カテゴリ:神話・霊魂( 1 )

こんにちは。

残暑お見舞い申し上げます。


暑い。。

暑い。。。

暑い。。。。

暑い。。。。❕


b0213435_19085877.jpg

夏が暑いのは当たり前なのですが、吹き出すほど汗をかくのは今年が特に暑い夏だからでしょうか、それともマヤ暦上の周期が前回のブログにも書いたように”熱い”からでしょうか?!

あるいは、私個人の更年期ホットフラッシュによるものでしょうか149.png141.png134.png


今日はどこの民法放送局でも交通情報を伝えているようですが、乗車率100%200%の電車にゆられ、あるいは30キロ50キロは覚悟の上でノロノロ運転する車にゆられながら、スマホのネット動画などを楽しみながら
実家にお盆帰郷をされている皆さんは、どうもお疲れ様です(;´Д`)139.png143.png152.png


ところで先日こんなニュースを発見しました。




「あの世」や「霊魂の存在」を信じる人が増えているのだというお話。


20代では「信じる」が45%、70歳以上では31%だという調査結果が書かれています。

高齢のじーさんばーさん以上に若者のほうが信じる人が増えていることの理由の1つには、若者の心の素地における天や神話との共感力・共振力が高まってきたという背景があるように思います。

日本にはもともと森羅万象に魂を見いだす思想(アニミズム的)な世界観が強く根付いていますね。
富士山や森の精霊信仰など「自然」のなかには精霊や神々が宿っている、と信じること。
それこそが日本とマヤ民族に共通する世界観なのですが!

あの世の存在を信じる人の増加は「現代人の宗教観が少しずつ回帰しているからでは」と言う。

「宗教観」というより「アニミズム的世界観」だと私はおもいます。

それは戦後の日本は、漫画やアニメなどを通じて「神話素」や「神話の元型」を日本人が子どもたちに向けて発信し続けているから。という大きな理由もそこにつながると思います。「心の素地」が耕かされ、良い土壌に種が蒔かれたということです。

あの世とか霊魂の世界とかは、普通人間の目には見えないようベールで覆い隠されています。
そして生きているあいだに人は「絶望の地獄」とか「死と恐怖の淵」「闇の試練」などを通じて、「目に見えない冥界」に誘われることがあります。「死」に直面するような事故や病気、怪我なども冥界に属する事象です。

そこで人は初めて「闇」と「光」の本当の姿を識ることになります。
覆われていたベールが外れ、宇宙の原初の有様や創造の秘儀、光と闇、昼と夜の意味が解き明かされます。

すると驚くことにそれまで見えなかった者どもの存在や姿・形、世界が見えるようになる!

それが「あの世」であり「霊」や「精霊」「魂」「神」なわけです。



推理・怪奇小説作家で詩人「エドガー・アラン・ポー」は、幾度となく「神霊の発現」についてあるいは「霊魂」について作品の中の登場人物に語らせています。

「人間が冥界と深く紐帯するときに”霊知”が働きかける心霊美学であり、人間は霊的に『死ぬこと』によって『生』を回復するのである。矛盾した表現ではあるが、現世の『生』は前世(死者)の連続であり、『死』は現世の生の連続である。さらに明察すれば『現在が死の世界』であり、死後が『生の世界』だということも幻想的には考えられるのである。」


b0213435_18494685.jpg



「魂はすべて不死なるものである。なぜならば、常に動いてやまぬものは、不死なるものであるから、しかるに、他のものを動かしながらも、また他のものによって動かされるところのものは、動くのをやめることがあり、ひいてはそのとき、生きることをやめる。したがって、ただ『自己自身を動かすもののみが、自己自身を見捨てることがない。」(プラトン)



ポーの芸術のなかの「滅び」とは、愛(エロス)による永劫の死に終わるのではなく、死の車輪は永遠に回りながら霊魂(アニマ)の復活へと回帰する。つまり生命の誕生は常に死のための準備であり、死は再生のための出発であるというニーチェのいう「永劫回帰」なのです。



本当の愛を信じて生きるならば、死や霊魂を信じることは避けては通れないのです。


神話やおとぎ話、漫画やアニメをよく見られる若い方ならきっと、その世界観が理解できるのだと思いますよ♪


b0213435_19004621.jpg

神話の元型についてまとめてあるサイト:



怖い話にもすごく大切な神話素メタファーが入っていますので、この真夏の暑い一夜にいかがでしょうか?149.png144.png122.png