タグ:ヒラリー・クリントン ( 1 ) タグの人気記事

こんにちは。060.gif

PCと一緒に体調を崩しておりました(; ^ω^)
風の日になった今日、やっと復活してきております053.gif

古代マヤカレンダーでは、今日から「風(Ik)」のトレセーナ周期が始まりました。

今年2月に「香(Caban)」の年となり、2012年から始まって「四隅が定まって新しい神殿が建造される」時代の礎が固まりました。
b0213435_16011428.jpg

現在の地球世界という礎の上に、どのような神殿が創られていくかは、国の意思や個人の意識に委ねられているわけなのですが、皆さんはどのような時を紡いで今日まで素材を集めていらっしゃったでしょうか?



ナーカルサインのもつエネルギーや特徴、無意識に潜む神話素にもよりますので、様々なストーリーだとは思います。

驚くほどの引き寄せによって運命の時間や環境が変化された方や、自分の価値観や生き方のベクトルが変容し、次元がシフトされた方もいらっしゃると思います。

5月から8月までは東のエネルギーがとても強く影響する周期でしたので、実際の鑑定でも、ほんとに驚くほどの変化や神秘を体験されたり、新たな仕事での展開や兆し、あるいは導かれたかのようなご縁が結ばれている方もたくさんいらっしゃいましたo(*⌒─⌒*)o049.gif016.gif



そしていよいよ今日から「風」の周期へと進みます。


今までの「東」のエネルギーは少し影を潜めながら、ここから年末にかけては「北」と「南」のサインが活躍していきます。

ガラリと雰囲気が変わってくると思いますよ♪


この13日周期には、自然の神々であり、創造の男性原理をもって宝と火を見張る女神が、時の座に着座されました。
そしてその1日目である今日は、空飛ぶ羽毛をもつ蛇ククルカンが日(太陽)を担いでいます。


9月22日の秋分の日は「風」の周期ですので、いよいよククルカンの光がマヤのチチェン・イッツァピラミッドに降臨するわけです!

b0213435_16042435.jpg



マヤ暦からみても、着座されているマヤの神々のエネルギーからみても、ここから10月にかけて、8月までとはかなり違った展開が創造されてくるように思っています。


米国大統領候補のヒラリークリントンさんが9・11の式典を早々に後にしたニュースが報道されました。
びっくりしましたよねー!

ネットの噂は限りなく怪しいものから、専門的に分析している人までの情報で溢れていますが、元医師の方の解説がかなり信憑性が高いと評価されています。パーキンソン病説を説明しています。



b0213435_15542974.png

ツイッター投稿より






でもね、私はマヤ的に解釈するならば、彼女は守られたように思います。

ヒラリーさんのマヤデイサインは「風・9」

彼女は、ククルカンが13日周期に着座されているときの「風」のサイン生まれなので、潜在的にも顕在的にも「ククルカン」によって守護されています。

そしてちょうど彼女は風周期を目前に、大切な9・11式典という公の場において不調になったわけです。

これ以上命を脅かしてはいけない!
がククルカンのメッセージのような。。。

大統領の代わりは別にいるが、ヒラリー・クリントンさん本人の代わりは一人もいませんからね!
ククルカンが自然の摂理に生きる「天のことわり」を示そうとするわけです。




北の力といえば、北朝鮮の核実験の問題や、北朝鮮 核ミサイルの脅威、ロシアのプーチン大統領訪日の今後も注目したいところですね。

いろいろな意味でマヤの神々が力を見せはじめています。





〜〜〜〜
b0213435_16265862.png
ぜひご利用くださいませ。