<   2012年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧

感謝の御礼とご挨拶

みなさまこんばんわ★

2012年もあと1日となりました。
今年はたくさんの皆様にブログをご覧いただきまして、ありがとうございました。
1年間で最もアクセス数が多かったのはやはり・・・
2012年12月21日でした!o(*⌒─⌒*)o

またツイッターやFaceBookなどで声をお寄せいただいたり、セミナーにご参加いただいたり、あるいは鑑定で不思議な時の事象をお話くださったりと、マヤの時神様は驚くほど私に不思議なシンクロをみせてくれて、とても充実した1年となりました。
ありがとうございました。
感謝の気持ちでいっぱいです(=´∀`)♪

マヤ暦の世紀末や終末といわれた「2012年12月21日」も無事に終えて、時代は新しいサイクルへ突入いたしました。
「祖先4」のカトゥン(20年)が2012年12月21日に終わり、12月22日から2032年9月7日までの20年は「祖先2」のカトゥンになります。
まだ始まったばかりの20年カトゥン、いったいどのような時代の始まりとなるのでしょうね。

マヤ文明はまだまだ未知なる世界で未発掘遺跡がいっぱい埋もれています。
これから世界中の考古学者によって、新たな発見やもっと詳細な遺跡の文字や象徴解読がなされることと思います。だってまだあのジャングルの中に、東京都がすっぽりと入ってしまうほどの遺跡跡があることがわかっているのですから!!w(゜o゜)w

b0213435_20404114.jpg


私自身現在はとても静かで穏やかなスピリチュアル的世界観のなかにいます。
大きな役目を1つ終えましたし、混沌としたものが剥がれ落ちる感覚も味わいました。
腹に苦い巻物も食べましたし、口に甘い蜜も味わいました。

私にとっては聖書の預言も、ノストラダムスの予言やマヤの預言などの啓示的預言も、どこか共通した認識によってつながっています。
この世にあるものはすべて有の世界ですし、この世にないものは無の世界。。
両方の世界があってはじめて1つになるのですが、この世にないものは見えないのでなかなか人に伝わりません。
だから不思議で神秘的で面白いのかもしれませんけれどね♪

世界に真の平和がやってくるまで、宇宙からアセンションの素粒子は注がれ続けます。
それは人間の目に見えないけれど、サードアイで見れば光の素粒子が世界中で動きはじめていることがわかります・‥…━━━☆★

皆さんと同じように、私にも次のステージが用意されているようです。

そのステージで何がおこるのかは、私にもまだわかりません。
でもおそらく見えない世界と見える世界をつなぐという私の使命からは、離れる事はないように思っています。
だって私のナーカルは「死」なのですから・・・(≧∇≦)♪

2013年、ブログをご覧の皆様それぞれの生命の樹が、愛の種が育って根をはやし、人にも地球にも優しい気持ちが枝をのばし、自分の未来に向かって夢と希望をつなぐ心の実が成る幸多き1年でありますように。


良い新年をお迎えくださいませ。

\(^o^)/

b0213435_21224533.jpg

猫と娘のハイタッチ(*´∀`*)
イェーイ♪
みなさん、こんにちわ☆

2012年12月21日、マヤ暦13バクトゥンの終わりYEARZEROも無事に通過し、再び5千年という新しい時代の夜明けを迎えましたが、皆様お元気でしょうか?

ホッとしたら疲れが出てしまいブログ更新が遅れてしまいましたm(__)m

私にとってはあっという間の数年間で
あっという間の「2012年12月21日」でした(*^^)v
b0213435_14162059.gif

(写真は記事とは関係ありません)

12月21日が過ぎて世界各国でその日・その時の様子が報じられました。

以前こちらのブログでも紹介したフランス南部の山村ビュガラッシュ村には、3千人以上の新興宗教信者やスピリチュアルな人たち、マスコミなどが押し寄せて大変だったようです。

「マヤ2012年終末説」信者が南仏の村に集結

確かに村長さんを始めホテル経営者や村人たちは忙しかったと思いますが、山の石ころを「神聖な石」として販売したりして、小さな村は多少は潤ったのかもしれません(苦笑)。


マヤ暦と世界滅亡説や聖書の世界終末の時を重ね合わせ、人類滅亡の時だと信じてパワースポットと呼ばれるトルコ西部のシリンジェ村に集まったり、イタリア南部のプッリア州の小さな村に集まったり、あるいは中国ではマヤ暦の神聖な日12月21日を最後の審判の日として太陽の光が消えるというシナリオを説いたカルト団体とその信者800人近い人たちが逮捕されたりしたようです。

okaさんのブログではアルゼンチンでの集団自殺を懸念して、山を封鎖したという記事を紹介していました。

b0213435_14224810.gif

(転載開始)
マヤカレンダーとの関係での「12月21日の集団自殺」を予防するためアルゼンチン政府はウリトルコ山への登頂ルートを閉鎖

アルゼンチン政府は、2012年12月21日に「世界が終わる」と信じている人々によって、自国の山が「集団自殺の現場」となることを懸念して、山頂へのルートを閉鎖する決定をした。

その山は、アルゼンチンのコルドバ州にあるウリトルコ(Uritorco)山で、同国にまだ先住民が多く住んでいた頃に聖地として崇められていた。

最近になり、12月21日の「終末の日」に山頂へ登り「大規模なスピリチュアルな集団自殺」( massive spiritual suicide )を呼び掛けるメッセージがフェイスブック(Facebook)上に投稿されたため、麓のカピージャデルモンテ町の当局は山への立ち入りを12月20日~22日の間、禁止することを決定した。

当局によると、フェイスブック上では 150人ほどがスピリチュアルな集団自殺に参加を表明していたという。

町の当局者は以下のように述べる。

「これはあまりにも狂気(カルト)的な話だし、仮にそのようなことが軽率に行われてはいけないと判断し、今回の立ち入り禁止措置をとった。観光客の多い場所でもあるので、他の観光客の保護という観点もある」。

その間は、山に登ることはできないが、観光客たちは麓の町で、イベントなどに参加して楽しむことができると当局は語る。

最近では、米国の NASA までが「12月21日に世界が終わることはない」というようなことを表明したりもしていて、マヤに関しての報道は多い。

多くのマヤの研究者たちは、古代マヤ人が残した遺跡や絵文書には「この世は終わりは示されてはいない」と考えているというのが最近の主流の見解だ。



「世界の終末」から逃れられる場所 世界中から観光客集まる

中国で世界の終わりを予言した800人が逮捕


わたしが一番ショックだったのは、マヤの遺跡周辺に集まった観光客のなかの心ない人たちによって、神殿が傷つけられてしまったこと。。。
(x_x;)(;へ:)

--記事転載開始--
b0213435_14253480.gif

【グアテマラ市AFP=時事】中米グアテマラ北部にある世界遺産、古代マヤ文明の都市遺跡ティカルの学芸員が、21日の「世界の終末」見物で集まった観光客によって神殿の一部が損傷したと訴えている。高さ38メートルの2号神殿に登ることは禁じられているが、学芸員によると「大勢の観光客が登った」結果、修復不能な損傷が生じた恐れがある。
 21日はマヤ文明の儀式を見物しようと7000人を超える観光客がティカルに集まった。
ただ、この儀式は、グアテマラの人口1430万人の4割を占めるマヤ系先住民とは事実上、何の関係もない観光イベントと批判を受けている。
マヤの神殿、一部損傷=「世界終末」で観光客殺到-グアテマラ


何のために見物に行ったのでしょうか・・(怒)!?

どこの国においても神殿は神さまが宿る神聖な場所です。
そのような大切なことを知らず、滅亡説も信じないが信仰もなく、マヤの遺跡の貴重さも知らずに観光気分で行ったのでしょうか!!怒
そこによじ登る行為は、たとえどんなにスピリチュアルな人であろうが光の戦士であろうが、その人は偽者です!

FaceBookにも書きましたが、たとえ天界の13神が彼らをお許しになっても、冥界の9神ボロンティクと冥界の王ジャガー神は、お赦しにはならないかもしれません。

人類滅亡がおこるのは、そのような人たちにとってのことでしょう!


また滅亡の日は計算ミスによるもので、実は2012年ではなく2015年だった可能性がある!などという学者も出てきているようです。

マヤ暦が予言する人類滅亡は2012年ではなく2015年だった

学者さんの中には理論上の事実や真実を追究して権威とステータスを勝ち取ろうとする人たちも多いので、私にとっては異色ではなはだ迷惑な学説なのですが・・(-_-;)w

2013マヤ暦・カレンダー じゃぐゎーる

弓玉 / イーフェニックス



12月21日が終わり、世界は滅亡しませんでしたよね?!

救いの光は既に地上に届いていますが、あなたには見えていますか?☆彡

気がついているかどうかは、あなたの魂に宿る「ナーカル」と宇宙の光とがつながっているかどうか「あなたの心次第」なのです♪

2013年は、また今までとは別の角度からマヤ暦やマヤの予言、神話や神秘の世界観を紹介したり、マヤ暦の誕生日の出し方やナーカル周期に行うと良いことなどを紹介していこうと思っています★


ブラジルで17日とても不思議な光の柱が見えたようです。
西に沈み行く太陽とは逆の方向に!!!w|;゚ロ゚|w


http://youtu.be/Q5WaTPUQCUM
みなさん、こんばんわ★

マヤ13バクトゥン(5125年余)の時代が2012年12月21日終了しました。
皆さんは21日はいかがお過ごしでしたでしょうか?

私は仕事をしながらマヤのジャガー神殿で行われていた儀式の中継をみたり、ナショジオのドキュメンタリーを見たりしながら、最後は銀河宇宙と内宇宙とに意識を集中させて深い瞑想をしていました。

そしたら急にマヤのナーカルが変なビジョンを見せるので、おかしくて可笑しくてケラケラと笑ってしまいました(^_^;)
それもマヤの神々の計らいなのかもしれません。

b0213435_21304043.gif

マヤの予言人類滅亡説を信じていた方も、怖いもの見たさにもしや?!と思っていた方も、まったく信じていなかった方も、とりあえず地球には大きな変化も噴火もなく天から火の粉が降ってこなくて安心しましたね!(笑) 少し地震はあったようですが、太陽砂嵐のせいだったようです。

地球年や宇宙光年から数えればたった「1日」や「3日」で地球が壊滅することを想定すること自体に、私は無理があると思うのですが皆さんはいかがでしょうね^^;
古代マヤの人々が天体観測に大変優れていたとしても、未来にやってくる2012年12月21日という時に地球が終わりになるという証拠を記述しているわけではありません。
予言的要素はたぶんにありますが、マヤ宇宙では時間は循環し未来と過去はつながっていますから。

アセンションや宇宙への上昇、何か素晴らしいことがおこるかもしれないと期待していらした方も、一気に人類がアセンションしたら地球がどうなってしまうんだ?!という話ですから、それも当然ですがあり得ませんよね。

人間は小さな期待に胸を弾ませている時の喜びより、大きな変化に胸をドキドキさせている時のほうがスリルがあって楽しく感じる生命体なのかもしれません。

今日は先日の13バクトゥン・マヤセミナーにご参加くださったお二人の方の許可を頂けたので、スピリチュアルな写真を紹介しようと思います。

◆「香」のサインをもつ女性の写真

b0213435_2134939.jpg

こちらは嵐山でとった太陽なのだそうです。
とても綺麗だったそうです。
私には生命の樹が太陽の光を両手で包み込んでいるように見えます。
「香」の彼女のマヤ宇宙とナーカル生命樹が象徴されている素晴らしい写真だなぁと思いました。


b0213435_21351826.gif

こちらの写真はセミナーで火の儀式を行った時に使ったロウソクに火を灯して、21日に瞑想したときに撮った写真だそうです。
瞑想していたときあまりにも宇宙とつながった感じてブレてしまった!とおっしゃられています。
でもローソクの火の中心をよく見ると、光の中心にむかって下から手かヘビがのびて出ているように見えます。
彼女のナーカルスピリットが光に向かって手をつなごうとしているのが具現化された写真のようで、感動の一瞬を捉えているように感じるスピリチュアルな一枚です。


◆「風」のサインをもつ男性の写真

b0213435_21384943.jpg

こちらの写真はお仕事の帰り道で、ふと空をみたら雲が龍が飛んでいるように見えたので思わずシャッターをおしたのだそうです。
彼は稲荷の神様を深く信仰されている方で、夢にもよく現れるのだそうです。龍が笑っていますね♪
そしてちょうど目のところに太陽があります。
マヤでは龍は「ワニ」ともいえますが、ワニは2012年あちこちで出没しました!
そして次の時代を生み出すのはカイマンワニの背中からです。
素晴らしい創造の始まりが空に描かれた、スピリチュアルな瞬間の写真です♪


b0213435_21414776.jpg

こちらの写真は稲荷神社でとられたのだそうですが、光の柱が出現されたようです!
これはカメラレンズの露出加減によるものかとも思って、もう一度別の角度からも撮ってみたそうですが、やはり光柱が出現されている!というので見せてくださいました。

光が現れるのは、その人の心にあるものが外へ映し出されるのだともいえます。
風のサインはケツァルコアトルというヘビの守護神ですしね☆彡

この方は不思議な夢を何度もみているのだそうです。
「ある時夢の中で、宇宙船に乗っていて、正面の大きな窓から地球?のような大きな星が見え、その窓の左下に電光掲示板のようなものがあり、そこに数字が羅列されていました。その数字の配列は覚えていませんが、夢の中で2が多いなと感じました。
頭の中で声?がして「これでよいか」と促されました。
その言葉は、威厳に満ちていて、有無を言わせないといった感じでした。
その言葉に促され、思わずスイッチを押してしまいました。」

これは危険なことを告げる啓示かもしれません。
宇宙で大いなる声に「これで良いか?」と聞かれて、NOといえる人はおそらく誰もいないでしょうからね!!
悪いことの起こらないよう、皆で手を取り合って祈りました(^_^)/~


不思議なシンクロは、こうして始まります。
2013年はもっともっと不思議な現象が増えて見えるようになると思っています。
みなさん、こんにちは!!!

13バクトゥンの儀式が、マヤのジャガー神殿の前で始まったようです。
現在USTREAMで放映中です!

http://www.ustream.tv/channel/gobguatebaktun/theater
b0213435_14483280.gif


わたくしの家でも今はローソクを灯して、香を焚き、同じように感謝と祈りを捧げております。

b0213435_14494854.gif

2012年12月21日

マヤ暦の最後の日が始まりました!
長期暦「13バクトゥン」新しい時代の幕開けです。
おめでとうございますo(*^▽^*)o~♪

13バクトゥン=1時代=1,872,000日(5125年)が終わり、新しい時代の夜明けのときです。

b0213435_1461449.jpg

マヤには途方もなく長い時間を記した遺跡や碑文があります。

・1ピクトゥン=20バクトゥン(8000トゥン=およそ8千年)
・1カラプトゥン=20ピクトゥン
・1キンチルトゥン=20カラプトゥン
・1アラウトゥン=20キンチルトゥン

つまり、マヤ暦の時代はまだまだ続くということです。
マヤの予言はマヤ暦とは性質が異なっていて、聖書のように神話的要素が多く含まれているものです。
暦がどこか1地点で終わったら、それは暦ではない。
ですよね?^^

日本人よりも、中国やアメリカ、ヨーロッパなど他国の人たちのほうが、マヤ暦世界滅亡説を信じている人が多いようなので、エキサイト・ローリエの記事になっていたものを英訳していただきました。


☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆

The last day of the Mayan calendar - and the world thereafter

Miloq, a renowned fortuneteller in Japan for her prophecies regarding flood, earthquake, utilization of new underwater resources, sports, and politics, (all of which were proven correct later) has announced a new prophecy for the upcoming year, 2013
(http://d.excite.co.jp/feature/maya/2013/).

Miloq’s surprisingly accurate telling derives from her interpretation of the Mayan calendar.
Mayan calendar has become famous in the past few years for its ‘termination’ on 21 December, 2012. Some believe that it is to be the last day of earth and civilization as well.

Miloq has always been skeptical of the destruction theory.
According to her, the end of the Mayan calendar is much like the end of the Gregorian calendar we are accustomed to; it simply moves on to the next calendar. The difference being - the calendar that is about to end has lasted some 5125 years.

But it’s not just a new beginning. Miloq believes that the start of a new calendar will also mark the start of a new age, where mankind will take a big step toward a ‘New World’.

The near one year term that is about to begin after 21, Dec. is the first year of a 5125 year time period, a year which Miloq calls, ‘Year Zero’.

Before and after this time, there will be many changes, Miloq says.
There will be challenges and confusion too, as there always is, when big changes occur.
One of the major hardships to come, as Miloq describes, are ‘people becoming lost within the maze of information’.
People will wander among the staggering ocean of information, unable to decide what to trust.

But that time will pass too. After that, there will come a world where ‘science and non-science fuses’ and ‘ancient magic revives’.
Our modern values started changing about a year ago, and it will continue to change, till people once again start to admit the ancient values and spirituality, Miloq says.

So, will the new age be a bright, or will it be doomed?
That is probably up to us.

You can read all of her prophecies here
(http://d.excite.co.jp/feature/maya/2013/) .
(Only available in Japanese)

Want to know what will happen to YOU after 2013?

Send an email to Miloq and ask!
http://d.excite.co.jp/prof/216739/

みなさん、こんばんわ★彡

いよいよ明日21日、マヤ長期暦にリセットボタンが押されます。
「祖先(アハウ)・4」がこの日が終わると次のアハウの王に席を譲るために座を降ります。
新しい時代に入っていくのです(^_^)/☆彡

b0213435_1746637.jpg

(2012 GUATEMALAのスクリーンショット)

でもその前に・・・



★その時はついにやってきた!! 準備はいいかい?


12月21日は二十四節気の「冬至」ですね。
マヤ暦の研究者ジョン・メイヤー・ジェンキンスによると、古代マヤの人々は「冬至の日の出」を使って長期暦(5125年)や歳差運動を計っていたのではないか考えられています。

現在の13バクツゥン周期が終了する2012年12月21日の冬至の日、太陽は天の川の中央に帯状に伸びる暗い部分と直列するのだそうです。

この暗い部分をマヤではシバルバー・ベ(地下世界への入り口)と呼んでいます。
またマヤの人々はこの直列現象を、ワニまたはジャガーの口の中で太陽が再生する様として描かれているともいわれています。

b0213435_17485123.jpg

(古代マヤの暦 ジェフ・ストレイ著)より

冬至の明日、マヤの長期暦13バクトゥンが終了します。
そしてマヤの暦上では
13・0・0・0・0とゼロに戻ります。
それで「13バクトゥンYEAR ZERO」と呼ぶのです。

この21日から22日にかけての夜は単純に夜が長いという日だけではなく、太陽が正確に南の「スターゲイト」の位置に来るときでもあるといわれています。
このスターゲイトとは、天の黄道と銀河の正中面の交点をいいます。

そう・・冬至の明日、空の太陽を見上げるとき、私たちは同時に銀河の中心核を見ていることになるのだそうです。
天文学者によれば、そこには私たちの太陽の300万倍の質量をもつブラックホールがあるといわれています。

b0213435_17495996.jpg

(古代マヤ文明の暗号 エイドリアン・ギルバート著者)より

プレアデス星団は明日の夜、日本時間で21時27分頃に子午線より南よりの天頂で、金星のそばで左手にオリオン座、右手に月と賑やかに祝福されながら、通過していきます。(メキシコ・チチェンイッツァとは時差があります)

アステカ人は山に登ってカブリヤの運行を心配そうに見つめていたそうです。
「カブリヤ」とはプレアデス星団のことで、その意味は「子山羊」。
マヤ族も同じように観測していました。
マヤでは「ツァブ」と呼び「ヘビのガラガラ」の意味です。

真夜中にカブリア、あるいはツァブが天頂を無事に通過していくか運行を見定めるのがとても大切なことだったのですね。

b0213435_1758961.gif





内宇宙と外宇宙がつながるために今夜はとても大切な夜です。


宇宙銀河の中心と太陽と地球が直列するとき、私たちの心の中にある内宇宙がまっすぐ自分に素直になれていなかったら、恨みや怒り、嫌な思いなどのベールで覆ってしまっていたら、宇宙とのシンクロや奇跡はおこりません。

自分の心の中心が天の中心と直列しないといけないのです♪

今夜00時00分、起きている人はそっと心に手を当てて、あなたの幸せを信じて天につながってください。
寝ている方は大丈夫。夢の中でナーカルがつなげてくれます。

明日も同じ大切な日。。。

・SHIFT of the AGES ドン・アレハンドロ



・ドン・アレハンドロからみなさんへメッセージ



・マヤの音楽



また明日書きます(^_^)/~
みなさん、こんばんわ★

マヤ暦は18日から「香」のトレセーナ周期に入りました!
ついに3・2・1のカウントダウンが始まりました。
日付が変わったのであと2日!です。

香というサインは「天の頭脳」や「大地を揺るがす力」という意味をもつことから、マヤの予言と一緒にあわせて「大地が揺れる、巨大地震がおこる、世界を揺るがす」などのように捉えられて、滅亡説になったともいわれています。

2012年、マヤの年の守護者は「香」です。
そして18日から「香」のトレセーナ周期で、この13日間を見守るトレセーナの守護神は「トラソルテオトル」です。
天界13神の第5の神で、冥界9神の第7の神です。
浄化と大地の女神で邪悪な病を清め、不浄を喰らう清めの女神・母神です。
この守護神、実は「ジャガー」の日を守る神でもあるんです。
大地が揺れるとしたら、それは香のエネルギーだけでなく、大地の女神が世界の不浄を喰らうために動かすのだということでしょう。

そうはならないことを祈りつ、もう少しだけ地球生命力を信じたいと思います。

現在マヤの遺跡ではあちらこちらでイベントが予定されているようです。

メキシコのチチェンイッツァやティカル、グアテマラ地方では、観光省に予約して、遺跡に入るための入場ブレスレットを購入しないと入れないそうです。

遺跡の発掘や研究に働いてきた人たちも、12月21日の記念すべきその日に遺跡には立ち入らないように規制されているらしく、残念なことだと現地の方は言っています。

観光化、商業化されてしまい、確かに経済効果は期待できるかもしれませんが、何のための遺跡なのかと嘆いてしまいます・・・

12月21日はティカルやキリグア、パレンケやウシュマル、ホンジュラスのコパン、ベリーズのカラコルなどあちらこちらでイベントが行われるのだそうで、すべて入場券は完売だとのこと。

またマヤ最大級の世界博物館がメリダに12月21日にオープンするそうで、42億円もかけて建造されたといわれています!
オープンに先駆けてなのか先に現地の人に向けてオープンされたのかはっきりは分かりませんが、9月25日にメディア用にオープニングイベントがあったそうで、動画がネットにアップされていました。埋め込みができませんので、リンクアドレス先の動画をみてみてください。

b0213435_2184187.gif

http://youtu.be/M9DsDGrHhbU

これを見ると、嬉しいというより何だか寂しい気がします。
古代マヤ族の遺志はちゃんと伝わっているのだろうか・・・と。


また日本でも12月21日には「ナショナル・ジオグラフィック・チャンネル」で「人類滅亡の日」を探るマヤのドキュメンタリーが放映されるようです。

◆マヤ文明と世界滅亡の真実
原題:Maya Underworld: The Real Doomsday


2012/12/21  23:00 再放送:12/22(土) 12:30~13:30 ほか
 マヤ文明2012年人類滅亡説 スペシャル 
 マヤ文明と世界滅亡の真実

◆マヤ文明の黙示録
原題:Mayan Apocalypse, The

2012/12/22  23:00
マヤ文明2012年人類滅亡説 スペシャル 
[二] マヤ文明の黙示録


今、私たちは何をすべきなのでしょう?
「人類は滅亡するか?!」と浮かれていていいのでしょうか?
怖いもの見たさで滅亡説を覗き見し、何もおこらなかったじゃないか!!さあ、クリスマスを楽しもう!
それで良いのでしょうか?

22日に新しい時代の太陽が昇らなかったらどうしますか?

それは目に見える太陽のことだけではありませんよ。
世界の未来の太陽のことです。

12月21日 祖先4 YEAR ZERO・・・

今は「清め」と「浄化」をしましょう!
自分の心から「邪」を追い出して、聖らかな心と魂になっていましょう!
今はただ・・・それが一番です。

続きはまた。。
みなさん、こんにちは☆彡

選挙一色に染まった昨日でしたが、結果は自民党さんが圧勝という不思議な結果に終わりました。国会の前に何千何万人もの人が集まって「原発反対」デモをしていた人たちの票は、いったいどこへ行ってしまったのでしょうね?w
反原発じゃなくて反民主だったということ?!そう思うほど不思議です。

昨日16日はギャラリーKにて13バクツンセミナー無事に終了することができました★
苦手なパワーポイントでの資料作成に時間がかかりましたが、何とか当日プロジェクターを使って皆様に見ていただくことができました。
ホッと致しました♪

セミナーでは色々な話をさせていただきました。
現在のマヤ、グアテマラの状況やメリダに12月21日にオープンするというマヤ世界博物館のプレオープニングの様子など、商業化されてしまっている現状をお伝えしました。
そしてこれから始まるアセンションの時代に向けて、どんな変化が具現化として表れているのかまた13バクツンの予言にはどんな意味があったのかなどお話させていただきました。

また4つの方向のガーディアンに祈るためロウソクを使ってファイアーセレモニーをしました。
b0213435_15451270.jpg


4つの方向は自分の生命樹だけでなく霊的伝統の基礎となるもので、それぞれの方向に意味があります。

東は赤色で日の出の方向。火と光のエネルギーによって「始まり」や「生み出す」方向です。守護神はバラム・キチェー(柔和な笑いのじゃぐゎーる)。

西は黒色で日の入りの方向。シバルバーへと繋がっている夜や死と関係の深い変容の方向です。守護神はバラム・アカブ(夜のじゃぐゎーる)。

南は黄色で命を与える生命力の方向。豊かさを男性性や家系の力を現す方向です。守護神はマフクタフ(ちりを払っていない男)。

北は白色で天頂にある太陽の位置と智恵を象徴する方向。この世を旅立った祖霊や女性性とかかわりのある方向です。守護神はイキ・バラム(月のじゃぐゎーる)。

センターには小さなメキシコのロウソクを置きました。
そこは「生命の樹」が育つ自分の顔を表すデイサインのある場所です。中心の色は緑色ですが今回はカラフルなものを用意しました。

b0213435_15461573.jpg

本当は白い衣装で神聖な儀式をとも思ったのですが、手に入らなかったこともありピンク色なのですが・・・ちょっと派手でしたかしらん!(笑)
髪型が凄いことになっていますが、実年齢に髪型と精神年齢は反比例と逆行していますので悪しからず (;^◇^)ノ~☆


宇宙とのつながりや、アセンションはどのようにして行われるか、宇宙の素粒子とのコンタクトはどうすれば引き寄せが始まるかなど、ワークショップとして皆で言葉を掛け合い、祈り合い、未来をつなぐセレモニーを行いました(*^^)v

素晴らしい体験でした。


b0213435_1549151.gif

こちらの画像はセミナーでも説明したものですが、人間が見ている視点というのは奥行きにあるものを1つの平面として捉えていることになります。
オリオン座を構成している星は宇宙で実際の星どうしの距離は数百光年も離れているのです。

そのように私たちの地球意識は、平面的に判断したり決定してしまったりするものだということ。そして宇宙意識へとシフトチェンジしていくとき、人は平面的な認識をしなくなっていき、宇宙的な次元から物事や事象を捉えることができるようになっていきます。
それが素粒子である私たちのアセンションの始まりなのです!


あと4日で宇宙時代はやってきます。
心を純粋に保てるように浄化して、ナーカルも清めてもらって、新しい13バクツンの時代のその日を迎えたいと思っています。


セミナーの後、ラスト晩餐でメキシコ料理へ行きました♪
美味しかったです!
スクリーンには南米代表のコリンチャンス(ブラジル)が1―0で欧州代表のチェルシー(イングランド)を下した中継が放送されながら、選挙速報が次々と映し出されていました。
そこで当選者のマヤデイサインを調べながら、世界情勢や今後の日本はどうなる?!話題で皆盛り上がりましたが、とても楽しい時間でした。

マヤは世界を救う!って本当かもしれませんよ♪

最後に、マヤの長老「カルロス・バリオス」がFaceBookに言葉をのせていました。(Facebook friendsになっています)

拡散を希望しているということで、私なりの言葉に翻訳して掲載させていただきました。

b0213435_1551597.gif

"No Mayan has ever said the world is ending in 2012. These are words other people have put in our mouths." Carlos Barrios
「2012年に世界が終わるなどと誰もマヤ族は言っていない。他の人たちがこの言葉のパンを私たちに食べさせているだけ!」by カルロスバリオス

マヤ世界滅亡説を信じて山へ逃げ込んだりするのはやめましょう。
古代マヤの人たちが伝えたかったのはそのようなことではありません。

2012年12月21日・・・時代は変容していくのです。。

また近日中にブログ更新しまーす♪
みなさん、こんばんわ★

エキサイトの女性向けニュース・LAURIER(ローリエ)に、マヤ暦の記事が掲載されました♪
「間もなくマヤ暦最後の日 新しい時代はどうなる?」

記事を書いてくださった方は、私のマヤ暦や占術、古代マヤ文明や神話などについてのセオリーをとても理解してくださっているので、記事を読んでとても魂が納得できるのです!
不思議ですね。。
文字や文章にすると、本当に伝えたいことにベールがかかってしまったり「そうじゃない、そっちじゃない!(-_-;)」と伝えたい内容が上手く表現できないことが多いのですが、マヤでいうところの「ナーカル魂」がフィットすると、言葉で細かく言わなくても理解してもらえてしまうのです!
これはマヤ暦の鑑定師をしていて、本当に驚かされることの1つですね。

お客様でも仕事で関わる方でも、ナーカルの光がシンクロできる人とは10分話しただけでも波動が伝わりあいます。逆に何時間話しても何年もかけて説明しても本質と光のセオリーがシンクロしない人もいるのですから!

明日はセミナーです(*^_^*)
そして楽しみなメキシカン料理をいただいてきます(≧∇≦)ノ

b0213435_20485575.jpg

来週から鑑定のお仕事も頑張ります☆彡
21日はアプリからのサプライズメッセージや、イヤーゼロでのコラム記事も掲載される予定です!
新しいマヤの時代とナーカルの光が皆様とシンクロしあえるように、どんどんブログも更新していきますので宜しくお願い致します♪^^


人気占い師ならエキサイト


今日は明日のwsセミナーの準備、がんばります!
火のセレモニー、写真とってブログにのせますのでお楽しみに~♪


マヤ暦★幸運の予言 アプリはこちら。
(2012年12月21日に届く大切なメッセージ、一生懸命執筆しましたよー♪^^)
http://pc.uranai.jp/maya.html
b0213435_2050206.png


iphoneアプリはこちら。
マヤ暦【古代文明から紐解く幸運の予言】
https://itunes.apple.com/jp/app/2012-12-21maya-li-gu-dai-wen/id547155941?mt=8
みなさん、こんばんわ★

「あと7日で12月21日だー!((((;゜Д゜)))!」と思いながら外を歩いていました。

日本人て頭に「超」がつくほど律儀的で、まじめで、遠慮深くて、恩義に厚くて、義理堅くて、謙虚で、従順で、どこまでいっても正直者ですよね。。

右に倣え!と言われて左を向く人は千人に1人いるでしょうか。。
10人が1人を暴行しているとき、10人に「やめろ」と言える人、いやそこまで勇気がなくても自分は参加しない!と断言できる人って日本に何人いるのでしょうねぇ。

買い物の帰り道で老人ばかり7,8人が集まって何か話していました。
「今の若いものは。。。」と悪口を言い「規則をもっと厳しくしないとダメだダメだ!!」とコテンパンに自分たちの正しさを話していました。

国に面倒みてもらう老人ばかりが増えて、若い人たちには老人が残した借金ばかりが残る日本という残骸を背負わせ、何が正しいあり方なのかわからなくなって来てはいませんか?!w

選挙戦が繰り広げられていますが、皆言うことは大差ない。。
どっちに転んでみても、結局強国アメリカやロシア、中国が出てきたら「YESシタガイマス」と言うだけなのではないでしょうかね。。

なぜ今このようなことをブログに書いているのかと言えば、宇宙から音が聞こえるからでございます!

そんなアホな!!

と言われようが、頭おかしくない?!と言われようが私はかまわないのです。
私は宇宙人かもしれませんから(笑)

マヤ文明の叡智は、古代エジプトやインドの文明と同じように尊く、古代人が残してくれた遺産です。2012年12月21日に人類が滅亡するとか、ノストラダムスの予言とか、聖書の終末論とかに右往左往している場合じゃないのです。

日本に慈しみ深きアマテラスが生きていた頃と、今とは全く違う世界になってしまいました。
抗議のために岩戸に隠れてしまったと日本の神話にありますが、今がそのときのような気がしています。

老人大国日本・・
福祉貧乏日本・・・
借金まみれの未来・・・・

正直ものはどこまでいっても正直もの。
右に進めと言われて、右にしか進めないものはどこまで行っても右しか行かれない。
反逆者や異邦人になることもできない今の日本に波紋を投げかける人がいなければ、アマテラスは出てこない。。。。。。。。


あと7日後の午前0時00分、子午線上にプレアデスがやってきます。
そこは銀河の中心と地球をつなぐアクセスポイント地点です。
そして惑星ニビルはすぐそこまで近づいてきています。

ただ愚かな人間の目には見えないだけ。。。



16日はラストセミナーです。

b0213435_2035817.jpg

https://ssl.form-mailer.jp/fms/8af677c1177120

マヤ暦の13バクツンと終末論、そして宇宙へ戻る日ときたるアセンションデイについて語って、火の儀式をおこなってきたいと思っています。


日本が他国によって支配されないことを祈って。。。