タグ:スピリチュアル ( 4 ) タグの人気記事

「この世界は2013年以降少しずつだが確実に何かが変わってきている」
マヤ暦「香」年を迎えてさらにその思いが強くなってきていました。

マヤ暦カレンダーでは7月30日は「香・8」
やっと「香」のナーカルが調和のエネルギーを身に纏う日です。

b0213435_15511923.png
マヤカレンダーでは「新しい時代」が2012年12月22日に始まり、マヤの時の王は中央に座してのち、東、南、西、北と進まれました。
天の四隅をゆっくりと見渡し、人間の性を感じとりながら「その時という時間」を歩いてきました。

時々で、世界を見渡し時の荷物の中身を確認して「神殿時代」の幕開けに何が必要なのかを確認していたのだと思います。


今年が「神殿建造の時代」の幕開けであるとは何度もこちらで伝えてきましたが、「香」の周期が終わりいよいよ8月の「夜」の周期が近づいています。
b0213435_15541437.jpg

人類はここ400年余の間、精神生活よりも機械工業化、科学社会化、経済化を主軸に物質的繁栄と進化を求めて、猛烈なスピードで突進をしてきました。そして近代化された社会ではエネルギー環境は崩壊し、エントロピーの限界点に達しつつあるとさえいわれています。


カオスと化したこの世界が再び平和を取り戻すために、神々が介入して再臨し、墜落したこの世を救済し元のように完全な状態へと導く。そんなキリスト教救世主再臨の世界観からみれば、現代文明は悪魔に蒔かれた子・毒麦のたとえ話のような時なのでしょう。

”この世界はこのままで永遠に続くのではない。刈り入れの時が来て、毒麦は集められ火で焼かれる。刈り入れは世の終わりのたとえです。最終的には神が正しく裁かれ、不法を働く者どもは断罪され、不正を被った者や虐げられた者の名誉は回復される”

しかし「宗教」でこの世界が救われることは「絶対に」ありません。
逆に戦争がおこります。

ではカオスと化した世界の未来はどこへ向かうのか?!

そこは「精神世界」「スピリチュアル」「自己実現」に共振しているように思います。

続きは・・・「どげんかせんといかん!」


ブログをご覧いただいているみなさま、いつもありがとうございます053.gif

昨年末くらいから、自分のナーカルを「まぶや〜まぶや〜」と取り戻しまして(; ^ω^)、ブログも順調に更新しております。

今年は、ふと思ったり気づいたことは、ツイッターなみにフツーに書いていこう!と宣言しましたので、ユーチューブなどの動画に負けないように「短文」を意識して024.gif更新してまいりますね!


b0213435_15552002.jpg

夏には、リオのオリンピックもあるので、ラジオっぽくマヤのナーカルについて語っていきたいな〜〜!
などと楽しみなネタを考えております♪


私、最近とくに思うのですけど、誰かがつぶやいたりブログや2ちゃんで発信したり、コンテンツやネタ記事をアップしたりすると、そこに集まってる人たちが多くなって、101匹の猿現象じゃないけどそんな感じで「具現化」されることが多くなっているなーー!と。


昨日は夢にアメリカに住む叔母が出てきて、亡くなった叔父と一緒に東京に来ているのだけど、泊まるところがない(p_q、)!と日本ではレンタカーの車の中で寝ている。と!

これはさっきの具現化の逆パターン現象で、今日本では、外国からの旅行者がとんでもないくらい増加していて、宿泊するホテルが常に満室でとれないという社会問題があり、それが夢に出てきたわけです!


アセンションは死語になりつつある。とか、スピ系はトレンドでなくなった。とか、まあ普通に考えれば普通のことなのに、それがネットで騒がれてくると、具現化がたくさん起こり始める。逆パターンも起こり始めるわけです。


「水星逆行」も裏てきには同じ感じがします。

だって・・・


つい数日前まで、ネット接続がうまくいかないとか、パソコンがめちゃフリーズして動かないとか何回もあったのに、今はフツーにサクサク動いている。


それはもしかしたら、集合無意識が引き寄せあって、しかもそこを狙ったサイバー攻撃やサーチパトロールなんかもあったりするかもしれない。ってこと。


b0213435_16084080.jpg

「引き寄せの法則」



このテーマについて、たくさんのブログや書籍がいろいろと語っているわけだけど、それもすべて具現化されるからね!


スピリチュアルとか、オカルトとか本質や秘儀の体系理論を知らないまま、てきとーに語って侮ると、大変だヨ!

フリーメーソンとか薔薇十字のような秘密結社の教義や、エゾテリスムや神智学や神聖宇宙などについてのオカルティズム神秘については、「目にみえるかたちで具現化されている社会的現象」と「目にみえないかたちで現象から内面に具現化されていく内的変容」が陰陽となって象徴を映し出す。ということを理解したうえで、言葉を発した方がいいと思いますね、わたしは。


単に「言葉は言霊となって具現化される」みたいな太陽系的発想じゃなく、今という時がものすごーーーい未知の宇宙へ突入している。ということ忘れませんように。。


b0213435_16183873.jpg

22(旧世界)から23(新世界)へ


かように2016年は大変革の年

実は、バシャールも2016年秋を境に、全てが変わると述べているが、ビリケン広飲み屋誕生日から「7ヶ月後」はバシャール予言の「2016年秋」とドンピシャなのです。


煩悩くん フルスロットル ブログより



という記事を読んで「23(新世界)」を、錬金術の第23葉の象徴絵図を私が解読したものからさっそく調べてみると

「天使の下には、この疾病によって、自らが死んでおり、黒い肉体にあって冷たくなっていることを知っている者は、地獄に落ちたものとなろう。これをあなたの第1の慰めとせよ。・・・もし私が庭を耕す方法を知っていれば、私は祝福されることになると確信せよ」

b0213435_16282155.jpg
スピを侮るなかれよ。



「自然をまねる猿」

猿がトートすなわち文字を書くことその他の有益な学芸の伝説的創案者を象徴していることは、フラッドもおそらく気がついていた。トート・ヘルメス・メルクリウスの連想は、この著作における次のような深遠な目的を示している。
「人間の学芸は、まさしく魂の導き手であり、より高次の計画に向けて魂を変容させ、準備させることができる。」

b0213435_16340326.jpg
交響するイコン より


cu

春よこんにちわ☆

春分の日は皆さんいがが過ごされましたか?
マヤのククルカンピラミッドに、空飛ぶ羽根毛のヘビ神様は無事に降臨されたでしょうか^^♪

今日はとっても素敵な出会いがありました!!
アンコールワット遺跡の近くカンボジアで、ハーブを調合する魔女をしている可愛らしい女性(^_^)♪
ちょうど帰国されていて、数日後には帰られてしまうそうです。
今日初めて彼女にお会いしたのですが、初めて会った感覚がしない。。。
春分の日に出会うようにナーカル魂が時を待っててくれたのかもしれません♪

二人でスピリチュアルについて色々とお話していました★


スピリチュアルという定義って、確かによく考えてみれば不思議かもしれません。

何について語るとスピリチュアルで、どこからどのように行動したり考えたりすることがスピリチュアルなのか、はっきり決まっているわけではないですよね。。

b0213435_07940.gif

占いもそうですが霊的なことや不思議なこと、神様や宇宙、大いなる存在とつながることも信仰だけでなくスピリチュアルとも言えますし。。
それにアセンションだってそう。
アセンションという言葉や理論、概念だけが先行してしまって、アセンションについて本当に知っている人は少ない。。アセンションはスピリチュアルか?と聞かれれば、そうともいえるしそうでないとも言える。

宗教というと堅苦しいけれど、本当の原始的神話的な伝承は宗教とは少し違っているけれど、団体となるとやっぱり宗教となってしまう。。。
でもカンボジアやタイ、アジア奥深くに住んでいる普通の人たちは皆、信仰心や伝統儀式も大切にしているけれどそれ以上に目に見えない神さまや愛を心や魂にちゃんともっている♪

そんな話をしながら、私と彼女はずっとおしゃべりをしていました♪

スピリチュアルに境界も区切りや枠はない。と私はおもいます。
スピリチュアルは人間や社会、頭脳や宗教などを超えたところにある、言葉では伝えるのが難しいところにあるつながりや視点を目指すことで見えてくる世界観、自分ワールドなんじゃないかしら?

不思議なことに、彼女の名前は私の娘の名前と同じ。
そして彼女のマヤ暦サインは娘のサインとソウルパートナーでした(ノ゜0゜)ノ ・‥…━━━☆

彼女と春分の日に出会えたのは、もしかしたら10年後の娘にこんな女性になって欲しいと思える女性に出会うよう、大いなる光の守護ナーカルククルカンが、知らせに来てくれたのかなーー(^_^)などと感じています。

不思議な出会いは偶然なんかじゃない。必ず意味があるのですもの。
そして縁ある人とは再び再会するもの。。。

マヤのカスティーヨに降臨したククルカンの守護神に感謝している1日でしたヽ(*´∀`)/
みなさん、こんばんわ★

マヤ13バクトゥン(5125年余)の時代が2012年12月21日終了しました。
皆さんは21日はいかがお過ごしでしたでしょうか?

私は仕事をしながらマヤのジャガー神殿で行われていた儀式の中継をみたり、ナショジオのドキュメンタリーを見たりしながら、最後は銀河宇宙と内宇宙とに意識を集中させて深い瞑想をしていました。

そしたら急にマヤのナーカルが変なビジョンを見せるので、おかしくて可笑しくてケラケラと笑ってしまいました(^_^;)
それもマヤの神々の計らいなのかもしれません。

b0213435_21304043.gif

マヤの予言人類滅亡説を信じていた方も、怖いもの見たさにもしや?!と思っていた方も、まったく信じていなかった方も、とりあえず地球には大きな変化も噴火もなく天から火の粉が降ってこなくて安心しましたね!(笑) 少し地震はあったようですが、太陽砂嵐のせいだったようです。

地球年や宇宙光年から数えればたった「1日」や「3日」で地球が壊滅することを想定すること自体に、私は無理があると思うのですが皆さんはいかがでしょうね^^;
古代マヤの人々が天体観測に大変優れていたとしても、未来にやってくる2012年12月21日という時に地球が終わりになるという証拠を記述しているわけではありません。
予言的要素はたぶんにありますが、マヤ宇宙では時間は循環し未来と過去はつながっていますから。

アセンションや宇宙への上昇、何か素晴らしいことがおこるかもしれないと期待していらした方も、一気に人類がアセンションしたら地球がどうなってしまうんだ?!という話ですから、それも当然ですがあり得ませんよね。

人間は小さな期待に胸を弾ませている時の喜びより、大きな変化に胸をドキドキさせている時のほうがスリルがあって楽しく感じる生命体なのかもしれません。

今日は先日の13バクトゥン・マヤセミナーにご参加くださったお二人の方の許可を頂けたので、スピリチュアルな写真を紹介しようと思います。

◆「香」のサインをもつ女性の写真

b0213435_2134939.jpg

こちらは嵐山でとった太陽なのだそうです。
とても綺麗だったそうです。
私には生命の樹が太陽の光を両手で包み込んでいるように見えます。
「香」の彼女のマヤ宇宙とナーカル生命樹が象徴されている素晴らしい写真だなぁと思いました。


b0213435_21351826.gif

こちらの写真はセミナーで火の儀式を行った時に使ったロウソクに火を灯して、21日に瞑想したときに撮った写真だそうです。
瞑想していたときあまりにも宇宙とつながった感じてブレてしまった!とおっしゃられています。
でもローソクの火の中心をよく見ると、光の中心にむかって下から手かヘビがのびて出ているように見えます。
彼女のナーカルスピリットが光に向かって手をつなごうとしているのが具現化された写真のようで、感動の一瞬を捉えているように感じるスピリチュアルな一枚です。


◆「風」のサインをもつ男性の写真

b0213435_21384943.jpg

こちらの写真はお仕事の帰り道で、ふと空をみたら雲が龍が飛んでいるように見えたので思わずシャッターをおしたのだそうです。
彼は稲荷の神様を深く信仰されている方で、夢にもよく現れるのだそうです。龍が笑っていますね♪
そしてちょうど目のところに太陽があります。
マヤでは龍は「ワニ」ともいえますが、ワニは2012年あちこちで出没しました!
そして次の時代を生み出すのはカイマンワニの背中からです。
素晴らしい創造の始まりが空に描かれた、スピリチュアルな瞬間の写真です♪


b0213435_21414776.jpg

こちらの写真は稲荷神社でとられたのだそうですが、光の柱が出現されたようです!
これはカメラレンズの露出加減によるものかとも思って、もう一度別の角度からも撮ってみたそうですが、やはり光柱が出現されている!というので見せてくださいました。

光が現れるのは、その人の心にあるものが外へ映し出されるのだともいえます。
風のサインはケツァルコアトルというヘビの守護神ですしね☆彡

この方は不思議な夢を何度もみているのだそうです。
「ある時夢の中で、宇宙船に乗っていて、正面の大きな窓から地球?のような大きな星が見え、その窓の左下に電光掲示板のようなものがあり、そこに数字が羅列されていました。その数字の配列は覚えていませんが、夢の中で2が多いなと感じました。
頭の中で声?がして「これでよいか」と促されました。
その言葉は、威厳に満ちていて、有無を言わせないといった感じでした。
その言葉に促され、思わずスイッチを押してしまいました。」

これは危険なことを告げる啓示かもしれません。
宇宙で大いなる声に「これで良いか?」と聞かれて、NOといえる人はおそらく誰もいないでしょうからね!!
悪いことの起こらないよう、皆で手を取り合って祈りました(^_^)/~


不思議なシンクロは、こうして始まります。
2013年はもっともっと不思議な現象が増えて見えるようになると思っています。