「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

みなさん、こんばんわ☆

7月22日、イギリスに未来の国王となるロイヤルベイビーが誕生しました☆(=^▽^=)ノ♪
世界中でキャサリン妃とウイリアム王子の長男の誕生を祝い、喜ぶ声が世界を一瞬平和にしてくれています。

英キャサリン妃 無事男児を出産

b0213435_2072699.jpg


22日、ロンドン市内は、ロイヤル・ベビー誕生の報に沸いている。ウィリアム王子の妻、キャサリン妃が22日、男児を出産した。王位継承順位は3位。

キャサリン妃は、16時24分(モスクワ時間で19時24分)無事男児を出産した。新生児の体重は8ポンド6オンス、およそ3800グラム。母子ともに、健康状態は良好。

出産に付き添ったウィリアム王子は「私達にとって、これ以上幸福な時はないだろう」と述べ、喜びを表した。
新生児には、ケンブリッジ王子の称号が付与された。なお、この称号は、英国史上初のもの。

公式的な出産の発表は、バッキンガム宮殿の門の前にすでに掲示された。これは特別の文書で、ロイヤル・ベビー誕生後すぐに医師達により作られ、署名がなされた。文書中では、伝統に従って、生まれた時間、体重及び性別が記されている。公式的な通告は、31年前、ケンブリッジ公爵ウィリアム王子誕生に関する同様の文書が発表されたスタンドに掲示された。

なお外国首脳からの祝電の第1号は、米国のオバマ大統領からのものだった。

引用元: VOR ロシアの声.





未来の王子となるベイビーはマヤ暦では「ヘビ」トレセーナ周期の「コーン9」生まれ☆
この誕生にはマヤの神秘がいっぱい♪
b0213435_2081448.jpg


マヤの神秘「第一の驚き」w(゜o゜)w


上の記事の最後に「なお外国首脳からの祝電の第1号は、米国のオバマ大統領からのものだった。」
とあります。
が驚くなかれ!
22日のマヤ暦ナーカル「コーン9」は、オバマ大統領のマヤ暦ナーカルバースデー☆

?!
そうなんです。

オバマ大統領と、イギリスの未来の王子はまったく同じナーカルバースデー「コーン9」なんです。
未来のイギリス国王となるベイビーとオバマ大統領がまったく同じマヤの守護者と数秘なんて!OMG!
そんな偶然てあると思います?(笑)


マヤの神秘「第2の驚き」w(゜o゜)w

生きていたら初孫となったはずのウェールズ公妃ダイアナはマヤ暦では「嵐・1」です。
そして長男ウイリアム王子もまた「嵐・4」
ウェールズ公妃ダイアナのナーカル魂は、ウイリアム王子に継承されていました。
そして22日に誕生した長男が「コーン」として生まれたということは、嵐のナーカル生命樹からみれば右腕・男性性となっていく存在であることの証明!

ヘビという神聖な周期の女性守護神に見守られ、この世に生まれたロイヤルベイビーは、既に父ヘンリーとプリンセス・オブ・ウェールズ・ダイアナのナーカル「嵐」を心の支えとして、未来の王になっていくのです。

そしてチャールズ皇太子は・・・「シカ・4」です!

つまりマヤの生命樹で見ると、コーンとして誕生したロイヤルベイビーは右手にチャールズ皇太子、左手にウイリアム王子とウェールズ公妃ダイアナのパワーをうけ、オバマ大統領のように新しいイギリス王国を統治する魂である。ということになりましょう。
もちろんキャサリン王妃(コンドル)の元で、ウイリアム王子の弟ヘンリー(コンドル)とともに癒しのオーラに包まれ、優しく成長することでしょう♪

b0213435_2085120.jpg


マヤの神秘「第三の驚き・嵐と雷」w(゜o゜)w


b0213435_2091461.jpg


メールオンライン

夕方から東京ではゲリラ豪雨と雷がもの凄かったのですが、イギリスでも雷が夜空で稲妻の光を放っているようです!

何と言っても未来の王子誕生を喜び祝っているのは、「嵐1」の故ウェールズ公妃ダイアナなのです(^_^)!
「嵐」「雷」の神は、公妃ダイアナのナイトロード「トラロク」です。
天で一番喜んでいるのは彼女だという「しるし」なのかもしれません。

マヤ新しい時代に誕生した初の王なのですから。

b0213435_20113536.jpg

以前書いた関連記事:ロイヤルウェディングとご縁つながり
[PR]
今年はやはり何かがどこか違います!!
それは私だけでなく他の皆さんもきっと感じているはず。

最近は彗星や惑星についてあまり記事を書く時間がなくてごめんなさいw(´;ω;`)
もう少し時が近づいて来たら書きたいと思っていますが、アイソン彗星は2013年11月には太陽表面をかすめるように近日点を通過します!

近日点通過前後の11月28日頃になるとISONは満月よりも明るく見えてくると言われています。視等級がマイナスになり、金星や満月の明るさを超える大彗星になる可能性もあるとか!!

マヤの予言ではこれからの時代、半分は善く半分は悪いと言われているのですが、マヤの大地は次々と真実を明らかにするために、地底から神話素を蘇らせる準備が着々と整えているのかもしれません☆


米国とメキシコの考古学者チームは、グアテマラの「エル・ペルー・ワカ」で新たな記念碑を発掘したそうです。

b0213435_11414091.png

Sci-News.com

見つかったステラ44は、西暦564年1月25日「暗黒の時代(dark age)」と呼ばれる頃に彫石されたと見られていて、そこにはマヤのクレオパトラのストーリーが描かれてるそうなのです!
(ノ゜0゜)ノ オオォォォォォォー

「Lady Ikoom was a predecessor to one of the greatest queens of Classic Maya civilization, the seventh-century Maya Holy Snake Lord known as Lady K’abel who ruled El Perú-Waka’ for more than 20 years with her husband, King K’inich Bahlam II. She was the military governor of the Wak kingdom for her family, the imperial house of the Snake King, and she carried the title ‘Kaloomte,’ translated as ‘Supreme Warrior,’ higher in authority than her husband, the king.」

レディーイクーム(Ikoom)は、7世紀クラシック古代マヤ文明の偉大な女王の一人でした。キニチ・バラム二世王である夫と一緒に20年以上にわたってエル・ペルー・ワカを統治したマヤの聖蛇神の前身だったようです。

「Team member Dr Stanley Guenter, who deciphered the text, believes that Stela 44 was originally dedicated about 1450 years ago, in the calendar period ending in 564 AD, by the Wak dynasty King Wa’oom Uch’ab Tzi’kin, a title that translates roughly as ‘He Who Stands Up the Offering of the Eagle.’」

ワシに献納するために立ち上がる者・・・!?


何だかものすごいステラが発見されましたねー!!

マヤ文字の専門的な意味やマヤ文明の歴史的背景がちゃんと理解できてないと、翻訳が違う意味になってしまいます。
ので、曖昧なことは書きたくないのでナショジオや専門の記者が翻訳した記事を掲載してくれるまで詳細をのせるのは待ってみようと思います☆
興味のある方は英語のサイトをのぞいて見てくださいね!

「このタイミングで?!」
というほど素晴らしい内容です!(^_^)

真実が暴かれる時、戦争と犠牲、そしてその背後にある政治的陰謀の真相が語られる時、マヤのクレオパトラは何を語ってくれるのか象徴的にも歴史的にも「新しい時代の幕開け」のこの時に発見されたことに深い意味があるように感じています。


今年日本では巳年の蛇で、マヤ暦ではワシ年です。
さらに7月14日から現在はヘビのトレセーナ周期!!


意味ありすぎですよね!!!

これからまさに新たな時代は「神殿が開かれてくる時」。


ワクワク度はとまりません♪


☆お知らせ☆

女性誌「CREA」2013年9月号は・・・

「星」と「神」が動く2013年
運命を変えるのは今!

占い特集です(ノ∇≦*)☆♪

先日取材に協力させていただきました。
8月7日発売です!

世の中が大きく変化している時をマヤ暦の視点からもお伝えさせていただきました。いくつかの占術から時代を読んでみるのはとても興味深いこと!
私も楽しみにしています(^_^)
是非ご覧下さいませ〜。.:+*:・'☆。、:+*:

CREA 文藝春秋
http://crea.bunshun.jp/articles/-/3390
[PR]
こんばんわ★
いきなり真夏の猛暑日に突入した暑い一週間でしたね。
身体の調整感覚が追いつかない(´;ω;`)という方も多いはず!
私もバランス崩さないよう必死でした☆

今年の夏は何といっても南の守護者「道」が7月1日から時を担いでいますからね。
豊穣と収穫の女神です。
さらに明日14日からは血と情熱の「ヘビ」が周期を担ぎ出すのですから、今週末の神社祭りなどは大変な活気になりそうです!(笑)


きょう大好きなナショジオのサイトにのっていたのですが、木星ほどのサイズの太陽系外惑星が地球のような青色であることがわかったそうです!

b0213435_2237161.jpg


惑星の色を初確認、地球のような青色

NASAとESAの研究チームがハッブルの撮像分光器を使って、惑星が恒星の前面を通過する前・通過中・後を観測し、光の変化を解析すると、わずかな光量の減少と光の色のかすかな変化が見られた。

 チームのメンバーで英エクセター大学のフレデリック・ポント(Frederic Pont)氏はNASAの発表の中で、「緑や赤でなく青の光が弱まるのを観測した。(恒星の前面から)見えなくなると、赤ではなく青の光がなくなった」と 述べている。「つまり、見えなくなった天体は青かったということだ」。

続きはこちら。
 ナショナルジオグラフィック



地球のように青く見えるのは、海のようなものではなく、大気中に含まれるガラスの雨のような成分が光って散乱しているからだそうです。

でも・・・地球人て、どこまでも宇宙の他の惑星には生命はいてほしくないみたいですね。
生命が存在するかしないかは、その惑星の勝手ですよ。(笑)

。.:+*:・'☆。、:+*:.

今日はマヤ暦のサイン「道」で始まったトレセーナ周期に、「道」の守護神が見せてくれた奇跡の証についてマヤ的な視点からご紹介したいとおもいます。

昨日12日、サッカーの日本代表МF本田圭佑(CSKAモスクワ)さんが、イタリアのACミランと来年1月に移籍することで合意したというニュースを読みました。

http://www.daily.co.jp/soccer/2013/07/12/0006153242.shtml

本田選手といえばこの前の試合くらいから、目の表情が異様なくらい変わっていて、みんな心配していたと思います。甲状腺の病気とかも心配されていたようですが、私はスピリチュアル的な心配をしていました。

本田選手のマヤサインは「道1」。

「道」は南の守護者で、実りと収穫の女神マヤウェルが守護神です。
今年は大きな時代の変化を担ぐ大切な年。

彼の今年のマヤ暦誕生日は「7月1日」「道1」で、活気と夏の太陽を担ぐ代表のサインです。
b0213435_22513160.jpg


彼の守護神は彼が北に残ることを今は望んでいないようでした。
また本田選手の霊的な変化が示しているように、今後さらに活躍するためには何とか南のほうへ移籍できたらいいのにと私は思っておりました。

先日雑誌の取材があったのですが、その時もちょうど本田選手のことついて話していました。
「道」のトレセーナもラストという時になって、ミラノへの移籍というニュースを耳にして「道の神さますごいなー!」と驚かされました♪


今年の秋はもっと凄いことがおこりそうです!
ワクワクドキドキしながら、時を待ってみようと思います。
[PR]
みなさん、こんにちわ☆

今日の強風はめちゃくちゃ凄いですね〜汗!
さっき洗濯用の物干し竿が風に飛ばされて落ちてしまい、びっくりしましたΣ(・∀・|||)

今年に入って春以降、仕事の転職・適職についての相談をいつもより多く受けるようになりました。
長年勤務してきた仕事なのだけど、これ以上いても自分にとって進歩がないかなーと思って決断した人や、何がやりたいかはまだ漠然としてて決められないのだけど、やるなら今しかない!と思ってすっぱり仕事を辞めた人。
人間関係や上司のパワハラにこれ以上は耐えられない人もいれば、仕事との相性が合わないか適職とは思えずに悶々と悩まれている人など本当に様々です。

私は「マヤ暦で占う生命樹」をその人の仕事運や問題解決のための基軸として、その人らしいお仕事をしているかどうか、バランスがとれているかどうかなどみていくのですが、今日雑誌「プレジデント」の記事を読んでいたら、次のような記事が書かれていました。

b0213435_1752535.jpg


今の職場に強い不満を感じたら、どう次への一歩を踏み出すか?
という問いにテクノロジー分野の起業家ダニエル・グラティ氏は次のように指摘したそうです。

「多くの人が自分に合わない仕事に長くとどまりすぎるが、それは企業社会が個人を各自の理想の仕事と組み合わせるようにではなく、人々に今の仕事を続けさせるようにつくられているからだ」

そうかーー!
理想に合わせるようにではなく、機械の歯車になるように企業はつくられてるのかー!とどこか納得する部分も。

だからこそ「今の職場での自分の将来像や日々の活動にわくわく感が持てるかどうかを見極める」ことが大事だと書かれています。

「退職する前に、次に何をやるか、やりたいかというイメージをもって退職するほうが良い。いきなり辞めると宣言して仕事を放り出すことを夢見ている人がいるかもしれないが、それは短期間的な解放感をもたらすだけで、その人の職業人生をめちゃめちゃにするおそれがある。 」

確かにその通りかもしれません。

でも私はその人の心に浮かび上がってきているイメージや目標、使命感やストレスなどをきちんと判断し、その時が「いま」というタイミングなら、たとえ未来へのビジョンが確立されていなくても、終わりを決断することもいいのではないかと思うのです。

「次への一歩」は終わらないと始まらないこともあります。
「禅」というスピリットの視点からみれば、人の心の働きには理屈で説くことのできない経験というものがあり、論理に自分の基礎をおくのではなく、禅をとおして心理に基礎をおき、本来の自分に戻ることが大切だということがあります。そしてそのことを軽んじていると、働きが鈍ってしまい、その人自身が死んでしまうということになるのです。

b0213435_18202724.jpg

今年は「変化」の年。
これから秋にかけて益々変化は形となって現れてくると思います。

転職や適職、ミッションを探していらっしゃるのなら、多くの視点から「あなた自身」を探してみることイコール未来への可能性が見えてくる!ということになるのではないでしょうか。


もっと具体的に知りたい方は、雑誌を購入して読んでみてくださいね☆

PRESIDENT (プレジデント) 2013年 7/15号 [雑誌]

プレジデント社



マヤの視点から仕事運や転職について知りたい方はこちらまで♪

☆エキサイト電話占い
 弓玉 プロフィール

[PR]