「ほっ」と。キャンペーン

タグ:マヤの予言 ( 17 ) タグの人気記事

感謝の気持ちを込めて♪

いよいよ12月☆
夜になると街は綺麗にライティングされて、クリスマスモード一色ですね。

子どもが小さかった時は我が家でもクリスマスツリーを飾り、窓や外にもイルミネーションやスノーデコレーションをしていましたが、最近は必要に迫られないため面倒になり、簡単にすませるようになってしまいました(;゚∀゚)
そこが欧米諸国と違う伝統的宗教価値観(キリスト教文化)と日本文化圏との違いなのかなぁ。。
お正月は面倒で手抜きとか言っても、心のどこかでは新年を迎える行事のほうがクリスマスより大事だろ。みたいなとこありますからね。(笑)

本日、日経ウーマンオンラインの連載コラム「マヤ暦で占う12月の運勢」が掲載されました(^_^)
サブタイトルは ”チャンスはいつも廻っている” です。

b0213435_13150159.jpg
実は残念なお知らせなのですが、12月のマヤ占い記事掲載をもちまして、連載が終了することとなってしまいましたm(_ _)m
2年2ヶ月間、月の運勢やマヤコラムをご愛読いただきました皆様、本当にありがとうございました。
連載関連の記事は2年間が1区切りのようで、来年はリニューアルされるのだそうです。テレビの連ドラでいえば1年4クールなわけで、2年といえば8クール続いたのと同じ♪ そう考えればとってもありがたいことなのです。

思い返せば2012年、マヤの予言と人類滅亡説が話題を集めていたあの頃から連載を始めさせていただき、当時は「マヤ占い」ってどんなもの?!と知らない人がほとんどでした。

ミステリアスだったマヤ占いの体系や予言の不思議を、たくさんの皆様に知っていただく素敵なチャンスを与えてくださって、日経ウーマンオンラインさんには本当に感謝しております。
そして毎月楽しみにご覧いただいてくださった皆様にも、本当にありがとうございました!アリガト━━゚.+:。d(≧ワ≦)b:.。.+.:━━ッ!!

これからはブログや公式HPで毎月掲載していきたいと思っています。


来年2015年の年運は、もちろん毎年掲載いただいている「エキサイト電話占い☆マヤ占いあなたの運勢を占う」にて年運掲載される予定ですので、是非ぜひお楽しみにしていてくださいね!

他にも面白い新年話題がお知らせできるかもしれません♪
その時はまたお知らせしますね〜

12月の運勢、ぜひチェックしてみて「覚えて」おいてくださいね。
来年を予測しながら天の叡智を紐解いているのですが、実は年末がとーっても大切な時だということがわかっています。
マヤツォルキンサイクルが4ブラッドムーン(4つの連続した皆既月食)に関連して、ちょうど真ん中になります。そこには色々な神々の戦略もあって。。。Σ(゚Д゚;)
b0213435_13191654.jpg

そのあたりはまた記事が掲載されるときにお知らせいたしますね!


インフルエンザが流行しはじめたとか・・
年末年始、仕事だけじゃなくて飲み会なども含めて忙しい時ですので、体調くずさないようあったかくして夜は休みましょうね!

私も頑張ります!

選挙?

そうねぇ。。
トカゲとイヌが手を組むそうですので、このまま続行すると思いますが・・(苦笑)(トカゲはあべさん、イヌはプーチンさんです)


[PR]
みなさん、こんばんわ★

11月22日からパタリと宇宙との光コンタクトができなくなりました(-_-;)

2003年に始まった宇宙意識の拡大により144000という数に到達したのか、あるいは天界の13神へのコンタクトが暗黒分子によって遮られてしまっているのかはわかりません。 もちろん2003年より以前にも光は集合体となっては次元上昇をし、再び集まってはアセンションを繰り返していたとは思いますが、私にもはっきりと何かはわからないのですが、ステージが本当に変わりつつあるように感じています。

b0213435_04822.jpg

太陽フレアの影響によって地球の波動が乱れているからかもしれません。
確かに今日は関東でも大きな地震がありました。
あるいはニビル惑星Xが接近しているからかもしれません。
コンタクトする光分子をさらにふるいにかけ、惑星に連れ戻す素となるものを探しているのかもしれません。

まるで猛スピードで動いていた時間が一瞬でストップしてしまったような、宇宙へ放り出されたような感覚・・・
一緒にみんなで手を取り合って遊んでいた公園から突然すべての人が消えてしまったような光の喪失みたいな感覚・・・

このような話を書くと私はおかしい人間に感じるてしまうかもしれませんね。
まるでスターウォーズやET、プロメテウスのような宇宙空想映画のように感じてしまうかもしれません。でも私の人間的日常は普通どおりで結構忙しいのです(^_^;)

しかし何かが・・・、そう例えばPCで作業したりネットを見たりしている時に画面の裏側でセキュリティソフトが勝手に更新してたりスキャンしてたりしていきなり画面がフリーズしてしまったときのような、そんな感覚が私のインナーコスモスに生じているのですw。


●スーパーソーラーストーム(超太陽嵐)の到来

太陽の内部にあるスターゲイトが開いて、そこからコロナと一緒に暗黒物質か惑星がでてきているからなのか、NASAのサイトにもある太陽フレアの画像を見ていると不思議なほど影が映りこんでいます。UFOは子どもでそれよりももっと大きなものだと思います。
NASAが最も懸念してしているのが超Xクラスの太陽フレアの発生。
2013年頃だと予想されているようでもしもこれが地球に到達すれば、10億人の犠牲者が出るとも言われています。
b0213435_0483956.gif


「スーパーソーラーストームで、地球の磁場が変化します。人工衛星やカーナビなどの通信機器、航空業界、金融システム、コンピューターといった、電子技術に依存している全ての機器が機能しなくなり、世界規模のパニックが起きます。落雷のようなスピードで一瞬にして起こるのです」
地球のN極とS極が入れ替わるポールシフト(地磁気逆転)が起きても、長時間、地磁気が失われて地上が有害な宇宙線に晒されるということにはならないとも言っているそうですが…(・・;)
太陽だけでなく、月、金星、火星、木星もすべて来るべき「時」に向かって、光のゲイトが動いているか開いているか・・他に起因する何かが始まっているのかもしれません。

太陽風、24日早朝に地球直撃!NASAも警告!


●惑星エックス(ニビル)

古代シュメール人にはニビルという名で知られていたこの未知の物体は、地球の何倍もの大きさで3600年ほどの長い周期の軌道で移動しています。この星が再び太陽系に接近するのが2012年から2013年頃と予測されています。
それが天文学にも優れていた古代マヤ人が予測していた大変革がおこる周期と一致していることから、私自身でも今までに色々なサイトをサーチし書籍を読んだりして、真実を探そうとしてきました。

この惑星Xが問題なのではなく、惑星Xが地球に衝突するという可能性があるということではなく、惑星Xが太陽との関係において破壊的な相互作用が起こり、それによって地震や火山の噴火などの天災や通信トラブルによる事故などの人災なのだといわれています。

b0213435_0581067.gif


◎火星サイズの惑星が地球の間近で発見されましたよね
 
表面がマグマの海で覆われている可能性のある太陽系外惑星が、地球の「すぐそば」で偶然に見つかった。科学者にとって興味深いのは、ほぼ火星と同じというその大きさだ。この惑星は、地球より小型の惑星としてはこれまで見つかった中で最も地球から近い距離にあることになる。
ナショジオ


◎新たに6つの惑星と2つの褐色矮星を発見
 
6つの惑星はすべて巨大ガス惑星と考えられ、それぞれ別々の恒星の周りを公転しています。この中には、これまでに巨星の周りで見つかった惑星の中で最も軽いものや、最も重い巨星を回る惑星などが含まれています。一方、2つの褐色矮星は1つの同じ恒星の周りを公転しています。
国立天文台


◎そして…Tyche
 
その存在を研究している天文学者はルイジアナ大学のJohn MateseとDaniel Whitmireによると、その巨大な惑星はOort Cloudという小惑星群(なんと半径1光年)に隠れていて、今まで誰も見た事がないのだとか。
誰も見た事ないのに、なぜ存在が分かるのでしょう?
その存在を証明するのはNASAの赤外線調査のデータ。正式に発表するには、もう少し詳細な分析が必要だそうです。分析にかかる時間は2年ほどの見込み。
b0213435_1282975.gif

Tycheは(太陽と地球の距離)×15000 くらい遠くにあり、大部分が水素とヘリウムでできている星だそうです。太陽の周りを周回しており、衛星と環を持ちます。
表面温度は-73度、周りの小惑星が絶対零度(−273.15度)であることに比べれば、比較的高めです。Whitmire氏によると、その巨大な大きさのため、星ができた時の熱をまだ放出しきっていないためそうです。
ギズモード



あるいは光のコンタクトが出来なくなった理由は、もしかしたら…!?

Death rayのせい・・かもしれません((((;゜Д゜)))



b0213435_172216.gif



こんなときどうするか?!

私の故郷の星が発しているわずかな光の周波数を再びキャッチできるように、深い瞑想と沈黙をします。
自分の中から雑念を追い出し、宇宙とシンクロするように自分が空っぽになり無に帰すまで静まります。

太陽フレアによる撹乱や惑星XかTycheの影響があろうとも、私を地球に送り込んだ星からは必ず光が届いているはずだと信じているからです。

なぜならマヤの予言が語っているのは破滅ではなく、アセンションに向かっての「変容」シフトチェンジなのですから(゜o゜)!

Good Newsといえば、11月22日のニュースにありましたが、銀河団を結ぶ1000万光年の橋をとらえたそうです!
ナショジオ

欧州宇宙機関(ESA)の宇宙探査機プランクが、2つの銀河団「エイベル399」(下)と「エイベル401」(左上)の間に架かる高温ガスの“橋”を発見した。銀河団のペアは地球から約10億光年の距離にあり、ガスの橋は約1000万光年離れた2つの銀河を繋いでいる。


アセンションへの架け橋が具現化されたのは喜ばしいです(*^_^*)

昔のことですが、旅行の仕事でイタリアとスペインへ行った時、飛行機からみた雲の上の光とハワイのマウイ島ビーチで見た光は、ティンカーベルのような妖精の形をしていました♪^^
光がなくなると妖精がいなくなったような寂しさを感じるんです(>_<)w

戻ってきてー(笑)!!
[PR]
みなさん、こんにちわ☆

今朝、窓の外から入ってくる気持ちのよい秋風に起こされました。
「風が優しくなったなぁ~(*^▽^*)/」
カーテンを開けて窓から空を眺めると、そこにはお魚の形をした雲が浮んでいました。しかしそのお魚はよく見ると骨と頭の部分しかはっきりした輪郭をもっておらず、肉の部分は筋状に透明になっていて青空が透けてみえていました。

魚が透明になっていく。。。

この雲をみた私はお魚の精霊が「海が変わった」ことを伝えにきたように感じました。

2012年12月21日カトゥン・4アハウも終わりに近づきつつあります。
変容の時は近づいています。

万物の上に君臨する光の神々は、地球世界を本来の美しい姿に戻すため、天意をもって為すべきことを遂げようとされているのでしょうか…!?

マヤ暦「1バクトゥン(5125年)」というの長い暦の終わりはすぐそこまでやってきました。
古代マヤ族にとって未来と過去はシンクロするように見えていたのでしょうか!?
マヤ予言のことばと現在を照らし合わせてみると、マヤ神官の未来透視力には圧倒されます。驚くこと多かりきです(゜o゜)!

マヤ神話「カトゥンの予言」に書かれていることは、この夏あたりから世界中次々と起こり始め、実現する加速度も増しています。

中国やインドでは洪水が発生し、中米やアフリカなどでは火山の噴火が激しくありました。
地震はほぼ毎日世界のどこかで発生し、巨大な雹が降るほどの嵐は地上の家々を破壊して荒れ狂います。
人間のストレスは爆発寸前で、中国の反日デモや中東の反米感情が過激化してる様子をみると悪魔の形相に近く、恐ろしいところまできています。

世界中の報道記事を目にするたびに出るのはため息だけ。そして残るのは心の痛み。。

b0213435_12173014.jpg

(天文古玩さんブログより画像を拝借しました)

太陽も放射熱で毒麦を焼き尽くそうとでもしているのでしょうか!
今年の9月は暑い日が続きました。


・カトゥン4アハウの一節

「曙光は壺の水をあける神・アーポココルの尾だろうが、その顔は隠されているだろう。 死がその顔だろう。 誰もそれに献身を示さないだろうから、すべての者がパンと水のために泣くだろう。 その命令は強いだろう。 それは自分だけに人々が従うことを要求するが、彼らは大地の首長たち、カトゥン4アハウの治世の奉仕者たちの政府に従おうとしないだろう。 ・・・もはや服従しようとする心がないから、力だけが服従を獲ち取るだろう。」


人々は「死」が顔となってることに気づかず、政府にも従わず、服従する心がなくなった民衆はパンと水のために集団で暴徒化し、力だけが服従を獲ち取るとは、古代マヤの神官は現代のこの世界を透視していたのでしょうか?!


18日から「死」のトレセーナ周期が始まりました。

アステカ&マヤの神々は「周期」の見守り役と「日」の見守り役が分担されています。
「死」の日を見守る神は「テクシステカトル」という月の神です。白い貝を背負う賢者ともいわれる天体・星辰の神さまです。

一方「死」の13日間周期を見守る神は「トナテイウ」太陽神で挑戦の神です。
凶暴性をもった火の女神ともいわれ、第5の太陽(現在の太陽)の時代を象徴する自然の神です。
複雑に絡み合いながら「時の重荷」を担ぎ合っているというわけです。

また死の周期には秋分の日もやってきます。
春分の日に降臨したケツァルコアトルは、秋分の日に再び天に戻っていきます。
地上のありのままの様子をみたケツァルコアトルは、天に戻り、天の神々に報告し、天の円卓会議で今後の新しい時代の相談でもされるのかもしれません(*^_^*)


意図的な計画やNWOなども含め、今世界中でおこっている社会問題や自然現象などすべてをマヤの世界観からみると、これから新しい時代へ向かうための「洗礼」か「通過儀式」のようなものにも感じます。

光の世界では善悪という二元性はありませんし、相反するものは相反しているだけのことで戦うに値するものではないし、4つの方角はあっても右も左も上も下もない。
個の意志は天の大いなる意志に吸収され、統合されているのが光の世界です。
善なるものは悪なるものと統合されてしまっています。

対極にある陰陽は、一なるものから生まれ、陰には生と死の側面があり陽にも生と死の側面がある。そうして分かれてはいくけれどもやっぱり1つであることに変わりはありません。

マヤの予言がどこまで人類に警告を与えているのか、与えていないのか私に答えはありません。
でも暦のなかで動く「時の守護者」を時代や国家と照らしてみれば、自ずと見えてくるものがあるのですから、それをきちんと説明できるようにならなければマヤの予言たる意味がない。
古代マヤ文明の遺跡や神話や象徴が告げる文化遺産が守ってきた本当の世界観が、どこまで世界を救える・変えることができるかはわかりません。

しかし伝えていくことは大事なのだと思っています。

映画プロメテウスに出てくるお話のように、世界中にある古代文明の謎や古代文字・シンボルなどをどんどん突き詰めて調べていくと、実はそこには共通する概念や儀式、類似する天の叡智が語られているというのは真実のように感じます。

b0213435_12385511.gif

マヤの予言書にある内容は、聖書の創世記や黙示、ダニエル、エゼキエル書、偽典、古文書、エジプトの古文書やコルブリンバイブル・・・数えたらきりがないほどの書物のなかに同じように語られているからです。
b0213435_1232448.gif


私たちが知っている知識や情報はおそらく、既に地球総人口のわずか1%によって「選別」されたものだけしか流出していないことでしょう。
さらにその選別されたなかにも、偽や企が落とし込まれているものもあり、救いを知らせるものもあることでしょう。


コルブリンバイブル3章より

「そこで人々は心が落ち着かず、何を求めればよいか分からず、不安と疑念に悩まされる。 莫大な富はあれども心は貧しい。 そこへ天が揺れ、大地が動き、人々は恐怖に震えおののき、恐怖がともに歩く一方破滅のさきがけが現れる。 泥棒が墓に近づくように音もなく忍び寄り、人々はその正体が分からない。 人々は欺かれ、破壊者の時間が始まろうとする」




ハロウィンあたりから11月11日前後は、注意しなければいけない「とき」のように感じています。

プロメテウス映画 本予告

[PR]
みなさん、こんにちわ☆

暑いですね~!

8月はとても暑くなるという予報も出ていますが、気合と体力だけでは乗り切れそうもない気がしますよねぇw

太陽光エネルギーもギラギラですし。。
熱・湿・エネルギーと体内に溜め込んだまま、ゆっくり眠りなさい♪と言われても・・・(~ヘ~;)ウーン
ゆっくり休んでね!といわれても・・・( ̄ヘ ̄;)ウーン

その上オリンピックも始まるわけで、世界中が暑く熱くなるんですからねー(*^^)v


実はマヤの予言を再び研究確認していたら、大変興味深い「あること」に気がつきまして、そのことを調べていたらまた別の「あること」に気がついて・・・何だかとても不思議な解明が始まっております。

文章にするにはもう少し時間が必要なのですが、今日は私の推察を少しだけ。。。

いろいろとマヤのピラミッドや遺跡の象徴、予言を別の視点から確認しているのですが、もしかしたら古代マヤ族は、今まさに私たち現代人が人類滅亡の危機として感じている「気象操作」について、既に知っていた!また予知していたのではないか!?ということを予言から感じています。

米国やアフリカ、インドなど世界のあちこちで大旱魃による被害と穀物の打撃が大きく報じられていますよね。大変深刻な問題です。
気象操作によるものから来ているのではないか?!とも言われています。


みなさんは「プラズマ」や「HAARP」というものをご存知でしょうか?!

プラズマの語源

英語のplasmaは母体、基盤、そして鋳型 (mold) といった意味のギリシア語をもとにしている。放電現象が放電管の中で隅々まで広がる様子を見てラングミュアが命名したといわれている。

元のギリシア語は宗教用語としても使われ、神に創造されたものといった意味で使われていたことから、神秘的なもの、霊的なものとも結び付けられ、エクトプラズム (ect plasm) といった用語もある。
by Wiki

プラズマは物質の三態、すなわち固体、液体、気体とは異なった、物質の第四態といわれています。
古代ギリシアで考えられていた、世界を形成する4つの根源であり、「地」は固体、「水」は液体、「空気」は気体、「火」はプラズマ (炎はプラズマの一種) に対応するとして、ウィリアム・クルックスが、放電現象に対して「第4の物質の状態」という言葉を最初に用いたそうです。

また、プラズマは何らかのエネルギーが外部から供給されてゆらぎが生じると、不安定な様相を見せます。 プラズマがゆらいで発生するフィラメント状の構造の代表的な例は、オーロラとして観察できます。


HAARP

高周波活性オーロラ調査プログラム(略称HAARP)は、アメリカで行われている高層大気研究プロジェクトだといわれる装置です。(表向きは。)
b0213435_15361616.gif

HAARP施設は世界中にあります。もちろん日本にも。
世界に広がるHAARP施設(高周波活性オーロラ調査プログラム)
b0213435_15364773.gif


古代マヤの人たちは空に「ある不思議なもの」を見ていたのです!!

内容がまとまったら、記事をアップします^^!


☆マヤ暦占い 7月31日までキャンペーン実施中です!
ぜひ、マヤの神秘をお試しくださいませ~~

人気占い師ならエキサイト

[PR]

私、怒ってるんです!

みなさん、こんばんわ。

今日は私、いかってるんです(ー_ー)!!
右を見ても左を向いても、毎日毎日耳を疑うようなニュースばかりで辟易してしまいます。

日本国家を建てなおそう!
真剣に「国政」に取り組もう!
日本民族をまもり通そう!

本気でいのちを燃やす覚悟のある政治家はいないのでしょうか?

b0213435_04941.jpg

日本は戦争に負けたのだから仕方がないのよ。
福島原発事故は事故じゃない、狙われてたの。仕掛けられたのよ。
巨大地震がまた日本を襲うから原発は稼動させちゃいけないというけど、そうはいっても食べるためには仕方ないのよ。

・・・
そんなことないでしょっ!!

たとえもし今も日本がアメリカ植民地のように支配下に置かれているとしても(そうは思いたくないが)、そこからNOといえる新しい道が絶対にある!!


石原東京都知事が尖閣諸島を買う!といえば「それなら国で・・・(-_-;)」みたいなことを言ったり、大阪都構想が橋本氏によって動き出すと「それなら国も・・」などと言い出す。

沖縄普天間基地施設移設問題だって、福島原発事故がまだ未解決で痛手も大きい「いま」なのに多額の移設整備費用を要求されてその支払いの減額のために戦えないとか。。。

挙句の果てに「サルもおだてりゃ木に登る」作戦にニヤリとしてしまうとか。。(-_-;)

日本の中を見たっておなじ。
まるで国内党派戦争か? 洗脳か? ギャンブルか?と疑いたくなるほど権力を武器にして戦っているおじさん方。

それって「政治ごっこ」でしょ!みたいな。。

窮地に立たされれば影のリーダーの指示を仰ぎ、自力では解決できない子どものようにも見えたりするし(~_~;)


ほんとにマジで国家を統率・統制できる指導者はいないのかしらねぇ?

田中角栄さんは子ども心にすごくカッコいい総理大臣に見えましたよ♪
b0213435_0182526.jpg

今の私にはロシアのプーチン首相や、先日殺されてしまったリビアの最高指導者カダフィーもかっこよく見えます。

独裁者だと叫ばれようがいい!のではないでしょうか?
独裁的存在者が出ないとしっかりした対立は生まれないし、対立に挑戦する者も出てこない。

独裁が敵なのではなく【恐れ】が敵なのですよ。
困ったものです。

ギリシャ・スペイン・ポルトガルと国家破綻や国内銀行破たんが現実となれば、世界中で危機の連鎖がおこりワールドクライシス!
日本国内だって当然大変なこととなってしまいますのに。。

そのうえ銀河系宇宙のなかで最も大切な「太陽」まで磁場が反転するっていうこの大事な時に。

「太陽活動が異常なほど低下する「極小期」に間もなく突入する!
磁石のS極とN極がひっくり返るような磁場の反転が、太陽の北極で起きつつあることを国立天文台などのチームが観測し、19日発表した。」
b0213435_0213356.jpg


宇宙開発委員会議事録での委員長とJAXAの担当との会話の一部

Q:極の反転について、太陽は北極、南極が完全に変わるのですか?
A:そうですね。こっちがプラスでこっちがマイナスだと、ものが動くわけではないですが、極がサインカーブみたいに反転してしまいます。
Q:ほんとうに変わるのですか。
A:地球は不規則に何万年に1回、パッと変わるようです。太陽は、古記録を見ると、今まではサインカーブ的に比較的規則正しく変わっていましたが、今回初めて2年ずれてしまいました。同じ極性になりそうだという変な状況になりましたね。
....

A:本来なら今度の太陽活動期の極大期である2013年後半から2014年あたりに極のゼロを通る反転が起きるはずですが、今はもう数カ月以内に起きそうだということです。そうすると、2014年に起きるのが2011年後半に起きているので、そういう意味で約2年早いということです。

元記事


あとは小沢一郎氏の無罪判決を待つのみ!
ですか…

「18日のインターネット番組では、消費増税や環太平洋経済連携協定(TPP)、原発再稼働をめぐる野田政権のスタンスを厳しく批判したうえで、「天命だとすれば、私はどんな役割でもする」と強調。9月の党代表選出馬への意欲とも受け取れる発言をした。」
(by YOMIURI ONLINE)


「小沢一郎氏冤罪事件の流れをみていた方は、この事件が非常に怪しく、最初から無理矢理に仕組まれたものであると、言うまでも無く、分かっていらっしゃると思います。ただ、こうした実態をもっともっと広めていかないと、今までのようにやり過ごそうとするんじゃないかと思います。
 これは勿論、汚染瓦礫もそうだし、こっそり用意された情報統制法の類、コンピュータ監視法に鳥インフル特措法に、現在問題の違法ダウンロードの件も同様です。
 前にも書きましたが、沢山の非常に重大な問題が重なって起きています。その同時多発の中で皆の目を欺こうとしている、そんな思惑を感じます。
 小沢一郎氏の件も、この4/26前後に、何かほかの事件やスキャンダルやらを用意して欺こうとするものがあるかもしれません。気をつけておくに、越したことはないでしょう。」
ブログ元記事


あ!そうそう。
26日に判決が言い渡されるそうですが、マヤ暦では「ワニ」の日ですが小沢氏も「ワニ」ですね。
b0213435_0261627.png


地球も時代も変わろうとしているというこの大変な時期に「陣取り合戦ごっこ」している場合じゃありません!

もっと真剣に日本の未来を考えてください(ー_ー)!!怒り心頭!


2012年は「変化・変容」の年です。

マヤの予言どおり世界は変容します!
シフトチェンジするω意識に地球意識が追いついていかれないと、変化できずに振り回されてごちゃごちゃになる。

意識が混乱し始めているのは、時が近づいているからです。

「天が地に接近し、一日のうちにすべてのものが滅び去った。山もまた水の中に隠れた。・・岩が地面のすべてを覆い、溶岩がものすごい音をたてて沸騰し、赤い色の山が舞い上がった。」
「大洪水が起こった。あたり一面が暗くなり、黒い色の雨が降り始めた。雨は昼も夜もどしゃぶりに降った。」

マヤの古文書は「黒い顔」をした邪悪な王たちが、核兵器による戦いを続けたため、地球は滅んだということを伝えていますが、それは「黒い顔」をした人たちが「何者かを知っている」ことを意味しています。

そして実は兵器が核兵器とは限らず「黒い顔」をした邪悪な王が人間とは限らない。。。のですよ!

学者や研究者たちが遺跡や海底洞窟などを調べたところ、1万2千年前氷河時代のころ地球規模の異変があったことを物語るものを多く発見したそうです。

また古代マヤの人々が金星の運行などを中心に天体観測をしていたのは、太陽の黒点周期を調べるためでもあったのではないか!ともいわれています。
そしてマヤ族は太陽の磁場が逆転することを「パレンケの蓋」に暗号として未来へとメッセージを残していたというモーリス・コットレルの理論にも納得できるところがあります。

人類が滅亡するのではなく時代が終わるのです。
時代の終わりとともに変わるのは「世界」であり「意識」です。

人類が「地球意識」からはなれ、光の速度を超えた「宇宙次元ω意識」へとシフトチェンジしていくためにパラレルワールドは存在しているのです。
もうすぐ宇宙人がやってきますよ(゜o゜)!
(あれ…?! もう来てたっけ♪^^)

☆マヤ「春」セミナー参加受付中!
「地球意識の変化に向けて」
ポールシフトにより地球意識が混乱しないよう、シフトチェンジの意味を理解するとともに、統合された新しい自分を創造していくためにどうすればいいかなどについてお話いたします。
[PR]
2012マヤ暦★幸運の予言

スマートフォンでの登録について新しいお知らせです。

16日、予定通りドコモよりリリースを開始いたしました。
無事にその日を迎えられて、嬉しい!
でも・・・
私もはやく登録したい!!

そっかぁ。。
今日はドコモだけなんだよなぁ。

「スマホなら登録できますよ♪」

エムティーアイさんは『mopita』というスマホ向け独自の決済システムを持っているため、そちらからであれば登録できる!との事(^_^)/~

早速、わたしも登録しました!
b0213435_1711547.jpg


ドコモだけでなくソフトバンク、AUのスマートフォンからでも、エムティーアイさんの決済システム「mopita」(会員認証システム)を利用するのであれば、今日からでも登録が可能なのです!

ソフトバンクとAUのスマートフォンでのキャリア独自の決済に対応するのは、来月以降になるそうです。
しかしmopitaからクレジットカード決済として登録するのであれば、今すぐに課金登録が可能なのです^^!

コンテンツ登録へのQRコードはこちら↓
b0213435_1785877.gif


◆スマホ
http://maya.uranai.mopita.com/

携帯からの登録は、ソフトバンク18日、AU19日となっております。

占いコンテンツとしてのイメージが進化したような、素晴らしいデザインとなっております。
是非スマホでお試しいただければと存じます!
[PR]
真夜中にこんばんわ。

2004年のスマトラ島沖地震と去年の東関東大震災の記憶が、私を寝かせてくれなくなりました。
去年はニュージーランドに続いた日本の巨大地震でした。

3・11は強烈な地震だっただけに、どうしても意味を調べないといられなかった。
それほど神の予言的意志をリーディングしようと夢中で試みたことも記憶に新しいです。

スマトラ沖ではM8.6の巨大地震の後もずっと余震が続いていますし、2時間後には再びM8.2の地震が発生。今も揺れ続けていて、まるで日本の3・11の再来みたいです。



いったいどうしたというのでしょう!
「11」に現れる悪魔の呪いか、「11」に合わせた天の警告か、さもなければ「11」を意図的に狙った人類の悪者の仕業なのか?!

私自身は東関東大震災3・11の地震が人口によるものであったという論説も信じるし、大地の女神が人類に警告を与えているという神々からのメッセージであることも信じます。
さらにいえば、すべては大きな意志によって、宇宙大計画が進められていて地球を我がものにしたい!と企む一握りの選民と称する人々によって宇宙操作されていることも信じます。

が・・・
それでも私は必ず全てに通ずる「共時的な意味」があるものだと信じるため、スピリチュアル的なものをマヤのシンボルを使って探求せざるを得ないのです。
b0213435_225575.gif


3・11の時は、9Naniaがエレニン彗星が太陽系の惑星の配置に関わり地球に影響を与えるだろうと予言したことで、私も夢中で調べていました。
9Nania
エレニン彗星

最近あまり9Naniaの情報については書いていませんでしたが、彼女は自身の動画サイトでプラネットXによる軸のシフトが何故2012年3月22日に起こらないの?!と見解を述べていました。



22日が11日に変更になっただけかもよ!?

北朝鮮のロケット「銀河3号」を打ち上げが明日12日だとして、もし地震エリアのターゲットがインドネシアから北朝鮮に移ったとしたら、ロケットはどうなるのか?地震で倒れたりしないのか?大地に変わる「何か」が、ロケットの打ち上げを地震によって阻止しようとしているのかもしれませんよね?

マヤ暦でみると・・
2011年3月11日、マヤ暦では「シカ」周期の「水」の日でした。
2012年4月11日の今日、マヤ暦では「香」周期の「死」の日でした。

「シカ」周期の守護神は「テペヨリョトル」という山の心臓をもつ神様で、「香」の周期は「トラソルテオトル」という大地の王で誕生を守る神様です。

「水」は「死」に至るという未来への予言なのでしょうか?!
山の心臓をもつ神が、大地の王に座を譲ったとしたら・・・

マヤの象徴的に解釈すると、水は心の綺麗さ、精神の純粋さを象徴しているサインですが、死は地下の源泉からパワーと成長をあふれ出す黄泉の国や世界との縁結び役のサインです。
だとすれば「精神・心の純粋性」が「変容して究極的に解除される」という意味としても成り立ちます。

まだ何がおこるか予断は許せない状態です。
少し注意深く洞察していきたいとおもいます。
また象徴的理解ができたら、アップしていきます。

関連記事:
マヤ暦と大地震との関係〔1〕
マヤ暦の予言と地震(プレアデス星団の関係)の関係〔2〕
[PR]
みなさん、こんにちわ☆

昨日は本当に大変な春の嵐でした!
日本の天空では春の訪れを目前に、雨と光の神「トラロク」と風の神「ケツァルコアトル」が水と嵐の女神「チャルチウトリクエ」をめぐって、恋の奪い合いか揉め事でもおこして大喧嘩をやらかしたのかもしれませんね~(^_^;)
よくあることです♪

2012年12月21日といえば、マヤの予言どおり人類滅亡か! 映画「2012」で注目を集めてから特に有名な日となりました。
b0213435_1220425.gif


明日4月5日はマヤ暦では「祖先・4」。
祖先4から数えてちょうど「1ツォルキン(神聖暦)」=260日廻ると「その日」がやってきます!

マヤカレンダーであらわすと・・

b0213435_1227202.jpg

マヤカレンダー「長期暦(ロングカウント)」が始まったとされているのは、グレゴリオ暦でいうと紀元前3114年9月6日。
その日から数えて4月5日は、1,871,740日目ということになります。

5125年ほどのなが~い時の歴史を、人類はたどってきたことになるのですね^^

上の画像では長期暦が「12.19.19.5.0」と書かれていますが、260日(20のデイサイン×13の数)経過した12月21日になると、20進法であるマヤ暦では位が繰り上がって次のようになります。

2012年12月21日・・・「13.0.0.0.0」
b0213435_1230644.jpg

12月21日「4アハウ」というデイサインが1つの長い時代の終わりを告げる「時の担ぎ手」となり、同時に新しく始まる1バクツン(144,000日)の始まりを知らせる守護者となるわけです。

また時をちょうど同じくして宇宙でも美の競演が楽しめます。

日没後の西の空には、高いところに金星、やや低いところには木星のふたつの惑星が綺麗にみえますが、4月2日から5日にかけて金星とおうし座のプレアデス星団は、下の星図のように大接近します。
b0213435_12382146.gif

プレアデス7姉妹と愛の女神ヴィーナスの美の競演が楽しめそうです!

マヤの神々の象徴からみた空は・・・
○金星=「香」ショロトル(宵の明星)
○プレアデス星=センテオトル・コーンの女神(7蛇)でケツァルコアトルによって連れてこられた
○「祖先」=ショチケツァール、愛・花・喜び・美の女神

天の星空ではマヤの神々「愛と美の女神たち」が集まって、新しい時代を告げる時神様フナブ・クの到来を待ち望み、皆で喜びを分かち合っているかのようですね!

これからやってくる5月~6月の星空の祝宴が楽しみです。

b0213435_12524729.jpg

みなさんにも260日後の神聖暦が1周したとき、新しい時代を生きるための内なるホーリースピリットと出会い、次なる時代にマッチした本当の幸せを手にしてほしいと願っています。

そういえば私のお客様の一人に「2012年12月21日が記念すべき日なら、その日に赤ちゃんを産みたいな!」とおっしゃられた方がいらっしゃいました☆( ´ ▽ ` )ノ
素敵な発想ですよね^^♪
新しい時代に相応しいビックイベントの計画です!

自分の殻を破った価値観を見つける最高の記念日にしてほしいと思います。

たとえ地球が滅亡したとしても後悔のないように!(*^^)v
I'm just joking!

次回は「マヤ幸運の予言・・・◆」超ラッキーなお知らせをいたします!
お楽しみに★( ´ ▽ ` )!
b0213435_1342240.gif

[PR]
みなさん、こんばんわ★

太陽系と地球が存在している次元膜のねじれが最近ひどくて、自分が雑巾になったような感覚になっているこの頃です(^_^;)

3月27日、マヤ暦では神聖暦を祝う「サル・8」の日でした。
この日は1サイクル260日という「マヤ神聖暦(マヤツォルキン)」をお祝いする特別な日。

グァテマラのモモステナンゴでは、長老ドン・リゴをはじめとしたスペシャルゲストとともに、火のセレモニーが行われ大きな祝祭がおこなわれたようです。
b0213435_1245960.jpg

私たち一人ひとりがマヤの聖なる時間とともに、カレンダーツォルキン暦の神秘ナーカルを受け入れ、時のリズムを感じてゆく時の記念日となりました。

神聖暦の祝日である「サル・8」は、2012年12月21日マヤ長期暦の終わりとなる数日前の「12月12日('12:12:12)」に再び廻ってきます。
いったい何がおこるのでしょうねー?!
ワクワク
ドキドキ♪

オカさんのブログ記事から「水星」について少しご紹介しましょう。

b0213435_1264695.jpg


水星の真実: 探査機メッセンジャーの撮影で水星の「何か」がわかるかもしれない(1)

中世の神秘学では、「この世(地球)」を下から支えているのは「水星」のようなのです。
水星が太陽系の中で最も重要な意味を持つ惑星だと書いたことにはそのような理由があります。

たとえば、下のような1枚すべてがイラストのページがあります。
書かれているラテン語はわからなくても、この絵の中で最も数多く描かれているのが水星です。この絵だけは縮尺したため見づらいですので、イラスト内に注釈を入れさせていただきました。

b0213435_1342964.jpg


上のイラストからは、太陽も月も、そして、男も女も、すべて水星に支えられていることが何となくイメージとして伝わってきます。さらに、中央の絵の真ん中にいる立派そうな男性の頭上に輝いているのも、「太陽ではなく水星」です。

その男性は6個の「7」の数に囲まれた六芒星の中にいます。
太陽や月はその下に並んでいるのがおわかりでしょうか。

あらゆる存在を水星が支えている。
少なくとも薔薇十字の古書では、そうなっているということになりそうです。

水星の真実: 探査機メッセンジャーの撮影で水星の「何か」がわかるかもしれない(2)

どうして科学者たちは、オニール博士のように「水星はすでに死んだ惑星だ」と思っていたかというと、「惑星は生まれて死んでいく」という認識を持っていたからです。

でも、その水星は死んでいなかった。
そして、(ここからは私のいい加減な意見ですが)水星は永遠に死なない。
あるいは、太陽系の他の惑星もそうかもしれない。

ここで私たちが考えなければならないことはこの「永遠」という言葉の定義です。

これは書き始めると長くなりますので、ひとことでの書き方ですと、「永遠」は「一瞬」と同義かもしれないということが、最近わかり始めています。

----抜粋にて引用ここまで----

永遠は一瞬と同じ! 私もそう思います。
永遠は一瞬にして終わり、一瞬にして永遠は生まれます。
(^_-)-☆

錬金術を学ぶと「水星、マーキュリー」がどれほど大切な役割を占めているかということに深く惹きつけられるのです。
エメラルドタブレットによれば、
・聖杯は、両性具有を意味する水星で支えられている。
・水星は男性と女性の両方の性質を持つ。

つまり対象となるものを結びつけることをあらわしていて、それはマヤ暦の生命樹でみる正反対である「生」と「死」のグループを結びつけるという象徴と同じでもあります。


b0213435_1372977.png

b0213435_1375144.gif


とても注意深い象徴を読み解きをされているので、興味のある方はぜひお読みになると面白いと思います。


マヤ暦にとって「2012年12月21日」はとても大切な日。
そしてマヤの予言も大切な教えです。古代マヤ族の神官が、未来の私たちのためにと残してくれた「時」を読みとる叡智だからです。
b0213435_142359.jpg

いま私たちは時代の終わりに向かって進んでいます。
それと同時に「新しい時代の始まり」に向かっています。
私たち人類は古いシステムや基盤の崩壊・禊・脱皮・変容をこの数年間で数多く直面しています。またこれからも数十年~数百年かけて直面していきます。
ただ変化が著しく見えるのは2012年に向かって前後100年の200年間、前後10年の20年間、もっと直近でいえば前後1年の2年間です。
その期間は、まるで地球が滅亡してしまうのではないかと思われるほどに、激しく変化していくように地球意識にはうつるはずですし、史実としても残るでしょう。

ただそれらの変化は、短期間に生じる破壊的滅亡などのようなものではなく、数百年前から徐々に始まっていたことが少しずつ形となって現れてきているだけです。

ハレー彗星やのエレニン彗星が地球に接近したときのように、遠くから地球という惑星に近づき、世界中を驚愕と恐怖の渦に巻き込みますが、通過するのはあっという間の数日間の出来事です。それが真実です。

2012年5月と12月は、マヤ暦のサインや天体現象、そして周期を見守る神々の役割をあわせてリーディングしてみると、とても大きな変化のある「重要な時」であることがわかります。

これは私の直感予想ですが、5月に世界のどこかでとても大きな変化あるいは歴史に刻むこととなるような事象がおこるかも!と感じています。
そしてそこから12月に向かって「ひねり」と「うねり」が始まります。(実際にはもう既に始まっていますが)


おそらく次元膜のねじれとゆがみが進み、これまで見えなかったブラックホールのほんの小さな穴から、一気に時空の裂け目が広がり始めるかもしれません。

人によっては意識が隣の銀河に飛ぶことが容易になるでしょうし、惑星間瞬間移動も簡単になるでしょう。

タイムマシンなんていらない。
意識と無意識の壁である次元膜のゆがみと揺れ加減によっては、素粒子である自我意識は瞬時に過去と未来間を移動可能となるのかもしれません。

こんなことを言うと「アホか!」と思われるかもしれませんが、UFOに乗ることはそんなに難しいことではありませんよ♪

というわけで、神聖暦の祝日は素晴らしい祝宴で始まりました。
これからやってくる素晴らしい変化・変容という祝宴の時を、ぜひ期待して冒険、チャレンジ、無茶をしてみてくださいませね!
b0213435_156287.jpg

4月に入ってからブログでは、素晴らしいお知らせがご案内できると思います(^_-)-☆

お楽しみに~♪
[PR]
みなさん、こんばんわ★

季節の春はもうすぐそこまで来ていますね~♪

しかし去年は悲しい東北関東大震災あったし・・
今年は瓦礫や原発の問題に、経済的ダメージ進行中だし・・

日本国民が、気持ちのよ~い安心した「春」が迎えられるのは
いったいいつになるのでしょうか!?

本気で呆れモード全開ですっ!!(-"-)

いやぁ。。日本だけじゃないかな。世界に対してでしょうか。

ある特定一部の人を除いてはおそらく、経済も法律も福祉も教育も何も特別な意味はないのかなぁと思ったりします。人類は「ゴイム」と呼ばれているそうですからww(-_-;)

私たち庶民は「意志」というものをもってはいけない!
働き蜂でありなさい!

なんだぁ~ 単なる「洗脳国家」ですかw


そんなことを感じるこの頃です。

19~21日までブログ更新と鑑定をお休みいたします。

◆☆◆^^

春分の日に寄せて、古代マヤ文明の神秘関連の番組をお知らせしまーす!

22日(木)「死・3」の日、フジテレビ「奇跡体験!アンビリバボー」では、スペシャルを組んでいるようです。
「古代マヤ族の人類滅亡の予言」に迫る!! その謎を探るべくアンビリ取材班はマヤ遺跡を訪れた!

そうそう春分の日直後だしね~~♪ 

b0213435_1304215.jpg


奇跡体験!アンビリバボーSP
19:00~20:54

【番組予告】
後半の「人類滅亡のミステリー」では、古代マヤ文明の謎を特集する。“2012年12月21日に人類が地球から消える…”、古代マヤ族の人類滅亡の予言である。あと9カ月後に予言通り人類滅亡の日が来るのだろうか?数々の予言により未来を言い当ててきた約1300年前のマヤ文明。その謎を探るべくアンビリ取材班はマヤ遺跡を訪れた。地中奥深くに眠るマヤ文明の痕跡…その水中遺跡で驚くべき映像の撮影に成功!マヤ文明滅亡の理由とは?水中に沈んだ地下世界に何があるというのか?今、その謎を解き明かす!

b0213435_143595.jpg

どこまでマヤの神秘に近づいているかはわかりませんが、春分の日チチェン・イッツァのカスティーヨピラミッドに、空飛ぶヘビ・ククルカンが舞い降りて直後の放送になりますからね!

収録に意味があるだけでなく放映される日に意味があると思いますので、神秘の意味を見つけられるといいなぁと思っています。

以前ククルカンピラミッドに天から光が差し込んだという不思議な記事を目にしました。

マヤの特集番組ではおなじみの浅川嘉富氏のHPより

・ククルカンの神殿の「光の柱」

b0213435_1442837.jpg


時は2012年!
5125年というながーい長期暦「時代」が終わろうとしている年。
季節は春を告げる春分。

番組に不思議なものが映らないとも限りません^^;

お楽しみにーーー(^_^)/~
[PR]