人が「死」を考えるとき

皆様こんにちは。

12月7日、今日はマヤ暦では「シカ・8」
古代マヤ暦の世界ではもっとも「神聖な日」といわれ、祖先に感謝する祝日です。
今日がマヤナーカルバースデーの方はおめでとうございます

霊的なスピリットにあふれ、狩人のように野性的でパワフルなナーカル。
文化・教育の神の力をもって異なる価値観の仲介役をつとめてきた「マニク(シカ)」の精霊は、自然の摂理に忠実なしもべです。決して自然を裏切りません。
森の恵みに感謝して、聖なる力を世人に還元できるよう、個人で聖なるリズムを体現していくナーカルです。


b0213435_14195986.jpg


誰もが人生に一度や二度は「死」を考えるほどの挫折や試練がやってきます。
早いか遅いか、どんな試練かは人それぞれです。
他人には大したことではなくても、その人にとっては衝撃的な裏切りに感じたり、絶望や自信をなくすきっかけや、生きる気力さえなくなったりします。

そんなときは、どんなに気持ちや愛をこめて周囲の人が励ましたり慰めても、まったく本人の心には届きません。
真っ暗闇とはどんな光も言葉も届かない場所、そのような洞窟に入り込んだ心の状態だからです。
なんとかしてあげようとすればするほど、本人はやけになったり絶望が無意識に過激化して破壊につながったりしてしまいます。
逆効果かもしれません。


b0213435_14280810.jpg

私も30〜31歳のとき、そのような絶望的試練に溺れたことがあります。
その時はお先真っ暗、八方塞がりのように感じていました。
食事ができなくなり、仕事の最中だろうが電車の中であろうが突然涙が止まらなくなり、生理が止まり、眠れなくなりました。
誰かにあうことすら恐怖で、毎日が地獄みたいでした。
家族や友達が心配して声をかけに来てくれますが、余計な御世話で迷惑に感じただけでした。
一番楽な死に方は駅のホームから急行電車に飛び込むことだとわかっていました。
人は崖っぷちの極限に立つと「生きてる感覚」すら失ってしまいます。
だから死ぬことはあまり怖くないのです。


私もすぐに立ち直れたわけではありません。

ずっと正座をしていて足が痺れて立てないのと同じように、生きるための感覚が麻痺してしまったので、社会復帰が難しかった時期が続きました。

しばらくしてある一人の女性に出会いました。
その方は企業の社長さんで、女性雇用の可能性多様性を追求しながら実践されている方でした。
仕事にはとても厳しく、徹底的な管理のもと指導をしながら、心の温かい大先輩の女性でした。

私はその会社が募集していた在宅仕事のために面接に初めて伺ったときにお会いしたのが社長さんです。
履歴書をお渡しして、面接をしていただきました。
まだ復帰できてない自分のことも正直に話しました。

その女性社長はだまって私の話を聞いていました。そしてこう言いました。

「わかりました。ではお願いすることに決定しましょう。自宅にパソコンがないようなら会社から貸し出します。必要なものは全部会社で提供します。できないことはいつでも会社に聞きにきて習ってください。あなたを全面的に応援しましょう。」

それから15年間ちかく、私はその会社から仕事をいただいて、在宅で仕事をしていました。
そこで働く女性はみな心が通じる温かい人ばかりで、私は癒されていきました。

その社長は私の心の苦しみや試練をすぐさま察知し、理解して手を差し伸べてくださいました。
いつだったか忘年会のとき、社長が私の肩を引き寄せて「大丈夫。よく頑張ったわね。きっとあなたならやり直せるわよ。大丈夫大丈夫!」そう言って涙を流してくださいました。


人が立ち直るきっかけは、近くにあるかもしれないし、そうではないまったく違うところにあるかもしれません。

b0213435_14495565.jpg

あのとき、あの社長に出会わなかったら、今の私はないかもしれません。

出会いとはそういう神秘な出来事だとおもいます。




今わたしは「古代マヤ暦」をつかって占い師という仕事をしています。
しかしその道も決して平坦ではありませんでした。
何度も転げ落ちそうになりました。


以前、占い師を本気でやめようと思ったことがあります。
自分にはもう無理だ。と。
潔く別の仕事をしようと思いました。

そのときも一人の女性の言葉に救われました。

「わかるわ。毎日人の相談にのるのも大変よね。やめるのを止めるわけじゃない。でも・・・マヤ暦を信じて弓玉先生を信じて鑑定に来てくださるお客様のことはどうするの?? 放ってやめられるの?」

私は自分の苦しいことしか考えてなかったのですね〜
私を信じて鑑定に来てくださる人のことを考えていなかった!

彼女の一言にハッとして我に立ち返れた。
そのことも運命だと感じています。


挫折や試練は、大津波のように自分の運命をまるごと飲み込んでしまいます。
自分が飲み込まれていることに気づかないくらい、くじらのお腹の中は死の色で真っ暗なのです。

生きているのか死んでいるのかすらわからないくらい、天変地異な出来事なわけです。


そんなとき、希望とか大丈夫とか、頑張ってとか生きていればいいことあるとか、いらない。
神様を信じて。とかいらない。
きっと来年はいいことがある。とかいらない。


「今、この瞬間」


「いまこの瞬間」


「今、この瞬間」

を生きることだけ考えればいい。
「息」だけしていればいい。
ていうか、それしかできません。汗


いつもいうことですが

マヤ暦では「今日という日を担ぐ守護神は、今日のことしか責任とらないし面倒みてくれません。明日はまったく違う神がやってきます。明日のことは明日の守護神と明日の運命が考える。聖なる次元では今日と明日の連続性はない。」
わけです。


b0213435_15033375.jpg
b0213435_15180569.jpg







皆様こんにちは。


今日は【告知第二弾!】でございます(^_^)


b0213435_15180590.png
いよいよでございます。

毎年恒例となりました。。。

マヤ暦で予測する2017年の運勢


エキサイト電話占いにて本日公開されました。


登録されていない場合は、一部しかお読みいただけないと思います。
登録は無料ですので、面倒ですが一度ご登録いただければ毎年更新内容もお読みいただけますので
まだ未登録のかたはこの機会にぜひ♡


b0213435_15231905.jpg

(2)2017年の特徴と傾向

今年はマヤの暦と天文現象を合わせてみると、やはり「2月」が大きな転換点のようです。
2月に半影月食と金環日食、8月に部分月食と皆既日食があります。
2月の金環日食とマヤ暦新年は、マヤの暦上でアンダーワールド死者の領域を支配する「ナイフ」の周期に起こります。



上記内容は、一部抜粋しています。
来年の2月、世界が具体的に新しい時代に突入します。


トランプさんが正式にアメリカ大統領に就任されますと、あちこちで民族紛争や移民問題による衝突がおこりそうで、とっても心配。
さらにマヤ暦新年、月食に皆既日食と天体現象に加えて、マヤ暦では戦いの神が着座され・・・・


いろんな意味で来年は「時の流れ」をよまないと、とんでも無いことになりかねません。


経済も民族意識も価値観も社会での主義主張のあり方も、人間の基本的な有様や感情も、変容するでしょう。
そんなとき、大切なことは「原点回帰」「原初回帰」など始まりに立ち返ってみる視点・世界観・姿勢だと思います。




映画「彷徨える河」

アマゾンジャングルに住む先住民の生き方に学ぶこと

そんな流れを知ってみることで、生きることの本質やことわりを知ることができるかもしれません。






b0213435_15364280.png


運勢鑑定はこちらから。人気占い師ならエキサイト


b0213435_20281338.png



【告知第一弾!】

あと1ヶ月で2016年も終わりですね〜
早い!!


この間まで暑くてふ〜ふ〜言っていたのに、紅葉どこいった?みたいに雪が降ったらもう12月なんて。
びーっくりです

きょうと明日は来年2017年にむけて、新番組や運勢などコンテンツ記事のお知らせの「第一弾」です。

b0213435_20281338.png


将来不安を【強制消去】ゴッド・リーダー弓玉 禁断人生暦ツォルキン

2017年運勢パックもいろいろありますよ♡
本日スタートしましたので、リリース記念◇2017年運付き超得パックもございます♪

b0213435_20295023.png

b0213435_20314102.png
すごいボリューム内容です


でもプチ占いもあります(^_^)
b0213435_20324746.png

マヤツォルキンと大きな周期の両方をつかい、デイサインごとの象徴も読み解き合わせながら、2017年運勢をだしています。
今年は本当に色々な変化や災害などもありましたからね。
来年はどうなるのでしょう!!?


ぜひのぞいてみてくださると嬉しいです。



明日は「第二弾」の告知予定です




お楽しみに。




神殿時代になり柱や城壁を建てるための地ならしが始まりました。

聖なる地球の大地が耕されると、大地の中に潜んでいたものが明らかになり始めます。
それは宇宙や地球、世界や国家という大きな規模においても、個人の内側でおこる変容においても、同じようなプロセスをたどります。

隠されていたものや事柄は明らかとなります。

A second secret pyramid has been found hiding inside this massive Maya pyramid
(第2の秘密のピラミッドがこのマヤ大ピラミッドの内側に隠れていることが判明)

b0213435_16300990.jpg

先日のエジプトのピラミッド内部構造に新たな発見というニュースに引き続き、マヤのククルカンピラミッド内部にも秘密のピラミッドが発見されたという驚きの研究報告が発表がされました。

隠れたものが明らかになる!
というマヤの予言どおりでびっくりしました。


メキシコの国立自治大学の調査チームが発表したものです。

3D電気抵抗トモグラフィー(Three-Dimensional Electrical Resistivity Tomography techniques)という難しい技術をつかって、ピラミッド内部を調査したそうです。
b0213435_16283536.png
b0213435_16284577.png
(画像はサイトDigital UNAM より)

新たな発見として、マヤのピラミッドがセノーテの泉の上に建造されているということ。
そしてマヤの暦の象徴となっているカスティーヨ・ピラミッドの内部に、二つのピラミッドがロシアのマトリョーシカ人形のようにして隠れているという!
b0213435_16564185.png

今回の発表によると、およそ高さ33mのピラミッドがククルカンピラミッドの内部にあり、おそらく西暦800〜1000年頃に造られたものと推測されています。

さらにその内部にある最小ピラミッドは高さ10mほどで、おそらく西暦550〜800年頃のものだと報告されています。


b0213435_16285516.png

今後もさらなる発見や解明が期待されます。




最近は翻訳機能も改善向上されているようなので、リンク先をグーグル翻訳かエキサイト翻訳してのぞいてみてくださいね。

UNAM(メキシコ国立自治大学)のメインキャンパス(Ciudad U)

INAH(メキシコ国立人類学歴史研究所)



この記事がUNAMとガーディアンに掲載されたのが11月17日。
マヤ暦では「シカ1」の日。

西方を制するマヤサインのグループ(シカ、夜、サル、ワシ、嵐)の長である「シカ」
森の王者がトレセーナ周期に座した日です。

これはどう考えても私的には
マヤ的な時の象意があるはず!
何かを私たちに伝える大事なメッセージがあるはず!

なわけです。

元記事の最後に書いてあった一部を翻訳すると

「メソアメリカ、マヤの世界観では、精神的な生活のさまざまな面を扱います。ククルカンピラミッドは、天と地上界と冥界の3つの世界を結ぶ宇宙の軸(宇宙樹)で、神々の領域にアプローチする男性性の側面です。」

とあります。

<マヤの宇宙>
冥界9神
地上界7神
天界13神


3層からできているこの世界を、私も含めマヤ考古学の世界はこれまでは、下の絵図のようだと思っていました。
b0213435_16280514.jpg
このことが正しいとか間違っているというものではありません。

「それだけでは世界認識が足りなかった」ということだとおもいます。

つまり3つの宇宙はひとつの巨大な暦ククルカンピラミッドの内部に入れ子構造のようにして、内在している3層でもある。
宇宙でいうなら3層なるマヤ宇宙にはマクロとミクロがあるのだよ、と教えてくれているのだとおもいます。
「超越意識」でさらに上に行かないとダメかもですね〜

そしてもう1つの鍵は
「セノーテの泉」「水」
面積8平方キロメートル近くある大建造物からなる街チチェン・イッツァは、セノーテという泉につながっています。地下水への入り口となっている高さ20メートルの断崖にかこまれた泉には、いけにえが捧げられていました。

ククルカンピラミッドだけでなく、チチェン・イッツァ全体がジャングルと水によって支え守られていたわけですから、水とジャングルの森や樹々がピラミッド神殿の「城壁」だったのだと考えられます。


b0213435_17250583.jpg

すごいですね。
古代先住民族の知恵って!!

詳しいことは、きっと日経サイエンスやナショジオさんが翻訳して掲載してくれていると思います。

おそるべしマヤ♡


Yahoo!電話占いはこちらから。



ひと昔前「女王の教室」というテレビドラマが放映されました。
我が子が通う小学校PTAのあいだでも、社会的にも物議を醸し出した衝撃的なドラマでした。



1年もすれば忘れてしまうような軽いノリのドラマと違って
「女王の教室」はいまでもはっきり思い出せるほど印象的な内容でした。

天海祐希さん演じる先生役の衣装が何とも恐ろしく
雰囲気たっぷりで強烈的でした( ゚д゚ )

また当時より「今」のほうが、女王の言っていた意味が深くわかったりもします。


メッセージ性が高く、象徴的な作品だったと思います。

b0213435_19422089.png

愚か者と怠け者は
差別と不公平に苦しみ
賢いものや努力したものは
色々な特権を得て 豊かな人生を送ることができる
それが社会というものです


この世で人もうらやむような
幸せな暮らしができる人が何パーセントいるか知ってる?
たったの6%よ
この国では100人のうち6人しかなれないの
残りの94%は毎日毎日不満をいいながら暮らしていくしかないんです

「いいかげん目覚めなさい!!」

日本という国は
そういう特権階級の人たちが
楽しく幸せに暮らせるように
あなたたち凡人が
安い給料で働き 高い税金を払うことで
なりたっているんです

そういう特権階級の人たちが
あなたたちに何を望んでいるか知ってる?

今のままずーっと愚かでいてくれればいいの

世の中の仕組みや不公平なんかに気づかず
テレビや漫画をぼーっと見て何も考えず
会社に入ったら上司の言うことを大人しく聞いて
戦争が始まったら 真っ先に危険なところへいって
戦ってくればいいの



まだそんなこともわからないの?

勉強はしなければいけないものじゃありません。
したいと思うものです
好奇心や探究心のない人間は 人間じゃない
猿以下の動物です



人間が生きている限り
いじめは永遠に存在するの
なぜなら人間は
弱いものをいじめるのに喜びを見出す動物だからです

悪いものや 強いものに立ち向かう人間なんて
ドラマや漫画の中だけの話であって
現実にはほとんどいないの

大事なのは
将来自分がそういういじめにあった時に
耐える力や 解決する方法をみにつけることなんです



人生に不安があるのは当たり前です。
大事なのはそのせいで
自信を失ったり 根も葉もない噂にのったり
人を傷つけたりしないことです。

わからないものを わかったような顔をして
無理に納得する必要なんかないんです。

それより今をもっと見つめなさい


youtube動画


b0213435_19470579.jpg
さて・・・

明日14日は「超・スーパームーン」ですね。

そちらの秘密については公式ホームページに書きました💖



cu!


皆様こんばんは。

11月7日 立冬・大安・マヤ暦「香・4」
マヤ暦新年2月21日からちょうど1ツォルキン(260日)が経過しました。
「香(Caban)」が年の守護者になってからこの260日間は、ありえないほど不思議なことがたくさんシンクロしました。

ある女性は普通では起こりえないような「タイムスリップ?!」な出来事を1週間の間に2度も体験しました
彼女と私は、時空を超えて初めて「次元酔い」を体験しました!


「タイムスリップ」な話題といえばこの映画!!

『彷徨える河』



ドキュメンタリーではありませんよ♪

魂の奥深くに響く象徴的な素晴らしい作品


です💖

コロンビア史上初のアカデミー賞外国語映画賞ノミネート。アメリカ、フランスでは異例のヒットを記録。
俊英シーロ・ゲーラが描き出す、驚愕の世界観と圧倒的な映像美。
アマゾンを舞台にした、神秘的な幻覚や呪術といったマジックリアリズムに彩られた世界。


ある意味では一瞬カルチャーショックを感じるにふさわしい!
超越と恍惚へのプロセスを表現した映画だとおもいます。

原初的な世界を描いているようで、そこには自然の摂理やアニミズム的、シャーマニズム的、先住民族の知恵や美しい理(ことわり)がまっすぐ並んで描写されています。

モノクロでアマゾンのジャングルを映像化すると、ここまで神秘的かつアーキタイプが躍動し始めるのか!というほど魂が喜び、個人の精霊が動きだすのだなーとあらためて深く感動しました。

映画では、過去と現在を生きるカラマカテがパラレルワールドかタイムスリップしたかのようにして描写されています。

若き日のカラマカテはドイツ人の民俗学者テオを癒すため、幻の聖なる植物ヤクルナを求めて旅をしますが、年老いたカラマカテは今度は若き植物学者エヴァンとともに、再びヤクルナを求めてアマゾンにカヌーを漕ぎだします。

カラマカテは「夢に従うこと」を大切な教えとして一貫して伝えます。何が見えるか?世界は実に広くて巨大なのに、人間は目の前にある近くしか見ていないし、世界の声に耳も傾けない。それでは夢に従えるはずがない。先祖の歌を耳でなく心で聴きなさい。といいます。
b0213435_19474467.png

「カラマカテ」とは現地の言葉で「試みる者」を意味しているそうです。

また映画のタイトルとなった『彷徨える河』の原題はEmbrace of the Serpent「蛇の抱擁」という意味で、このタイトルが何を示すかについて、シーロ・ゲーラ監督が「cineaste」のインタビューに答えているので一部紹介してみます。



ゲーラ:アマゾンの神話では、銀河から降りてきた地球外生命体が巨大なアナコンダに乗って地上に旅してきたとされている。彼らは海に落ちて、そこからアマゾンへとやってきた。アマゾンで暮らしていた先住民族の部族を訪れ、乗組員が後に残った。彼らは地上で如何に暮らすか、どのように植物を育て、魚を捕り、狩りをするかを部族に伝えた。その後、乗組員たちは再び結集して銀河へと戻っていった。後に残されたアナコンダは河となり、そのしわくちゃの表皮は滝となった。

 彼らはまた、幾つかの贈り物を残していった。聖なる植物コカやタバコ、そしてヤヘなどだ。地上で暮らすことについて質問や疑問が生じたとき、こうした植物を使って彼らと会話することができるのだ。ヤヘを使うと、銀河から再び蛇が降りてきて、私たちを抱擁する。その抱擁によって、私たちは遠い場所へと連れて行かれるのだ。それは生命がいまだ誕生していない始原の地であり、世界を異なった方法で見ることの出来る場所である。『彷徨える河』を見る観客にとって、この映画が同じビジョンを与えるものであることを私は願っています。(大寺眞輔訳)




また、首都大学東京教授で社会学者の宮台真司先生が映画評を掲載されています。

「アマゾン先住民を描く映画『彷徨える河』は<世界>からの原的な贈与を描き出す」


鋭い審美眼で『彷徨える河』の世界観を捉え、映画の真髄を魂レベルで掴んで言語化されています。



最後に私自身の魂が感動した言葉を映画から書き写します。

「望まれた以上に与えよ。歌を伝えよ。目にしたこと、感じたことを全て伝えよ。完全なる人になりなさい。・・・これで君はコイワノ族だ」カラマカテ