<   2011年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧

みなさん、こんにちわ。

さっきツイッターでもつぶやいたんですが、アセンションは未知との遭遇から始まるのですよ♪
@Miroku_maya

このところ、JR線や私鉄各線で人身事故がすごく多いようですね。
単に不景気とか社会への絶望感とかの問題だけでないような感じがします。
何か自殺をしてしまうような別の作用が働いているのでしょうか。

21日
09時17分頃 JR中央・総武線・荻窪駅 人身事故(高校1年男子)

25日
11時20分頃 JR東海道線 摂津富田駅 人身事故
17時10分 JR埼京線・恵比寿駅 人身事故
17時44分頃、JR横須賀線戸塚―大船駅間で人身事故

27日
07時25分ごろ、JR山陽線新長田駅 人身事故
13時02分 中央線・吉祥寺駅で人身事故
17時05分 JR横浜線 十日市場踏み切り 人身事故

28日
07時45分 東京メトロ・有楽町線・要町駅で人身事故
08時36分 JR高崎線・上尾駅 人身事故
22時19分 京浜東北根岸線・東京駅で人身事故

ほんとうに連日のようにどこかで人身事故が起きています。
線路に寝そべったり、飛び込んだりして・・
まるで魔物に取りつかれたかのように次々と。。

★地震の掲示板ブログより
---転載開始---

まるで連日状態、どこかで毎日・人身事故が起きており・いくら何でも「起き過ぎ」でしょう
そうなると、可能性が有る元と言えば、以下のこれ・・E-PISCO・大気イオン放出です。
http://www.e-pisco.jp/
http://www.e-pisco.jp/r_ion/data/kanagawa_atsugi.html

厚木でもかなりの上下変動を捉えていますし、27日の昨日も上がっています。
この2つのラインが平らですと、人身事故が減って、上昇すると増える・・モニターされている方ならば、見ていると・凄く分かります。

地磁気とも関係が有る大気イオンですので、どこかで強い放出が有り・そこが破壊領域=アスペリティになる可能性が有ります。
ずっと放出が継続していれば、人身事故が多発しても何もおかしくは有りません。

電磁気地震学理論とは、そういう研究理論でも有りますので。
ただし、基本的には電気設備・電気関係ですから、鉄道施設や車両・管理に来る場合が多いですけどね。
http://www.uec.ac.jp/
ここの大学院や大学を卒業して国立市の鉄道総研に行った方もJRでは多いので。
地磁場、磁場は鉄道施設も車両も場合によっては不具合を発生させます。

VVVFは(電磁界)ですから。
また、これらが多く発生している所では地震発生の可能性もより高くなります。

本日も先ほど、首都高速湾岸線・東京港トンネル内で車と大型4台の事故が有りました。
東京湾トンネル・・私から言わせていただくと、非常に(汗)です。
http://www.hinet.bosai.go.jp/hypomap/
つまり、東京湾・すでに「オン」状態で有り・関東フラグメント内です。

---転載おわり---

破壊領域からの強いイオンが原因なのか、天に撒かれている怪し気なケミカル物質が原因なのか、単に社会の犠牲か病的なものか・・・とにかく異常です。

死を選んだ人は自分が死を選んだと思っているかもしれません。
でも私はそうは思っていません。
彼らは「死の地下世界に住む魔物」に選ばれてしまった人たちだと思います。

死の世界もこの世と同じパラレルワールドです。
天にある死後の世界と地下にある死後の世界です。

死はほんとうは聖なる営みの完成であり、神聖な天に戻るための儀式です。
「生」を全うしたものにだけ「死」が与えられるのが真理の道です。

天から魂を受けてこの世に生まれてくることが「生」であり、逆をたどること・・つまり、天に魂を返してあの世に生まれ出ることが「死」なのです。

★「死」を象徴する世界について、少し考えてみましょう。

○逆さ岩

15世紀後半から16世紀にかけて繁栄したペルー・インカ帝国の遺跡にある巨大な逆さ岩。
四階建てのビルにも相当するほどの超巨大な岩石。
重さは推定で2万トンだそうです。
b0213435_16233314.jpg

この石は中が削られたり、くり抜かれたりして明らかに人の手によって加工がされている。
石の内部には階段や廊下、らせん状の模様やソファのようなものが作られている。

しかしそれらの家具は、なぜか天地が逆さまの状態で作られているのである。
岩の中をくり抜いて家のように使っていたとも考えられるが、それにしても家具全てが天井につけられているというのは不自然である。

これだけの大岩を逆さまにひっくり返すほどの地震がかつてあったのなら、その痕跡はこの辺り一帯で必ず見つかるはずであるから、この岩だけをひっくり返したか、最初からそのように彫られたか、である。
---
最近、フランスのパワースポットとしても逆さ岩のことが取り上げられていました。
逆さ岩は、母なる大地の子宮をイメージしているものであると考えられます。

月の神殿 (自然の岩の空洞の中に神殿がある)
b0213435_1627575.jpg

世界ぐるっと!旅行さんのサイトから画像をお借りしました。)


○マヤ・セノーテ CHAC-MOOL
b0213435_1636358.jpg

ユカタン半島のマヤ族は、魂が生まれては死に至り、精霊が地中に連れ去っていくと信じていたようです。
魔力を秘めた新しいものに取り替えて、そして新しい存在として再び地上に蘇生させるという輪廻転生の考え方を受け容れていました。

マヤにはチチェン・イッツァの遺跡から西にわずか6キロあまりに位置するところに、「セノーテ」(聖なる泉)と呼ばれるとても素晴らしい大鍾乳洞があります。

マヤ族のシャーマンによると、雨の神チャック(トラロク)のため、秘密の神殿を造るという習慣がおこなわれていたそうです。セノーテの洞穴のなかで、雨の神を助けるジャガーの精霊を慰めるための儀式が行われていました。マヤの神官によって祈祷がなされ、供物が捧げられ、踊りが奉納されてお香の煙で満たす。
そうすると翌日洞穴からでてくると、大降りの雨がふり、雨の神チャックに思いが通じた!とみなで喜んだようです。

○「死海」The Dead Sea
b0213435_16411046.jpg

イスラエルに「死海」The Dead Seaがあります。
ここでは人が死海に入って沈むことは極めて困難です。つまり自殺できない海。
濃い塩分濃度のため、また湖水の比重も浮力も大きいため、人は浮いて本が読めるほどです。

また死ぬことができないことと相反して、生物の生息には不向きな環境です。
湧水の発生する1ヶ所を除き、魚類の生息は確認されていないそうです。死海という名称の由来もここにあるそうです。

生きることも死ぬこともできない。
地下世界の死とはそのような世界です。

これらはすべて同じような象徴的意味をもっていると考えられます。
地下空間である洞穴には、神のパワーを求める、あるいは精霊に触れることのできる、聖なる安らぎの場所でした。
母なる大地、子宮のような湿った水のある世界の象徴です。

逆さ岩もセノーテのような洞穴も、おそらく生と死の輪廻のなかで、死を擬似的に体験する生き物のための避難場所だったのではないでしょうか。

地下空間や岩のなか、洞穴、セノーテのような場所で母なる大地とふれあうことで、愛、鼓動、神秘なるふるさとの胎動を感じ、死者の世界から象徴的なパワーをもらう魂にとって憩いと変容の場所となっていたのです。

私たち現代に生きる人間にとって、死を擬似的に体験することができるような神聖な場所が失われつつあります。

だから辛い人は魔物に心奪われ、現実より死にあこがれて、死に急いでしまうのではないでしょうか。

洞穴や母なる大地、岩には古代からずっと大切に秘められた聖なる教えがあることを、私たちは今こそ学ぶべきなのだと思います。

みなさん、こんにちわ。

先ほどニュースで細野 豪志首相補佐官が「原発災害担当相」に閣僚人事が内定したと報道されてました。
細野さん、若くて素敵ですね@-@!

東日本大震災の復興担当相には松本龍氏が内定。

これをマヤのデイサインからみると、面白いです。

管総理は「ワニ・5」
国難を復興させる担当相に龍と名のある松本氏ですが、こちらも何と「ワニ・8」!
龍(ワニ)・ワニコンビになるのでした!
自分の旅立ちにそなえて、ちゃんと分身を用意できたのではないでしょうかww~
b0213435_18191218.jpg

そして細野氏・・
1971年8月21日生 こちらは「風・12」です!

ワニは風を呼び込んで、旋風を巻き起こすのでしょうか。それとも風は「ケツアルコアトル」という救世主の神なのですが、細野氏日本の救世主となるか!

祈りのほうが効果ありそうです。
(・_・;) 期待せずに、祈りましょう♪


さて今日はマヤカレンダー「香・7」

アイデアがてっぺんからあるいは腹底からつきあげてきて、自分が向かう向かわない・するしないに限らず「何か」に追い立てられる。
そんな時のエネジーを感じる日のサインです。
そんなときは「シンプル イズ ベスト」で物事を整理していくといいですよ♪

ある時点から私は、2つの異なる「時」のなかで生きるようになったのですが、最近はその2つの「時」の流れとは別の流れ・・(おそらく「時空層」が違うのでしょうけど)に自分がおかれているようなイメージをうけています。

今までとは異なった層なので、最初は自分自身驚き、また動揺していました。
ようやく最近少しずつ受け入れられるようになりましたが、それでも分離感やショック感は激しいため、時に混乱しています。

「時」という呼び名をもつ概念には、ほんとうにたくさんの意味・不思議・神秘・思想・生き方・宗教があります。

マヤ暦でも「時の思想・哲学」が中心となっていますが、それでも時の神秘は一層二層三層とミルフィーユのように重なっていて複雑です。

古代マヤでは「時の守護者」「時を担ぐ者」「時の王・支配者」のように、時を見張って管理する、統合する、支配するものは偉大な主アハウのものであると認識されていました。

★旧約聖書に「時」に働く神の様子が書かれている箇所があります。

天の下では、何事にも定まった時があり、すべての営みには時がある。

生まれるのに時があり、死ぬのに時がある。
植えるのに時があり、植えたものを引き抜くのに時がある。
殺すのに時があり、いやすのに時がある。
くずすのに時があり、建てるのに時がある。
泣くのに時があり、ほほえむのに時がある。
石を投げ捨てるのに時があり、石を集めるのに時がある。
抱擁するのに時があり、抱擁をやめるのに時がある。
捜すのに時があり、失うのに時がある。
保つのに時があり、投げ捨てるのに時がある。
引き抜くのに時があり、縫い合わせるのに時がある。
黙っているのに時があり、話をするのに時がある。
愛するのに時があり、憎むのに時がある。
戦うのに時があり、和睦するのに時がある。

神のなさることは、すべて時にかなって美しい。
(伝道者の書)


時の神は、万物すべてに「時」を与えそして「時」を奪います。
それでもすべて神のなさる業なのだから、美しいという教えでしょう。

b0213435_18245748.jpg

★「エメラルド・タブレット」

ヘルメス・トリスメギストスは、「火」と「霊」によって、叡智の神から「ことば」が与えられ、それを緑玉の一枚の板に刻みつけたと言われています。
それが、エメラルド版であり錬金術の原理・伝説の源泉であると言い伝えられてきました。

イギリスの錬金術師であり、自然哲学者、物理学者、天文学者、数学者として近代の大科学者の一人と評されているアイザック・ニュートンの訳で紹介します。

そは真実なり、偽りなしの、確かなまさに真実。
唯一なるものの奇跡の実現にあたっては、下なるは上なるのごとし、
上なるは下なるのごとし。
そして、万物は一者の適合により一者より来る。なんとなれば、
万物は適合によってこの一者に起因す。
「太陽」はその父「月」はその母、「風」はそれを胎内に宿し、
「大地」はその乳母である。
全世界の、あらゆる完全性の父はここにいる。
その作用と力は完全である。それが地に転換されれば、甘美にも偉大なる
手腕によって、地より火を、粗雑より精妙をわかつ。
それは地上より天へと昇って再び地へと戻り、
優れたもの劣ったものの作用因を身に付ける。
この手段により、汝は全世界の栄光を手に入れるであろう、そしてそれが故にこそ、すべての曖昧は汝より去るであろう。
その作用はすべての作用を超越している。それゆえ、それはいかなる精妙なるものをも征服し、いかなる堅きものをも貫き通す。
かくして世界は創造された。
これそのものが、かつ、これが成し遂げること。それが、驚くべき適合である。
手段と過程はここに記された。
我はヘルメツ・トリツメギストスと呼ばわる、全世界の哲学の三部分を持つからである。
太陽の作用について私が言ったことは、完了し終わった。

( Translation of Issac Newton c. 1680)


下にあるものは上にあるように、また上にあるものもまた下にあるように奇跡は実現される。とヘルメスはいいました。

**
今働いているエンジェルは、神の命によってあなたの時を動かしています。
同じように誰かの時も動かしたり、止めたりしています。

デビルもエンジェルも神から使命をうけて地上に舞い降りてきています。
時の働き役となって使命と運を伝える、時空を超えた存在です。
そしてデビルもエンジェルも、神の命にはそむくわけにはいきません。
神の命にそむく。
それこそが時を自在に操るという悪の行為なのです。
時の運をもつこと・・それは時の支配者になりたいと願うことと同じです。

b0213435_181776.jpg

時を自在に操りたいなどと考えないで、時を期待して待つほうがずっと時のエンジェルは働きやすいのです。
デビルも同じようです。
下にあるものは上にもなされます。


時の法則を知った人たちが並行次元世界へと移行していくのもまた、
時の運に身をゆだねるのと同じことなのかもしれません。

b0213435_18193691.jpg

みなさん、こんばんわ。

今日はエレニン彗星につづいて、私には脅威的なニュースをとりあげてみました。
怖がらせるつもりはありません。
でも・・事実なんです。
目をそむけてはいけない現実。

北朝鮮、スーパーEMP(電子攪乱爆弾)開発か!
--1発で通信・電力システムを破壊--

b0213435_1135326.jpg


米国のラジオ放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)で24日、米国中央情報局(CIA)の核専門家だったピーター・プライ博士の話を引用し「北朝鮮が、韓国の通信・電力網など電子システムを一度に破壊できるスーパー電磁パルス(EMP)爆弾を開発した可能性がある」と報じたそうです。

「EMP爆弾」とは、強力な電磁波を利用して特定地域のあらゆる電子機器を無力化する兵器なのだそうです。
また、EMPには、核爆発の際に放出される大規模な電磁波を利用するタイプと、核爆発なしに機械的に電磁波を作るタイプがあり、小型の核弾頭をEMP弾の形で活用できるとも言われています。

ピーター・プライ博士は、VOAのインタビューに対し「EMP爆弾を開発したロシアの科学者が、EMPデザイン情報が北朝鮮に流出したことを明らかにしました。2004年にロシアの科学者たちは、北朝鮮が数年以内にスーパーEMP爆弾を開発するだろうと言及し、2年後(06年)に北朝鮮は1回目の核実験を行った。(1回目の核実験の際)威力は1-3キロトンにとどまり、核実験は失敗したと判断した人が多かった。しかし威力が低いのは、スーパーEMP爆弾の特徴」と語ったそうです。

 韓国国防研究院(KIDA)の関係者は09年6月、国会で「北朝鮮は東海(日本海)上空の40~60キロあたりの地点で20キロトンの核兵器が爆発した場合、人命の殺傷はないものの、韓半島(朝鮮半島)全域の電子装備搭載兵器が無力化されかねない」と話したそうです。
(元記事:Yahoo ニュース)

みなさんは上のニュースをみてどう思われましたか?
私はこんな爆弾ができていたなんて、初めてしりました。

そして驚きとともに現代社会の中枢を破壊するほど、脅威的な攻撃手段ではないかと恐怖感を抱いてしまいました。

ほんとに脅威的ですww

電子装備搭載兵器が無力化される、ということは、通信・電力などで制御されている原子力発電所や、銀行のスーパーコン、一般の通信機器だけでなく、電車や飛行機などの制御室も制御不能になる!ってことですよね(・_・;)

私・・そうしたら、終わるww
困るww

現在日本で起きている様々な事故や不具合などは、小さな実験されたってこと、ないでしょうかね。
怖いなぁ。。。まじで。

 ★
少年の歌声を聞いてみてください。
素晴らしい声をもっている彼は、魂で熱唱しています。
b0213435_1154475.jpg

「ねえ、なぜなの?おしえてよ!」

彼の名はDeclan
スーパーホットボイスです。
YouTube動画
Tell me Why?? アーティスト Declan
b0213435_117403.jpg

http://www.youtube.com/watch?v=HjXTrNxTeSs

彼の曲をきいて心が痛みました。
by cimi666 | 2011-06-27 01:21 | 情報
みなさん、こんにちわ。

6月2日・アセンションデイ でお伝えしたように、エレニン彗星は少しずつ地球に近づいてきているようです。
今日はこんな感じ。
b0213435_15171013.jpg

・関連記事
アセンション・デイ「ケツァールとコアトルの婚姻」
6月2日 神秘オラクルメッセージは・・・?!
Jun.2には高次の意識につながりましょう!

ところで、3・11の巨大地震をあのときの少し前に予言していたとして有名な少女「9nania」が、新しいメッセージをYouTube動画にアップしました。

少し不思議ちゃんキャラをもっている彼女ですが、しっかりとNASAの警告どおり避難したようです。
うまく翻訳できたは思えないのですが(^_^;)、私なりに理解した言葉で、彼女の主となるメッセージをご紹介してみたいと思います。

9Nania 「Made it to a Safe Location & Elenin update」
b0213435_15214033.jpg

私の考えでは、アメリカで最も安全な場所はおそらく「アパラシアン・マウンテン」の西側かしら。

★以下動画メッセージより(我流です・・間違っていましたらご容赦を)

私は、最近ニューヨークからappalachiansの西にある小さな町まで移動したのよ。
それは簡単なことではないわよね。
でも私ができるんだから、あなたにもできるわ!
私はアパラシアンマウンテンの西側が、米国で最も安全な場所であると今でも信じているわ。

ごめんなさい。することがいっぱいあって、ビデオをアップすることができないの。
それに、もう私には神聖なビジョンや予言は与えられていないわ。
でもあと少しだけみんなと分かち合いたいことがあるの。
とにかく、エレニン彗星が何を引き起こすか今は誰もわからない…
そしてそれは予想より早くやってくるかもしれない。

でも・・私は聖ヨハネのビジョン(黙示録)(9月30日に起こると思ってる)へのカウントと、私がみつけた別の前兆とがシンクロしてると今でも思っているの…

おとめ座は、ニューヨーク、フランス、ドイツ、オーストリア、コソボにある自由の女神のように、あるいはコロンビアピクチャーの絵のように、9月30日、彼女が頭上にあげた手でまさにエレニン彗星をつかむのよ!
b0213435_1631183.jpg

これはエレニン彗星が太陽をおおい隠すのと同じ時9/30なのよ!
私もこのすべての意味については自分でもわからないわ。でも私は絶対に確信できる1つのことを知っているの…これは偶然の一致なんかじゃないの!!!

獅子座にあるエレニン流星群は、周辺にある星雲状の物質「コマ」をもっていて、それは既に直径10万km以上で成長しているの…
それがもしほとんどの彗星のように反射的であったとしたら…
次に、既に金星と木星が何カ月も前に結合したより大きく見えたでしょう…
でもそれは赤外望遠鏡で見ることができるだけなので、ほかの彗星のようではないわね。

エレニン彗星はこの10月、地球にもっとも接近するわ。このことは地球温暖化を引き起こしてしまうか、あるいは地球が変化する傾向があるかもしれないわ。
宇宙物理学者であるカク・ミチオは、地軸が昨年移動したと発表しました。
そしてもしそうなればLAは完全に破壊されてしまうわ!
いますぐ出てちょうだい!

エレニン彗星は地球に接近中よ。・・より多くの地震、津波、火山噴火、太陽フレア爆発なども引き起こすかもしれないわ。
海岸や断層帯、海抜の低いところや大都市から、遠くに離れてちょうだい!

もしできるなら、'送電線生活'からはなれて生きるようにして!
いまからでも食物を栽培し始めるか、農園で働いてちょうだい。

10月16日に、それは地球から3490万km離れたところにあるでしょう… それが意味するのは、もし今と同じままでそれが来たなら9.6分(1/60度円弧)であることを意味するの…
言い換えれば、エレニン彗星は月のサイズの1/4より大きく空に現れるってことよ!!
そして誰もそれがどれくらい大きくなってるか知らないわ。まだ成長し続けているのよ!

現在生きてる私たちの時代には、エレニン彗星のような星が通ることはなかったはずよ。
マヤ族の“権限者”たちは、古代の天文学データを密かに存続させつづけ、わたしたちに残していってくれたわ。
彼らは1000年も前に侵入してきたスペイン人から隠れることができるくらいに困難なときでさえ、勇敢に立ち向かった…
そして長期サイクルの彗星は、再び2011年10月、私たちのもとに戻ってくるわ。
・・・
NOAAとNASA、CDCおよび政府準備機関は災害の準備をしなさい!と私たちに呼びかけているわ!
すでに多くの人たちが災害を経験してしまっている。
著名な科学者たちは何週間も、何カ月も、または何年かさえ、可能なグローバル・パワーの供給停止の可能性に関して私たちに警告しているわ。
このすべてが何を意味するかわかる?

電気が1カ月なくなったとき、あなたはどうする?必要とするものについて考えてみてください。

現在エレニンは獅子座の腹部にあるわ…
午前11時ごろ東の空に上昇して、午後11時頃に西の空に沈むわ。
9月26日、エレニンが太陽を食するときまで、太陽に接近し続けて現れるはずよ。

私たちの肉眼でそれをいつ見れるかどうかはわからないけど、私は、わずか数ヶ月のあいだに見れると信じているわ。

ひとたびそこに出現するのを目にしたら、人々はそれが何であるかを知るために政府や科学者に説明を要求するわよ。そして政府は、その時、強制的な行動をとるようなるかもしれない。

そのときを待ってないで!今、用意してほしいわ。

-----*(途中数箇所で省略しているところがあります)

b0213435_1732799.gif

彼女のいっていることが本当におこるかどうかは、私にも誰にもわかりません。

しかし現実に地震は日本を襲い、他にも世界中で巨大な竜巻、嵐、地震や噴火を引き起こしています。
私たちは地球に対して危機感を感じているのが現実ではないでしょうか。

私見ですが、このエレニン彗星のことはNASAの緊急声明にも多少は関係あるのかもしれないと思っています。様々な災害の影響により、日本だけでなくアメリカや他の国でも原発の危険度が増しています。

核シェルターが本当に必要とならないことを祈るばかりです。

ちなみにこちらの画像は2011年9月21日のエレニン彗星ですが、何か特別な意味ありそうです!
b0213435_16421452.jpg


双子とよばれている金星と地球とのあいだに、エレニン彗星が入り込み天空で直列します。
このとき、愛が引き裂かれ、また自分の心が引き裂かれる「邪魔」が出現するかもしれません。
マヤ暦では9月20日から「風」のトレセーナ。
守護神は救世主「ケツァルコアトル」です。

またそれだけではありません。
邪魔ということは人類のおごりや闇の権力がエレニンを引き寄せ、金星と地球の邪魔の根元となっている可能性もある!ということです。

エレニン彗星が双子のヴィーナスと私たちの間の何を邪魔するのか、慎重にならないといけない時なのかもしれません。
by cimi666 | 2011-06-24 17:12 | 時の人

宇宙の微笑

みなさん、こんばんわ。

みなさんはどんな言葉が好きですか?
私は「神秘・ミステリー」という聖なる言葉が大好きです。
怖いもの見たさとか、喜びや感動とかのようなものと違った感情で好きなのです。

もしこの世が終わる前に何か1つだけ好きなことをしていいよ。といわれたら、私は「神秘」を選びます。
豪華な食事でも、金銀お金の類でも、贅沢三昧な生活でもなく「神の秘密を知る」ことを選びます。

b0213435_2075893.jpg

2003年、私はヨハネとイエスに出会いました。
そんな馬鹿な!といわれます。でもこれは本当です。
聖書に書かれているとおりでした。

ヨハネは荒野で私に声をかけてくれましたし、西にある神殿の下から東に向かって流れている聖なる河で、私の魂にある罪を流してくれました。
天にも昇り黄泉の国へも降りていきました。

天にあっては不思議なことがいっぱいおこりましたし、地獄とはどんな場所かも見ることができました。

そして天からいただいたものがあります。
それは「巻き物」と「白い石」「とりかえた右手」です。
2003年に始まった幻視と不思議な啓示は、1年近く続きました。

最近ではあまり聖書を読んだり学んだりすることも少なくなりましたが、当時は聖書をはじめ本当にたくさんの書物を読んでは学びました。私の聖書は傍線と書き込みだらけできたないです。
そして聖書から一箇所を選んでくださいといわれたら、わたしは次の箇所を選びます。

「初めに、ことばがあった。ことばは神とともにあった。ことばは神であった。」
ヨハネ1:1

b0213435_19212957.jpg

ダンテは、「神曲」の天国篇で「ただ歌うことしかできない」と語りました。

栄光あれ 宇宙の微笑(ほほえみ)
おお楽しみよ、 おお言いがたき歓喜(よろこび)よ
一切の処と 時の集まる点・・

私にとってヨハネやイエスに出会った処は、そのようでした。
言葉では伝えようのないほど歓喜溢れる「永遠のなかの一瞬」です。
その時を体験していなければ、今の私は存在していないかもしれません。

古代マヤ遺跡群に秘められた「暦の神秘」を、時の神がなせる術の秘儀を垣間見ることができたのも、あの一瞬のおかげなのですから。

ユダヤ人たちの間では、直接ヤハウェの名を口にするのは恐れ多いと考えられ、神聖四文字を「אדני」(アドナイ)と読み替えていたそうです。
そのように、不可知のものや奇跡、不可能、畏れおおきものを象徴として表すことで、古代の人々は神聖な力をまもっていたのだと思います。

大切なことば。
それはあなたを支える「光の財」になります。
そして宇宙はかならずあなたに微笑む「時」がやってきます。
それを人は「アセンション」という言葉としてつかっています。
みなさん、こんばんわ。

今日はとても暑い日になりましたね。
6月に入って梅雨の時期だからなのか、太陽風が強まっているからなのか、福島原発の放射能汚染によるものからなのか、地震の恐怖がトラウマになっているからなのか、さてはて単純に歳からくるものなのかはわかりませんが(~_~;)、だるおもが続いているこの頃です。

「だるおも」を幸いにして睡眠時間は長めにとるよう心がけている私ですが(^_^;)、先日から数回にわたって、同じキーワードの夢を見続けております。

それは「SEPTEMBER・9月」です。
9月をタイトルにいろんな夢が私のなかで繰り広げられており、それを「アホな。。」と傍観している私がいるのです。

私は預言者ではないので、馬鹿なヤツ!とおもって、読んでみてくださいね♪
占いとも少し違った別世界にいる私とのコネクションみたいなもの。かもしれません(^_^;)

最初に見た夢は衝撃的でした。

何年かはわかりません。9月18日だったと記憶してていますが、恐ろしいことに地球が真っ暗になります。

そして真っ暗になっても見える「目」をもつ人ともたない人が、二つにわかれます。
私は?というと、なぜか両方の目をもっています。
見える目からみると、地球は何も変わっていません。ただ、違う生命種が地球に降り立っているのがみえます。異星人でしょうか。ものすごーく怖い顔をした異星人もいれば、めっちゃ可愛い異星人もいます。
どこへ向かうべきか、何をすべきかは「9月」というサインをもった異星人によって指導されます。

しかし見えない目からみると地球はとんでもない状態になっていて、パニック的です。
おそらく地球に何かとてつもない衝撃があったのかもしれません。
青ざめた顔の人々が逃げ惑っています。
そんな二つの世界をみながら、私は一人でパンを食べています。

そしてこんなことを考えています。
「このパンを食べたら、何とかしなくちゃ!」
b0213435_21121132.jpg


2回目にみた夢

私は何もないところを一人でさまよって歩いています。
そこで出会ったのは「ゴルメス」と呼ばれるサタンです。
ゴルメスは私とは直接「会話・はなし」をすることはできません。
いつも私の心に直接アクセスしてきます。
ゴルメスがふとこわ声で何かいうとき、私の心は「いたっ!」と痛みます。
ゴルメスが動物をかかえてきますが、そのときの私の心は「すてき!」と叫びます。
ゴルメスはサタンの王なのです。

しかし9月になったある日、ゴルメスは鼻をつまみます。
鼻をつまんで、地下にはいっていきます。
私もまねしています。鼻をつまんで、地下にはいっていきました。
するとゴルメスは「よくやった!」と私をほめてくれました。
「?!」

わからないはずの私は、ゴルメスがいる地下にいったと思ったら、実はそれは今の世界のコピーした世界でした。
同じ動物、同じ人間、同じ植物がいるのですが、すべてコピーでした。

ゴルメスは「ここは安心の9月である」と言い残し、再び鼻から息を吸い込んだかと思うと、地上に昇っていってしまいました。

意味不明ですww
まあ夢とはそのようなもので象徴的です。

最後にみた9月の予知的な夢・・それは、今はいえません。

なぜかというと、NASAが発表していることに関連してきそうで怖いからです。
b0213435_21145226.jpg

もう少し私の心と無意識に整理がついたらお伝えしたいと思います。

NASA Administrator, Charles F. Bolden, Jr. 緊急声明

NASAについては、次回少し説明文をのせたいと思っています。

私が不思議な夢を見ては驚き、日記に書き続けていた2003年から8年がたちます。
少しずつあのときの夢や白昼夢を紹介していこうと思っています。
みなさん、こんにちわ。

「予定通りにいくのは難しい」=汚染水処理システム-原子力安全委(時事通信)

原発事故の収束が一日も早く望まれてるのに、このような裏切りニュースをいつも目にします。

しかし事態はとても深刻のようです。
原子力発電所において原子炉が水素爆発し、メルトダウンどころかスルーになっているわけですから、政府や東電がどんなに頑張ったところで、すぐに元の状態に戻るというようなそんな簡単なものではないのです。
もしかしたらテロ攻撃による爆破だったかもしれないですし、4号機に燃料が実は入ってたという嘘を隠せなくなってしまい、事故が悪化したかもしれません。
Nobody knows but him!! may be 東京電力.
b0213435_16245479.jpg

インターネットを通して多くの情報が伝わっているため、政府を信じようとする者もいれば自らに混乱を生じてしまう者、あるいは情報を見分けようと躍起になるものや開き直って自己解釈で通すものもいるかもしれません。

私自身、毎日時事関連ニュースや個人ジャーナリストサイト、ブログや世界に起こっている現象をチェックしたり、海外との情報を照らし合わせたりしながら、自分が納得できる位置を確認しようとこの3ヶ月間手探りしてきましたし、現在も進行中です。

様々な説があり、意見があります。膨大な量の情報整理や視点を確認しながらの作業が必要になることに加え、陰謀説や水面下での動きも絶対にあるため、誰もが正しい情報を見分けることは簡単ではないように思います。

3・11から100日が経過したにも関わらず、福島原発での放射能大気汚染や汚染水については安心の領域に全然至っていません。

このあたりでそろそろ私たち日本国民は、もっと現実を直視して自分の身を守る、あるいは家族を守る具体的な方法をとっていかなくてはならない時期が来ているのではないでしょうか。

b0213435_16292244.jpg

既におこってしまった過去の歴史を変えることはできません。
しかしせめて現在進行中のことだけは何とか被害を未然に防ぎたい。
だから正確な情報やデータが知りたい!そう国民は思うのですよね。
なのに、政府や東電は腹をくくっていないのか小出し後出しでぼろを出しているだけ。

困ったものです。

だからといって、日本という国を、故郷を捨てて新しく再出発することができる人ばかりではありませんね。
ここで少し視点を変えてみましょう。

ルース・ベネディクトの「菊と刀」について、杉井昭夫氏のサイトでは調査分析されていて、そちらでは日本人の特徴について次のように解説されていました。

--*--
 重ねて言うが、多くの現代日本人は自己や人間社会を成り立たせている自然万物および人間社会の全体を信仰の対象としており、それらを偏見なく正当に評価する社会的慣習を「世の習い」として所有している。そのため、宗教的色彩を帯びた行事の世俗的実行はともかくとして、ある種の迷信でもある宗教そのものを介在させる余地が少ないのではなかろうか。

世の習いとは多分、人類誕生時から存在する社会常識や社会慣習に基づく行動規範。全てのタブー、道徳、法律、宗教上の戒律の源流であって、かつそれらのカバーし切れない部分をカバーしている。古来、日本人の行動原則であり続けており、北条泰時は道理と呼び、戦国時代には天下ばやり、その後は世の定めなどとも呼ばれて来た。たとえてみれば、社会という方円の器に従がい、その隅々までを満たす水が「世の習い」であり、その水に浮かぶとりどりに色付いた氷がタブー、道徳、法律、宗教上の戒律であろう。

山本七平がイザヤ・ベンダサンの筆名で著した「日本人とユダヤ人」には、次のように記されている。

日本人が無宗教だなどというのはうそで、日本人とは、日本教という宗教の信徒で、それは人間を基準とする宗教であるが故に、人間学はあるが神学はない一つの宗教なのである。そしてこの宗教は、「人間とはかくあるべき者だ」とはっきり規定している。(中略)
日本人は日本教徒などという自覚は全くもっていないし、日本教などという宗教が存在するとも思っていない。(中略)その信徒自身すら自覚しえぬまでに完全に浸透しきっているからである。
--*--

日本人は日本教という宗教の信者であるとは、よく言ったものだと感心致しました。
そして「世の習い」という考え方も、未だ日本の小さな社会・・家庭や学校、地域などでもまかり通っている根本的生き方の教えというか慣習的思想であるとうなずいてしまいました。

日本におこってしまった未曾有の災害・事故は、世の定めとして生じたことだ。だから日本が一丸となって日本社会の復興や救済を信じて頑張れば、必ず報いは与えられ、正当に評価される国なのだ!

そう思ってはいませんか?

私たち自身に意識も自覚もないけれど、もしかしたら日本教徒として世の習いに準ずるという無意識が私たちのなかに存在し、原発事故も災害復旧もみんなで頑張れば大丈夫!と考えてしまっているのではないでしょうか。

それが間違っているとはいいませんが、今となってはそれが正しいと言えない気がします。

日本はいったいどこへ向かう?
日本の現代社会これからの未来は自分の身は社会が守ってくれるのではなく、自分で守る。そんな時代へと変化しているのではないでしょうか。

★ウクライナにおける事故影響の概要

★ヘレン・カルディコット医師『原子力が答えではない』

★1年20ミリの被曝の被害に、何で報いるのか? 武田邦彦 (中部大学)
by cimi666 | 2011-06-20 16:47 | 情報

3つの死・・ニヒリズム

みなさん、こんにちわ。

最近のニュースを読んだり報道番組を見たりしていると、将来への不安感や世の中の不条理と精神の欠如感を感じて、何もしたくない・考えたくないww症候群に私は陥ってしまっておりますが、皆様は大丈夫でしょうか^^;?

みなさんは「ニヒリズム」という言葉をご存知でしょうか。
それはそれはこわ~い病や悪霊のようなものですが・・(>_<)

ニヒリズムというのは、人が生きていく上で必須条件である「知ること」「信じること」「求めること」の3つすべてを、否定してしまう立場のことをいいます。
一切の価値を認めないとする虚無主義的立場が「ニヒリズム」です。

それは自暴自棄の状態にも似ています。
「もう何もかも嫌だ。どうなったっていい。世の中も自分も友達も学校も、全てがなくなろうがどうなろうが関係ない。」
普通は一過性のものなので、落ち着いてくればまた元通りに前向きに考えられるようになるようですが、自らの存在に意味を見出せなくなったときは、危険だといいます。

ある方が小冊子で次のようなコラムを書いていました。

「罪のない7人の命が奪われ、10人が負傷した秋葉原無差別殺傷事件の加藤被告に、3月24日、東京地裁は死刑判決が言い渡されました。 被告は決して特異な人間ではなく、仕事にも一生懸命で、アニメやゲームに熱中する普通の若者だったと職場の同僚は証言しました。 しかし被告は子どもの頃に心を解き放つファンタジーの世界を母親によって禁止され、禁欲的な生活を強いられてきたため、癒される経験をしていなかったことが、実の弟の発言からわかっています。・・・そのような心ない犯人の予備軍ともいえる患者は、次のように話しました。『自分は子どもの頃から居場所がなかった。自由もなかった。友人もいない。人と関わるのが怖くて社会にも出られない。気が狂いそうな孤独感と不安に押しつぶされそうな感じになる。そんなとき、同世代の楽しそうな笑い声が外から聞こえてくると、殺意が湧いてくる。殺したら自分がここに存在していることを証明できるような気がする』。」

この彼のように、自分の存在を確認できるような場面や環境がないと、人間の頭はオカルトチックになります。破壊衝動が突き上げてくるのが普通だと思いますよ。
母親から厳しくしつけられる、ただただ甘やかされるというしつけは、子どもにとって自分自身の存在を肯定する意欲や意志を剥奪するか、殺すかしてしまいます。
b0213435_15161882.jpg

マウリッツ・エッシャーの絵

みなさんはどう思われるでしょう?
生きる上で必須条件である知りたいと願うことも、絶望から救われるために信じてみようと思うことも、また救いや希望を何かに求めることもできないとしたら!
「答え」=「ない」という結論を出してしまうと、虚無になってしまいますよね。
それこそが超悲劇なのです。

古代ギリシャで罪を犯したものに対し、最大の刑罰の1つに、朝、山のふもとから山の頂上まで大きな重たい岩を運ばせるということがあったそうです。
頂上へ運んだのち、昼過ぎにはその岩をもって夜までにふもとにあった場所に戻させました。
この重労働を毎日、毎日やらせる。というものでした。
この労役をさせられると、数日後には必ずその人は発狂してしまうそうです。
発狂して気がおかしくなるだけでなく、生きることに意味を見出せず、無意味さゆえに自然死してしまうことさえあったそうです。

意味を見出せない作業は、創造も進歩も発展もありません。
すべてが絶望であること・・・3つの死
それは人間にとって精神の死を意味するのですね。

b0213435_15182635.jpg


マヤ暦という時のピラミッドでは、時を運ぶ神様が伝説の中心にいます。
人間の時間は、重たいはずです。(重力あるし!^^;)
時を運ぶ神がニヒリズムになったら、人間は大変なことになりますねー
毎日毎日、ひたすら重たい時を担いでは、交代する。それを繰り返しているのですから。

全ての子どもが社会に適応するように生まれているとは限りません。
魂の思いが強くて、人間なんて大嫌いという人がいてもいいですし、病気や障がいがあって出来ないことも多いけど人とは違う視点を理解できるという「個性」「長所」をもって生まれていてもいいわけですよね。

人がニヒリズムの悲劇にならないためには、その人が信じる姿勢、求める気持ち、知ろうする行為や行動を誰かが尊重して認めてあげなくてはいけません。
そしてそれは家族じゃなくたっていいんです。

逆境の心理学
「生きる意味」を求めて V.E.フランクル


人間が救いを求めるのは「異なる次元」にあっていいのだと私は思います。

「マヤ暦の奥義」のようにね・・・(*^^)v
この混迷の時代、私にマヤがなかったらと思うとwwww
脅威ですww(^_^;)!
みなさん、こんばんわ。

16日は、満月が地球の陰にすっぽりと隠れてしまう「皆既月食」、日本では半年ぶりに沖縄県などで観測されたそうです。
地球の大気の層で屈折した僅かな光を受けて、赤黒く輝くのが特徴だとのこと。
神秘的ですね!

今月の天文現象は
17日 月が冥王星の南3"20
22日 夏至
29日 月と火星が並ぶ
だそうです。


「2012年終末説」信者が南仏の村に集結、当局が警戒

マヤ終末論に関するニュースがでてしまいました!

---記事転載開始---

2012年に世界が終わると信じる人たちが、フランス南部にある人口わずか200人の小さな村ビュガラッシュを安全な「聖地」とあがめ、終末から逃れるために続々と詰めかけている。

新興宗教団体を監視する政府当局は15日発表の報告書で、古代マヤ文明の暦を基に割り出された「滅亡の日」とされる2012年12月21日までの間、ビュガラッシュに対する監視を強める必要があるとの見解を示した。

 当局の報告によると、特別な場所とされるビュガラッシュにある岩山には過去数カ月間で多くの訪問者が殺到。周辺の不動産価格が上昇しているほか、金融詐欺やマインドコントロール(洗脳)が行われるリスクが高まっているという。

 地元住民から「逆さまの山」と呼ばれるこの岩山は、岩の上層部分が下層部分よりも古いことなどから、神秘的な場所とされてきた。インターネット上では、この岩山が磁力で囲まれているという説から、宇宙人の基地があるとの説、別の世界への入り口が地下にあるとの説などがささやかれている。

 監視当局の責任者はロイターに対し、訪問者の急増を懸念した村長の連絡を受けて最近ビュガラッシュを訪れたところ、米国の「ラムサの学校」メンバーが周辺に6カ所の居住施設を建設していたと説明。また、他の宗教グループも地元ホテルで有料セミナーなどを開催していると明かした。

 この責任者は、1993年に米テキサス州ウェイコで発生し80人近くの死者を出した新興宗教ブランチ・ダビディアンによる立てこもり事件に触れ、終末思想は弱い状態にある人に大きな影響を与えるとし、「警戒を続ける必要がある」と述べた。
[パリ 15日 ロイター] 
----ここまで----
b0213435_0282830.jpg

う~ん・・危ないですね。。危険です。

カルトやマインドコントロールが心配です。
古代マヤ暦は、宗教の対象それ自体ではありませんし、キリスト教聖書のような教えとして成立する書物も見つかっていません。
最初はきっとパワースポットとして有名になり、その後マヤ暦滅亡説や地下都市伝説がタッグを組んで歩きだし、多くの迷える子羊たちに影響を与え始めているのでしょう。

・ラムサの学校
こちらは、古代の叡智の学校だそうです。
ラムサは今から3万5千年前、古代の戦士で征服者、アセンドしたマスター。彼は自分のことを「不死の神」、つまり「意識とエネルギー」だと言っており、遠い昔に消滅したレムーリアという大陸に、3万5千年前に人間として生きていたと言っていた。とあります。
彼の魂は、死を体験したことがないそうで「不死の神」だそうです。

これは「ユダの福音書」で不死の王国「バルベーロ」と支配者デミウルゴスとアルコーンたちのお話に似ています。

こちらの学校で学ぶことのなかに、気になることがありました。
「自分の人生を自分の思い通りの人生に変えるために、脳の中で意識を移動させる方法」とあります。
これは危険ですね。
この世を支配したい、人生を思い通りにしたい、それは学ぶことでしょうか?
よく考えてみたいものです。

・ブランチ・ダビディアン

『ヨハネの黙示録』に基づく終末思想と「選ばれし民」という選民思想をもって信者を洗脳し、集団自殺に追い込みました。
生き残った信者たちは、突撃銃、拳銃、散弾銃、重機関銃等の武器を所持し、ブランチ・ダビディアンは現在もなお存続し、活動を続けているそうです。
オウム真理教の事件と同様、信者には多数のエリート青年が含まれていたそうです。

 ★
人は弱いものです。

強いパワーを誰かと一緒に信じたくなるのが人間の常です。
そのことをわかっていない人は、もとから洗脳されやすい土壌を無意識の深層エリアに持っている可能性があります。
振興宗教だけではありません。
ニューエイジやアセンションも同じような意味をもっています。
信仰それ自体、選民思想、古代伝承や神秘思想もみな同じような落とし穴をもっています。
b0213435_0294628.jpg

マヤのピラミッドは、このようなことを望んでいるとは思えません。
地震に天災、地球に多くの変化が現れてくればくるほど、人はこのような対象に救いを求めるかもしれません。
でももう一度考えてみてください。
本当に古代マヤ暦は、人類滅亡を予言しているでしょうか?
地球は滅びてしまうでしょうか?
救いはそのようなところにあるでしょうか?

何もトラブルがおこらないことを祈るばかりです。
みなさん、こんにちわ。

帝国劇場100周年記念公演として4月から上演されていた「レ・ミゼラブル」が、今日千穐楽を迎えました。
b0213435_17204582.jpg

ミュージカル「レ・ミゼラブル」

今回の公演は予定が合わずに行かれなかったのですが、私は昔からレ・ミゼラブルの大ファンなのです!最初に見たときは私も20代(*^^)v 鹿賀丈史さん、岩崎宏美さん、島田歌穂さんが出演されていた頃です。

このミュージカルは本当に素晴らしいのです。
何度見ても涙があふれます。

時々元気がほしくなると見るのですが、偶然にも今日、NHKのBSプレミアムでロンドン公演25周年記念「レ・ミゼラブル」を放映していました。

すばらしい!
b0213435_17234039.jpg


何でそんなに人の胸を打ち、感動を呼び起こすのでしょう?
作品が素晴らしいのは言うまでもありません。
もちろん時代背景もそうでしょうけれど、私にはストーリーが「人生の縮図」であるように感じるのです。

正義と悪、神と悪魔、生と死、黒と白、愛と自由、すべては廻り廻って始めに戻るという時代を象徴する声・・

そしてミュージカルの中心となる曲のメロディーと歌詞には、「スピリット・魂」がこめられています。

「時が来た 今日こそ運命の日!」

コゼットとマリウスの愛、聖人となるジャン・バルジャンの愛は胸に響きますが、やっぱりいつも泣けちゃうのは叶わぬ愛と知りながらも、諦めずに勇気をもって進んでいく少女エポニーヌの場面・・!
25th Anniversary のエポニーヌもとても可愛い女性です!
「On My Own」おすすめ。
b0213435_17255895.jpg

Les Misérables (The 25th Anniversary Concert) - "One Day More (Encore)" [LIVE] HQ

そして元気になれるのはやっぱりこの音楽!
「Do You Hear the People Sing」

b0213435_1728448.jpg

今回の公演では、神田沙也加さんがコゼット役をやっていらっしゃいました!
A Heart Full of Love

元気と勇気のほしい方は是非DVDやYouTubeでごらんになってみてくださいね!