みなさん、こんにちわ。

アメリカの元副大統領アル・ゴア氏が「不都合な真実」という著書で環境問題を取り上げたことは有名です。
不都合な真実

そしてこのことが正しいかどうか、真実かどうかを考えて判断するのは私たちです。
サルや下等動物にはそのようなことはできません(^_^;)


福島第一原子力発電所の現状や回復、事故事実の経緯や収束にむけての取り組みなど、情報ミサイルは様々な角度からインターネットを通じて、あるいは各媒体やマスコミを通じて打ち上げられています。

どの情報が真実で正しいかどうか、誰が立証できるのでしょうか?

東京電力の立場、原子力エネルギー推進派の立場、反対派の立場、あるいは被災者の立場や作業員の立場などのように全てが相克しあう関係性において不都合なことを隠して情報の真偽を立証したり、統合させたりすることなど、できるはずがないのが真実なのではないかしら。

アル・ゴア氏がその著書のなかで、次のように語っています。

「気候の危機に関する真実は、自分たちの暮らし方を変えなくてはならないという、『不都合な真実』なのである」

◆変化に反対する人々が最近言い出している理由---最も恥ずべきものだと思う---は「そう、温暖化は起こっている。しかし、それに対して実際に自分たちにできることなど何もない。だから、何かをやってみようだなんて、むださ」というものだ。このグループは、温暖化がもたらす危機が現実に起こりつつあり、有害なものだと認めながらも、温暖化汚染物質を大気中に排出し続けることをよしとしているのである。 言ってみれば「食べて、飲んで、楽しくやろうじゃないか、明日になれば、子どもたちがこの危機の最悪の部分を受け継いでくれるだろうから。それはあまりにも不都合なことだから、私たちは気にしないことにしよう」という考え方ではないか。

◆現在の”思想の自由市場”の機能のしかたが、長期的に構造的に変わってきていることも、この問題の一因だ。現在のコミュニケーション媒体の主流であるテレビの持つ「一方通行」という性質と、娯楽の価値をジャーナリズムとごたまぜにしている少数の大複合企業によって大部分の報道機関が所有されている現状があいまって、米国の人々の対話の場における客観性の役割が大きく損なわれている。・・インターネットは、人々の対話に誠実さを取り戻すうえで最も希望の持てる機会を提供してくれているが、しかし、その対話を形づくるうえでの支配的なのは今でもテレビなのである。

◆私たちは、もはやこれ以上行動をとらずにいることはできない。率直に言って、行動をとらない言い訳は何もないのだ。私たちが望んでいることは、みんな同じだ。子どもたちやそのあとの世代に、健全な人間文明を支えられる清浄で美しい地球を受け継いでいってほしいと願っている。この目標は、政治を超越しているはずだ!

ここで、提案です。
最初の彼が述べている「温暖化」という言葉を「福島原発問題」と置き換えてみてください。
b0213435_23563296.jpg

私たちは現実から目をそらしてはいけません。
情報によってごまかされてもいけません。踊る大走査線の映画ではありませんが「事件は会議室で起きているんじゃない。現場で起きているんだ!」ということを忘れないでください。
不都合なことは隠し、都合の良いようにつくりあげてしまう国家では、ちっぽけな日本なんてあっというまに無くなっちゃいます!




テレビニュースの正しい視聴方法
みなさん、こんばんわ。

明日4月24日はキリスト教の祝日イースター(復活祭)です。
復活祭は移動する祝日です。もともと太陰暦にしたがって決められた日なので、太陽暦では年によって日付が変わります。グレゴリオ暦でみると復活祭は「春分の日以後、最初の満月の次の日曜日」と決められています。

キリスト教徒が多くを占める欧州や欧米など各諸国では、子どもたちとともにイースター休日を過ごし、キリストの復活を祝います。
b0213435_20594570.gif


イースター前の金曜日が「受難日」とよばれ、キリストが十字架にかかった日にあたります。またGood Friday(聖金曜日)とも呼ばれ小中学校などはこの日からお休みになります。

b0213435_2111964.gif

VOGUE JAPANでも、キリストの象徴といわれている「魚」や復活の象徴である「卵」をモチーフとしたイースターコレクションを紹介しています。

この時期にだけ会える、ちょっと不思議な生き物たちは必見&必食!? 
ジャン=ポール・エヴァンの愉快なイースター。


今年のテーマは「ENVIE」(アンヴィ=願望)だそうです。
ちょっと変わった愉快な願望を表現したコレクションを、4月15日から4月30日までの期間限定で販売。イースターである4月24日(日)までの期間は、伊勢丹新宿本店、東京ミッドタウン店、広島アンデルセン店、岩田屋博多店のバーアショコラでイートインメニューを注文すると、「フリチュール」1個がサービスされるそうですよ♪

 
さて「マヤ・カレンダー」でも4月24日は祝日です!
「コーン・8」の日で、「運命の動物記念日」と名づけられていますが少し意味がわかりずらいかと思うので、説明を加えてみましょう。

「コーン(ベン)」はアステカでは「アカトル」とよばれます。
アステカ族は「1・アカトルの日、ケツァルコアトルという王であり救いをもたらす宇宙神が、天から人間となって戻ってくる」という予言を信じていました。
伝説神話からみると、マヤ族はこの日を「長」が持っている「儀式の杖」と結びつけ、「権威」を象徴する宇宙生命樹、人間の運命を定める内なる生命樹のメタファーであるとして、個人的な運命を象徴するナーカルに体現させていました。

霊的な意味をもつ秘儀的視点からみると、ケツァルコアトルは神の善、陽の側面をあらわし、テスカトリポカは神の悪、陰の側面をあらわしております。

またアステカ族が信じていたケツァルコアトルなる宇宙神は、キリストとおなじ救世主的存在です。
救いの象徴ですが、悪が地上の前面をおおったとき金星に姿をかえて天にその身をひそめました。

2011年、マヤのナーカルやパワーアニマルである運命を象徴する記念日が、キリストの復活祭とかさなっていることは、共時性的にとても意味があるように思います。

ナーカルによって与えられている力や才能、そして祖先に与えられているナワールスピリットが個人に働きかけ、その人にとって運命に光があたるよう求めるとよい日なのではないでしょうか。
救いの完成は目の前に広がっていますよ。

みなさん、こんにちわ。

今日は古代マヤの思想哲学にもとづいた、人生を変える生き方についてご紹介しましょう。

みなさんもご存知かと思いますが「マインドフルネス」という言葉がありますね。
これは、自分がしていることを十分に理解し、判断や評価なしにいまの瞬間をできるかぎり受け入れるようにすること。という意味において使われます。
「苦しみをそのまま受け容れる」「あるがままを受け止める」ことによって、心が満ちたりること、充足して前向きになること、気持ちがありのままの位置にいられること。のような意味にも置き換えられます。
最近では心のケアーや心理療法として「マインドフルネス瞑想法」が活用されるようになりつつあります。

実は「マインドフルネス」と同じ意味をもつ概念がマヤの神話や思想にもございます。

マヤカレンダーでは、自分の誕生日のサインを調べ、生まれた日の意味や守護者の特性、あるいは生まれたとき地上に植えられた「魂の顔を持つ生命の樹木」を見い出すことができます。そしてその生命樹は「自分という地図」の役割をもち、人生を旅するときの「道しるべあるいはコンパス」となります。
 ★マヤ生命樹占い

私はこれまでに多くの方々の聖なる樹木「マヤ生命樹」を拝見させていただきました。
その人のマインドや心・身体あるいは生き方に、現実が悪影響を与えていないかバランスを失っていないか、また道を見失っていないかなど、スピリチュアルカウンセリングをしてまいりました。
と同時に「一瞬の神秘なる輝き」という「聖なる瞬間」を与えられ、マヤの神々や天に感謝することが多くございました。

マヤの叡智が秘められた自分地図には、賢者の智恵や教え、あるがままの心模様、人生の問題に対する解決の導き出し方、人間関係や社会との関わりかたについてなど、現代の学問でいえば心理学や哲学、道徳倫理や文学、神話的解釈、行動論などについてたくさんの学びと教えが描かれています。

そしてその地図に書かれていることをカウンセリングとともに説いてまいりますと、その方の心にあるマインドフルネスに共振し、マヤケツァルコアトルの光エネルギーがやって来るという瞬間を体験いたします。

悲しみや失望、あるいは心的外傷やカルマの負債、絶望感や挫折感など、どんなに困難な状況であっても、マインドルフネスにマヤの守護者のパワーが触れていくとその方の言葉や心、波動が瞬時に輝きを放ちはじめるのです!

b0213435_1575156.jpg


その瞬間、その方のマヤ生命樹に光があたり、行くべき方向や道が少しずつ示され、あるいはエネルギーが循環し始めます。
そして問題解決へのきっかけをつかみ、人生を前向きにすすむことができるようになります。

マヤカレンダーとその思想体系のなかには、強靭で不屈な精神、自己犠牲と感謝、過酷な環境の中で生き延びるための智恵などがたくさん織り込まれています。

古代マヤの人々は、どんなに悲惨な環境に自分たちがおかれたとしても、そのことを無視したり拒絶したりすることなく、真正面から受けとめて、必ず救済される、困難から脱出できるという信念を持ち続けていたのです。
そして希望の光を失わなかった古代マヤ族は、天体宇宙に神々を見出し、カレンダーを文化遺産として後世に遺すことができたのです。

b0213435_1583014.jpg

これこそが古代マヤ族にとっての成功論であり「あかし」の1つなのです。

その人のマインドフルネスとマヤの守護者が対面したときから、マヤの叡智は個人の運命に干渉しはじめ、人生が完成形になるようにと導き、そして働き始めます。

打たれ強い人間となって悲しみや自分にうちかつこと、そして未来にある希望の光を今この瞬間に先どりして手にすること。

それこそが古代マヤの賢者が説く伝説の授業なのです(*^^)v
みなさん、こんにちわ。

今日は用事があって外出したのですが、帰りにリサイクル書店ブックオフに立ち寄ってみました♪
いつもは宇宙や自然科学関係の雑誌や書籍が並んでいる場所に、核エネルギーや原子力などの書籍がどーんと並んでおりました(^_^;) どれもこれも専門書。一冊一万円は下らないものも。。
買ってまで学びたいとは思わないのですが、確かに関心はありますねぇ・・・

去年のニュースになりますが、少し不思議な共時性を感じるものがありました。

「UFOは核兵器に興味」 元米軍大佐らが会見
   2010年9月27日(共同通信)

以下転載--

【ワシントン共同】宇宙からの未確認飛行物体(UFO)は、地球の核兵器に興味津々―。米軍の核兵器施設で勤務していた元空軍大佐ら7人が27日、ワシントンのナショナル・プレスクラブで記者会見し、「皿形の飛行物体」や「説明のつかない光」の飛来と同時に核兵器の管理システムに異常が起きたとの体験を語り、米政府はUFOに関する情報を公開すべきだと訴えた。

会見では、1967年3月、モンタナ州の空軍基地にUFOが飛来、核弾頭を載せた大陸間弾道ミサイル(ICBM)のシステムが一時、発射不能の状態になったことなどが紹介された。

司会を務めたUFO研究家ロバート・ヘイスティングズ氏は、UFOや地球外生命体は地球での核開発の状況に強い関心を持っていると指摘。「時々干渉しながら、核兵器で『火遊びをするな』との警告メッセージをわれわれに送っているのではないか」との見方を披露した。

---転載終わり

核兵器を甘くみるな!と宇宙人からの警告メッセージ・・・・?

元記事の詳細:UFO visits? Hmmm. Cookies? Yummm.
   The Washington Post

地球人が核戦争の危機を何度も抜けて来た背後には、異性人より核兵器への干渉が在ったという歴史事実が在ったからだといいます。

記事によると、2003年迄の核兵器施設で、未確認空中物体によるとみられる驚くべき影響と介入が示されています。 一部の例では、円板型物体が近くで静かに飛んで居る間、数発の核ミサイルが同時に不可解に誤作動したとあります!

この記者会見は米軍の核兵器施設で勤務していた元空軍大佐ら7人が沈黙を破っての告発となったようです。

◆核時代のUFO
(ロバート・ヘイスティングス氏へのインタビュー記事)

そういえば・・・

地震の前後や福島原発事故がおこってから、ネット上で頻繁に目にするようになったUFO情報。

○原発爆発映像に映るUFO映像

地震が起こる1が月前あたりから、たくさんのUFO動画などがUPされています。

○こちらの映像も、信じがたいですが不思議な動きをする超物体映像ですね。
Fukushimaイレブン艦隊でしょうか!!
b0213435_15574735.jpg

YouTube動画

 

宇宙人などはいないのが当たり前というのが現代人だと思いますので”うそ~~!”と思われる方もたくさんいらっしゃると思います。

わたし的には不思議言語や光の言葉を話すことも守護天使と会話することもできるので、地球外生命体が存在してるのが当たり前なのですが、今回のインタビューにはどーも直感がYES!と言わない。。。

地球外生命体の関与が本当だとしたら、それは人間への警告として私たち人類は取り組まなくてはいけません。

でも・・・ちょっと不思議ではありませんか?

2010年9月というと2011年3月の巨大地震と原発事故のちょうど半年前。
米政府がUFOに関する情報を公開すべきだと訴えたこのタイミングのよさ。。。。(・_・;)

宇宙人の警告だか、USAの警告だかは私には判断出来ませんが、みなさんはいかが思われますでしょうか?^^?

見えない世界に向かって

みなさん、こんにちわ。

世界中のあちらこちらで、地球の不気味な胎動が始まっていますね。
日本の巨大地震につづき、アメリカでは嵐と竜巻が発生してそうとうな被害をもたらしているというニュースも入っています。

暴雨風で竜巻が発生、多数死亡 米南部
CNNニュース

日本とハイチ:2つの震災でみた「顔」
ロイター通信

太陽フレア活動や地球の磁場の変化、環境汚染の問題や、原子力エネルギーや安全性の見直し、新種のウイルス、テロリズムとの戦いなど、これまでの人間の暮らしや社会成長、経済のあり方等について、世界は新しい視座で見つめ直す必要の時がきていることを痛感しています。

 ◆★

4年前のちょうど3月頃、話題になった理論があります。
進化論を覆し、創造論を超えるとまでいわれた新理論「インテリジェント・デザイン」です。
私もとても興味をもって本を読んでいたを思い出します。

インテリジェント・デザイン理論が正しいとか怪しいとかいうこと以上に、この論争には「科学」と「神」の境界線を乗り越え、手を携えようとしている歩みよりの可能性を示唆する理論としての存在価値がありました。

・インテリジェント・デザインとは一体なに?!第1回
・インテリジェント・デザインとは? 第2回
・インテリジェント・デザイン新理論の未来

・生命の誕生と「核」エネルギー

またこの時期に人気を集めていたのが「リモート・ビューイング」です。
テレビでも話題になった”超能力捜査官”ジョー・マクモニーグルや、サイコダイバーとして知られるジョン・オリバーのような方々がおられます。

人間の意識に入り込むことや遠隔透視などはもはや宇宙人や超人のすることではなく、普通の人間がもつ特殊能力として認められ、警察の犯罪事件捜査やCIAの諜報活動に取り入れられるようになっていることも驚きの事実でした。

この4年間でマザーアースを母体とする世界は、「目に映る現実世界」だけでなく「可能性のありそうな見えない世界」に対して寛容・寛大になりつつあるように思います。

現在日本を脅かしている放射線の実体は見えませんが、全能なる偉大な神も見えないことに変わりはありません。

宇宙も地球も人類も、時とともに進化しています。
アセンションはそのような世界の入り口なのだと私は考えています。

b0213435_16324425.gif

「死」のナーカル周期

みなさん、こんばんわ。

マヤカレンダーでは4月17日から13日間「死」が守護する周期にはいりました。

死(Cimi)のトレセーナ始まりの日であることも、大地のネガティブエネルギーから解放されることも嬉しくて、ワインがすすんでしまいました(^_^;) わたし・・・「死」の一族なんです♪

嫌なニュースや地震酔い、見えないエネルギーによる恐怖の呪縛に落ちていた私ですが、やってきました天のお父さん・・・!! とばかり、元気チャージが始まっております。

「死」のナーカルには不思議な力があります(私にではありませんよ♪ 死にあります(^_^;))

死は大地の王「サンド・ムンド」に祝福を受けて生まれている一族です。
しかし祝福を受けたといっても、人間としての人生「満足のある幸せ」を得るとは限りません。いい方を変えればもしかしたら人間としては不幸かもしれません。

マヤの象徴で「死」は、この世とあの世をつなぐ扉のような役割です。
こちらの世界から旅立つときを「死」といい、あの世からこちらの世界に誕生するときを「生」といいます。
つまり「死」は「生」と裏表なのですね。

シカの息子が以前、こんなことをいいました。

「生まれてこなければ幸せだったのに。」

親としては心配する言葉かもしれませんが、精神世界を生きている私からするとたいへん的を得ている言葉でした。
生まれた時点から人間修行が始まりますし、生涯をとおして「未来」と「死」にむかって生きていかなくてはなりません。

当然、守護ナーカル(魂の存在)としては「死と生のない世界」にとどまっていたほうが幸せに決まっています。

「息子よ、生まれてきたからには楽しむことを学ばなくてはいけない。修行ばかりでは人生の途中で生きる意味を見失う。好きなことをせよ!」

息子はその言葉どおり、ミュージシャンを目指して音楽の道を歩みだしています!^^!

 
4月17日~29日の13日間、「死」のトレセーナ周期となります。
13のピラミッドで頂上となるのが「道・7」です。年の守護者がピラミッドの頂上に立つのは、この時しかありません。 4月24日は「コーン・8」で「運命の動物の祝日」とよばれるマヤカレンダーの祝日です。

この周期は死神が活躍する?! と思われがちですが、実は違います。

「死」のトレセーナを守護する神さまは、「嵐」の守護神である「トナティウ」太陽神なのです。
嵐と死の相性がいいのは、天の領域を支配する神様が一緒だから!です。
冥界を象徴する死ですが、その周期は太陽の神さまによって照らされ、天界でNO.4の位置に座することが許されます。
嵐のトレセーナは4月30日からやってくるのですが、象徴的解釈をするならば死と生の両方の支配をほしがるのは「現在の太陽」である。とでも申しましょうか・・・・!

死の周期は、冷たいものと温かいものとが混ざり合うときです。
陰と陽だったり、寒と暖、マイナスとプラスのように本来は異なっているところにあるべきもの同士が、ありえない力によって引き合わせられ、混ざり合う変化がおこることを意味する周期です。

死んだはずの人に再会する、失ったものが戻ってくる、あるはずのものが全てなくなる、未来と過去がつながる、ような不思議な共時性が働きあって結びつく、変容するのが「死」のナーカルが得意とする神秘術なのです(*^^)v

b0213435_21551355.jpg