風・高潮で数十万戸損壊

台風25号 ベトナム中部に上陸
  風速は時速100キロを超えており、「ベトナム航空」は、14便の欠航、8便の遅延を決定した。

台風26号上陸 関東では「10年に一度の勢力」


自然災害や異常気象という人知を超えた自然の脅威は、大いなる存在を人間に知らしめるため。かもしれません。大いなる存在といっても宗教の枠内にいる「神」だけではありません。宇宙をも司る「フナブ・ク」のような、彗星や惑星をも瞬時に誕生・崩壊させうるエネルギーのような、あるいはミクロの素粒子に潜む∞のような存在いっさいがっさいを含めて。ですよね♪

アメリカのデフォルトについては、今の状態で危機的状況を予測しても仕方ないですね。諸外国のニュースをいろんな角度で読んでみても、デフォルトはしない、という意見とギリギリまでオバマ首脳陣や政府は本当のことは言わない、さらにはデフォルトして合衆国の組み替えを州ごとにしていく、などと意見は多種多様です。
わたし個人的にはいずれはデフォルトすると思っているので、債務上限引き上げても自転車操業に変わりはないように思いますが…

ただこれだけ変化が同時に生じてるということは、やはり去年から言っているように「神話復活」世界が近づきつつあるのでは?と感じております。

アセンションの後の世界は、今まで地上で潜んでいた感覚の復活から始まるはずですから!o(*⌒─⌒*)o


そういえば去年の今頃はこんな記事を書いていました。

プレアデス星団と11月11日?★彡
b0213435_945371.png


ハロウィンの元型・古代ケルト族による儀式

古代マヤ族とケルト族が語る秘境的な伝説や遺跡の象徴など、共通することがとても多いと感じています。



「神話復活!」

これが今のキーワードです(ノ゜0゜)ノ ☆


☆おまけ

「貧しさがあなたの頭をニブくする」
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2013/10/post-3072.php

誤った判断が貧困を招くのではない!
家計のやりくりを考えるだけで認知能力が低下する!のだそうな。。(;゚∀゚)
日本列島上空を、我が物顔で吠えまくりながら通り過ぎた雨と雷の神「トラロク」ですが、おかげさまで空気中の浮遊物や見えない塵もすっかり吹き飛ばしてくれたようです。
今日は本当に清々しい青空に空気o(*⌒─⌒*)o気持ちいいですね!

明後日の十五夜はきっと満月が素敵な黄金の顔を見せてくれることでしょう☆

b0213435_1444124.jpg


マヤの暦は様々なサイクルが組み合わさっているのですが、時のなかの「周期サイクル」「昼」「夜」とそれぞれ「守護神」が一緒に時を見守っています。

古代マヤ占いは単に「暦」や「サインの特性」を読むだけでは不十分だと思っています。
「暦」「サインの特性」以外にも「宇宙・天体と星の動き」や「守護神」「神話素の理解」や「遺跡に描かれた絵文字や象形文字の象意」を一緒によんでいくことで、ようやくマヤ宇宙の世界観と体系理論がつながり私たち人間に、悟りへの道や運命の紐解きのヒントを与えてくれると私は信じております。

マヤカレンダーでは今日から「イヌ」のトレセーナ周期になりました。

2012年12月31日が今日と同じ「イヌ1」の日で新しい年の太陽を昇らせる周期を担いでいました。そして今日再び「イヌ1」となり、十五夜に彼岸の入りがやってきて「秋分の日」を担ぐのもやはり「イヌ」周期です。

イヌの13日周期を見守る守護神は「シペトテック」です。
シペトテックは春と若返りの神、元素の力を再生させる神です。
「イヌ」のトレセーナを守護する神であり同時に「ワシ」のデイサインを守護する神でもあって、発展と肥沃の神々の仲間です。

秋分点は、黄道と天の赤道との2つの交点(分点)のうち、黄道が北から南へ交わる方の点のことで、現在はおとめ座にあります。

マヤ暦でみる2013年は、真冬の新年や秋深まりゆく秋分に、「春」や「発展と肥沃」の守護神が来ている!
そこに時神のどんな意思と暦の象意があるのでしょう!?

「これまで日の当たらない場所に埋もれていた存在や才能、寂しさや孤独を感じてひっそり隠れるようにして過ごしていた北の属性の事象や人たちの心や魂が、実はフォーカスされてきている。そしてそこに神殿や祝い事、めでたい星や月が微笑んでいるとしたら、自分を不幸だ、日が当たらないと思って生きて来た人たちにとってはチャンス到来なわけです。」

影に隠れて埋もれてしまってたプロジェクトや諦めかけていた夢の実現ならなおのこと、発展と肥沃の可能性が隠されているわけですから、やらなきゃ損損!という具合に。

そうはいっても・・と尻込みしていたり、そんなの信じられないとくすぶっているなら、もしかしたら今まで自分は恵まれてこなかったと思っていたけど実は天からみれば逆で、恵まれていたのに恵まれていないとひがんでた人。ということかもしれません。

マヤ宇宙は嘘やごまかしで愚かな人間の夢を欲望のままに叶えるような仕組みではないのです。
天の神々が相談し、時にかなった事象にちゃんと光があたるように仕組まれた素晴らしい知恵なのですから!

b0213435_14482226.jpg

マヤチチェン・イッツァのカスティーヨピラミッドに降臨する光の神「ククルカン」は、嘘偽りなく目に見える形で人前にその姿をあらわします。

☆願いごとは準備できましたか?
☆チャンスを掴む姿勢は保てましたか?


19日は十五夜の満月。
20日はお彼岸で13バクトゥン・13ウイナル・13キンのマヤ暦13祭り
23日は秋分の日で、癒しと許しの精霊「コンドル」が太陽を担ぎ
29日に「風13」でククルカンがケツァールの風とともに13の天界へ太陽の兄弟ピルシンテクウトリとともに戻っていく。

あなたの願い事と魂の祈りをもって。。

祝☆東京五輪決定の神秘

2020年東京オリンピック開催が決定しましたね!
震災と福島原発事故によって落ち込んでいた日本が、7年後のオリンピックにむけて元気になれる!そう実感しています。
b0213435_10123487.jpg

安倍総理のプレゼンテーションが素晴らしかった!とロイター通信でも絶賛されていました☆

日本国民たくさんの人たちの願いと思い、期待をうけての演説ですからプレッシャーもあったと思いますが・・(笑)

マヤ暦のサイン的にみれば、安倍総理「トカゲ9」。
世界に種を蒔くため外交を推進するには最適のトーテムナーカルです。
そして今回、前東京都知事の石原慎太郎(ナイフ)の意思を受け継いで、都知事として東京五輪誘致に力を尽くしてきたのは猪瀬現都知事(風7)。
マヤ生命樹の視点からみるとすごく不思議な引き合わせです。

安倍総理「トカゲ9」と猪瀬都知事「風7」は、同じ「コンドル」の周期に生まれた時を担ぐ仲間。
また「トカゲ」にとって石原氏の「ナイフ」は、自分の社会的・男性性を象徴する右のサイン。
つながりが深いんです☆

さらに驚いたことに「守護神」の働きがあります。

9月7日マヤ暦では、2012年12月21日で1時代(5125年)が終わってからちょうど1ツォルキンがたちました。
「祖先4」アハウの日。

そして新しい時代が「ワニ5」とともにやってきました。

「祖先」の日を守る守護神は、愛と喜びと美の女神「ショチケツァール」です。
世界中の愛と喜びを美しく象るサイン。

新しい時代の始まりがどうなっているか地上に舞い降りてきて、東京五輪誘致のロゴとなった色の花輪をみたショチケツァールは、TOKYO2020のロゴをみてきっとたいそう喜ばれたのではないかと思います。
b0213435_1044121.jpg


東京の素晴らしさをアピールした東京五輪誘致のPRフィルムも、日本独特のカルチャーとスポーツ精神にのっとった躍動感ある雰囲気が表現されていて素晴らしかったと思います(^_^)


東京2020国際招致PRフィルム http://youtu.be/UPXA4Or0vLI

宇宙時代がやってきて次元的視点も変化しつつある今、聖なる火が日本に7年後にやってくることの意味は、富士山世界遺産登録や、伊勢神宮の式年遷宮など大きな変化が始まっている2013年に山の心臓の扉が開かれていることを象徴しているのではないでしょうか!?

1964年の東京オリンピックは、私も小さくてあまり記憶にないのですが、聖火をもって走るランナーの姿は覚えています。 聖火が沖縄に到着したのが「1964年9月7日」だったそうです。

その日をマヤ暦で調べると「夜8」。。。(*'д'*)!
山の心臓と8!
(ノ゜0゜)ノ オオォォォォォォー

コンドル周期の夜8ですから、驚くなかれ何と猪瀬都知事のナーカルサインと、安倍総理のナーカルサインの真ん中に挟まれているサイン。

マヤ暦では「風7」➡「夜8」➡「トカゲ9」と時は動いて巡回するんです。

つまりオリンピアの聖火は、守護神を喜ばせたことで安倍総理と猪瀬都知事に挟まれちゃったので、何とかして東京へやってくるしかないみたいです!!!(笑)

そういえば先日、引き出しから引っぱりだして東京オリンピックのコインを磨いたのですが、やっぱり綺麗にするということは恩恵にあずかることにもつながるのでしょうか?!(ノ∀`*)

b0213435_1155371.jpg


やっぱり時の変化とビックウェーブ、来てますねーーーー(o・ω・o)☆

マヤ暦でみる9月の運勢

みなさん、こんにちわ。

いよいよ西の神殿が開かれ神々が集う9月が始まりました。
天界、地上界、冥界の神々はそれぞれが相談しながら、この世あの世の時空次元を超えて、行き来しながら私たち地球意識に向けてメッセージを発信したり、ナーカルがあるべき魂の座に着きそっと変化を促してくれたりするミスティックパワーが満ちてくる月となります。
b0213435_10484763.jpg


今月の流れをみてみると、覚えていらっしゃる方も多いと思いますが「2012年12月21日」マヤの長期暦が終わった「祖先・4」の日が9月4日「香」のトレセーナがくる今週の7日にやってきます。
1時代が終わり新時代の始まりからちょうど1ツォルキンが経つことになります。
b0213435_10515553.jpg


また今月は、マヤ暦だけでなく「ユダヤ暦」でも9月5日は5774年を迎える「新年」です。
新月とともに新しい年が始まるユダヤ暦とマヤ暦。
1時代夜明けの1才が同じ頃。というのも偶然にしては神秘的です。

そして2013年1月1日の太陽を担いだ「サル2」はイヌのトレセーナとともに17日からやってきます。

北に属するイヌの守護者は新しい時代に必要な「骨」を拾い集める役割をもって、時を待っていました。
偶然にも17日「イヌ1」の始まりの日、1時41分にみずがめ座4.5等星νの星食がおこり、19日に十五夜の満月をむかえます。

さらに・・・9月20日「コーン4」の日。
マヤ暦の数えでは「13バクトゥン・13ウイナル・13キン」とアセンション数が並びます。天界の扉が開かれてることを告げる合図ですね(^_^)

そして23日秋分の日に天から再び光の王「ククルカン」はチチェン・イッツァのククルカン神殿に降臨します!

b0213435_10541892.gif

大いなる力が運命を変えて行くとき。

立ち止まっている人はちゃんと立ちとまってみる。
動いてる人はしっかり足をつけて動いてみる。
考えてる人は、焦点をしぼって1つずつ考えてみる。
虚無感や孤独感におそわれてる人は、その感覚をマイナスとしてでなくあるがままの感覚として受け入れてみる。
天なる力、地の力、冥界の力は光と影になり、交差していきますので、愚かな人間が動かせるような代物ではないのですから。
b0213435_1055890.jpg


「マヤ暦でみる9月の運勢」
日経ウーマンオンラインにて本日より公開中ですo(*⌒─⌒*)o
。.:+*:・'☆。、:+*:.