<   2015年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

みなさま、こんにちは!

私たちの星「地球(テラ)」の大地が、恐ろしい顔の側面を見せ始めています。
b0213435_13502900.jpg


ネパールでマグニチュード7.8の巨大地震が発生したのは25日でした。
4千人を超えたともいわれる死者の数はまだ増え続けるはずです。

 ネパール大地震 80時間後に男性救出
b0213435_13564522.png



また、ロシアではチェルノブイリ原子力発電所の方向に向かって、激しい火の手が向かっているそうです。


約400ヘクタールの森林が燃え、森林火災の状況が悪化してます。火災が原発まで20キロの地点まで達するという深刻な脅威があり、対応のための準備に着手したとニュースにありました。
b0213435_13595407.png

火の神はあの事故から29年もたったいま、私たちに何を思い出させたいのでしょう!

 続きを読む


さらに


インドネシア北スマトラに位置するメダン付近の「Sinabung」山が、噴火爆発し始めたようです。
28日の様子が映し出されています。


https://youtu.be/hzfJclT88GE

http://video.metrotvnews.com/play/2015/04/17/387523/kubah-lava-gunung-sinabung-membesar

ここで私たちは既に何か大変なことが起きていると気づかなければいけません。

b0213435_13500617.png



さらに象徴的な事件!

米国メリーランド州のボルティモアでは、デモ隊と警察の衝突がさらに発展し、27日には大規模暴動に発展。建物や車両は燃えさかり、暴徒化した集団を止める手立てはもはや武力行使では追いつかないかもしれません。
http://www.asahi.com/articles/photo/AS20150428000944.html
b0213435_13513833.png

これら一連のニュースは、マヤカレンダーと時のサイクルから見ると何を意味しているのでしょう!?


すでにその前兆は今年に入ってからたくさんありました。
が人間は天の前兆を読むことをおざなりにし、それどころか無視して嘲笑った傲慢さは天の神々を怒らせてしまったのかもしれません。



4月4日に皆既月食があったことは、まだ記憶に新しいと思います。
この日は満月で「ジャガー6」というサインの日でした。


マヤからみたテラ的には嫌な予感の始まりの日でした。

そして12日からマヤ暦では「風」のトレセーナ周期に入りました。

「風」のサインはマヤ生命樹でみると「ジャガー」の未来にあたる場所にあります。

b0213435_13543450.png
マヤの神様レベルでみると、「風」の日を担ぐ守護神と「ジャガー」周期を担ぐ守護神は同じ「ケツァールコアトル」です。マヤでは大変有名な空飛ぶ羽を持つヘビククルカンで自然を守る神です。
また「風」の周期を担ぐ守護神は、宝と火を見張る「チャンティコ」という自然の女神です。

創造の根本的な神ケツァルコアトルは、冥界の王という「ジャガーの顔」をもって大地の下で地球の生命を見守っています。

そして4月4日からちょうど20日後の4月24日、マヤカレンダーは「ジャガー・13」を迎えました。


「ジャガー」の日を守護するのは「トラソルテオトル」という浄化と大地の女神です。
不浄を喰らい、清める儀式の女神さま。

邪悪なものや過剰なものは大地のパワーで清めます。
同時に「13」という天界の数と合体したことで、エネルギーは宇宙的に集大成的に働きました。


この前日の夜からわたしの身体は浄化作用がとっても強くなっていました。
衝撃的な波動がきていたため、ツイッターでも気をつけてとつぶやいていました。


みなさん、こんばんわ。

歳をとってきたせいか、最近涙もろくて仕方がありません。
涙はみなさんもご存知のように「浄化」なのですが、テレビやネット、SNSや本、何かにつけてアクセスした先の相手の波動や心もちが伝わってしまい、やっぱり涙がでてしまいます。

涙腺が緩むにも「時」があるのなかぁ。

浄化にしてはちょっと行き過ぎでしょ?と思いながら毎日泣いております(笑)

b0213435_23053424.jpg
現代の文明が次のステージへ入っていること、どの業界分野においても暗中模索してきたこの3〜4年がそろそろ次なるステージというか始まりに向かって、新しい形を与える光を取り入れ、動きが出てきているのだと、日々実感しています。

みなさんは「トマス・アクィナス」という中世の神学者で哲学者をご存知でしょうか。

ヨーロッパ中世神学の大著といわれる『神学大全』を著したひとです。

このたび2013年に全巻日本語への翻訳が完成したそうです。
全45巻にもわたる膨大なラテン語の学術書の翻訳に挑戦し、半世紀を費やして日本語への完訳を達成したという記事を読んで、この2日間感動しておりました。

第1巻の刊行から53年という長い時を経て最終巻が刊行されたのが2012年。
翻訳作業は、研究者たちの予想を大きく裏切り、数々の困難に直面したそうです。

トマス・アクィナス 『神学大全』 (講談社選書メチエ)

稲垣 良典/講談社

undefined

そして2013年3月、新しい法王が誕生したばかりのヴァチカン法王庁図書館に全巻が受領され、また
ローマ法王庁図書館へ贈呈されました。

素晴らしいですね。
本当に大変な作業だったと思います。



森永エンゼル財団が運営するエンゼルカレッジに、贈呈式の模様や基調講演なども掲載されているので、興味のある方はぜひご覧いただくと良いかと思います☆
http://angel-zaidan.org/contents/thomas_aquinas/
現代への挑戦の書「神学大全」


気になることはすべてノートにとっていたのですが、その中で1つ私がこれから歩んでいく道に光を与えてくださった気づきがあったので、ご紹介したいと思います。

キリスト教神学という世界に生きた中世の神学者であり哲学者であるトマスは、プラトンやアウグスティヌスでなくアリストテレスの思想に洗礼を施したということ。
そしてインドや東洋側がイディアや瞑想などを大切にしていたのに対し、西ヨーロッパの文明の出発点となる自然科学誕生へむかって、切断面が生まれるであろうことを、信仰と神の理性によって感じ取っていたのではないか?
すごい預言者なのではないかと勝手に思ってしまうのです。

あぁ何と下手くそな説明しかできないのでしょう(p_q、)w

うまく表現できないのですが、私には衝撃的なことなのです。

マヤでいうなら、死のグループと生のグループに分かれていた体系や概念は、実は切断面によって生まれたということ。
それは古代マヤ族の信仰と神の真理によって王やシャーマンに託され、それがピラミッドや遺跡に記され、文明として未来に託されたということと同じような気がするのです。

まだ消化しきれていません。だから説明もちゃんとできませんね(; ^ω^)

きっと私だけでなく、他のみなさんにも何か発見があるのかもしれません。
全巻読むのは無理でしょうけれど、「宇宙は神が創られたものであり、神は理性をもっている。そしてその理性は人間も共有している」という大事な根本思想を、感じ取ってみてほしいと思います。

戦後70年が経過し、今日本は過去の歴史を再び振り返り、日本を見直してもう一度取り戻そうとしているように思います。そしてこのタイミングで「現代への挑戦の書」ともいわれる「神学大全」全巻が日本語に訳され、キリスト教徒にかかわらず西洋の思想哲学や背景、その経緯も法も価値観をも読み知ることができる、ということの意味は、大きいのではないかと思います。
なぜなら、東洋の本質は既に神の国である日本にあるから。でしょう。

日本人の魂や心はそれらを既に察していて知っているので、西洋という思想や世界観から自国をみれば、もっと違う視点で見ることができるはずなのです。

西洋と東洋といいますが、実は同じ地球を住まいとしている人間です。
有限と無限はもしかしたら過去と未来のようなもので、実は1でつながっているかもしれないのですから!

b0213435_23321141.png



みなさん、こんばんわ☆

春爛漫( ´ ▽ ` )ノ
b0213435_20560995.jpg
桜前線が日本中を駆け抜けているようですね。 
FBやツイッター、ブログを拝見すると桜の写真がたーくさんアップされているようです!
まるで春の花の妖精たちが楽しそうに宴を開いているみたい💖(。≧ω≦人≧ω≦。)

b0213435_20565723.jpg
マヤ・ハアブ暦では4月2日のきょう「0 POP」になりました。

5日のワイエブ月も終わり新しい太陽の1年が始まります。
POP という呼び名以外にも古典的名前「K’anjalab」があります。

2015年4月2日は「13.0.2.5.12 4Eb」とマヤ暦では書きます。

こちらがその「K’anjalab(K’an-Jal-bu)」の月を表す美しいグリフだそうです( ´ ▽ ` )ノ

b0213435_20575859.jpg
マヤ遺跡研究学者のDavid Stuartによると、この「Jal」はグリフの右側にある渦のサインのことで、「織り上げる」というような意味があるそうです。
そして骸骨の顔の部位は「K’an」で黄色という意味をもつのだとか。

「黄色い世界を織り上げる♪」みたいで、春の始まりのイメージにはふさわしいのかなぁ〜なんて思います☆

「Happy ancient Maya New Year!!」
「古代マヤ暦の新年、おめでとうございます!」


b0213435_20595504.jpg
ちなみにハアブ暦は365日で太陽年と同じ。
しかしうるう年がありません。なので4年に1日ずつずれていきます。

20のデイサインとともに動く「ツォルキン暦」と「ハアブ暦」が同じ組み合わせになるのは、365と260の最小公倍数となる「18980日」である52年後なのです。

マヤ暦では「52年」をとっても大切な節目の年としています。第二の誕生、人が完全に達した証で長老になる時ともいわれています。
ですので「今日」のハアブ暦とマヤツォルキン暦の組み合わせは、今から52年前だったのですよ〜☆


そして「4Eb 道・4」が年の守護者(イヤーベアラー)として、POP月の最初の日に着座したわけですね(^_^)
とっても嬉しい日なのです!
emoticon-0155-flower.gifemoticon-0152-heart.gifemoticon-0115-inlove.gif

なので、今日は春の女神にご挨拶をするため、お花見に行ってきました〜☆
b0213435_21015246.jpg
綺麗でした(*´∀`*)
b0213435_21011678.jpg

可愛いですよね〜サクラ🌸って♪

b0213435_21024232.jpg
ゴジラも喜んでいましたよ〜〜☆



b0213435_18560979.jpeg
さて、最後のイベント告知になりますが・・
4月4日(土)はお茶の水のYMCAアジア青少年センターにて「第1回 おなやみ相談フェスティバル」が開催されまーす!

出演される方も講演会をされる方も、みなさんその道のスペシャリストばっかりで驚きます。
楽しみですね(*^-^)! 

みなさんとてもリーズナブルな価格で相談を受けてくださいますよ〜〜!

私もパンフがなんとか間に合いました!
こんな感じ♪
b0213435_21114137.jpg
当日はマヤ暦カレンダー2015「じゃぐゎーる」もございます!

入場料も1千円と格安ですので、幸運のヒントを探しにまた、春の元素を元気にさせるため、皆様のご来場是非是非お待ちしております(ノ∇≦*)!

時間:11〜18時
会場: YMCAアジア青少年センター 9階国際ホール(セミナーは3階会議室)
入場:¥1,000- (小人、学生は入場無料)

☆現地までは、駅は3駅が使えます。
一番近いのはJR水道橋。徒歩約6~7分。次は地下鉄神保町の駅。徒歩8~10分ほど。
JR御茶ノ水の駅は、アプリなどの地図で見ると近いように見えますが、坂道などあるため、意外と時間がかかります。12分~15分を見ておいたほうが無難です。
水道橋から来られることをおすすめします!