「死」のナーカル周期

みなさん、こんばんわ。

マヤカレンダーでは4月17日から13日間「死」が守護する周期にはいりました。

死(Cimi)のトレセーナ始まりの日であることも、大地のネガティブエネルギーから解放されることも嬉しくて、ワインがすすんでしまいました(^_^;) わたし・・・「死」の一族なんです♪

嫌なニュースや地震酔い、見えないエネルギーによる恐怖の呪縛に落ちていた私ですが、やってきました天のお父さん・・・!! とばかり、元気チャージが始まっております。

「死」のナーカルには不思議な力があります(私にではありませんよ♪ 死にあります(^_^;))

死は大地の王「サンド・ムンド」に祝福を受けて生まれている一族です。
しかし祝福を受けたといっても、人間としての人生「満足のある幸せ」を得るとは限りません。いい方を変えればもしかしたら人間としては不幸かもしれません。

マヤの象徴で「死」は、この世とあの世をつなぐ扉のような役割です。
こちらの世界から旅立つときを「死」といい、あの世からこちらの世界に誕生するときを「生」といいます。
つまり「死」は「生」と裏表なのですね。

シカの息子が以前、こんなことをいいました。

「生まれてこなければ幸せだったのに。」

親としては心配する言葉かもしれませんが、精神世界を生きている私からするとたいへん的を得ている言葉でした。
生まれた時点から人間修行が始まりますし、生涯をとおして「未来」と「死」にむかって生きていかなくてはなりません。

当然、守護ナーカル(魂の存在)としては「死と生のない世界」にとどまっていたほうが幸せに決まっています。

「息子よ、生まれてきたからには楽しむことを学ばなくてはいけない。修行ばかりでは人生の途中で生きる意味を見失う。好きなことをせよ!」

息子はその言葉どおり、ミュージシャンを目指して音楽の道を歩みだしています!^^!

 
4月17日~29日の13日間、「死」のトレセーナ周期となります。
13のピラミッドで頂上となるのが「道・7」です。年の守護者がピラミッドの頂上に立つのは、この時しかありません。 4月24日は「コーン・8」で「運命の動物の祝日」とよばれるマヤカレンダーの祝日です。

この周期は死神が活躍する?! と思われがちですが、実は違います。

「死」のトレセーナを守護する神さまは、「嵐」の守護神である「トナティウ」太陽神なのです。
嵐と死の相性がいいのは、天の領域を支配する神様が一緒だから!です。
冥界を象徴する死ですが、その周期は太陽の神さまによって照らされ、天界でNO.4の位置に座することが許されます。
嵐のトレセーナは4月30日からやってくるのですが、象徴的解釈をするならば死と生の両方の支配をほしがるのは「現在の太陽」である。とでも申しましょうか・・・・!

死の周期は、冷たいものと温かいものとが混ざり合うときです。
陰と陽だったり、寒と暖、マイナスとプラスのように本来は異なっているところにあるべきもの同士が、ありえない力によって引き合わせられ、混ざり合う変化がおこることを意味する周期です。

死んだはずの人に再会する、失ったものが戻ってくる、あるはずのものが全てなくなる、未来と過去がつながる、ような不思議な共時性が働きあって結びつく、変容するのが「死」のナーカルが得意とする神秘術なのです(*^^)v

b0213435_21551355.jpg
みなさん、こんにちわ。

アメリカのクリントン国務長官が今日の昼すぎ、特別機で羽田空港に到着しましたね。菅総理や松本外務大臣と会談し、東日本大震災に見舞われた日本に対する長期的な支援や、福島第一原子力発電所の事故への対応について協議したいとの考えを示しているようです。
 ○クリントン国務長官が来日

時を同じく今日17日の午後3時、東京電力の勝俣恒久会長は、福島第一原子力発電所の事故について、収束に向けた今後の見通しと行程について会見発表する予定だそうです。
 ○東電、事故収束の行程表公表へ 勝俣会長が会見

最悪の事態に備えて、今日本政府は国境を越えて頭脳を集結させ、地球や日本国民だけでなく人類のために収束にむけてしっかりとした取り組みをしなければいけない時なのではないかとおもっています。
真実を隠蔽したり、パニックを恐れるがゆえに隠匿行為によって事実をなかったことにしたりするのは、国家のエゴと国民への冒涜のようなものに感じてしまうのは私だけでしょうか。

テレビでもおなじみの中部大学総合工学研究所教授の武田邦彦先生のコラム記事に、すごく賛同した記事があったので、ご紹介してみましょう。

 ◆◇◆

一部転載開始---
ある読者がアメリカの論文を送ってくれました。

アメリカのNRDCという環境団体の速報論文で、4月10日に公表され、二人の博士の方が執筆されています.

福島県以外の放射線量を整理し、そこに住む方の被曝量を推定し、さらにガンになられると考えられる方の数を推定しています。

b0213435_13495490.jpg

まず、どのぐらいの放射線量であったかをグラフで示しています(データは日本の文科省のものを使っています)。

3月14日からの瞬間の放射線量を示し、青が茨城県、赤が東京都です。29時間目、57時間目、そして183時間目に急に放射線量が高くなっています.

私たちに参考になるのは、全体の形(放射線がどこで急激にでて、全体的にどうなっているか)です。
茨城県は原発に近いので、放射性物質が急激に増加していますが、東京はそれから数時間後にピークが見られます.
また風向きの関係があり、茨城県まで来た放射性物質が東京に来ていない時もあるようです。

また放射線量は全体的には減少していますが、グラフの真ん中の233時間のところと右端の533時間のところでは、放射線の強さが、0.30から0.16に下がっています.

つまり、300時間(12.5日)で53%になっています。ヨウ素の半減期は8日ですから、それより少し減り方が少ない(セシウムなどの影響と、さらに新しくでるヨウ素などの影響による)ことが判ります。

論文の途中は省略することにして、この著者は放射線量から福島県を除く都県の推定被曝量を出し、そこに住んでいる人の数から「過剰発がん数」を出しています.

過剰発がんとは、普段の生活の中でガンになる人を除いて、事故で放射線をあびることによってできるガンを言います.ただし、まだ予想の段階です.

それによると、茨城県34名、栃木県13名、群馬県7名と放射線量が少なくなると、それに比例して過剰発がんも減っています.

人口は茨城県が300万人、栃木県、群馬県が200万人ですから、この3県の人口を200万人に合わせると、茨城23名、栃木13名、群馬7名となります。

この論文の考え方は「放射線をあびるとある確率で細胞がガンになる」ということで、それをこれまでの事故例での発がんの経験から出し、現在の欧米の主流の考え方になっているものです。

東京は人口が多いので、49名と推定されていますが、これも200万人に補正すると、7人で東京は栃木県と同じぐらいの過剰発がんが推定されていることが判ります.

・・・・・・・・・

さて、このような論文を読んだときの「頭の使い方」と「心の持ち方」について、簡単に解説しておきます.

1) 言論の自由があって、うらやましい
私が第一に感じたのは、日本では気象学会が「研究結果を発表するな」と学会員に言ったり、政府の意図と違うことを言うと公の立場を失ったり、さらには新聞やテレビまでが「自主規制」をして「安全だ、安全だ」と言っていますが、アメリカはより自由な活動ができます。アメリカは多くの欠点を持っていますが、学ぶべきところもまだ多くあります.

2) 自由に発言し、非難もしないし、動揺もしない社会
個人が自分の名前を示し、整理した結果や意見を公表し、それを多くの人が参考にする。内容を批判することがあっても、個人を批判するのを控える(政府や権力を批判するのは自由だが)。
そして、どんな結果をどんな人がまとめても、動揺もせずに、また自分のそれまでの考えと違っても、耳を傾ける社会だからこそ、このような論文がでます(アメリカの事件でも同じようになります。)
実は、この団体は私の考えと違う活動をしていますが、考えが違うというのは、むしろ「尊敬できる団体」でもあるので、私も良く参考にします.

3) 示された結果は、事実や真実かどうかは不明
論文に示された結果は「ある2人の学者が整理し、考えた結果」であり、それが「事実」とか「真実」ということではありません。
人間の活動とはそういうもので、なかなか「事実」や「真実」に近づくのは難しいので、一歩、一歩、多くの人の知恵を学んで行くという姿勢です。
揚げ足を取ったり、個人の人格批判などをすると事実は少しずつ曇ってきます.
「事実を知る」には「勇気」と「謙虚」が必要というのはダーウィン以来、よく分かっていることで、「勇気を持って事実を見る」というのはダーウィンの言葉として知られています。
「こんなにガンがでるの!」とビックリするのではなく、「放射線をあびると、誰かがガンになるのだな」とか「放射線をあびる量が多いと、ガンが増えるのだな」というように冷静にデータを見ることです。

今回の事件では「パニックを防ぐためには、ウソを言っても良い」ということで、政府、専門家、メディアが統一した行動を取りましたが、私は日本人は「事実を冷静に受け止める」という「勇気」も「謙虚さ」も持っていると思います.

特にお子さんをお持ちのお母さんやお父さんは、心配はしていても子供のために「勇気、謙虚」をもって頑張っているのは間違いありません.

人間は「自分のため」より、「愛する人のため」にこそ勇気がわくからです。
--------転載終わり

日本の断面図  表現の自由と論文の読み方

日本では「自分で選ぶ」ということをあまり重要視して義務教育が行われてこなかったと思います。
人と違うものを選ぶと、白い目で見られることが多かったり、仲間はずれにされてしまったりというような集団主義的考えが土壌にあるからかもしれませんが、偏見が多いのもまた真実です。

しかし時代はもう違います。
そのような考えは時代が変わり、新しい世代へと交代するとき終わりを告げるはずです。
現代人には個性を大切にした考えや選択意志を持って行動している人が、たくさんでてきています。

クリントン国務長官との会談や、東京電力の会見もふくめ、日本国民にはありのままの情報を公開して欲しいと切に願っています。

マヤ暦では今日から「死(Cimi)」の周期♪
また夜にブログアップします(*^^)v

お母さん

みなさん、こんばんわ。

今日は「母」のことを書いてみようと思います。

私は小さい頃から「母」が大好きなのに大嫌いでした。

母自身が甘えることを知らずに育ったせいか、子どもに甘えられるのが苦手だったようです。
母に抱っこしてもらうため、気をかけてもらうため、優しくしてもらうためには「理由」がないといけませんでした。
「おなかが痛い」「転んじゃった」「これやって」・・・というふうに。

私には弟がいてそれは甘えるのが上手でしたから、私が理由を考えているあいだにちゃっかりと母の膝に座って遊んでもらっていました。

甘えたいのに甘えられない欲求は、子ども心に自己犠牲の策略をねっていたように思います。
「おかあさん、おなかがいたいよ。胃がいたいよ。。」というと、とにかく優しいのです。
背中をさすってくれるし、おかゆをつくってくれる。
怒らないで優しい言葉をいってくれる。
そういうとき、お腹は本当に痛いのですが、幸せでした。

私は大人になるにつれて強い女性になっていきました。それはどこかで母に認めてもらうため、でもあったと思います。
負けん気が強く、強情で意地っ張り、努力家でまじめな気の強い母でしたから、そうそう子どもをほめることはありません。

あれから40年以上たち、私も苦労とともに人の親となって人生修行道を歩んでいます。
それでもなぜか母と私の関係はかわらないのです。

母に優しくしてもらうために、食事に連れて行く、母の愚痴を聞いてあげたり、ちょっぴりプレゼントをしたりしながら、母の愛のおこぼれを今でも喜ぶ自分がいるんですね。

先日、不整脈と心臓発作で夜中に呼吸が苦しくなりました。
子どもたちが母に連絡をし、かけつけてきてくれました。
救急車にのって病院へ向かいましたが、さすがの私もそのときは死を覚悟していました。

しかしマヤの神々が私の「生」を守ってくださり、生還することができました。

少し落ち着いてきたとき、ベッドの右手には娘が座り、左手には母が座っていました。
娘は心配で泣いていましたが、私の声を聞くと安心したのか手をぎゅ~っと握っておりました。
すると左横では母が、私の肩を一生懸命さすっていました。

「いいよ、子どもじゃないんだから。。だいじょうぶだよ。もう」といいました。
すると母は「子どもだよ。いくつになってもあんたは私の子ども」といいながら、ずっとさすっています。
嬉しくて安心して眠ってしまいました。

b0213435_1175332.gif


私はずっと母の性格が嫌いでした。
でもやっぱり母のこと大好きだったんだなって、思います。

今回の大地震のあとに母はいいました。
「私たちは戦後を経験してるし、先も長くないからどんな地震があっても原発のことも何とかなるよ。でも、あんたと子どもたちは生きていかなくちゃいけない。あんたが倒れたらいけないよ。子どもがさみしくなるからね。しっかり前をむきなさい」

母は強い。
そして母は偉大です。

いまは日本中のみんなが不安になってるね。
震災でお母さんを亡くされた人だっている。
喧嘩して疎遠になってる人もいるね。
上手くいかないでボタンの掛け違いをしてばかりの人もいるかもしれない。
でも、こんなときだから「母」「お母さん」を思い出してみようよ。
親に求めず、子どものほうから勇気を出して仲直りしようよ!
心に悔いを残したり、拘りを残したりしないように・・・

地球は「母なる大地」なんだもの。きっとつながるよ。

マザーアースを守るため、子どもの未来のため、私はがんばるよ!
ありがとうお母さん。

b0213435_119571.jpg

みなさん、こんにちわ。

今朝は、ずいぶん久しぶりに夢をみました。
それはとても不思議でリアルなものでした。

私はよく白昼夢を見たり、大きな夢といわれる意味ある夢を見たりすることがありますが、今回の夢もまた驚くほどリアルで超感覚的なものでした。

私は空を見上げていました。すると真上に広がる青い空に大きな穴があいています。
それは巨大な円形をしていて、白い雲が周りにあってその真ん中は黒い穴のようです。
その穴は右へゆらり左へゆ~らと揺れながら渦巻きのように自回転しています。
私は地上にいるのでその穴に落ちることはありませんが、明らかに空にあるようなものではないことはわかります。

その渦穴をみながら、私は夢の中で考えています。
「扉が開いたのかなぁ・・・?」と。

それからまた少し眠ったのですが、起きたときは大変気分が悪く、頭痛がしていました。

これはやばい。。

顔を洗って食事をすませてから、頭痛薬を飲んで瞑想と波動調整をいたしました。

マザーアースのどこかで大きな渦巻きが起こっているのか、あるいは映画の1シーンではありませんが、時空のある一点から別の離れた一点へとつながっている空間領域でトンネルのような抜け道「ワームホール」のこちら側が、私の夢に現れたのかしら!!

などと思いつつ、頭痛もとれてきたので買い物へ出かけました(*^^)v


ところが先ほどいつものように世界のニュースサイトやブログを読んでいると、目の前に飛び込んできた情報にハッと息をのみました。

Giant ocean whirlpools puzzle scientists


以下一部転載開始
----------

米国の科学者が、ガイアナ(Guyana)とスリナム(Suriname)沖合の大西洋上で2つの巨大な渦を発見した。この海域は、これまでに徹底的に調査されている事からも、それはセンセーショナルな発見となっており、また同海域でのこのような事象の出現を誰も予測してはいなかった。より重要な事は、この渦巻きがどこからもたらされたものなのか、またそれらが人々にどのような驚きをもたらせるのか分かる者は誰も居ないという。

ブラジル人の科学者、ギリェルメ・カステラーヌ(Guilherme Castellane)によると、2つの漏斗は直径が約400キロメートルもあるという。これまでのところ、これらは地球上では知られていない。漏斗は、近年記録されている、気候変動に強力な影響を及ぼすと言われている。

「漏斗は時計回りに回転している。それらは、空中に投げられた2つの巨大なフリスビーのように海洋を移動している。回転は1秒に1メートルの割合で発生し、これは海流の速度と比較しても十分に大きく、その縁では波の段差は高さ40cmに達している」とカステラーヌは話している。

乾期には、海流の動きやアマゾン川の流れは、実質的には停止しているため、漏斗が現れることはない。この事から漏斗の性質が、世界最大の川が海に流れ込むような、水の流れに依存しているのではないことが分かる。近代科学は、渦巻きを生成するような自然現象を経験したことがない。

---------転載終わり

◆巨大な渦が科学者を困惑


この渦巻きが、地球の磁場が移動する際に回転しはじめたことによるものなのか、巨大なサイクロンを形成するものなのか、あるいは海底から発する何らかのエネルギーによるものか、はっきりとわかってはいないようです。

以前にもアラブ半島南方の海岸地帯でアフリカのホーン岬(ソマリア)とイエメンとの間にあるアデン湾にも不可思議な渦巻きが発生したようです。

アデン湾の謎の渦巻きと宇宙から飛来する3つの巨大物体

b0213435_17411250.jpg


今回はついにスターゲイトが開いたのでしょうか?!
夢とのシンクロが気になりました。

情報という受難の釘


みなさん、こんにちわ。

エキサイトブログは新参者ですがどうぞよろしくお願い致します(*^_^*)

日本人がコンピューターやインターネットを使って情報社会に生きるようになってから、まだそんなに時は経っていません。
世界中で発信している膨大な情報の中から、私たち自身が選び出す能力が果たしてどれくらいあるのでしょうか?

日本が鎖国時代を終え開国してから140年あまり、そしてまた日本の一般国民が飛行機に乗って海外へ自由に渡航できるようになってから、まだ50年もたっていません。

時代背景からみても、あるいは日本国民の集合無意識に蓄積された無意識的遺伝子情報からみても、現在の日本人が確かな歴史的歩みにもとづいて情報を見分ける「目」、嗅ぎ分ける「鼻」、そして聞き分ける「耳」を持っているとは思えません。

意識のなかであるいは魂の土台にもとづいて、情報というものの本質や根本が理解されない限り、本当の意味で情報管理を自然にすることはできないのではないでしょうか。

 

マヤ暦では「情報の運び屋」と呼ばれるサインがあります。
「シカ(Manik)」です。
情報といっても現代のような通信網はありません。シカの名称を与えられた神の一族は「狩人」「商人」という仕事の多くを担っていました。
狩人は神聖な森の命をいただくために神に選ばれた者という意味をもち、無駄に命を奪うことは許されません。また商人はカカオやカカオ豆を「お金」の代わりの通貨として代用し、ジャングルの中を旅していました。
彼らは捕らえた獲物や商品を運びながら、その部落に必要な情報を運び、異なる文化や価値観を持つ部族の仲を取り持つ役割を担っていました。
「あそこの部落のキミさんの家に赤ちゃんが生まれた」
「あっちの部落で祭りがあるそうだ」
「○○の土地は肥沃だそうだ」・・・
のように必要な情報を聖なるリズムとともに共有しあっていく生命線でした。

b0213435_13311546.jpg


また情報は「隠されている」ことも多いのも真実ではないでしょうか。
すべての情報が開示されていたら、情報が機密的役割を持たなくなりますね。

informは「人に知らせる」「人の心に思想や感情を吹き込む」あるいは「密告する」というような意味があります。
知らせるべき情報とそうでない情報を、誤魔化しなどではなくしっかりした定義と機密のもとで「管理・守秘・開示する」という能力が、日本人にはまだまだ弱いのかなぁと思います。

「秘教」という文化の体系があります。
秘密の教えですね。
弘法大使「空海」と真言密教の本質もそのようなものの1つでしょう。密教のノウハウには唯物科学がとらえきれないほどもの凄いパワーが秘められています。
「真言(マントラ)」にしても、意味は秘密、翻訳もできない。それでも無心になって祈り唱えることで仏と一体になり、不思議や神秘、多くの奇跡が現実に生み出されていきます。これが全部人間に開示されてしまったとしたら、マントラの意味とパワーがなくなってしまいます。だからこそ「密教」なのであり、最高の秘法と尊ばれているのではないでしょうか。

また「受難の釘」にまつわる象徴的意味、秘密の教えがあります。
マヤでは「ケツァルコアトル」という神さまが十字架に釘付けされた姿で「ボルギアヌス法典」の絵画に表現されていますし、イエスキリストも十字架に磔となりました。
そこに隠されているのは文献によると「掌と足の裏にある知られざる力の中心部分」を意味するとあります。
釘を人間の掌に打つこむと傷口から血潮が迸る。それは「神殿で秘密にされていた哲学的訓練」を象徴するものだったようです。
暗黒の力に対する勝利を暗示すること、あるいは我欲の滅却と放棄、生存への誘惑を超越すること、そして天の王国が確立された人にのみ明かされる「秘密の情報」です。


日本を襲っている大地震の連鎖、福島原発をはじめとする原子力発電所に対する正しい見解や意見、またその提供元など、情報選択に携わる人たちは大変です。何が真実でどの情報をどう信じて理解していけばいいのか、混乱と不安は増長するばかりとなってしまいます。
確かに闇の勢力世界も存在しますし、虚構、思惑や策略と現実との挟間のようなタイムアウト世界も存在しているのだと思います。

しかし、私は思います。

地球のことは地球が教えてくれる。
自然のことは自然界が、そして生命のことは自分の心や身体が、危険なことは祖先とつながる直感や霊感・第六感が教えてくれるのだと。
そして情報はシカの神・雨と光の神「トラロク」が教えてくれましょう。

情報という受難の釘を自らに打ち込まないよう、気をつけましょう♪

b0213435_13283880.gif

みなさま、こんにちわ。

3月11日、巨大地震によりダメージを受けてしまった東北地方が、一ヶ月たった今日、再び大きな地震に襲われてしまいました。

私の住む場所もかなり揺れましたが、ニュースをみながら被災地の方々は再び津波の不安と福島原発の不安に怯えながら避難しなくてはいけないんだなぁと思い、せつなくて辛くて涙があふれてきました。

言葉を失うとはこういう事なのですね。

今日はキャンペーンのお知らせをさせていただきます。

東関東大震災がおきてから1ヶ月、私自身も不安と体調不良を感じながらすごしてきました。

そのようななかいま私にできることは何だろう。
少しでも日本で悲しみを抱えている人たちの役になれることは何だろう。と考えました。

マヤの叡智と神秘について多くを学んだ私には、マヤの生命エネルギーをお伝えするのがいいという思いにたどり着きました。

マヤ占いを通して皆様の集合無意識を励ましたい、何とか元気になってほしい、そしてマヤの生命エネルギーとアセンションの波動を受け取ってほしいと願い、4日間キャンペーンを行うことにいたしました。

不安に思っていること、不思議な感覚を体験したこと、予感や直感が急に働くようになったことなど、また震災前と比べると明らかに何かが変わりはじめている方、あるいは悩みに解決の道を見出せずに空回りしてしまっている方など、この機会にぜひお話をお聞かせくださいませ。
微力ながらお力添えをさせていただきます。

詳細については「エキサイト電話占い」弓玉プロフィールお知らせからご確認くださいませ。

人気占い師ならエキサイト