<   2011年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧

みなさん、こんばんわ★

昨日は久しぶりにアセンションについて書きましたが、今日はスピリチュアルな子どもたち「光の子」について書いてみようと思います。

http://youtu.be/KzUl2eiKx5E
b0213435_20401484.gif

Godtalent screen shot



Livera ~Ave Maria~

アセンションする以前と以降の人間にとって最も変化することの1つに「人を見る意識の変化」があります。

人間という意識から人をみるとどうしても偏見や相性、価値観の相違や己感情が入り込みますので、あるがままの魂や光が伝えてくるものを読み取るのが難しいということがあります。
しかしアセンションによって自我意識が宇宙意識に統合されると、人間という意識から離れ、別次元から人を見ることが出来るようになります。

想像しにくいかもしれませんが、その意識は「個」でも「集団」でもなく「上や下」でもない。自分の意識が「無」になるので「無意識の中でうごめくエスのようなもの」としかいいようがないものが、それまで自分が見ていた世界とまったく異なる別の視点で人を見せる。というようなものなのです。


どう表現すればいいのか「明らかに伝え難い」ような世界。

それはたとえば

・年齢差や性別、年輪でその人を見ることがない
・世間からの評価やその人の経歴は重視されない
・障がいや事故というものがなぜあるのかが理解できるようになる
・子どもの素行や特性から光と闇が識別できるので、大人子ども関係なく指導できるようになる
・インディゴやクリスタルチルドレンのような特別な力をもつ子どもたちが、現代社会では異端児・発達障害児童として見られていることに気づく
・人の魂が放つオーラの光や波動によって異なる霊的修行段階が色分けされてるように見える
・自分という一人の人間がどれほど束縛・呪縛・洗脳・支配を受けていたかが見えるようになる
・家族や親族という愛による血の支配がみえるようになる
・生と死の世界がつながっている様がみえる
・光と闇の区別がつき、偽善と偽愛が見分けられるようになる


もっともっとた~くさんあるとは思いますが、これらのような変化がみられます。


インディゴチルドレンについてリンクをはっておきます。
★インディゴチルドレンとクリスタルチルドレン
・インディゴ チルドレン 新しい子どもたち

動画での紹介




水瓶座の時代が始まるため、アセンションが実現するため、マヤ暦の新しい時代の到来を告げるため、1980年代後半くらいから子どもたちの中に新しい種をもつ「光の子」と呼ばれる魂が送り込まれてきています。

私自身もアセンションを体験した後、一人のインディゴブルーな男の子に出会っています。

彼は明らかに地球人の種をもつ子どもではありません。
まず「目」「瞳」が違うのです。

b0213435_210544.gif


彼は透明感と崇高な精神のもとに、まるであるがままの個性でいいんだよ!と身体全体で表わそうとしているかのように無邪気で芸術的な光の子でした。
ところが小学生の彼を学校や父兄たちは「発達障害」として見ていました。
私は彼と公園で何度も遊んだり話し込んだりしたことがありますが、彼は普通以上の思考力と記憶力をもっていました。イマジネーションが宇宙的でした。
彼のご両親や学校とも何度も話し、何とか彼のことを理解してもらえるよう努力しました。
しかし学校や教育の社会は彼を「アスペルガー症候群」という名前のもとに薬を投与し始めてしまいました。
どこも悪くないのに!です。
もしかしたら世界を救う天才かもしれないのに!です。

2012年を過ぎるとアセンションによる光の世界が、地球に住む私たちの身近にやってきます。
そうでないといけないのよ!

水瓶座の時代もすぐそばまでやってきています。
だからこそさらに「アセンション」に関する研究は進められなければなりません。


未来の子どもたちのためにもアセンションに向かってどのような研究が進んでいくのか、今後の学識者の努力成果が期待されているのです。


◆アセンションの始まりのときと終わりのとき…


「始原(はじめ)」とは、時満ちる新しい開始のこと。
そして、第8番目の日が復活の日。それは終末の時であるが、始原である終末の時である。


終末についてこう語ったのは1949年ヘランデュス・ファン・デル・レーウという人物です。ダンテが「神曲」の天国篇でしたように、終末のとき人間はただ歌うことしか出来ないような感覚です。


栄光あれ―宇宙の微笑(ほほえみ)
おお楽しみよ、おお言いがたき歓喜(よろこび)よ、…
一切の処と時との集まる点


終末の時は、歴史的な時の只中で始まるのだと彼は言います。
そしてまた終末の時は、没落と絶望が前触れとして前提になっているともいいます。


これだけでは、アセンションの始まる終末について一体何が言いたいのかよく分からないかもしれませんが、それを体験したことのある者にはその意味が理解できるのです。


次元上昇「アセンション」は「終末の時」に訪れるものだからなのだと思います。
ただ終末の時というのは、先ほどの冒頭の言葉にあるように「新しい始原の開始」であって根源の時から根源の時へと交代するということなのです。滅亡とは違います。


次元上昇の目的は何なのか、ルドルフ・オットーの「神の国と人の子」、また「聖なるもの」はその概念と定義を認識するのに参考となるかもしれません。


神の国が「天にあるごとく地にもなるように」が現実のものとなるのは、悪霊的なデーモニッシュな世界を解放し、邪悪なものから略奪の虜を奪い返すために救済の力として終末が到来するのは理にかなっているのです。

人類のアセンションがどこまで垂直思考的であり、何処からが水平思考的なのかは、人類の認識が何処まで進むかにかかっています。
またアセンションの世界が人間意識を離れ、宇宙意識とつながってどこまで時を超える体験となりうるか・・
人類の未来はそこにかかっているのかもしれません。

b0213435_20565124.gif

どうぞ光の子どもを大切にしてください。
地球意識でいたわるのではなく、光の子どもとして尊重してあげてください!

アセンションに向かう魂

みなさん、こんにちわ☆

2011年も残り1ヶ月ほどになりましたね。
きょうは私の知る「アセンション」について記述してみようと思います。

アセンションて何を表わしてるのかご存知でない方もいると思います。

状態からいうと「アセンション」とは、自分という光が肉体意識から出て、次空間を移動するタイムマシンにのり、内なる宇宙と外宇宙とを行き来して光の子としての完成を目指す始まり・導入ステージのことなのです。

b0213435_14261587.jpg

古の昔から人類は「神」や「超」という名のつくものを追い求めて生きています。
神懸り、超能力、神聖化、超技術、神通力、超常現象・・・


現代社会の表側では「科学」が「神」のようになってしまったので、科学技術や進歩に「超」がつくものを発見発明すると、世界の注目を浴びるようになります。
また裏側では「金銀土地財宝などの富」を持つ人々が「神」になり、世界征服を求めて「超」になった「科学」を利用しています。

バベルの塔のお話を皆さんはご存知でしょうか?
キリスト教聖書にあるお話です。

すべての肉なるものは道をはずれ、地上では暴虐と堕落が満ちていました。
そこで神はノアと契約を結び、聖別された生き物を箱舟にはいらせます。その後巨大な大いなる水の源が張り裂け、天の水門が開かれて大洪水がおこり地は滅ぼされました。
神の意志で助けられたノアの血と子孫ですが、その後にもやはり問題がおこります。
全地が1つのことばでいましたが、彼らは天に届くほど高い塔を建て、名をあげようとします。それをご覧になった神は彼らの心のなかに「神になろう」とする意志をよみとり、ことばを混乱させ互いにことばが通じあわないようにしてしまいます。
言葉が通じなくなった彼らはその地を離れ、地の全面に散っていきました。

その地が「バベル」という名です。

神のようになろうとする人間の先天的な特性を、神は最初から知っているのです。
肉なる人間が道をはずし暴虐さゆえに戦争を起こしやすいことも、契約や約束を守れないことも、誘惑に弱いことも善悪の中で揺れ動くことも知っています。

エデンの園でヘビは女を誘惑するとき、こう言いました。
「園の中央にある木の実を食べるとき、あなたがたの目が開かれ、あなたがたが神のようになり、善悪を知るようになることを神は知っています。」

これはアセンションへの道を示唆している言葉なのです。


人類がこの惑星に誕生したときから既にアセンション・プロジェクトは始まっているのです。

「アセンション」という言葉はイエスキリストが昇天する様、あるいは姿を変えて変容する様子を表わす意味から来ています。キリストが誕生し、世界にキリスト教をもたらした人々が到来し、東の空に聖なる座を確立させたときから人の世は既にアセンションにつながってきています。

もちろんキリストだけではありません。他の宗教神話やスピリチュアルな導師におかれてもアセンションは多くの場面でおこります。


 ☆
スピリチュアル的な視点からアセンションについてブログ記事を書き綴ってきたこともあり、鑑定にいらっしゃるお客様の中には超意識やアセンションについて、ご自身の不思議な体験を話してくださる方もいらっしゃいます。
この数年の間にそのような方がとても増えているように思います。

アセンションにつながる可能性のあるいくつかをご紹介してみます。

・自分が粒子になって空に浮かんでいるときがあり、そこから地上を眺めているという感じがする。これは幻覚なのだろうか。
・自分の肉体を洋服を脱ぐようにして出てみたら、となりにエンジェルがやってきて、一緒に宇宙の旅にでたのだが、それを人には決して言えない。
・自分の頭がいかれていると家族に言われ続けてきたので、自分のことは誰にも理解されないと思ってきた。自分には相手の心に色がついていてその色がどろどろ汚い色をしてたり、明るい赤や暗い緑のときがあって、人間を見てると疲れるので引きこもっているのだということを誰にもいえない。
・今まで理解できなかったことが、急に理解できるようになったら心の中にささやくような声が聞こえるようになって、その声が最初は怖いと思っていたが次第に友達のようになって、今では一緒に相談しながら人生をおくっている
・誰かが遠くで考えていることが、瞬時に察知できるテレパシーのような能力が急についた。それが3月の地震の後からずっと続いている
・今まで聞いたことも学んだこともない言葉を突然話せるようになり、それが何語なのか宇宙語なのかもわからない。
・「あ、あと何分かするとあの人から電話がかかってくるな」と思うとその通りになる。そういう体験がいっぱいある。


これらのことは霊的な変容というアセンションへの始まりかもしれません。

神秘体験や不思議な超能力・テレパシー現象は、それ自体がもつ力を当の本人に誇示したりあるいは超越力として認識させたりするようなものとしての高次の価値はもっていません。

それらは高次元にある光の世界の住人へとなるための通り道だと思います。
そして不思議な現象が自分の中で始まったら、上をみて歩かなければなりません。なぜなら自我に戻ったりサターンに呼び止められたりしてしまうと大変だからです。悪魔はとても優しくあなたを引き戻そうとするのですから!


アセンションという光のステージへ進んだとき、人はキリスト意識や仏陀や空海のような救世主の意識、ヒトラーやノストラダムスなどの預言者意識、神々の意識や過去の先祖たちとの意識につながり、光の結合次元へと入りアセンションによって自己実現が完成していくのです。

光の世界での自己循環が始まると、セルフコントロールすることやシフトチェンジすることが瞬間にできるようになります。
相手の考えはわからなくても、魂の中にある気持ちや感情が手にとるようにわかることもあります。また異なる次元・宇宙意識からのメッセージによって、自分がどうすればいいのかわかるので悩まなくなります。
それまで持っていた性格や思考回路が完全に入れ替わってしまい、まるで別人のようになりますし、感じます。

では、どのような人がアセンションのステージへといざなわれていくのでしょうか?
またどのような性質がアセンションへとつながっているのでしょう。

それは聖書やヘルメス文書、マヤ文明の古文書として残されていた「カトゥンの予言」やマヤ神話「ポポル・ヴフ」にヒントが隠されています。
その中から発見した性質の一部を紹介します。

・死の人
・苦しみのパンを食べる人
・感受性の高い人
・父を持たない人、母を持たない人
・愚かな人
・悲しみの人
・支配に貪欲な人
・いかなる仕方で呼ばれたかを認識する人
・夢有疑心無の人
・心の貧しい人

世界と人類の全てを敵に回しても孤独のなかで聖戦を戦い抜いている人は、キリストに続く聖者となるか、パーシファルに対するマーリンの手下になるか、自らの身体をキリストに明け渡すかサタンに明け渡すかによって個の意識の終結を完成させる人です。

そのような人たちが自分の使命を知ったとき、すべてはアセンションにむかって繋がり始めます。
異邦人の正体を知り、異次元の意味を悟るようになり、古代の叡智に隠されている真理のみ抽出できるようになることで人類に警告を発するようになるのです。

おそらく・・・すでに「選びの民」は世界中に散在し、地底王国人や異星人とコンタクトをとりながらアセンション・プロジェクトの進捗状況を探っているに違いありません!!

ポポル・ヴフの神話が告げるメッセージは、人類の霊的進化の進行を記録し、完全に目覚めた人類を創造するという神々の目的を告げるものに違いありません。
意識のレベルがより高いレベルに進化するためには、人類は産みの苦しみを通らなければならないのです。

光に満ちた新しい世界へと移行するためには、人は暗闇の世界から狭い産道を通り抜ける経験をしなければなりません。暗闇の世界の終末を体験しなければ、産声をあげることは出来ないのです。



精神心理学者ユングはこう言っています。
「鍛錬して育て上げなければ持つことの出来ない人間の智慧というものも存在するのである。そしてその際大いに称賛されている理性は頼りにならない。まさにこのとき、心の内なる未開人がより高い権威と自分にはよく理解できないという決着に身を委ねようとするのである。 自分には理解しがたいと思われるジレンマにぶつかって文明の境界線を越えるや、彼は未開人になる。彼は『思いつき』に動かされるし、『霊感』に従って行動する。もはや思考しているのは彼ではなく、彼の内部で(es)が思考しているのである…」

この(es)という思考する未開人こそが大爆発によって生まれたエネルギーの正体であり、無意識から抽出された宇宙の栄光の素なのです。
この(es)という思考が純化されたものであればあるほど、光の純度は高いため、目に見えるものではなくなるのです。
しかしそれは「光」であることに違いはないため、その光を認識しようとするならば、さらに完全なる暗黒が必要となるのです。それは通常の「闇」ではありません。光が及ばないということこそが闇の闇たる所以であるほどの闇です。

そしてついにアセンションを迎えるときに、人はその自分自身の中に輝く光を見つけ出すことができるのです。

「闇の中で闇を把握するような何らかの光が輝きはじめる」ならば、闇や消滅する。というのも、当の光がもはや闇の論理では解明できないような光であるときにはじめて闇の光への憧れは満たされるからである。…したがって、「闇が把握したことのない光」のみが闇を照らすことができる。それゆえ闇は、闇の予期しない、意図しない、把握しえないものによってしか解明されないのです。


2011年から2012年に向かって地球は変化の時を迎えつつあります。
このことが意味するのは
「地球」意識から「シリウス星」意識や「キリスト」意識へと変換するという時の訪れを告げるものなのではないでしょうか。

古代マヤ族はそのことの証人なのかもしれません。
みなさん、こんばんわ★

ふと最近思うこと・・・
「脳が弱体化(老化ともいう^_^;)しないためには、脳の有酸素運動が必要なのかしら!」(^_^;)

日常の中で忙しすぎたり急いたりとマラソンや短距離走ばかりしていると、脳も疲れてしまうのかもしれません。
やはり脳のアハ!体験と輝きの為には、有酸素運動のような適度の頭脳活動と心地よい睡眠が必要なのかもしれませんね^^♪

 ☆
いよいよ大阪「都構想推進事業」が始まることになりますね。

大阪市長には現職の平松邦夫氏を打倒して橋下徹氏が、大阪府知事には松井一郎氏が当選されました。

大阪都構想は府と大阪、堺両市を解体して「都」と「特別自治区」に再編する構想で、人口約267万人の大阪市の場合、8か9の区に分割されるそうです。

記事:毎日jp


西の大阪、東の東京が中心となって日本を活性化しようということのようです。
新市長さんと府知事さん、今後いったい大阪をどう動かしていくのでしょうか?!


マヤ占いで占ってみました。
そしたら・・・やけに2012年の年運に意味深な関わりがあって、びっくり!


橋下徹氏 1969年6月29日生 「嵐・9」
b0213435_22231078.gif

松井一郎氏 1964年1月31日生 「夜・9」
b0213435_22241959.gif


平松邦夫氏 1948年11月15日生 「ウサギ・5」


今年は「道」のサインを分母に(道が年の守護者です)、ジャガーとウサギが分子となって2011年に大きな影響を与えていますが、2012年に活躍しそうな時の守護者たちをみてみると、「香」のサインを分母に(香が年の守護者となります)、ヘビと水が力を発揮しそうなのですが。


平松氏が橋下氏に席を譲らざるを得なかったのは「嵐」が西の方位に座して、ヘビを女性性に持ったからだと思われます。
嵐の一族は「西」に属するサインで、ウサギは「南」です。

また松井氏のサイン「夜」もまた「西」に属するサインです。
マヤでは「西」は神殿の方位で、神聖な力を宿しています。
西に属しているのは「嵐」「夜」「シカ」「ワシ」「サル」の5つです。

「道」も「ウサギ」も「南」に属するサインですが、まるで「2012年からは西の守護者が関西で基盤をつくるよ~」とでも言っているかのようです。

気になる点は2つ。

1つ目。「嵐」の右腕と左腕

嵐が活躍するとなると、当然周囲を振り回すほどの勢いとなりましょうが、嵐も一人で頑張るわけにもいきませんので当然両腕となる支えも必要になります。
生命樹では既につながっている右と左のサインですが、今はどんな人に支えられていて今後どんな人に支えられるのでしょう?・・

まずは右腕「コーン」
ちなみにコーンの一族はこんな人
・高い霊性と地上的教育的な指導カリスマパワーをもち、リーダーシップを発揮する一族
オバマ大統領、ノストラダムス、フロイト、ユング、秋元康(AKB48の産みの親)、美川憲一

そして左腕「ヘビ」
ちなみにヘビの一族はこんな人
・血の一族。情熱をもち高度に魔術的で深い智恵の持ち主。真実を探求するような学者、政治家は適職。
皇太子徳仁親王、小泉純一郎、鳩山由起夫、石原伸晃、CIAの工作員との噂もあるデーブ・スペクター

嵐自身が周囲を振り回しているほうが、周囲に振り回されてしまうよりはいいのかもしれないですね。



2つ目。気になる「9」

「9」は躍動という数秘をもち、人を元気にする役目をもちますが反面、自分自身が躍動してしまうと、軸を見失いがちになるといわれます。
さらに「9」はボロンティクというマヤの地下世界を司る数です。2012年は「9」ではなく「13」のパワーが地上を救うのですが、どうしたものかww


橋下氏も松井氏も同じ「9」なのには驚きです。


さて大阪府知事に当選された松井氏のサインを見てみましょう。

「夜」は冥界と智恵の象徴で、闇と夜明け、女性性と男性性などのように陰陽の両方をもって経済界や実業界で活躍していくサイン。思い込んだら激しく強いが、印象は優しいという感じ。
この「夜」のサインを右と左で支えているのが来年の運を握る「香」と「水」です。

香は天の頭脳をもつ思索者、水は循環する生命の源と純粋な精神の象徴です。
ちなみに「夜」には山口百恵さんや中田英寿、岸谷五朗さんがおります。


こうなると大阪いったいどうなるねん?!

2012マヤ暦カレンダー じゃぐゎーる

弓玉 / イーフェニックス Book-mobile

2012年のマヤ暦カレンダー、ようやく完成しました!^^発売開始です♪ 今年は見やすいポストカードサイズで、マヤの遺跡やイラスト入りです。

スコア:



2人の当選に大きく関与するキーパーソンは他にいる!ということになりそうです。

大阪都構想推進事業、がっつり見守ってまいりましょう!


【おまけ警告】
ロシア 米ミサイル防衛計画へ強い対応



メドヴェージェフ大統領のサイン「ワシ・3」
次期大統領候補プーチンのサイン「イヌ・10」
みなさんこんばんわ★

24日(時差でまだ23日「死・13」の国もあります)「シカ・1」の日、地球では地震が多発しています。
先ほどは北海道日高で震度5弱の地震がありました。3900世帯が一時停電したそうです。

M4.2 カナダバンクーバー
M3.0 イエローストーン・ナショナルパーク
M6.0 04:34AM 福島県沖
M5.0 10:55AM インドネシア・ジャワ島
M5.1 10:23PM フィジィー諸島
M6.1 19:25PM 北海道浦河沖



26日でマヤツォルキン暦では3月11日からちょうど1ラウンド経過します。
20×13で260日が経ったわけです。
あの地震と大津波が起きた日がマヤカレンダー「水・3」の日でした。
3月9日にも前兆のような余震がありましたね。
それが今日と同じ「シカ・1」のサインでした。
嫌なシンクロですね・・・(・_・;)

エレニン彗星が地球人に何か特別なメッセージを伝え残していたのでしょうか?
それともHaarpの動きが激しくなっているせいなのでしょうか?
HAARPに地震波か? Kazumoto Iguchi's blog

b0213435_2234597.jpg

広域 ・ 日本全国 広域 ・ 最新24時間 の震央分布図

関連記事:
Thanks giving day(感謝祭)とシカとエレニン

乙女の足の下から誕生する星・・サタン11:11:11


こちらの記事もサタン関連では気になります。

太陽系が荒れている: 土星と天王星でスーパーストーム


一部転載します。

土星のこの200日間の悪天候は1903年以来の記録となっている

今年の土星の北部の悪天候は記録的だ。
NASA の土星探査機カッシーニから送信された写真では、この200日間のあいだ、土星は継続的なスーパーストームに見舞われている。これは 1903年に観測された5ヶ月間に渡るストームの記録を塗り替えるものだ。

土星は、木星と同様その大部分が水素とヘリウムで構成されている。
大きさは地球の約 755倍だ。

土星の高層大気での風の速度は、赤道付近で、秒速 480メートルに達する。これと比較すると、地球で最も強いハリケーンの風速が秒速 18メートルで、土星の嵐の桁外れの猛威がおわかりかと思う。
(オカさんのサイトより)


土星・・Saturnサタン
天王星・・Uranusウラノス



天王星は「普通ではない惑星」「おかしな惑星」とあります。

以下ナショナルジオグラフィック公式サイトより転載

b0213435_22433765.jpg

普通でない惑星

 かつては平凡そうな惑星の1つだと考えられていた天王星には、太陽系外縁部で最も明るい雲がいくつかあり、環が11本もあるなど、ダイナミックな世界であることが明らかになっている。望遠鏡を使って発見された最初の惑星は天王星であり、天文学者のウィリアム・ハーシェルによって1781年に発見された。太陽系第7番目のこの惑星は太陽からあまりにも遠いため、1回の公転に84年もかかってしまう。

 固体表面を持たない天王星は巨大惑星の1つである(ほかの巨大惑星は、木星、土星、海王星)。天王星の大気は主に水素とヘリウムで構成されているが、メタンも少し含まれ、水とアンモニアの痕跡もある。天王星が青緑色をしているのはメタンガスによるものだ。メタンガス層の直下にある天王星の雲頂からは太陽光が反射している。その反射した太陽光がこのメタンガス層を通過するときに、赤い波長はメタンガスに吸収されるが、青い波長はそのまま通り抜ける。その結果として、地球からは天王星が青緑色に見えるようになる。

 天王星の大気を細部まで可視光の領域で観測するのは非常に難しい。天王星の質量の80%以上は、主に“凍った”物質(水、メタン、アンモニア)で構成された大きな液体の核であり、中心部に近いところにはさらに高密度の物質がある。

おかしな惑星

 天王星の自転軸は、まるでこの惑星が無理に横倒しにされたかのようにほぼ水平になっている。この異常な傾きは、天王星の歴史の初期に惑星サイズの天体と衝突したことが原因だと考えらえる。その衝突によって、惑星の自転が大幅に変えられたらしい。また、磁場は通常は惑星の自転軸とそろっているものだが、天王星の磁場の軸は自転軸に対して60度も傾いている。

 横倒しに自転しているため同じ季節が20年以上も続くが、太陽から遠いこともあって夏と冬の温度は大きく変わらない。天王星の温度は雲頂の近くで摂氏マイナス216度である。

 自転軸の傾きが異常であるため、その環は太陽を回る軌道面に対してほぼ垂直になっている。外側の10本の環は暗く、薄くて幅が狭いが、最も内側の11本目の環は幅広で拡散している。

 天王星では27個の衛星が確認されていて、そのほとんどはウィリアム・シェイクスピアかアレキサンダー・ポープの作品の登場人物から名前が付けられている。ミランダは天王星の衛星の中で最も奇妙な形をしており、まるでスペアパーツを集めて作ったような姿をしている。この衛星の切り立った崖や曲がりくねった渓谷は、内部が部分的に溶解し、凍った物質がときどき表面へあふれ出ていることを示しているのかもしれない。

転載終わり

何かマヤ2012との関連や意味がありそうです。

おっと、もう1つ忘れてはいけません。

サタンは土星や霊的な世界だけを表わすわけではありません。
サタニストたちは世界中に散在して、聖なる儀式と誓いのもと上階層級の指示に従っているということもありますので(・_・;)

サタニック聖書なるものもあるようですよ。


そういえば、ウラノスって「青い惑星」なんだそうです。


マヤ暦のサインとの関連性からみても少しの間、地震には注意が必要かもしれません。
みなさん、こんばんわ★

太陽の沈む時間が早すぎて、昼夜逆転しつつある私ですが皆さんご機嫌いかがですか?(^_^;)

来年の年運とサイン別運勢をマヤ暦から占っていましたが、驚くような発見がいっぱいありました!現在まとめチューですので、お楽しみに~(^_^)/~


ある尼僧女性の中国に対する抗議写真をみてください。
b0213435_19235345.jpg

チベットの尼僧が火による自己犠牲で抗議した恐ろしい画像です。

Mail online
b0213435_19242052.gif



中国四川省西部のチベット族居住地域で、11人が自殺を図り、少なくとも6人が死亡したとされています。中国当局による統制強化に対する命を賭した抗議と見られる。35歳の尼僧が今月3日に街中で自殺した同省甘孜(かんし)チベット族自治州道孚(どうふ)は重苦しい雰囲気が支配していた。

 英国のチベット族支援団体「フリー・チベット」によると、尼僧は自殺直前、信仰の自由とインド亡命中のチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世の帰還を訴えたという。

チベット僧抗議の焼身11人「他に方法がない」
記事:YOMIURI ONLINE



凄い勇気です。
「火は熱くて怖い」という恐怖の感情を超えて、彼女には主張したかったことがあったのですね。
普通の人に出来ることではありません。

確かに彼女がとった行動は現代人には愚かしく見えるかもしれません。しかし彼女たちの抗議は世界に「大切な何か」を示しました。「特別な存在」を訴え「何か」を人の心に残します。

この画像を見ている私には、死の恐怖よりも凄まじいほど強い信念と信仰による主義主張が燃えているように目に映ります。


火の儀式は、始まったのでしょうか。


11月24日は米国では「サンクスギビングデー」感謝祭の祝日です。
ターキー(七面鳥)などを食べながら秋の収穫に感謝する日です。
マヤ暦でみると24日は「シカ・1」。
トラロクという雨の神と一緒に森の王者がやってきます。七面鳥でも一緒に食べるのかしら^^♪

ただ少し気になる「エレニン」がいます。

2011年3月11日、9Naniaは太陽-地球-エレニン彗星の直列によって地震がおこることを予知していました。

b0213435_19262348.gif


そしてあれから1ツォルキン暦(260日)が経とうとしています。
3月11日「水・3」と同じサインが26日にやってきます。
ちょうど時を同じくして、エレニン彗星は太陽-地球と惑星直列します。
あの日と同じ守護者がやってくる!

エレニン彗星はツォルキン暦でほぼ1サイクルの間に、再び直列をすることになっていました。

b0213435_19283839.gif


太陽-地球-エレニン彗星が再び直列します。
小さくなってしまった彗星かもしれませんが、そのことに意味はありません。

マヤの神聖暦260日を地球に知らしめる前兆とも考えられる「エレニン彗星」

9Nania

23日「死・13」、24日「シカ・1」は強いエネルギーが働いています。
用心するにこしたことはありません。

感謝祭と豊穣の女神に感謝しましょう。
天なるオシュラフンティクが力を統合してくださいますように!
b0213435_19423744.jpg

みなさん、こんばんわ★

自分のことが見えないで焦ったり足掻いたりしてる人も
他人の気持ちが見えないで悩み苦しんでいる人も

少しだけ肩の力を抜いてみませんか?
自分や相手を責めるのをやめてみませんか?


「自分や相手が見えないこと」ってそんなに悪いこと?
見えないと生きるのがむずかしい?
そんなに恥ずかしいことかしら?

私には「見えないこと」こそがヒントなのだと思えるのですが・・(*^^)v


「痛みと身体の心理学」という本があります。(著者:藤見幸雄 新潮選書)
痛みは身体の見る夢で、意味がわかると痛くなくなってくるよ♪ということを様々な視点から書いてあり、心身の闇や自分と向き合うための前向きな受容心理学の教本だと思います。

プロローグの冒頭だけ抜粋して紹介してみますね。


あなたは、病気にかかったり、身体に症状が現れたとき、どのようなことを思うでしょうか。

・何か悪いものでも食べたのだろうか、飲みすぎたのだろうか。
・仕事のしすぎ、ストレス、寝不足のためか。
・身体のどこかが壊れてしまったんだろうか?
・遺伝のせいか?
・老化現象か?
・幼少期のトラウマあるいは、過去の辛い体験のためだろうか。
・両親の不仲のためか、家族とうまくいっていないためだろうか。
・人に言えない秘密があるからだろうか。
・いや、環境汚染のせいだ。
・社会的不平等のせいだ。
・自分のどこかに悪い点があるからだろうか?人格の問題か。
・心が汚れているからだろうか。
・何か悪いことでもしたんだろうか。悪いことを考えたために「神さま」に罰せられたんだろうか。

いかがですか?
医学的妥当性のあるものから、妄想的なものまでさまざまですが、どれにも共通している点があります。それは、どこかに「原因」を求めているという点です。つまり、どれもが「因果」的な考え方をベースにしているのです。
・・・
これに対して、身体症状や病を「意味や目的のあるもの」としてとらえる「目的論」的立場があります。症状や痛みを意味のあるものとして、大事にしていきます。


このような書き出しで著書本文は始まっていきます。
医学的にも「痛み」があることで人間は命を守れるんだよ、と言われてますよね。

心も同じです。
私は鑑定相談をするとき、両方の立場を取り入れてマヤ暦の教えや思想とあわせてリーディングしていますが、原因を求めることよりも生じている現象を受け容れて意味を読み解くことのほうが、相談者様の心が軽く、穏やかになるということを何度となく体験しています。

相手の心がわからない。自分が見えない・わからない!

そのことの原因を追究しても、過去のどこまでさかのぼればいいのか!?となりますよね。
「わからない」ことが何かの目的をもっている、意味がある、と考えられるようになると自分をいたわることが出来るようになります。

自分の過去を書くのも恥ずかしいですけれど、私は40代になるまで超傲慢で人の気もちを考えない利己的な人間でした。自分が一番で、自分のことをわかってくれない人は切り捨てる。という類まれなアホでした(^_^;)
でも、180度変わってしまいました。
昔の自分に戻れるなら、その方が楽だったようにさえ思いますが(^_^;)

自分が一番で超利己主義の傲慢女だった私だから、そういう過剰な自己顕示の気持ちがわかるんですね。すべて意味があって今があるわけですから。


オカさんのブログからマヤの長老ドン・アレハンドロの言葉をお借りして紹介してみます。

自分を責める前に
相手を責める前に
どうか全てをありのままに受けとめる勇気をもってみてください。
そこから自己受容と認識への道は開かれてきます。

b0213435_2282020.jpg

------

祖先たちの帰還
ドン・アレハンドロ(マヤ神官)2009.03.24

これから始まる太陽の期間は、これで6度目である。新しい太陽の期間に入るにしたがって、地球の調整が行われ、天候とともに人間の社会に大きな変化がもたらされる。

世界は変容し、人類は、相互理解と社会的正義、ならびに平等が支配する共存共栄の時期を向かえる。これが人類の新しい生き方だ。

われわれ一人一人は宇宙と関係をもっている。この関係が、われわれの態度が他の人達と調和しているかどうかに反映するのだ。

変化のときはきた。

相互に互いを理解し、より人間的になるときがきたのである。

------
In Deep オカさんのブログより

新しい時代がやってくると、古い価値観は少しずつ崩壊し始めます。
そのとき自分を見失わないためにも「能動的受容」な立場は大切だと思っています♪
みなさん、こんにんちわ☆

すごい時代がやってきましたね。
2012年以降はさらに凄い時代がやってきそうです!

b0213435_1741226.jpg

この写真どうですか?!

米軍が開発した「極超音速飛行ミサイル」です。
地球上のどこでもターゲットを定めると、わずか「30分」で狙ったターゲットを破壊することができるそうです(・_・;)
音の5倍のスピードで移動するそうです。時速3728マイルですって(゜o゜)

速すぎて肉眼で見えないよねぇ・・彗星どこの騒ぎじゃないって!

Mail Onlineによると米軍はこの新型兵器「高度極超音速兵器(Advanced Hypersonic Weapon)」は昨日18日午前11時30分、ハワイにて打ち上げテストが正常に行われたそうです。

b0213435_1761894.jpg

元記事:U.S. Army tests hypersonic weapon that travels five times the speed of sound... and can hit ANY target on earth in 30mins

こんなものが出来ちゃったら、地球上のどこに米軍基地があってもいいってことだよね! それと同時にどこに隠れても意味ないってこと・・・?!


こちらの写真はどうでしょう?!

b0213435_1794434.jpg


古代マヤの謎にまつわる「クリスタルスカル」ですが、本物はキラキラ輝く水晶のようなものではないのかもしれません。

カナダのトロントにあるロイヤルオンタリオ博物館にある頭蓋骨は、石灰岩から作られています。
このスカルは70年代初頭に博物館に与えられたものだそうです。

b0213435_17104188.jpg

大きさは人間のものというよりサルのサイズほどだそうで、8つの殻から細工された白い歯と1つの鉄から造られた黒い歯を持っています。


元記事:Indiana Jones missed the REAL Mayan skull - used in a game of 'squash' where the losers would become human sacrifices

b0213435_17114949.gif

パレンケにあるマヤ遺跡は石灰岩から彫られています。

博物館の研究員や専門家たちは、スカルについて「頭蓋骨」はボールゲームをプレイするときに使う身体を保護する道具の象徴か、あるいは「敗者=人間の犠牲」という「死」の概念を生活の中に密接に取り入れていたことに関する何らかの意味を持たないかと考えているようです。

古代マヤの人たちは古代エジプト人と同じように死後の世界があると信じていました。

遺跡群の中にも犠牲によってあるいは冥界の王からの呼び出しによって、生の命を失って地下世界に生きるようになったスカルたちがきちんと並べられているものがたくさんあります。


現代人から見れば骸骨の壁など恐ろしく感じるかもしれませんが、古代人から見れば現代の新型兵器「高度極超音速兵器(Advanced Hypersonic Weapon)」のほうがよっぽど恐ろしいと思います(~_~;)

1人の王や勇気あるものの命の犠牲が「マヤ族の未来を救う」という考え方に基づいた「死」と、相手国が言うことを聞かぬなら命の犠牲をもって従わせるという強要犠牲の「死」が同じであるはずがありません。


マヤの神秘スカルは、米軍が開発した「極超音速飛行ミサイル」をどのように見ているのでしょうね~?
冥界の王を侮ると大変なことになりますよ・・(・_・;)


マヤ暦の中の1つに「ツォルキン暦」があります。
260日で1サイクル(マヤの1年)が経ち、デイサインと数字が再び同じところへ戻ることを意味しています。

2011年3月9日(シカ・1)、東北エリアに一回目の大きな地震がありました。今思えば前兆だったのでしょうか。3月11日東関東大震災が発生したとき、マヤ暦では「シカ」トレセーナ周期の「水・3」の日でした。
あれからマヤツォルキンラウンドが一周しようとしています。
11月24日にシカ・1のトレセーナ周期に入り、11月26日が「水・3」の日になります。

スカルたちが暮らす冥界から大地の女神で浄化の神が、地上に生きる私たち人類に大切なことを知らせるためにやってきたのだと私は今でも思っています。

3月11日になぜ日本だったのか、東北だったのはなぜなのか、冥界からの知らせはどんなものだったのか、もう一度一人ひとり考えてみてほしいです。

生き残った人が本当に幸せだとは限らないのも現実です。生と死は背反するものですが、決して疎遠なものではありません。
死から学ぶことほど大きく深いものはない。

死後の世界と考えるより、変容の世界・肉体の形が変わる世界と考え、命や魂の重さ・意味をみんなが一緒に考えていかれるといいのになぁと心から思っています。

昔なつかし「ルービロポッサ」^^♪

b0213435_17172967.jpg

みなさん、こんにちわ☆

1つの大きな時代が終わりつつあります。
新しい時代がやってくるとき、人間も社会も地球規模で変化していきます。

変化するとき「こう変わりたい!」とか「こうは変わりたくない」とか言っても、その通りになるわけではありません。なぜなら「時代」がもたらすべき象徴的役割があって、それが世界に深く関わってくるからだと思います。

同じように人間にも変化・変容・次なるステージへ行く「時」があります。
それはどこか「産みの苦しみ」に似ています。
苦しみの後に喜びが待っているから、苦しみが我慢できるのですね。


マヤ暦のサイクル(周期)がもつ神秘の1つに「時」の秘儀があります。

人が生まれたとき、その人の運命に生涯かかわる「ナワール」というマヤの守護者(デイサイン)が光の導き手となって付着します。
ナワールは日の守り手として、時を担いでいます。

さて同じようにその日の夜・アンダーグラウンドを表わす「ナイトロード」が付着します。この守護者は「夜(月)」を司っていてその人の無意識や隠れた深層世界に深く関与します。
人間の意識が直接知ることの出来ない「無意識」からのメッセージを守護者であるナワールに伝える役目を担っているのだと思います。


ナワールは「20」、ナイトロードは「9」あります。
さらにナワールと一緒に「13からなるマヤの意味ある数」がその人に付着しています。

「20×9×13」

3つの数字を掛け合わせた「2340日」が経過すると、生まれた時と同じ日と夜(デイ&ナイト)に戻るわけです。
それはその人の運命に変化の時を知らせるためにやってくる「ククルカン」で、その人の「脱皮の時」を告げるものなのです。


不思議な意味をもつ「2340」ですが、太陽暦でみるとおよそ6年5ヶ月くらい。
生まれて6年5ヶ月経つと、小学校へ入学します。1回目の脱皮です。
さらに6年5ヶ月くらいで中学へ入学し、思春期の仲間入りをしますね。ここは強烈な脱皮です(・_・;)。
そして3サイクルが終わるのが19年と2ヶ月くらい。
大人の仲間入りするときがやってくるわけです(*^^)v


いくつものサイクルが重なり合って「時」を形成していく。


それがマヤ・カレンダーの不思議なのですね!

b0213435_16164663.gif


2012年12月21日、マヤカレンダーの長期暦が終わります。
(世界滅亡とは関係ないですよ♪)
どんな守護者がどのようにして「時」を担いでいるのでしょう!

「2012マヤ暦カレンダー じゃぐゎーる」
ようやく完成しました(*^^)v

2012マヤ暦カレンダー じゃぐゎーる

弓玉 / イーフェニックス Book-mobile

2012年のマヤ暦カレンダー、ようやく完成しました!^^現在予約受付中です♪今年は見やすいポストカードサイズで、マヤの遺跡やイラスト入りです。

スコア:


予約受付スタートです。

今年は手元に置きやすい「ポストカード」サイズです。
チチェン・イッツァ遺跡やその他マヤの写真、イラストを月ごとにのせました。
マヤ暦「時の循環思想」に基づいたカレンダーとなっています♪

2012年、イヤーゼロに成就祈願の運をつけて、ラッキー7が並ぶ
777円」での発売となりました!

運も一緒にもらってくださーい♪

12月には運勢占いキャンペーンも予定しています。
お楽しみに(^_-)-☆

b0213435_16185881.jpg

みなさん、こんばんわ★

マヤカレンダー「ジャガーのトレセーナ」に入った11日以降、みなさんは体調、大丈夫ですか?また気分が落ちたりネガティブになったりしていませんか?

私は意識が外の世界へ向けられなくなってしまいました。
外なる世界に希望の光が見えないような、内なるピラミッドが新月になり真っ暗闇になってしまったような感じがしています。

マヤのトレセーナ周期である13日間は、そのトレセーナを守護するナワールに影響を受けやすいといいます。これまで時のサイクルをリーディングしていて、本当にそうだと私も思っています。
10月29日から11月10日まで「ワニ」のトレセーナ
11月11日から23日までが「ジャガー」のトレセーナです。

b0213435_0185644.jpg
我が家のジャガー

この二つのサインはどうしても人間の精神を↓に引っ張るようなのです(・_・;)
精神だけでなく、心の闇や社会の闇もそうかもしれませんね。


そういうとき気分が落ちないように手を打つことは大切です。

好きなことをしたり、
気分が落ちないようリラックスして過ごしたり、
諦めが肝心!と気持ちを切り替えたり。。。

b0213435_0163541.gif


今日は大掃除に洗濯、セージを焚いて部屋中を浄化し、岩塩を入れたお風呂に入り、内なる浄化のために瞑想をして過ごしました。

そしたら急に眠たくなって、30分ほど爆睡してしまいました(^_^;)

人間には不思議なパワーが授かっているので、その後にはちゃんとその人に必要な情報やものが用意されているものです。


「整体学」

誰も書かなかった整体学―現代を、生き抜くための整体論

宮川 真人 / 彩図社




本の中で次のように書かれています。

「人の体を構造的に見ると、それは腰を中心とした、支えあいの連動性を持つ動く建造物に例えられます。すべては連動して全体を構成し、全体は部分部分と連動しているのです。そしてまた、体の方向性は心と連動し、心の方向性は体と連動しているのです。」

「整体という方法論の世界に、すばらしい真理や成功や健康な生活が、画一的に存在しているわけではありません。整体とは、あくまでも非常に個人的な『気づき』の上に成り立つもので、本来、自己追求の道なのです。自分の心と体を常に積極的に見つめ直すことにより、自分の心と体の盲点に自ら気づくことが整体なのだと思うのです。

これは、マヤの世界観や思想に大変近いものです。
マヤの生命樹は、一人の人間の身体に例えられています。それぞれのナーカルデイサインが連動しあって、全体を構成していて、それぞれは心にも体にも影響し、時の中で循環させていきます。

整体によって気づかされた「支えあいの連動性」!

「おまえの魂もこの世の修行はまだまだだぞよ!」と気づかされた思いでした(^_^;)

マヤのもう少し深いところの視点から、人間がどうやったら幸せな自分を手にすることができるのか、あるいは自己修行を全うできるのか、また希望の光を見つめて元気の連動性を生み出すことができるのかを探求していきたいと思います。

いや~~ジャガーさん、さすが私の「未来」のサインです!^^
ありがとう♪
b0213435_033514.jpg

みなさん、こんばんわ★

今日は雨の降る寒い一日になりました。
そして低気圧のせいなのかかなり「おもたい」日でしたね(~_~;)!

マヤ暦では11日から「ジャガー」のトレセーナ周期に入りました。
闇の王が時を担ぎにやってきましたので、なぜか緊張してしまう私です。

ジャガー守護神がやってくるというと、かなり怪しげで脅威の周期かと思われがちですが、決してそうではありません。ただ自分の心の闇、影、陰の部分には注意しながら見張っておく必要はある周期です。

ちょうど今日で3・11から8ヶ月がたちました。
あの大地震がおこる直前、トレセーナは「ジャガー」でした。
ジャガーはマヤでは冥界の王で母なる大地の守護神の象徴です。
大地の浄化洗礼を受けてしまった日本でしたが、あれから再びやってくるジャガートレセーナ13日間、私たちは間違った精神のまま立ち止まっていてはいけないのだと思います。

天体の動きをよんだ9Naniaがいうように、もし今日おとめ座からサタンが誕生したのだとしたら、サタンはマヤのジャガーと手を組んで、闇の勢力を悪用しないとも限りません。

しかし人間に見えること、知ることの範囲には限界があります。
11・11・11前後に世界に何が起こったのか、あるいはこれから何が起きるのかは「サードアイ」と「直感」と「洞察力」を働かせて監視していくしかないのではないでしょうか。


Webサイトを巡回しながら、気になったことをピックアップしてみましたのでいくつか紹介してみましょう。


◆米国のFEMA緊急通信テストは9日(日本時間では10日)終了したようです。

その間にテスト以外に何が行われたのかは、誰もわからないようですが、ジョージア州ではおかしなことも起きているようです。

・ALERT ! Nationwide Emergency Alert System Test Introduction On11-9-11 = 911



・11/9/2011 *National EAS Test in case of a Nuclear Attack* 11/9/2011




◆エジプトの大ピラミッドではオカルト儀式が予定されていたそうな。。(・o・)!

大ピラミッドを一時閉鎖=「怪しげな儀式」警戒-エジプト

【ギザ(エジプト)時事】カイロ郊外ギザにある大ピラミッドで「怪しげな儀式」が行われるとのうわさが広がった11日、エジプト考古最高評議会は、古代エジプトのクフ王のピラミッドを閉鎖した。こうした理由でピラミッド内部への観光客の立ち入りが禁止されるのは異例だ。
 同評議会幹部によると、2011年11月11日11時11分と「1」が並ぶ時刻に合わせ、ドイツの団体がピラミッド内部に水晶ピラミッドを持ち込み、儀式を行うことをネット上で予告。エジプト国民らの間でこれに反発する声が上がり、11日に限って終日ピラミッドを閉鎖した。周辺には治安部隊が展開、物々しい警備が敷かれた。(2011/11/11-18:47)時事ドットコム


◆サイバー攻撃・・それは通信による戦争の始まり

・200自治体のサイトに障害か 富士通にサイバー攻撃

富士通によると、9日昼すぎから10日未明にかけ、電子申請システムのサーバーに、30余りのIPアドレスを通じて大量のアクセスが繰り返されたそうです。(日本経済新聞)

三重県システム、一時的に障害 富士通サイバー攻撃で


◆YU55の姿を天文台がとらえました。

地球接近の小惑星 東大が撮影

「2005YU55」と呼ばれる小惑星は、日本時間の9日午前8時半頃、地球に最も接近し、東京大学は、この時間帯に南米・チリの標高5600メートルにあるアタカマ天文台で撮影に成功した。

日本国民は基本素直です。


◆ついに野田首相がTPP交渉参加を正式表明

国益実現に全力、「勝ち取るものは勝ち取る」

野田佳彦首相は11日夜の記者会見で、あす開幕するアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会合で、環太平洋連携協定(TPP)交渉への参加に向け、関係国と協議に入ることを正式に表明した。
(東京11日 ロイター)


野田首相、同日11日、キッシンジャー元米国務長官と会談し、TPP交渉への参加方針を伝えたそうですが、とても喜ばれたと報道されていました。

時事ドットコム


・・・でもいったいなぜ、11・11・11に?!


◆3・11から8ヶ月、さまよっていた津波の傷跡は今カナダへ

カナダの海洋学者によると、3・11の津波によって日本からさらわれた家や船、プラスチックや木々の残骸およそ2000万トンのうち、家や漁船などは風によってすでにBCの西海岸付近に近づいていると予測されているそうです。2000万トンというとほぼカリフォルニア州と同等サイズの残骸が予想されているそうで、2013~2014年には膨大な量の漂流物が海流にのって、漂着するだろうといわれています。

The Vancouver Sun

これら漂流物はいったいどうなるのでしょうか?
どこの国が面倒みるのでしょう?
漂流してきてたどり着いた街? 国? それとも・・日本?!(・_・;)


◆ミステリーな轟音?! Mystery Boom

9日、米国ジョージア州ドールトンで地震のようなそうでない爆発のような、ミステリーな地響きと震動、轟音がしたようです!




マグニチュード2.7の地震は水曜日に正午の直前にドルトン・エリアを振動させました。
轟音が地震であるとドルトンの何人かの人々は確信してはいましたが、ある他の人々はそれが何か別のものであると確信していました。

「確かにそれは地震だったかもしれない、しかしもしかしたらそれはビックモンスターがどこからかやってきて、私たちを捕まえようとしているかのようだった」マグニチュード2.7地震についてジョナサン・マークは冗談をいいました。しかし彼は、何が彼の足の下を震動させたかを知りたがったただ一人の人ではありませんでした。
米国地質調査所は公式に認めませんでした。彼らはその震動はその後2時間ほどがらがらと音を立てていた、あるは空気中には大きなブーム音が響いていたという人々のいうことを認めませんでした。

「私は大きな爆発音か何かの音に似ていたと思いました。なぜなら小さな音が初めにあり、その次に大きな爆発を私はちょうど肩の間で感じたので、それは大気から来たようだと思いました。」
ドルトン・ステートカレッジの従業員であるメアリー・エレン・ガーリーは言いました。
USGSは、北西ジョージアは震動の傾向があるエリアではないと言います。

ドルトン警察は呼び出しで殺到しましたが、幸いにも、誰も震動で負傷しませんでした。
これに加えて最も接近していて、最も最近の地震は火曜に起こりました。
2.0のマグニチュード地震は8:30 p.m頃、メアリヴィル(テネシー)を襲いました。


http://www.newschannel9.com/video/v/1266807080001/


911(米国の警察)に問い合わせが殺到!

911 Calls: Mystery 'Explosion'/Earthquake - Dalton, GA [Extended] Nov. 9






私は?といえば、イランとの戦争が始まらないことをジャガー神に祈っています。