「ほっ」と。キャンペーン
みなさん、こんにちわ。

マヤハアブ暦の新しいサイクルが始まった矢先、再び日本には「地震」の試練が与えられています。
現在は「コーン」というマヤ暦の周期をすすんでいますが、「コーン」の守護神は「テスカトリポカ」で、破壊の神でもあります。

神話によると、第一の世界はテスカトリポカが太陽として支配していましたが、52年周期が13回経過した(676年)後、ケツァルコアトルによってテスカトリポカは大きな棒で殴られ水の中に放り込まれ、太陽の座を交代させられてしまいます。
そこで彼はジャガーに変身して水から飛び出し、世界に住んでいた巨人を皆殺しにしてしまいました。

ケツァルコアトルとテスカトリポカは、相反する1つの側面として神聖の象徴であるとみてとることができます。共同して異なるものを創造し、両者とも生命の創造に関与したと見られるからです。
テスカトリポカは衝突を通じての変化を具現化した存在である。といわれています。

テスカトリポカ

私の体調は地震の前後とても悪い波動をうけ、強いエネルギーとダメージが与えられてしまいます。大地に関する現象においては、霊的な変化とマヤの啓示を直接うけとってしまうからかもしれません。
が、今回は立ち向かう必要を感じています。

昨晩、地震のあと聖霊からオラクルを受けとりましたので、お知らせしたいとおもいます。

  ★★★
今の日本は、死者の霊、祖先、家族や先祖とのつながりをもつ「時の主・アハウ」によって支配されています。そのことを私たち日本人はまず知ることが大切です。そしてこの主のスピリットが伝えているのは愛による霊的なかかわり、解放、シンプルな人生との調和を取り戻しなさいというオラクルです。
時の王アハウこそ、時代を司る神だからです。



浄化のためにケツァルコアトルが知恵を授けるために降りてきています。一方では純粋な精神を救い上げるため、他方ではエゴ、野生的本能、敵対する心、怒りなどのようなネガティブな宇宙エネルギーを破壊するための力をもってやってきています。宇宙とのコンタクトが開始されています。義務感や焦燥感に縛られるのをやめましょう。恐怖から解放されることを求めていることの暗示です。
Ik.gif
太陽神が人間の真実をひっくり返すため、破壊的なパワーをもって現在を監視しています。人間のエゴに対する嫌がらせでもあり、良くないことのオラクルです。学びが示されました。それは、人を振り回すな。心に師をもちなさい。人を癒すことを喜びとしなさい。ということです。
そして注意することは伝染病や病気です。

現在のアハウが右手にビジョンとしてもっているのは、カルマの返済や清算を意味するサインです。 これは、日本人にむけて集合的カルマの返済、本能の清算のときを告げる啓示のオラクルです。平和に甘んじてはいけません。依存してはいけません。
多くの人に影響を与えるような野心、人の腰をあざ笑うかのような好色、衝動性を解決すべきときです。自然のエネルギーをとりこみ、調和を目指すことが大切です。

生と死の扉として変容の位置に座しているのはバラム・ジャガー神です。天では時の主アハウが13を司っています。そして地球を制しているのは大地の霊「9」の神ジャガーです。聖なる大地にまだ感謝がたりていません。ジャガーは母なる故郷へむかって霊の帰還を知らせています。
人間にできることは、浄化力を高める、勇気をもって決断をする、愛の精神を思い起こす、底力を発揮する、そしてコミュニティの活性化です。



★2011年 マヤ暦の予言が世界に啓示していること

ようやく文章がまとまってきましたので、次回の更新でアップできそうです。


[PR]
みなさん、こんにちわ。

2日、マヤ・ハアブ暦では不吉な5日間が終わりました。
「ワイエブ月(最終月の5日間)」とよばれ、すべての火を消し、新しい火を迎えるために備えるといわれる5日間でした。
昨日から新しいハアブ暦が0・ポップとして始まりました。

現在のマヤ暦では太陽暦サイクルとツォルキン暦の新年が古代からのそれと連動していません。
どこかの時代で何か別の不可抗力や支配的調整によってそう動いたのでしょう。
「正確でないのはおかしいじゃない?」と考える人もあると思います。
しかしマヤ暦の象徴と思想がもつ意味を大事にする私にとっては、それも「時の神のお告げ」であると思っています。

lookih.jpg

3月は日本の大地、社会の根本を大きく揺るがすような未曾有の災害と事故が発生しました。このようなことがおこり東北関東エリアをはじめ多くの日本人の心のあり方が大きく変化してきているように思います。


マヤ暦のアハウとまっと(座)におられる神は、「4月」というこの時、私たち日本人にいったい何を伝えようとしているのでしょうか? 

Bruce Scofield氏のマヤ占星術も参考にしながら、4月の運勢をリーディングしてみました。


4月4日~16日 「コーン(Ben)」のトレセーナ周期
4月17日~29日 「死(Cimi)」のトレセーナ周期

コーンと死のサインが4月を支える時の守護者となっています。
この二つはコインの裏表をなし、互いを支えあっているサインです。

look.jpg左:Cimi 右:Ben

◆4月前半「コーン」の周期

古代マヤの時代ではおそらく、しっかり制御・統制された社会の中で、人々は自由に自分自身の考えや意見を表現、発表することが許されませんでした。 そのため、コーンの周期は不幸な時であると考えられていたようです。
しかし後期マヤでは違っていたようです。ケツァルコアトルによって救いがもたらされたからでしょう。

コーンの守護神は「テスカトリポカ」。
マヤでは「文化と教育の神様」としての役割を担っています。
さらに「時」を支配する権威をもつ神であり、記憶、支配、戦士の神でもあります。

このコーン周期には、知識・意見などを公開、周知し、政策について討論し、考えを推進および促進し、条約に決着をつけたり、判決、判断、および法令を定めたりするために有効な時だと告げられています。

4月前半をマヤ占い的にみると、仮説検証に基づいた堅固さであったり、または自説を曲げずにいることが大事なときだということです。
確固たる姿勢と揺るぎのない態度を示せるよう心のベクトルを保持することが、自分自身のあるいは社会全体にとって有効なチャレンジであると思われます。

運気をあげるためにできることのキーワードは「人間性を理解する」「社会的なスキルに挑戦する」です。


◆4月後半「死」の周期


デイサイン「死」は「骸骨」「死の象徴」としてあらわされていますが、守護神は死の神ではありません。
「死」のの守護神は「テクシステカトル」
天体と星辰の神として、あるいは月の神、賢者、死、無意識を象徴する神です。

現在の時代が創造されたとき、「自己」が生贄となって「月」になったといわれるのが「テクシステカトル」です。
月の男性側面、あるいは賢者ともよばれています。

この周期には人々が集合的になり、地域に根付いた慣習や信仰、祈りへの献身を高めることで、人民主義の立場にたったリーダーシップを発揮する勇士があらわれる時であるといわれます。
一般市民のために強力で味方なる時間として働きます。

4月の後半は、直感力を信じること、無意識の力や潜在意識を信じることが大切な時となります。 キーワードは信念をもつ、確信すること、です。

ただ、この周期に勝利者になろうとしないことは大事です。
そしてまた、たくさんの犠牲を払うことに恐縮しないようにしなさいとも教えられています。

「死」のデイサインには縁をつなぐ、という使命があります。
身近な地域社会とそのまわりにある大きな世界にとって、ほんとうに役に立つようなことを目指してみてください。
自分にできる本当の意味を考えてみるとき、行動するとき、であると思います。

2011aprebnon.gif

4月は芽吹きのとき。土と風のエレメントによって守られる時 です。

朝起きたら、お日様に、あるいは桜や風に「おはよう♪」と声をかけて立ち上がっていきましょう。
1日の終わりには少しだけ祈るための時間をとりましょう。
そして眠っている間には、無意識から良い助言を得られるといいます。
深くて穏やかな眠りが得られることを大切にしていくために、できることを考えていきましょう!


[PR]

The world approaching Year ZERO

Excite telephone fortune telling service allows users to communicate
with fortune tellers using telephone or email. Using the Excite system,
the users and fortune tellers can communicate without exchanging their
telephone number and email address.
If you need instructions on how to use and which fortune tellers are
available in English, go to
https://sec.excite.co.jp/help/support?feid=01839&service_id=denwa_uranai

and send us your question.



2011 is just months away, and the year 2012(Year ZERO), widely rumored to be the end of the world, is fast approaching.
Why do we hear this rumor, and what really, is going to happen?

On December 22, 2012, the Mayan cycle of 5012years will complete. Some scholars believe that this indicates the end of the world.
But Mayan scholar Miloq has a different opinion.
“To ancient Mayans, the number zero was more of a symbol of mathematical action, ‘carrying’, rather than ‘nothingness’.” She explains.

-The world will be carried to the next level, and people’s minds will start to change.
What does it mean that the world will be ‘carried’?
Miloq explains that change will happen within people’s minds. Materialism may collapse. People will once again be able to understand the wisdom of mankind that is embedded into arts and myths. As a result, mankind will once again be able to sense the unity of love and nature.

-The key of the year is ‘earth’ and ‘northeast’
In 2011, everyone will be affected by the guardian Jaguar. The anger of the Jaguar, the goddess of earth, will shake the land and cause earthquakes, volcanic eruptions, and territorial conflicts.
It is best to find amicable solutions to any problems involving land and earth in order to avoid the Jaguar’s wrath.
In the heavens, there are frequent movements in the northeast. Throughout 2011, a trip northeast may bring about good inspirations.


-The world will experience peace from April to August
Until March, time is guarded by ardent guardians, such as Wind and Eagle. Activities involving change and gambling should be done before March. Activities needing steadiness, such as moving and buying houses should be done from April to August.


-Japanese politic will experience a hard year
Naoto Kan and Ichiro Ozawa are both members of the Alligator clan. This clan is strongly influenced by the trend. During hard times, the members of this clan tend to wane. The only ones who can help are the members of the Jaguars. If a strong Jaguar comes into the political scene, both economy and politic may make a better turn. We can only hope…


★This article was posted on Nov.29, 2011 on Excite telephone fortune telling service.

More to Message from the Mayans:
[PR]
みなさんこんにちわ。

今日は日本列島に地震がありました(~_~;) 
三陸沖や熊本地方が震源地だったようですが、みなさんは大丈夫だったでしょうか。

昨日まで冥界の王「ジャガー」が守護するトレセーナ周期でしたが、本日よりナーカル「シカ」に交代いたしました。

地下世界と暗闇に引きの強いジャガーの影響がようやく終わったと思ったのですが、パワフルな森の王者「シカ」が元気良すぎたのか、大地まで揺るがすとは・・ちょっと不安です。

 ◆○◆

マヤ・カレンダー2011「じゃぐゎーる」をお求めいただいたお客様から、どのように使ったらいいかを詳しく知りたいという声をいただいておりました。
カレンダーは頁数が限られていたため、詳しく書けなかったことを残念に思っています。

そこで今日は「マヤ・カレンダー」をどのように使ったらいいか、マヤカレンダーを生きるにはどうしたらよいか、また聖なる時を感じていくとどうなるか、などご紹介してみようと思います。



マヤ暦は日本の暦とは異なるサイクルを持っています。
基準となるのは「20」と「13」です。
サイクルの始まりから終わりまでが260日で1周するツォルキン暦です。

そして「1~20」にはそれぞれ人類を象徴する「ナーカル守護者」の名前がついていますし、「1~13」にもそれぞれ天国を象徴するエネルギーや数秘術的な意味がついています。

古代マヤの人々は260日という日を、大切な主食となるトウモロコシの種蒔きと刈り入れの時を決めるために使っていたようです。
また260日は妊娠期間の象徴であり、隠された別の意味からみると「本質的な人間意識の旅」であるとも伝えられています。



今日は何の日?を意識してみましょう。

毎日という時の流れは「1つのナーカル守護者」と「1つの数」が組み合わさっています。今日は「シカ・1」、明日は「ウサギ・2」、「水・3」・・・のように。
まず最初は、今日はマヤカレンダーでは何の日?を意識してみましょう。
はじめはシカの日やウサギの日が何を意味するかわからないかもしれません。それでもゆっくりと今日を意識して時を進めていくうちに、守護者が「気づき」を与えてくれるようになります。

良いことがあった日、悪いことが続いた日をカレンダーに記してみましょう。

「今日はついてた!ラッキー♪」
「何だか憂鬱で面倒なことが多かった1日だった~(~_~;)」
いろんな1日がありますね。

その日の気分をマヤカレンダーに書き込んでみてください。
続けていくと、デイサインとの相性がつかめてくるようになります。
その日に起きたことはあなたの意識が成長するために「意味のあること」です。
良いサインの日や嫌いなサインの日との関係の意味を知るためにも、思いつくまま書き込んでみましょう。
そして夜眠る前には、よいことがあった日には「感謝」を、不運や試練にあった日には困難を癒し、浄化してくれるよう祈りながらプチ瞑想をしてみましょう。
時の守護者は確かな手ごたえを与えてくれるようになりますよ♪

自分のナーカルサインの日や生命樹サインの日を意識してみましょう。

つよぽんのデイサイン

あなたのデイサインは何ですか?
4つの方向に持つ生命樹のサインと数字は知っていますか?

まだ知らない方はぜひ下のサイトで確認してみてくださいね。

マヤ生命樹占い

サインがわかったら、マヤカレンダーで自分のナーカルサインの日や4つの方向に持つサインの日に○しておきましょう。
そしてその日にの朝には、未来・過去・男性性・女性性それぞれの方向に持つエネルギーが強まり、守護者のパワーを味方にできるよう祈り求めてみましょう。
最初は感じられなくても、徐々に特別なことを感じるようになっていきますよ。


マヤカレンダーの特別な日を祝って瞑想してみましょう。

マヤのカレンダーには、聖なる次元や内なる生命樹に影響を与えるスピリットナワールの力が働いています。

カレンダーに書き込まれているマヤの祝日や次のような日には、時を祝うという時間を少しだけ意識して瞑想してみましょう。
お香やアロマを焚いたり、ロウソクに灯をともして瞑想します。
ロウソクは浄化のしるしと言われていて、あなたの願望が内なる成長に向かって働くことを願うのに良い流れを生み出します。

自分のために、家族のために、愛する人のために、友人や全世界のために祈りましょう。
静かに瞑想するだけでなく声を出して祈ったり、歌を歌ったりするのも良いですよ。



1)13日周期の最初の日(数字「1」を持つナーカルの日)

2)ナーカルバースデーの日(自分の生まれた日と同じナーカルと数字を持つ日)

3)伝統的なマヤの祝日
  8・シカ(祖先を祝う日)
  8・ジャガー(大地サンド・ムンドの祝日)
  8・道(個人的な人生の祝日)
  8・ウサギ(農地を祝する日)
  8・コーン(運命の動物を記念する日
  8・サル(神聖暦ツォルキンの祝日)


上に記したように少しずつ時の波を意識して日を過ごすようになると、人は人間意識の旅を続けるため「時のピラミッド」を昇り始めます。
そして喜び、悲しみ、苦悩、試練、そして出会いに意味を見出すことができるようになります。

さらにカレンダーのリズムと自分の内なる生命樹がシンクロするようになってくると、サインとの関係に意味を見出して運をつかむことができるようになります。

そしていつしか、マヤカレンダーはあなた自身の道しるべとなって、過去から未来へと大切なメッセージを送ってくれることでしょう。

いつもサンキュー!にゃんピース♪

[PR]