<   2017年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

こんばんは。

世田谷の我が家付近は小雨が降っていて、現在12°です176.png
寒さが嬉しくもあり、でも現実は寒いので(笑)あったかいもの欲しくなりますね~

b0213435_1371218.jpg
宇宙からの隕石で温まりますか!(^^♪


最近思うんです。

「ブログ」って何だろ?って。

何のために書くのだろ?
情報や世界観をネット上で表現することに何の意味があるんだろ?
って。


私の場合、あまり人付き合いを上手にこなして社会に貢献していくタイプじゃありません。
貢献したこともありますが、やっても上に行けばいくほど「虚しさ」が感じられただけ。

社会って何?
ってなるし、国って何?世界って何?ってなっちゃうから。117.png


そんなの全部「無かったこと」「虚構」「無」にしたくなってしまう。
完全に分析・研究肌タイプ。


b0213435_20133527.jpg

古代マヤの世界に深く深く入っていくと、神秘的でコアな部分にぶち当たる。

そう。。

たとえば「高度なマヤ文字体系」とか「宇宙人との接触」とかね。

そうすると「自分が復活」する!!リボーン!再生!蘇り~~~♡


マヤ文字が解読され始めたのは、本当につい最近のこと。
1945年にロシア人のユーリ・クノロゾフが表語文字と表音文字が混在している。と仮説を出し、マヤ文字解読では有名なマイケル・D・コウが「ポポル・ヴフ」というマヤ神話を「アメリカ大陸に伝わる最も重要な神話で、文学としてもきわめて貴重な作品だ」とも語っています。


で、やっぱり「サイコー」と思うのは18才で「マッカーサー・フェロー賞(天才賞)」を受賞したマヤ学者「ディビッド・スチュワート」の気づきと発見!!です。

これは!!!157.png147.png146.png177.pngと感動しました。

マジで。


b0213435_23102556.jpg

「マヤ文字は、1つの音節を表すのに十数通りの書き方が存在する。それがマヤ文字を複雑にしている」
というもの。

記号が多く、発音は同じなのに、書かれる文字は違う。みたいなことがしょっちゅう起こっていたのをスチュワート少年は不思議に思っていたんだね。

で、「はっ!!」と思ったらしいのが

「古代マヤの人々は、同じ文字の繰り返しを嫌ったのではないか? 別の文字に置き換えることを好んでいたとしたら・・・!?」

YES!



b0213435_15294122.gif
マヤの書記たちは、様々な記号の中から好きなものを組み合わせて文書を書いていたというのです!
単に言葉を記すだけでなく、遊び心があって芸術性に優れたものを生み出している感覚。

絵文字や芸術的センスこそが、マヤの人々の複雑な精神世界や神話の世界観を現わしていたのだということ。



規則性のない文字など今の時代では考えられないでしょ?


それがマヤ文字の素晴らしさを生み出したってこと。

まさに感動!!


b0213435_1371511.gif

楽しい「祖先9」の今日でした(^^♪

see you soon!

ようやく空と風が「秋」らしくなってきましたね。
今年の夏は気温だけでなく災害や世界情勢も含め、マヤ的には本当に強烈な夏でした。

きょうから10月(^^)
今年も四分の三が終わりました。残すところあと3か月!150.png
10月は国内政治では解散・総選挙もあり、北朝鮮問題も緊張感をもって見守る必要があるわけですが、果たして10月はどんなマヤの神々が時の座に着座されにやってくるのでしょうか?

まずは全体的な運を司る時の流れをみてみましょう!

10月7日まで 嵐周期
8日から20日 道周期
21日から ヘビ周期
満月 イヌ12
新月 トカゲ13


今年3月、春分の日を担いだナワールは北の精霊「イヌ」でした。
2月に「北の年(風年)」になり春分も北の精霊が主役だったため、風の守護神ククルカンは安定した秩序と理を天界に保持して着座されていました。

ところが夏7~8月に強烈な東西のエネルギーが解放されて迎えた9月、秋分を担いだナワールは東の精霊の王「香」です。
救いの守護神ククルカンは、地上に降臨したのち「嵐」周期の神トラロクと融合しました。

そして宇宙の創造神であり大地の四隅で天を支えるバカブ神の命により、東西の力を制するとともに南北の神々の力とバランスをとるよう時の座につかれました。


b0213435_13051973.jpg
さて・・・

ようやく秋が到来する10月、マヤ暦的にも成熟と豊穣の女神が恋神話の元型とともにやってきます。

b0213435_14490984.png

マヤウェル

ここで1つ古代マヤの恋神話を紹介しましょう♡

道の周期を守護する女神「マヤウェル」は、「ケツァルコアトル(ククルカン)」に誘惑されて恋に落ちた美しい女神です。
関係をもった二人は抱き合ったまま、絡み合うようにして1本の樹に変身しました。162.png

ところがその様子をみていた嫉妬深いマヤウェルの母は、怒り狂ってその樹をまっぷたつに引き裂いてしまいました。
149.png137.pngオーマイガー!!

ケツァルコアトルは元の姿に戻れたのですが、マヤウェルは死んでしまいました。
美しい女神の死をとても悲しんだ風の神ケツァルコアトルは、嫉妬深いツィツィミトルの手下どもに遺体が食べられてしまわないよう、彼女の骨を拾い集めて畑に埋めました。

するとどうでしょう!
マヤウェルの骨はみるみるうちに成長し、「マゲイ(maguey)」というリュウゼツランとなりました。
b0213435_14525853.jpg

また、マゲイの樹液から白いお酒「プルケ(Pulque)」が造られることから、プルケの守護神とも呼ばれるようになり、ほろ酔い気分にさせてくれる酔わせる酒の女神ともいわれるようになりました。

b0213435_14500003.jpg
道周期のあとにやってくる「ヘビ」周期も、血に熱く情熱的ともいわれる希望と光と火の神です。


10月は恋や目標に向かって、ポジティブに受け止めていくとグッドラックを引き寄せるよ!な月になりそうです。

選挙とかいろいろありますが、そこには愛・情熱・血が騒ぐ・天の摂理が主たる目的や人の心になければ、成就はしないということになりましょうか。。


運勢が良いデイサインは
1位 道
2位 ウサギ
3位 風
4位 ヘビ
5位 死
6位 トカゲ




168.png109.pngココがポイント!

「愛」のレッスンと前進・恋愛成就を願うならチャンスの秋10月♡

愛情関係がうまくいかない
愛するのも愛されるのも下手
幼少期のトラウマや、十分に愛を感じることができなかった経験、過去の愛の傷などにより「愛されなかったら、受け入れてもらえなかったら怖い、どうしよう(´・ω・`)」と感じてしまい、愛に対して壁をつくってしまっている人がいたら、マヤウェルの力に委ねてみましょう。

白いお酒の力を借りるのもOKですし、一本の樹に絡み合う思い切った経験に踏み出してみるのもOK。
マヤウェルの化身で乳白色マゲイのもつエネルギーは、あなた自身の愛を傷を癒し、浄化して、愛に対する恐怖を優しく融解し、心がオープンになれるようサポートしてくれます。

愛に絡まりついた執着や嫉妬の化身ツィツィミトルに負けないよう、純粋で素直な愛の力を取り戻していきましょう。

愛のお悩みは10月のうちに解決しちゃいましょう!

人気占い師ならエキサイト


ちなみに今年のハロウィン10月31日は「ワシ11」です。

秋の収穫を祝い、悪い霊を追い出すお祭りですが、仮装して「Trick or treat! (お菓子くれないといたずらするぞー)」と歩き回るわけですが、マヤ的には太陽の戦士「ワシ」の日より冥界の王「ジャガー」が座してる30日のほうが、効き目があるような気がしますが。(笑)
b0213435_14492362.jpg