「ほっ」と。キャンペーン

タグ:アセンション ( 53 ) タグの人気記事

「この世界は2013年以降少しずつだが確実に何かが変わってきている」
マヤ暦「香」年を迎えてさらにその思いが強くなってきていました。

マヤ暦カレンダーでは7月30日は「香・8」
やっと「香」のナーカルが調和のエネルギーを身に纏う日です。

b0213435_15511923.png
マヤカレンダーでは「新しい時代」が2012年12月22日に始まり、マヤの時の王は中央に座してのち、東、南、西、北と進まれました。
天の四隅をゆっくりと見渡し、人間の性を感じとりながら「その時という時間」を歩いてきました。

時々で、世界を見渡し時の荷物の中身を確認して「神殿時代」の幕開けに何が必要なのかを確認していたのだと思います。


今年が「神殿建造の時代」の幕開けであるとは何度もこちらで伝えてきましたが、「香」の周期が終わりいよいよ8月の「夜」の周期が近づいています。
b0213435_15541437.jpg

人類はここ400年余の間、精神生活よりも機械工業化、科学社会化、経済化を主軸に物質的繁栄と進化を求めて、猛烈なスピードで突進をしてきました。そして近代化された社会ではエネルギー環境は崩壊し、エントロピーの限界点に達しつつあるとさえいわれています。


カオスと化したこの世界が再び平和を取り戻すために、神々が介入して再臨し、墜落したこの世を救済し元のように完全な状態へと導く。そんなキリスト教救世主再臨の世界観からみれば、現代文明は悪魔に蒔かれた子・毒麦のたとえ話のような時なのでしょう。

”この世界はこのままで永遠に続くのではない。刈り入れの時が来て、毒麦は集められ火で焼かれる。刈り入れは世の終わりのたとえです。最終的には神が正しく裁かれ、不法を働く者どもは断罪され、不正を被った者や虐げられた者の名誉は回復される”

しかし「宗教」でこの世界が救われることは「絶対に」ありません。
逆に戦争がおこります。

ではカオスと化した世界の未来はどこへ向かうのか?!

そこは「精神世界」「スピリチュアル」「自己実現」に共振しているように思います。

続きは・・・「どげんかせんといかん!」


[PR]
「人を信じる」って難しいですよね。

私は仕事や文明の知恵は信じていますし、仕事には当然「ひと」が関わっていますが、信じて大丈夫な人はちゃんと嗅ぎ分けます。(笑)

でも基本的な特性からみると、わたしは人を根本から信頼する。ということは意識してないように思います。

信じることで、自分の心が楽になるならそれはいいでしょう。

でも人間という生き物は、「信じる」という言葉を武器にしてしまい、痛い目にあってしまうことが多いとは思いませんか?
b0213435_23435115.jpg
それは友達や会社の同僚とかに限ったことではなくて、家族や恋人、親子にも通じること。

たくさん傷ついて、たくさん信じて、裏切られて、また信じて・・・
人はそうして繰り返しながらも、信じることをやめられませんね。


私は「キリストとヨハネに出会う」という神秘的な体験をしたため、それまで信じていた「キリスト教」も「神への信仰」もすべてひっくり返って違う形になってしまいました。


そこで学んだ「信じる」こととは、人間が抱く感情や意思みたいなものでは到底認識できないような、意識してできるようになるようなことじゃない。ということがわかったのです。


「信じる」ことって生まれた時から「知ってる」世界観に基づいているのだとおもいます。


b0213435_23500637.jpg

ほんとに稀にですが「信じる」ことを無意識にしているお客様を鑑定することがあります。

その人と私の鑑定においては、不思議な波動が交差します。
誰からも信じてもらえないことや、自分を信じてもらおうとか、好きな人を信じられないことに悩むのは、ある種の無意味なこと。だと通じ合います。

その方にとって、私の鑑定は「占い」や「予測」ではなく「make sure」「確認」の意味が大きくなります。



最近のソーシャルネットでのつながりも、同じだと思います。

「信じようと頑張る」自分から解放されれば、きっとその先、もともと生まれたときに知っていた世界からのギフトとして「信じる」ことが自然にできるようになる。

私は「信じる」とは「自分を思い出す」ことであり「空気のように吸ったり吐いたり自然にできること」が、本当の意味で「信じる」ことなのだとおもいます。

だから・・・

「人」を信じることに限定せず、まずは自然や宇宙や「自分」を信じられるかどうか、真っ赤なバラが明日朝起きたら、黄色い薔薇に変わってた!みたいなことが起こらない。と信じることから思い出してみたらいいのかしら?
と思います。
emoticon-0152-heart.gifemoticon-0115-inlove.gif


人を信じられなくなったら、それは自分の知ってた世界を忘れ始めてるってことじゃないかしらね。

そんなときは、人を信じるのをいったんやめてみる。
そして原点に帰ってみてはどうかしら。
b0213435_00074668.png

稲垣武峯の筆文字

さんのサイトから画像をお借りしました♪


[PR]
あけおめ(^_^)。ことよろ。

てかもう「明けましておめでとうございます」の感じは終わりました。

今日から早速社会人は初仕事モード、主婦はゴミ出しモード、老人と病人は病院診察待ちモードに突入でしょか!w
ゆったーりの〜んびり!は学生と子どもだけ。

昨日は・・大ショックなことがありました。

2015年初のブログ記事更新しようと、一生懸命記事を書いて画像を入れて、さてアップロード!と思った瞬間、どこをどう間違えたか最初の1行目と画像以外、全部データがなくなってしまいました(´□`。)°゜。エーン!!

それから小一時間、自動保存されてたはずの記事を真剣に探すも見当たらず、まるで狐につままれてしまったかのように途方にくれ、せっかくの記事作成苦労は水の泡と化し。。
ショック状態で呆然としておりました。トホホ・・

そういえば4日は「トカゲ7」というサインの日でして、種まきをするトリックスターemoticon-0136-giggle.gifemoticon-0175-drunk.gif「トカゲ」がナイフピラミッドの頂上に立ち、世界中の真面目な人たちにキラッキラでまぶしくなる目潰し魔法をかけていたという日。

まぢでトカゲさん、勘弁してください!!!!emoticon-0141-whew.gifemoticon-0132-envy.gif
でした。

b0213435_16024250.png
で、潔く記事書くのを諦めた。というわけで満月で「ヘビ8」の今日になってしまいましたm(_ _)m
もしかしたらこれでよかったのかもしれません。

何を書いていたかと申しますと・・


例のこの記事についてです。
「地球が5分間無重力状態になるかも?!」CONYAC TIMES

b0213435_18061022.png
「2015年1月5日の深夜、地球が無重力になる!?」WEEKLY WORLD NEWS


b0213435_18075207.png
1月4日の午前9時47分から5分間、地球の重力が軽減されて瞬間的に無重力になる!というものでした。
最初は「楽しみ〜〜!」とツイッターやFBで喜んでいたのですが、何か違うことに気づき・・
それで調べ始めたわけでした。
まず「時間表記の違い」です。

b0213435_18120854.png
こちらがNASAがツイッターで言ってたぞーー!というツイートなのですが、こちらは「9:47AM PST」とあります。これは太平洋時間で、つまりはアメリカロスアンジェルスやサンフランなどの西海岸の時間表記。

ところがNASAの公式ツイッターを見てみますと



b0213435_18141551.png
「We usually post in EST(UTC-5).」とあります。
これはアメリカ東部の時間で投稿するよ。と言っています。

b0213435_18155287.png

世界の時間と時差

ますます怪しいです。
b0213435_18190841.png
上の記事が当日に書かれている12月14日の公式NASAのツイートした記事。
違いますよねぇ。(下のがいわゆるガセネタツイート)

b0213435_18203850.png
つまりNASAはまったく関係ないし、そんなこといってない!



さてではどうしてこんなことが出回ってしまったのか?!

元記事を辿るとこうあります。

b0213435_18222732.png
Daily Buzz LIVEPlanetary Alignment On Jan 4, 2015 Will Decrease Gravity For 5 Minutes Causing Partial Weightlessness


このことを言った「British astronomer Patrik Moore」イギリスの天文学者・パトリック・ムーア氏に問いたださねばならないわけです。

そこで調べてみますと、実は元となる記事があったのでございます!!

Earth Sky

Planetary alignment January 4 will make us weigh less? Of course not

b0213435_18272527.png
この猫のご主人様がかのSir Patrick Moore というエキセントリックな天文学者さま


ところがこの記事を読んでみると、彼の言うことはどこか予言めいていて奇想天外突飛なことを言う人だったようで、何か言っても当たった試しがないみたいな。。。(;゚∀゚)emoticon-0133-wait.gifemoticon-0126-nerd.gifemoticon-0149-no.gifemoticon-0172-mooning.gif

b0213435_18324691.png
ま、結論をいえば「エキセントリックなジョーク」だというわけです。
その1つの理由は・・・

1月4日はかの万有引力の法則で有名なアイザック・ニュートンのお誕生日♪なのでございます。
(born January 4, 1643)

b0213435_18335408.png
まったく人騒がせな!ブラックジョークも大概にしなさい。

じゃー問いただそうかと思って調べてみると・・・
このパトリック・ムーアさん、マヤ暦世界滅亡か!?と言われていた2012年12月に89才でお亡くなりになられてしまったのでございます。emoticon-0147-emo.gifemoticon-0184-tmi.gif

それじゃー何とも腹の虫が収まらない。
というわけで調べたのがマヤ暦のサイン!!

パトリックムーア氏 born 4 March 1923; died 9 December 2012
マヤ暦サインは「祖先・3」で亡くなられた日は「ウサギ・5」でした。

「祖先」が宇宙人なことは私が常日頃述べていることですが・・・汗

生命樹でみると「祖先」の未来は「ウサギ」なので、パトリックさんは2012年12月9日にマヤ暦の最終コーナーを回ろうとしたところで、宇宙に連れ戻されてしまった!ということになりますね。ウサギになって。(笑)

あ、もう1つ面白いことにこの話題が盛り上がっていた2014年12月31日の大晦日、パトリック・ムーアさんのマヤ暦誕生日「祖先・3」だった!ということemoticon-0104-surprised.gifemoticon-0104-surprised.gifemoticon-0170-ninja.gifemoticon-0169-dance.gif

きっと宇宙で惑星を並べて、ジョークを言ったことを思い出させ、アイザックニュートンと再会して楽しんでいたのかもしれませんね。

b0213435_18431948.png
このエキセントリックなおじさんのことがもっと知りたい人は、こちらに記事あります。
☆Sir Patrick Moore obituary


本日発売の「週刊プレイボーイ・新春特大号」には私が出ております♪

??!

もちろんグラビアじゃないですが・・(笑)
b0213435_18571427.png
でもエキセントリックなおじさんに負けないくらい、インディーズです!!(^_^)emoticon-0152-heart.gifemoticon-0140-rofl.gifemoticon-0178-rock.gif

週刊 プレイボーイ 2015年 1/26号 [雑誌]

集英社

2015年新春特大号 インディーズ占い記事に「古代マヤ占い」取材にて掲載されました☆

スコア:

よかったら買って読んでみてください☆
今年の戦略を立てるのに役立つかもしれませんよ。



[PR]
24日のきょうは聖夜ですね。
明日はクリスマスemoticon-0171-star.gif
キリスト教を信仰していなくても、日本人は正月同様クリスマスを賑やかに祝って盛り上がりますね。
日本人らしいといえばらしいですが・・(笑)
b0213435_17364179.jpg
欧米諸国では相手がクリスチャンなら「メリークリスマス♪」とキリストの生誕を祝してメッセージカードを送りますが、ノンクリスチャンには「シーズンス・グリーティング」という季節を祝うカードを送ります。
気にしない人もいますが、ユダヤ教やイスラム教、仏教などたくさんの宗教が混在している国では、気にする人もいるのは事実。
宗教より空気を読み取る日本人にとっては、どっちでも同じように感じるかもしれませんが、結構違います(^_^;A

私は中学のときに洗礼を受けた一応はクリスチャンなのですが、キリスト教聖典の言葉や愛と真理については神秘を体験していますので信じてはおりますが、宗教としてのそれはもうぐちゃぐちゃなのでやめました。

だからイエスの誕生というクリスマスは嬉しいですが、象徴的意味において祝ったり家族との団欒においては楽しみますが、ノリと雰囲気で楽しむクリスマスは卒業しています。
b0213435_17355598.jpg
でも教会のクリスマスミサや礼拝はすごいですよ!
やっぱり盛り上がり方が違います。
なにしろイエス様がお生まれになった!と救世主の誕生を祝っているわけで、それがなければキリスト教は成立しないわけですから。
なので本当のクリスマスを体験してみたいなら、信仰するしないに関わらず「教会」へ行くことを私はお勧めします☆

b0213435_17332689.png
ところでアセンションについて少なからず学んだり体験した方ならご存知だと思いますが、キリストはアセンデッド・マスターですね。

つまりアセンションをした人間としての先駆者・導師なわけで、その様子は聖典や外典を読めばあちこちに描かれています。

象徴体系や神話を学んでみると、イエスキリストは私たちが思っているような「人」ではなく「象徴」であることがわかります。人としてのイエスは愚か者で、キリストの神話としては不朽です。イエスはゴルゴダの丘で十字架にかけられるという磔刑を経験させられます。そしてその苦痛が極限に達したとき、十字架上で彼は叫びます。

『エリ、エリ、レマ、サバクタニ』(我が神、我が神、どうして私をお見捨てになったのですか)と。
神話の中ではアーサー王もイエスも「死」を通して英雄としての称号を与えられます。

歴史の闇に封印されて1700年ぶりに復元されたといわれる「ユダの福音書」を読むと、イエスとユダの秘儀が書かれていて、救済についての考え方やイエスの使徒との関係についての神秘も描かれているのでとても参考になります。

ユダはイエスが心を許した一番の側近で、充実な愛弟子です。そしてイエスが天の家に帰るため(アセンションするため)に、イエスを死(ゴルゴダの磔刑)へと引き渡した人物です。

イエスが天の家に帰るためには、肉体の死は免れません。そして天の家とは、この世界を超越した真の王国であり、この世つまり物質世界という肉体ある牢獄を逃れて「神性な要素を宿している人々が行き着く場所」なのです。
また、いわゆる全てのクリスチャンが目的としている「救い」についても、教義が語っているものとは少し違っていて、天の王国に属する人々は、地上での時を終えると、肉体は死として滅びるがその人のプネウマ「霊」「魂」は死ぬことなく、天へと引き上げられて天の家に戻る、と書かれています。

天が授けてくれる啓示を知ることは、秘密の知識を学ぶ事でもあります。
その1つがユダ。
ユダは12人の使徒から外されています。12という数字の外にいるわけです。
そしてイエスはユダを「13番目」と呼びました。
ユダの福音書では「13」は幸運をもたらす数字。

マヤの暦でも「13」はアセンション数。
1から始まった13までのピラミッド暦の数秘サイクルです。

西洋占星術では人々の希望を打ち砕くクロノスの教師である土星が、クリスマスイブの24日に蠍座から射手座に移動したそうですが、蠍座の皆さんはお疲れさまでした。油断はできないようですが、ここはしばしの休憩を♪
b0213435_17375777.jpg
さてイエスとアセンションについて、ダイアナ・クーパーの「アトランティスカード」がとっても役に立ちますので、よかったら秘儀を学んでみてはいかがかしら?(^_^)

本日24日、マヤ暦で診断する2015年の占いが掲載されました!
さて・・と、来年はいったいどうなることやら。汗

「マヤ暦で予測する、2015年の世界」リンク

[PR]
皆様、こんにちわ☆

今日はマヤ暦「ヘビ・13」です。そして明日からは「死」のトレセーナ周期になります。
死のサインに関する流れや意味は「マヤ暦で占う11月の運勢」日経WOLに掲載されておりますので、そちらをご確認いただければと存じます。

古代マヤ暦とそれに関連している「マヤ神話ポポルヴフ」や「チラム・バラムの予言」は、何度目を通しても本当に凄いなーと思わされます。その体系に秘められた宇宙の理や人間や自然を司る大いなる力の象徴は、「理解」という言葉を超えたところにあるものだと思います。
私にとってもマヤ暦の奥義はまだまだわからなくて、毎回新しい気づきや発見の連続です。emoticon-0141-whew.gifemoticon-0171-star.gif

2012年12月21日に地球は大きな転換期を迎えました。アセンションや次元上昇と呼ばれたり、人類滅亡と囁かれたりしていたのは記憶に新しいと思います。
b0213435_15493949.jpg
それは「個」の単位だけでなく「集合意識」や「国家集団」や「銀河系惑星集団」の単位でもあると思います。
その変化はこの2年間の社会経済や世界情勢の動きを見れば一目瞭然です。少しずつスパイラルに変化しています。
では「個」の単位で何が変わったか、変わらないか?
それがわかる人は少なかったかもしれません。

次元が変わったことを認識できるようになっているかどうかは、人の肉眼でなくサードアイで見ることのできる光のエネルギーがどう変化しているかによりますし、時空を超えた何かすごいエネルギーが自分の運命や時間、働きを変えているような不思議な事象に遭遇しているかどうかにもよります。そのことと天変地異の動きも闇の勢力も連動しているように思います。

先日、マヤ暦2015年のカレンダーを見ながら来年の動きを眺めていましたら、資料の中からある部分の文字が光りだして浮かんで見えてきました! 

文字がアセンションしてメッセージとして私に伝えているわけですね。

「ああ!そうか!そうなんだ!!」とその光る文字を書き出してみたら、それがマヤピラミッドの真理の次なる次元の発見につながってきたというわけです。

すごいですね。マヤピラミッドの叡智は!!

b0213435_15501618.jpg

そうそう!マヤカレンダー2015ですが、欲しい方には無料でネット配布させていただきますので、詳細はもう少しお待ち下さいませね!

先ほどの発見を早速解読しながら、自分の生命樹や家族、著名な人たちに当てはめてみたのですが、それが凄い意味がありまして、これは来年の大きなマヤパワー・アセンションパワーにつながるはず!と頑張って成果を執筆しているところでございます。

というわけで、アセンションがあったかないかわからない人はまだその時が来てないのだと思いますが、いずれ間違いなく次元変化スパイラルはやってきますので、浄化していてくださいね!emoticon-0157-sun.gif

b0213435_15584207.jpg
もしフェスでダイ先生と♪

[PR]
みなさん、こんにちわ。

更新できずにごめんなさいm(_ _)m

5月19日「二つの時間渦に翻弄される私!」にも書きましたが、昨日13日の金曜日マヤ暦「嵐」でおきた満月のエネルギーは、私たちのライフスタイルをいい意味でも悪い意味でも、揺さぶりをかけ続けています。
地球上の「個」の意識だけでなく「集合意識」が、二極化しているパラレルの渦の中に巻き込まれているのよねw

日経ウーマンオンラインの「マヤ暦で占う6月の運勢~誘惑との戦い~」にも書いたのですが、神話が天の星々の動きにあわせて現れているときです。誘惑との戦いも含めて、地球人類の意識が次なるステージへ行くためには、今のすべてが必要なものかそうでないかを見分けるためのふるい分けが始まっていたわけです。
b0213435_16522004.jpg
さらにです! 今回13日(金)の満月は、ザビアン占星学的にみたものと、マヤ暦の長期暦が終わった2012年12月21日の前後のステージの変化と、大きなつながりがあることがわかっています。

太陽と月は天空の黄道12宮を巡り、毎年・毎月少しずつ位置をずらしながら新月・満月を形成していきます。月の軌道はいびつなので、そのズレ方は決して一定ではありません。 けれど、たまに今回のように以前の新月や満月と同じ度数のテーマが示されることがあります。 そしてそんな時は、長い時間を経て再び前回の課題を復習するような星回りになっているんですね。 だからこの満月は、 前回5月29日の新月と2012年12月13日の新月と、二つの新月のテーマが交差しあって何らかの結実を見る…またはやり残してきた物事を仕上げるように促される…何らかの解答を出さねばならない…そんな重層的な意味を持っているのではないかと思います。(R.S.H._言葉のパワースポットサイト様より)
2012年12月21日の13バクトゥンを迎えようとしていたとき、マヤ暦では「香」の周期でした。

人類が滅亡すると騒いで、フランス南部の山村ビュガラッシュ村には、3千人以上の新興宗教信者やスピリチュアルな人たち、マスコミなどが押し寄せたり、中国ではマヤ暦の神聖な日12月21日を最後の審判の日として太陽の光が消えるというシナリオを説いたカルト団体とその信者800人近い人たちが逮捕されたりしたようで、大変な騒ぎぶりでした。
b0213435_21304043.gif
YEAR ZEROまであと2日!2012年12月19日の過去記事


冬至で13バクトゥン開始だった12月21日「祖先4」の日も、29日の新月も「香」の13日周期のなかで生じていたことでしたね。

あれからマヤ暦はちょうど5月25日で「2ツォルキン」を迎えました。
1ツォルキンのあいだ、新時代はまだまだ産まれたばかりの状態で、目覚めの創造第一ステップの時でした。

2ツォルキン目に入ったのは去年2013年の9月7日。新月直後でした。
さらにはユダヤ暦5774年の新年とも重なり、香の周期は神聖な雰囲気に包まれて賑やかでした。
b0213435_1444124.jpg
「いよいよ西の神殿が開かれ神々が集う9月が始まりました。
天界、地上界、冥界の神々はそれぞれが相談しながら、この世あの世の時空次元を超えて、行き来しながら私たち地球意識に向けてメッセージを発信したり、ナーカルがあるべき魂の座に着きそっと変化を促してくれたりするミスティックパワーが満ちてくる月となります。覚えていらっしゃる方も多いと思いますが「2012年12月21日」マヤの長期暦が終わった「祖先・4」の日、新しい時代と天の川銀河宇宙とのレイラインがつながり、強いエネルギーが生まれました。9月4日「香」トレセーナがくる今週の7日にやってきます。
1時代が終わり新時代の始まりからちょうど1ツォルキンが経つことになります。」


2014年9月2日の過去記事より;マヤ暦でみる9月の運勢


新たな覚醒の時代へ突入し、2ツォルキン目は対立や二元性の意識が強まり、人類は二極化していく場面にたくさん遭遇してきたはずです。

その最後の締めくくりが今年の5月22日「香1」から始まってました。
b0213435_20170919.jpg

260日の神聖暦が2サイクルを終えて、第三ツォルキンサイクルへと入ったと同時に5月29日、新月がやってきて、6月3日まで「香」の周期でした。


b0213435_18055364.jpg
占星術やザビアンシンボルでも、大きな確認の渦がまいている6月。

マヤ暦「3ツォルキン」の開始とともに揺さぶりはさらに異なる意味をもって、私たちに迫っているようです。


次なる時代に相応しい光、スピリット、意識、社会、価値観、有り様の準備が整っているかどうか、次なるステージに適応できるだけの学びが出来ているかどうかが試されていく260日がスタートしたのです。
それはまるで恋愛や人間関係、特に家族や血族、結びのなかで、不要な意識や邪念・疑いや執着などはいっさい捨てたの?!と優しく厳しく試されているかのように…

6月は新たなアセンションの扉が開き、「3」という数秘のエネルギーが啓示されて具現化され始めました。

皆様も「個」の次元から「家族や愛する人」との集団の次元まで含めて、大切なものを見分けながら、素直になって身体も心も精神も守られるよう「祈り」をテーマにこの時期をお過ごしくださいませね!!

b0213435_18152350.jpg
。.:+*:・'☆。、:+*:.。.:+*:・'☆。、:+*:.

6月はライトワーカーとして、
覚悟して挑む必要のある精神の修行・学びがあるため
更新は出来る時だけに致しますm(_ _)m

鑑定ご希望の場合は塔里木まで☆


[PR]
みなさん、こんばんわ☆

いよいよゴールデンウィーク前半が始まりましたね〜!

もう私くらいの年齢になると「GW?それがどした・・?混んでてどこへも行きたくない!」となってしまい、休みも楽しみも出来るだけその時は避ける。ということに。。(笑)
でもお仕事の関係で休暇がまとめてとれない人にとっては、大切なおまとめ休日ですものね!

ゆっくりできるといいですね〜(/∇\*)
b0213435_19472006.jpg

アセンションや次元上昇、2012年の滅亡説予言やシフトチェンジを含むスピリチュアルな話題は、その後ネット上では少し鎮まっているようですね。
でも私が感じているのは「鎮まっている」のではなく、「既に始まっていて、パラレルに赤ちゃんが生まれてる」状態なので、社会的や現実的には、おむつ取り替えや健康、ご機嫌をみるという育児真っ最中状態に似ているため表面化してないだけのように感じています。

今から10年程前はまだ神秘体験や宇宙人との遭遇、神の啓示やパラレルワールドやアイオーンなどの人生を覆すような体験は、まだあまり公に語られることが憚られていましたので、ブログに書いただけでも「頭のおかしな変なヤツの書いたブログ」にしか思われなかったように思います。


それでも水面下ではたくさんのライトワーカー誕生に向けて、光と闇の世界は確実に動いていました。


b0213435_19561789.png

b0213435_19572152.png

この3年ほどの間に、ピラミッドの中にとどめられていたエネルギーが解き放たれ、宇宙から青い彗星がやってきて太陽に接近し、地球や太陽の兄弟惑星が見つかりました。外宇宙や惑星意識が内宇宙と素粒子意識につながりました。
そして古代の叡智が私たちの遺伝子レベルに直接働きかけてきている!

そんな状態が「今」なような気がしています。

なので自分の内なる意識やスピリット、また「魂」は「赤子」のようなのです。
今まで意識できなかった内宇宙にいる「自分」は無意識に守られていましたし、ピラミッドの内部に保護されていたのです。

今やつながったので、これまで通りというわけにはいきません!

b0213435_20042847.jpg
時間が渦巻き状に動いているのです☆

b0213435_20032813.jpg

アセンションによって始まった新しい時代、すでに宇宙からの落とし子は素粒子意識としてあなたの中に光の道を示しはじめているかもしれません♪

赤子を育てるように、自分の内なる声、気づき、ビジョンを大切に感じとっていく。

今はそのような時だと思います。

b0213435_20171379.jpg
マヤのピラミッドに秘められていた叡智がまた1つ解明できるかもしれない「発見」を解読中です!
b0213435_20245139.png
アセンションは夢でも現実でもない。
パラレルに存在している意識世界です\(^o^)/


☆。.:+*:・'☆。、:+*:.

ゴールデンウィークの鑑定予定はプロフィールページをごらんくださいませ☆

○エキサイト電話鑑定
○塔里木(タリム)対面鑑定


[PR]

次元の扉が開いてるよ☆

マヤウェルがやってくるよ(^_^)

今日はマヤ暦「サル・13」で満月ですね☆
「サル」は幸せを象徴する代表的なサイン。そして「13」はマヤ天界オシュラーフンの偉大数です。
壮大なタペストリーに織り上げられている私たちのカラーは、満月の美しい明かりに照らされて虹色に輝きながら、天使たちが運んでくる愛と魔法の音色に酔いしれることの出来る夜です♪

b0213435_22355271.jpg
明日からは「道」のトレセーナ周期が始まり、21日に「ワシ4」で春分となります。マヤククルカンピラミッドに降臨する光の蛇は、元素を復活させるワシのナーカルによって天から運ばれ地上に降り立ちます。

人の心のわさわさ感を煽り悪戯をしていたトラロクと嵐の周期は、まるで手のひらを返したように静かになりそうですよ! 明日18日からの道のトレセーナになると、ほろ酔い加減で歩く女神マヤウェルが空から下りて来て、ケツァルコアトルと一体になって樹の上で戯れます。
ピンク色の光が地上にばらまかれるので、誰でも素敵に可愛く見えたり恋の魔法薬的な効果が出そうな気配(^_^;A
ま、それもいいかも!桜ももうすぐ咲きますからね〜
祖先や守護神、天使たちとの交流もいいことあるかもなので、お彼岸の入りにも重なっているので夜桜でも見ながら、亡くなったおばあちゃんや先祖様たちと語り合うのも良さそうですね!

「道1」は私のナーカル生命樹の女性性に宿るサインなのでとっても大事な日☆
なので今日は、私と天使のつながりについて書いてみようかなぁーと(^_^)

b0213435_22401733.jpg
☆光の天使と私

アセンションを体験した後、私は今でも天界や冥界と時折コンタクトしています。
最近は忙しくてあまりブログには書けておりませんが、それでも私の守護天使は健在です(笑)

私のナーカル守護者と私の魂が一つになったときから、私は光の働き手(ライトワーカー)になりました。そして光の言語が与えられ、というか光の言葉を思い出し、光の働きをするときだけそれを使う事を天に許されています☆

かつて天使たちと光のコミュニケーションをしたことがあります。それはそれは素晴らしいひと時でした(*´∀`*)

マヤ宇宙でいう13の天界には光の働き手しかいません。もちろん闇はないですが暗い影すらありません。すべてが「光」だけで成立している世界です。透き通るほどの光もあれば神々しい光、可愛らしい光、威厳ある光、守る光や働く光、すべては一つ一つが美しく、それでいて光の集合体は圧巻されるほどのまばゆさを放っています。

光の言葉や讃歌を一瞬でも耳にしたなら、人は涙なしにはいられません。人間の話す言葉とは次元が違いますし、讃歌は音楽という言葉を使うには畏れ多すぎるほど荘厳で、直接的に魂に響き入る音色です。
天使らの光言語はまるで小鳥のさえずりのようですし、女神が奏でる愛の竪琴のようです。すべてが幻のようであり、すべて天の摂理にかなう黄金の体験です。
光の言語は聖霊の言葉、あるいは妖精の言葉とも言えますが、魂が記憶している天界での言葉とも言えるのです。
b0213435_22360612.jpeg
そしてようやく時が満ち、光言語の素が地球の惑星意識に放たれました。
記憶したまま閉じている魂に素がばらまかれることで、思い出しやすくなるのです!


そしてもう1つ、パラレルワールドの扉が開かれています。
・瞬時にものが無くなったり、見つかったり。
・記憶違いがデジャブのように何度も現れたり。
・意識がとんでしまって、今していることがふとわからなくなったり。(アルツハイマーじゃないよ!笑)
・いるはずのない人が見えたり、いる場所じゃない場所が見えたり。



それらはすべてアイソン彗星のミッションの一つだったようです(^_^)!
b0213435_22391829.jpg
それについてはまた今度ゆっくり書きます♪

UFO艦隊も突然パラレルワールドから出現しています☆
b0213435_22433852.png
国際宇宙ステーション(ISS)のカメラが2014年3月10日、複数の正体不明の物体を撮影したそうです!
物体は、次元間ポータル、あるいは時空の1点と別の1点を結ぶ「ワールホーム」から現れた可能性があるという(つ゚o゚⊂)オォ〜!!

NASA 次元間ポータルから出現したUFO艦隊を撮影?(ビデオ)


元記事:VOR

明日は春一番が吹くそうで・・・
花粉に負けずに道をジョギングでもしてこようかな〜(/∇\*)☆


[PR]
皆様こんにちわ☆

1月28日頃になってくるとこの1ヶ月の長さを感じますね〜
まだ1月28日かぁ・・と。
12月って毎年27日前後で社会的活動はだいたい終わり、新年モードに入りますでしょ。
数えてみれば通常30日前後の月活動に対して、年末から1月末はおよそ35日くらいありますものね!

対して2月は28日!この感覚のズレ、何とかできないのかしら(笑)

b0213435_15354176.jpg
西暦の面倒くささに比べて、マヤ暦はピーンとスッキリ感が通っています☆

20日と13日からなる260日暦(ツォルキン暦)と、20日の18ヶ月からなる360日暦(ハアブ暦)、何も動かない闇の5日(ワイエブ)、9日ごとに回っている夜のサイクル(ナイトロード)。
閏年や毎年のちょっとしたズレなんて何のその!あとで帳尻合わせればいいじゃない♪(笑)

b0213435_15401643.jpg
上の画像は海岸で砂山に描いているアステカカレンダー♥凄いですね!

最近の出来事といえば、マヤ暦で生きることに慣れてフィット感がある私にとって、ツォルキン暦と数秘の時の引き寄せ感はもの凄いです(ノ゜0゜)ノ

例えば死13の日に、ふと時計を見たら13時13分だったり、ジャガー8の日に時計をみたら8時ちょうどで、その真下に猫が座っていたり♥(あ、ちなみに我が家の猫は「ジャガー13」なのです^^)

時のシンクロとは、聖なる時間を大切にともに生きている人間に、ナーカル守護者が姿を現すことを意味しています。
仕事やプライベート全部が自分の「一生分の時」の一部ですが、それだけでなくて眠っている時間、楽しんでいる時間、ぼーっとしている時間なども自分の一生の一部。そしてもちろん「聖なる時」を感じて瞑想したり、思考停止して感じたりしている時も時の一部ですよね。
すべてが理にかなって美しくぴーんとしているのが「マヤ暦」なのです\(^o^)/

☆Googleカレンダー「マヤ暦」無料配信のお知らせ☆

マヤ暦カレンダー☆2014年版じゃぐゎーるは、今年カレンダーとして発売しておりませんm(_ _)m
もう少しマヤ暦カレンダーを身近に感じていただければ!という願いとナーカルの想いをこめて、今年はGoogle カレンダーにて「マヤ暦カレンダー2014」を無料にて配信しております☆

毎月データを更新しようと思ったのですが、1年分あったらもっと計画たてられるとお声を頂きましたので、早速アップロードしておりますヾ(=^▽^=)ノ
ぜひご活用頂ければ嬉しいです。


弓玉オフィシャルサイト:マヤ暦カレンダー2014年
☆Googleカレンダーは無料で使えるツールです。


b0213435_15533174.png
画像はホピ族のマスク。フランスのオークションで売られたそうですが、いい支援活動をしている財団によってホピ族の元へと返却されるそうです❤
元記事はこちら。

。.:+*:・'☆。、:+*:.

最近あまりブログを更新しておりませんが、これまでの記事にマヤのことに関してはすべて出した感があって「書く」という行動につながらないのです。

サインごとのマヤ占いについては、日経ウーマンオンラインに運勢を毎週記事を掲載していたりコラムを執筆しておりますし、新たな発見や情報、気づきのイメージなどはFaceBookのファンページなどでオンタイムでお知らせしております。
よろしければ覗いてみてくださいね♪

○日経ウーマンオンライン マヤ占い
○弓玉と楽しむマヤファンページ Facebook page
○弓玉 Miroq オフィシャルサイト

最近とくに私の意識が引き寄せられている知の領域は「素粒子意識」「ピラミッドの謎」「理論物理学ブレーンワールドと精神世界との接点」「古代マヤ人が残した暗号」などでしょうか。(笑)
それらはまだブログで紹介できるようなところまでたどり着けておりません(≧∇≦)

ただ一つわかったことは、アセンションの扉が開いたことでピラミッドの頂上が開き天とつながり、私の素粒子意識は他の人の素粒子意識と驚くほどつながりやすくなったということ。そしてパラレルワールドへも瞬間移動しやすくなったということ!
b0213435_16052411.jpg
私が研究過程で突然気づいて発見した事象をデータ化したり言葉化しているちょうど同じ頃、別のアセンションした人がその同じ内容について夢で見させられていたりします☆
まるでブレーンワールドをいったり来たりしている感じで、ビックリしちゃいますΣ(@ω@;)
UFOもあちこちで出現しているようですが、今年はまるでパラレル宇宙ラッシュみたいです!



[PR]
みなさま、こんにちは☆

2012年12月21日・・・あれから1年が経ちましたね!
マヤ暦のグレートサイクルの終わり。
イヤーゼロ(^_^)

皆様にとってこの1年はどのような変化が訪れましたでしょうか?
アセンションの時代、宇宙時代はやってきました。
日本では明日が冬至ですね。
b0213435_1764627.png

今年はマヤ暦でも新たな時代の始まりの冬至です。

日本では日の入り時刻に、鹿島神宮からスカイツリー、皇居、明治神宮、富士山まで続くレイライン上の高台に立つと、夕陽と富士山頂とスカイツリーがピタッと重なって見えるとても珍しい時なのだそうです!!

明日ですね♪
12月22日(日) 冬至 日の入り時刻(東京16時32分)

b0213435_176317.png

ドマ千葉さんのFB投稿より)


今日はマヤ暦でも特別な日♪

原宿では心を書で現す「心書家 林 幽弦」さんがパフォーマンス書道をやられていました。
一緒にパチリ♪
b0213435_17234047.jpg


林 幽弦さんのFaceBook

冬至にむかっての書は驚きの結果となりました!

b0213435_17115513.jpg



1枚目 陰陽生神
2枚目 脳
3枚目 天転世界
4枚目 眼無耳無鼻無口無身無感無

マヤの世界では、フナブ・ク、パラレルワールドではアセンション、そしてユングの世界観ではアイオーンを現すような象徴的なメッセージを書してくださいました〜(ノ∇≦*)!

アセンションは開かれた世界と意識に、レイラインを通って太陽とともに光柱を見せてくれるはずですね〜

\(^o^)/

☆年末のお知らせ☆

◇12月年内の対面鑑定は23日、28日です
原宿占い館  塔里木(タリム)
[PR]