<   2016年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

皆様こんにちは。

今日からマヤ暦は「ワシ(Men)」のトレセーナ周期にはいりました。
9月26日〜10月8日の13日間を見守る守護神は「ショチケツァール」

b0213435_15423640.png

画像元:Xochiquetzal




若くて美しく、セクシャルな力をもつ女神です。

彼女は、愛や喜びをもたらす芸術の女神ですが、同時に「過剰に酔わせる」力ももっています。


El Rapto de Xochiquetzal

(ショチケツァールの誘惑 música



今年の夏は、よくも悪くもマヤ的には「大きな変化」が具現化された、熱い暑い夏であったと思います。




秋分の日も過ぎて、ククルカンが地下世界へと降りていったわけですが、先ほどニュースで新幹線でニシキヘビを見つけたと報じていました!

26日朝、静岡県内を走っていた東海道新幹線のぞみ103号(東京発広島行き)の車内で、ニシキヘビとみられるヘビが見つかった。静岡県警JR東海によると、体長約30センチで、乗客の女性が前の座席のひじかけに巻き付いているのに気づいたという。 朝日新聞デジタル

b0213435_15594948.png
不思議な偶然の一致は、いよいよ一部の人だけでなく全体に出現していくことの前兆です。



金星とともにケツァルコアトルが誕生した紀元前3114年、地球の第四の時代がはじまりました。
そして2012年12月22日一つの時代が終わり、新たな歳差運動の周期とともに象徴的に新しい時代が誕生しています。



失われた大陸や古代文明の復活かもしれません。

宇宙神殿時代はまだ始まったばかり。

太陽も気象も変化するでしょうし、人類の向かう方向も視点もまた次なる世界意識へと変化・変容していきます。




恐れは恐れを、不安は不安を生み出します。
敵を憎むくらいなら、敵から遠く遠くに離れなさい。それは魂の教えです。

そして愛を軽視せず、愛の証や愛の終わりには、金銭でも恨みでもなく「愛」でお返ししましょう。
愛にはお金以上のパワーがあるからです053.gif058.gif


Have a nice day!


今日は「秋分」ですね〜016.gif
東京は心地よく雨音が聞こえていますが、皆様お元気でしょうか。

秋分の頃はいつも忙しいことが続きます。

マヤ文明好きの私にとっては
「もっちろん!(*бωб*)♪ カスティーヨ・ピラミッドに光の蛇ククルカン降臨ですから!」

b0213435_13573100.jpg


22日の14:21分(日本時間)、太陽は秋分点を通過します。マヤのピラミッドに姿を現わすのは時差の関係で14時間後くらいとなりますが♡

秋分の太陽を担ぐのは「サル」です058.gif066.gif066.gif

ククルカンの光エネルギーと一緒に真東から昇って、真西に沈み、地下世界である真夜中まで聖なる時を見守るナーカルです。

b0213435_14001003.jpg



b0213435_14060410.jpg

古代マヤの時代には歴代の王がいて、世界を統治していました。
王を埋葬した地下墓からは、様々な装飾品や壁画、絵文字が発見されています。

ユカタン半島のマヤ族が祭礼のなかで、洞穴や地下世界をどれほど重要視していたかを物語る証拠が発見されています。チチェン・イッツァの遺跡にある巨大ピラミッドや、聖なる泉「セノーテ」、大鍾乳洞はもちろん、地下に無数につらなる洞穴やその奥に作られている部屋、あるいは儀式が行われる石灰岩でつくられた「輝くドクロの洞穴」など、いかに地底世界を聖なる世界として尊んでいたのかがわかります。


b0213435_14010750.jpg

冬至の太陽、春分、夏至、秋分の太陽は、天体の運行を意識して太陽と地球との関係を知ることができる、とても特別な日として世界中でその光の通り道を表していますね。


b0213435_14022517.jpg


チチェン・イツァ遺跡 1年に2度だけ、ピラミッドに羽を持つ蛇の神が舞い降りる、ククルカンの降臨(matome.naver.jpリンク)



サルのナーカルが東から担いで昇る22日の太陽は、お昼を過ぎて西へ向かうとき、光の蛇としてピラミッドに降臨しますね。その後まっすぐ地面を直進して、セノーテの泉のある地下世界へと姿を落としていきます。
そこまでサルのナーカルがククルカンにお伴しているわけですが、今年の秋分は「ククルカンの風」トレセーナ周期と重なっています。
そのことは、マヤ暦やマヤ神話ではとても神話的で象徴的なことなのです♡

b0213435_14353285.jpg

今日は希望と救いのエネルギーをもつククルカンの太陽を感じながら、瞑想してみるとよいでしょう!
Have a nice day!




こんにちは。060.gif

PCと一緒に体調を崩しておりました(; ^ω^)
風の日になった今日、やっと復活してきております053.gif

古代マヤカレンダーでは、今日から「風(Ik)」のトレセーナ周期が始まりました。

今年2月に「香(Caban)」の年となり、2012年から始まって「四隅が定まって新しい神殿が建造される」時代の礎が固まりました。
b0213435_16011428.jpg

現在の地球世界という礎の上に、どのような神殿が創られていくかは、国の意思や個人の意識に委ねられているわけなのですが、皆さんはどのような時を紡いで今日まで素材を集めていらっしゃったでしょうか?



ナーカルサインのもつエネルギーや特徴、無意識に潜む神話素にもよりますので、様々なストーリーだとは思います。

驚くほどの引き寄せによって運命の時間や環境が変化された方や、自分の価値観や生き方のベクトルが変容し、次元がシフトされた方もいらっしゃると思います。

5月から8月までは東のエネルギーがとても強く影響する周期でしたので、実際の鑑定でも、ほんとに驚くほどの変化や神秘を体験されたり、新たな仕事での展開や兆し、あるいは導かれたかのようなご縁が結ばれている方もたくさんいらっしゃいましたo(*⌒─⌒*)o049.gif016.gif



そしていよいよ今日から「風」の周期へと進みます。


今までの「東」のエネルギーは少し影を潜めながら、ここから年末にかけては「北」と「南」のサインが活躍していきます。

ガラリと雰囲気が変わってくると思いますよ♪


この13日周期には、自然の神々であり、創造の男性原理をもって宝と火を見張る女神が、時の座に着座されました。
そしてその1日目である今日は、空飛ぶ羽毛をもつ蛇ククルカンが日(太陽)を担いでいます。


9月22日の秋分の日は「風」の周期ですので、いよいよククルカンの光がマヤのチチェン・イッツァピラミッドに降臨するわけです!

b0213435_16042435.jpg



マヤ暦からみても、着座されているマヤの神々のエネルギーからみても、ここから10月にかけて、8月までとはかなり違った展開が創造されてくるように思っています。


米国大統領候補のヒラリークリントンさんが9・11の式典を早々に後にしたニュースが報道されました。
びっくりしましたよねー!

ネットの噂は限りなく怪しいものから、専門的に分析している人までの情報で溢れていますが、元医師の方の解説がかなり信憑性が高いと評価されています。パーキンソン病説を説明しています。



b0213435_15542974.png

ツイッター投稿より






でもね、私はマヤ的に解釈するならば、彼女は守られたように思います。

ヒラリーさんのマヤデイサインは「風・9」

彼女は、ククルカンが13日周期に着座されているときの「風」のサイン生まれなので、潜在的にも顕在的にも「ククルカン」によって守護されています。

そしてちょうど彼女は風周期を目前に、大切な9・11式典という公の場において不調になったわけです。

これ以上命を脅かしてはいけない!
がククルカンのメッセージのような。。。

大統領の代わりは別にいるが、ヒラリー・クリントンさん本人の代わりは一人もいませんからね!
ククルカンが自然の摂理に生きる「天のことわり」を示そうとするわけです。




北の力といえば、北朝鮮の核実験の問題や、北朝鮮 核ミサイルの脅威、ロシアのプーチン大統領訪日の今後も注目したいところですね。

いろいろな意味でマヤの神々が力を見せはじめています。





〜〜〜〜
b0213435_16265862.png
ぜひご利用くださいませ。