<   2016年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

アニミズムと死と私

みなさま、こんにちは。
今日はキリスト教でいう復活祭。
そしてマヤ暦では「ワイエブ月の第1日」ツォルキン「道・13」です。

Happy Easter!emoticon-0155-flower.gifemoticon-0115-inlove.gif
b0213435_14102997.png
私にはアメリカ人と結婚した叔母が二人おります。
私が小学生の頃、座間の米軍基地に叔母の家族が駐在しておりました。
イースターに遊びにいったときの記憶は今でも鮮明に覚えています。

ちょうど5年生になる春休みの頃「イースターがあるので遊びにいらっしゃい♪」と言われ、両親に連れられていったのだとおもいます。

同年代のいとこ4人は全員ハーフですが日本語は話せません。

広い米軍基地のなかで、いとこたちと一緒にあちこちに隠された可愛いたまごをたくさん探した記憶があります。
言葉は通じなかったけれど、子どもというのは不思議なもので一緒に遊んでいるあいだにジェスチャーや気持ちで分かり合えるようになります。

トイレに行きたければトイレに行きたいジェスチャーをする。
困っていたら泣きそうな顔をすれば、どうしたのか心配して色々ジェスチャーで聞いてくれる。

そんな経験ができたことで、私は他国の文化を身近に感じることができたのだとおもいます。
b0213435_14133852.png

キリストが死んで3日後に蘇ったという復活を祝う復活祭ですが、そこには「死」に勝利する、「死」という恐怖の克服など「死」にまつわるたくさんの概念を乗り越える意味もこめられています。

私はかつて2度「死」を体験したことがあります。

1度目は本当に命を失うという「死」に至りそうになったこと。
2度目は神秘体験のなかで、死の川を渡ったこと。
です。
b0213435_14371987.png
そしてその2度の「死」の体験に実印をおしてくれたのが「マヤ暦」でした(つ゚o゚⊂)!


死の恐怖というか、死の河を渡るという不思議な体験をしてからは、とりあえず自分の「死」については、全然怖くなくなりました。(笑)

肉体的な「死」には何も意味がない。とわかったからです。
物質としての肉体が朽ち果てる、命が途絶える。のは地球上の万物全生命の宿命です。
(ソマチッドのようにほぼ不死の素もありますが・・汗)

そして復活が意味する象徴的概念も、実はとても大事なことだと思っています。
なぜ秋のあとに春がきたり、夏のあとに春が来てはいけないのでしょう??

冬のあとに春が来る

それこそ「復活」を象徴する概念です。

死のあとにやってくる芽生え、芽吹き、再生、復活。

b0213435_14430855.jpg

つい先日、6年間に渡って世界20に及ぶ先住民族たちの暮らしや文化を紹介してきた「地球千年紀行」で、叡智を紹介する旅のナビゲーターをつとめられた東京大学名誉教授「月尾嘉男先生」がVIDEO NEWSに出演され、「日本が生き残るための処方箋」についてコメントされていました。




 VIDEO NEWS ドットコム

「そんなことをやってたら、国が滅びるぞ。」という、とても大切なメッセージ性のある番組でした。

そこでは宮台真司先生も日本と「アニミズム」との関連について、また大切さについて語っておられました。

アニミズムとは
アニミズム(英語: animism)とは、生物・無機物を問わないすべてのものの中に霊魂、もしくは霊が宿っているという考え方。19世紀後半、イギリスの人類学者、E・B・タイラーが著書『原始文化』(1871年)の中で使用し定着させた。日本語では「汎霊説」、「精霊信仰」「地霊信仰」などと訳されている。この語はラテン語のアニマ(anima)に由来し、気息・霊魂・生命といった意味である。
by WIKI


古代マヤの文明や民族も、外から侵入してきたスペイン人によって侵略され、土地を奪われて、文化も宗教もことごとく破壊され、大切な叡智のほとんどが失われました。
かろうじて残っていたピラミッドやモニュメント、石碑に描かれた象形文字によってマヤ文明は蘇りましたが、痛手は本当に大きいものでした。

古代マヤ民族の循環する時の思想概念は、日本古来のアニミズム的な信仰にとても近しいものであり、相通じるものがある。とわたしには思えるのです。


古代マヤの先住民族は、キリスト教をしかたなく受け入れるしかありませんでしたが、一方で密かにマヤ的なシャーマニズムの世界観や文化的思想背景を伝承する、未来に語り継ぐという「いま自分たちにできること」を怠りませんでした。


b0213435_15094962.jpg

いま、私にできること。

「文化・文明の叡智・アニミズム、シャーマニズム的な大切な教えを語り継ぐこと」
「古代マヤ民族が守ってきた文化文明の叡智を、近代に蘇らせて人々に活かしてもらうこと」


b0213435_15114740.jpg
b0213435_15125267.jpg
マヤ暦でも春はオンタイムでやってきています♡

3月22日はマヤ暦「シカ8」で「祖先を祝う日」です。
うちにはたまに死者の霊がやって来るので、今日はニンニクと玉ねぎ切ってプンプン匂わせて部屋の隅に置いておきましたemoticon-0174-bandit.gif

2016年幕開けから今年はあまりに謎で、不思議でビッグバン的なことが続いているため、私の個人的意識がついていけてません。

マヤ春分のセレモニー
b0213435_20451056.png
Saqtekaw Victor Paredes FBより

マザーの手から焚べられた白い粉は、火に向かってククルカンのようにうねっています!


20日春分の日、太陽も興奮したのでしょうか。
太陽の中央部から太陽ガスが放出され、コロナホールの高速風と重なって3日後くらいに磁場の強まりが到来するかもしれない。と宇宙天気ニュースではいわれていました。

b0213435_20473155.png

そして22日のきょう、全日空の国内線システムに障害が発生。
搭乗手続きでの混雑が報道されていました。

さらに恐ろしいことにベルギー・ブリュッセル空港での爆発事故。
空港内が騒然としている様子がツイッター上に流れていました。
b0213435_20482409.png
https://twitter.com/gloomynews/status/712196356954193920

今日は茨城、福島や新潟でも地震が多発しています。emoticon-0141-whew.gif


アメリカ大統領選挙については別に記事を書いている途中なのですが、マヤ暦からみていくと今年は「闇とか夜の力が正義のマスクをつけて表に出てくる」年であり、「天の頭脳が良きにつけ悪しきにつけ神の力を具現化させて見せつける」年でもあると感じています。

3月9日の皆既日食が「ジャガー8」でしたしねw


私たち人間は生まれたときから、目にみえるものを信じる訓練を受けて育っています。
目に見えないものについての捉え方、考え方を学ぶのは、魂や神、愛や死について学ぶのと同じカテゴリーに入れられ、体験したことを信じるとしてはいるけれど、そこには本当かどうかわからないという側面も匂わせながら半目を開けて信じようとしています。


そして情報操作やブレインウォッシュ、プロパガンダのように「正しい」「信じるに価する」と思わせることができる「人」「団体」「国家」「思想」があることも事実です。



「見る」ということは、実はすごく間接的な証拠を積み重ねた結果なんです。

b0213435_22284514.png

東京大学国際高等研究所カブリ数物連携宇宙研究機構の村山斉氏は「重力波天文学の将来について」のインタビューにこう答えています。

「見えないものの話をしているけれど、本当にそんなことわかるの?」と言われますが、原子だって19世紀に見た人は誰もいないわけです。でもメンデレーエフが周期表を作って、誰もみたことがないのに「水はH2Oだ」とわかったわけです。

見えないからわからない、というのは思い込みで、見えなくてもいろんな手段がありますから、それらを組み合わせて、総合的に「こうに違いない」と判断してきた例はたくさんあります。
極端なことを言えば、光だって見えてはいません。光というのは、人間の網膜を光が叩くと、網膜にある電子が動かされて、その電子が動いた電流を神経が拾うから我々は見た、と感じるわけですけれど、光そのものを見たわけではないんですね。

マイナビニュース 重力波天文学の幕開け


b0213435_22304243.jpg
メンデレーエフさんて、オカルティック〜!


重力波が発見された!といいましても目で見えるわけではなく、宇宙の広がりとか始まりや終わりなど天文学的な謎なわけですね。
「頭で考えてもわからないこと」が私たちの日常にも次々と起こっているわけです。

今この瞬間も、世界は進化し、宇宙は膨張し続けていますからね。


国家や戦争、政治にも影響を与えると言われるマヤのカツンサイクルを占うために、チラムバラム予言書を読みながらアメリカ大統領選も含め世界の動きを照らし合わせているのですが、象徴を読み解いていくと何やらおそろしいことが待っている気がしてなりません。
本当に今年は、宇宙に新しい神殿が立ち上がるのですから凄い年になりますね。
占ってる場合でもなくなってきてる気もしますが・・汗



私は御使いのところに行って、「その小さな巻き物をください。」と言った。すると彼は言った。「それを取って食べなさい。それはあなたの腹には苦いが、あなたの口には蜜のように甘い。」
そこで、私は御使いの手からその小さな巻き物を取って食べた。すると、それは口には蜜のように甘かった。それを食べてしまうと、私の腹は苦くなった。そのとき、彼らは私に言った。「あなたは、もう一度、もろもろの民族、国民、国語、王たちについて預言しなければならない」
黙示10

その半期は食物をもたらし、その半期は水をもたらすだろう。
以上のようなことが神の予言である。その半期は、その治世の間、神殿の時代となるだろう。これが神の予言の成就である。
チラムバラム・カトゥンの予言

b0213435_22300470.jpg
それにしても元素って本当に美しいです!


3月年度末ですが、皆様お元気でしょうか。
3月は「忙しい!重たい!しんどい!お金かかる!」
卒業、入学準備、進学、転勤、昇格、社会人へ・・etc

9日は皆既日食もありましたし。
ジャガー8で、夜の太陽が空に具現化されましたので、けっこう無意識を直撃しましたよね。emoticon-0146-punch.gif
b0213435_23184515.jpg
前半は霊的なスピリットパワーをもつ森の王者「シカ」が、シカ周期を見守る地震の守護者で火山の神様と「時の番長」として手をとりあってきましたので、時の荷の中身は重たいだけでなく強烈だったように思いますが、みなさん、生きてますか?(;゚∀゚)大丈夫であることを祈ります。


Comet Lovejoy Photographed by Simon W
b0213435_23240677.jpg

去年はラブジョイ彗星、今年はカタリナ彗星が接近しました。ラブジョイ彗星は1秒間にワインボトル500本分ものアルコールを宇宙に放出していることが分かったとして、フランス・パリ天文台の研究チームが学会誌に観測結果を発表しましたが、宇宙人も酔っ払っちゃいますが、ばら撒かれた素粒子が地球の大気にくっついたらやっぱり酔っ払うかな(; ^ω^)

b0213435_23350268.png

3月15日から「祖先(アハウ)」のトレセーナ周期にはいります。
やっと一息できるかなぁ。ε=(^。^;A フゥ…

陽気で魔女的な創造の神ウェウェキヨトルが、若くて美しい芸術の女神を守護神にもつ「祖先」と手を取り合って始まる13日。
でも少し注意が必要emoticon-0133-wait.gif

ラブラブかとおもえば、気まぐれ的になり、しまいにトラブルにならないともかぎらない時の荷の中身。。。
良いともいえるし注意ともいえるような周期に、大切なククルカン降臨の「春分」がやってくるわけですが!

b0213435_20535776.png

b0213435_22393263.jpg

ヘビ6 春分 20日
シカ8 祖先を祝う日 22日
ウサギ9 満月 23日
道13 ちょっとダークな5日間ワイエブの始まり 27日
ワイエブは27日から始まって31日までの5日間。

火を消して新しい太陽を迎える準備をするというもう1つのマヤの暦。
4月1日がハアブ暦では「0POP」となる新しい始まりの日なのです。

b0213435_23484680.jpg
マヤ的に何に気をつければいいかみてみると、過剰とか浮かれ気味みたいなこと。
調子にのらないことは大事かな。

春の訪れは、ロマンチックで美と愛をキラキラと輝かせてくれるので、ついウキウキしますからね♡
悪いことじゃないけれど、行き過ぎは禁物よ。(笑)




人気占い師ならエキサイト




パラレルワールド!

「3」という数字は真理に近い数字なんだよね。だから3度目の正直とか使われるんだよ。
先日の「ホンマでっか⁉︎TV」で武田邦彦先生がおっしゃられていた気がしますが。emoticon-0126-nerd.gif

たしかに「三位一体」とか「三つ子の魂百まで」などとも使われていますから、「3」は根本思想には欠かせない大事な数なのだとはおもいます。

マヤの世界観で「3」は、働きかけとか行動、結び合せるなどの意味で、2つの異なるものを認識してくっ付けたり動かすとか動きだすみたいな3次元的世界をあらわしています。

ヘルメス哲学の始祖で錬金術師でもあったロバート・フラッドは「単子(モナド)はの超物質的な本質であり、そこから1つ進むと第2の単子が父と同じを生む。この第2の派生は単純で1から1である。」といっています。
b0213435_13193161.png
ピタゴラス主義者たちは「1」はもう1つの「1」との混合で、「2」を数字とは考えていなかった。
第1単子である父と第2単子である子から派生する聖霊が合わさって三位一体の超物質的な神聖な三重の統合によって始まった世界は、2の2乗である4、4元素である4という神の頭脳数4へと派生する。としてその素晴らしさを論証しています。(四数性)

ヨハネス・ケプラーも「4」の神秘については無限の大きさであるとして、「4は最新奥部からすべてのものの源となる幾何学立体が姿を表すのを知ることであり、数の基礎であり根であり、神聖な父なる神に類似する至高の優越性と尊厳を含む数である」と認めています。

あ、難しい方向へ進んでいきそうなので軌道修正しますwemoticon-0177-toivo.gif

つまり3は「神の似姿が生まれた」ことで、4という「安定した基礎」の知にむかう一つ手前という感じかな♪
太陽がモナド1とするなら、4は地球ですしね〜emoticon-0152-heart.gifemoticon-0157-sun.gif
b0213435_13014872.png

3月は行動的な月なので、きっとみーんな忙しいの。(笑)
マヤ暦でも「シカ」→「祖先」に「春分」ククルカンが来るでしょ!
9日は皆既日食で、インドネシアの地震と関係あるみたいな。。
さらに3月末はワイエブ月に入ることもあり、お日様と宇宙と神々も忙しい!(笑)


最近ほんとに超びっくりするような不思議な引き寄せが多くて、私のナーカルは現在の時間軸から違う時間軸をもつ世界とのあいだを、行ったり来たりすることが多くなったみたい。

ん? 
なになに「私も〜!」「僕も〜!」という声が聞こえますがemoticon-0136-giggle.gifemoticon-0159-music.gif


パラレルワールドが現実につながりはじめている宇宙神殿時代の幕開けですからね♪


「神聖なちからは、美しい形のうちにだけ現れる」

「時のない恍惚のなかに包まれ、半分目を閉じて眠気を感じる静寂のなかに漂うとき、魂はしだいに蒸留する」

「人が『気』とよぶものは、かすかな吐息のように降り下り、その思想や行動を変えてしまう」


これらはW・B・イエイツが「錬金術の薔薇」のなかで語っている言葉ですが、人類の無意識にある輝きは、こうして訪れ、またオーラとなってエネルギーを放ち、あるいは時空を超えて引き寄せ、パラレルワールドの世界をみる。のだと思います♡


b0213435_13180908.png

シンクロニシティーや不思議な感覚を感じたら、まずはアンニュイな感覚を尊んで、それを「よし」とすることから始まるのだ!と思いますよ♪emoticon-0115-inlove.gif



人気占い師ならエキサイト

cu!