「ほっ」と。キャンペーン

タグ:マヤ占い ( 74 ) タグの人気記事

マヤ占い「8月の運勢」

みなさん、こんにちわ。

今日から8月、夏も本番!
b0213435_167579.jpg

と思いきやそう暑くなく^_^;、過ごしやすい日が続いています。
節電を気にしてクーラーを調整したりしなくていいね!^^

さて、エレニン彗星の接近や太陽フレアの爆発、押し寄せる巨大地震の余震だか本震も気になるところですが、今月の運勢も気になりますよね(^_^;)!

8月のマヤカレンダーをみますと、13日周期の王となっているのは
「イヌ」「夜」「コンドル」です。

この3つのサインに共通しているのは、穏やかに人の心に寄り添っていくという力です
困っていると放っておけず、気をかけるだけでなく心までかけてしまうという「寄り添いスピリット」をもつ一族のサインたちです。

世界も地球も騒がしいけれど、ナーカル守護者のレベルでは陰陽のエネルギーがバランスいいようです。個人のレベルでも調整しやすい月になりそうです。

【8月の全体運】
b0213435_16134384.gif

◇前半は「相手の喜ぶ顔がみたい」「うれしい気分でおしゃべりしたい」「少しだけ手をつないで寄り添いたい」「昼間より夜のほうが恋愛が成就しやすい」
ウキウキ気分が少し信頼に変わるときだと意識しながら、人間関係や好きな人に心を寄せるといいかもしれませんね。
ただし8月10日と11日はエネルギーの強いサインと数がやってきますので、慎重さが必要です。
特に怒りや嫉妬、迷いや疑いの感情を爆発させると取り返しのつかないことに発展してしまいます。
心を見張って穏やかを忘れずに過ごしましょうね!

◇後半は「本音と建前を上手にみわけてアプローチ」「胸に手をあてて自分の気持ちを確かめる」「感謝の気持ちを素直に伝える」「癒しと赦しをまずは自分から」「相手を追い詰めるような言葉は避ける」
癒しの精霊もおりてきますので、意識しすぎて失敗するより求めずにあるがままにいるほうが上手くいくときです。
8月23日と24日はチャンスと成功運をもつ神さまが魔法の杖をもってやってきます。
ただし、欲が強かったり感情の起伏が激しかったりすると、チャンスは逆に足元を救われる要因にもなりがちです。
成功を望むなら24日に願掛けの意思を固めると大吉です♪

○とくに8月中運気のよいサイン:夜、コンドル、イヌ、水、ワシ、香

★サイン攻略ポイント
b0213435_1671293.gif

何回かにわけて、サイン別の攻略ポイントを少しご紹介してみようと思います。
相性の良し悪しだけでなく、相手のサインの特性を知ってどうアプローチしていくかを考えることで、お互いの関係がうまくいくこともあります。

参考にしてみてくださいね~^^
第一回目は・・「嵐」
「嵐の一族とつきあうには?!」
b0213435_16123057.gif

嵐のサインをもつ人と話すとき、ふつうに常識的にみると「ちょっとむかつき」ます。素直に話してくれる人ばかりではないのが「嵐」だからでしょうか!^^;
嵐の人は心を隠すのが得意なのです。
時に凶暴的で挑戦的、あつい人だと思えば冷酷で残忍的な一面ももっています。
つまり「取り扱いにご注意ください」という一族なのです。あっ!別に悪い意味ではありませんよ(*^_^*)
嵐の守護神は「太陽神」で、スピリットはマヤのケツァール鳥だといわれます。
つまり人を救うためのスピリットをもって生まれた高貴な一族なのにも関わらず、嵐のカルマが重いために利己的でつっけんどんになってしまうのです。

嵐の人を降伏させるにはどうすればいいか?!
1)嵐のカルマが一掃され、雲がときのぞかれ、晴れて太陽の光が眩しく輝いて見えるようになるまで腹を決め、とことん奉仕して付き合ってみる。
2)嵐の奥深くに隠しもっている純粋な光、高貴なナワールを信じて、辛抱強く「とき」を待つ。
3)個性も頭脳も血と情熱ももっているので、普通に好きとか付き合いたいとか言葉で言っても無理ですからね! その人の個性や好みをとことん調査・分析し、不足しているものを補っていくことを生きがいのように感じる自分を演じる。

(^_^)/~
お試しあれ~~

注:嵐の人がもつ「数秘」の違いによって多少異なる性質もあります。
1と13をもつ人ではずいぶんと違いますので、詳しいことは鑑定でどうぞ^^♪

人気占い師ならエキサイト

[PR]

3つの死・・ニヒリズム

みなさん、こんにちわ。

最近のニュースを読んだり報道番組を見たりしていると、将来への不安感や世の中の不条理と精神の欠如感を感じて、何もしたくない・考えたくないww症候群に私は陥ってしまっておりますが、皆様は大丈夫でしょうか^^;?

みなさんは「ニヒリズム」という言葉をご存知でしょうか。
それはそれはこわ~い病や悪霊のようなものですが・・(>_<)

ニヒリズムというのは、人が生きていく上で必須条件である「知ること」「信じること」「求めること」の3つすべてを、否定してしまう立場のことをいいます。
一切の価値を認めないとする虚無主義的立場が「ニヒリズム」です。

それは自暴自棄の状態にも似ています。
「もう何もかも嫌だ。どうなったっていい。世の中も自分も友達も学校も、全てがなくなろうがどうなろうが関係ない。」
普通は一過性のものなので、落ち着いてくればまた元通りに前向きに考えられるようになるようですが、自らの存在に意味を見出せなくなったときは、危険だといいます。

ある方が小冊子で次のようなコラムを書いていました。

「罪のない7人の命が奪われ、10人が負傷した秋葉原無差別殺傷事件の加藤被告に、3月24日、東京地裁は死刑判決が言い渡されました。 被告は決して特異な人間ではなく、仕事にも一生懸命で、アニメやゲームに熱中する普通の若者だったと職場の同僚は証言しました。 しかし被告は子どもの頃に心を解き放つファンタジーの世界を母親によって禁止され、禁欲的な生活を強いられてきたため、癒される経験をしていなかったことが、実の弟の発言からわかっています。・・・そのような心ない犯人の予備軍ともいえる患者は、次のように話しました。『自分は子どもの頃から居場所がなかった。自由もなかった。友人もいない。人と関わるのが怖くて社会にも出られない。気が狂いそうな孤独感と不安に押しつぶされそうな感じになる。そんなとき、同世代の楽しそうな笑い声が外から聞こえてくると、殺意が湧いてくる。殺したら自分がここに存在していることを証明できるような気がする』。」

この彼のように、自分の存在を確認できるような場面や環境がないと、人間の頭はオカルトチックになります。破壊衝動が突き上げてくるのが普通だと思いますよ。
母親から厳しくしつけられる、ただただ甘やかされるというしつけは、子どもにとって自分自身の存在を肯定する意欲や意志を剥奪するか、殺すかしてしまいます。
b0213435_15161882.jpg

マウリッツ・エッシャーの絵

みなさんはどう思われるでしょう?
生きる上で必須条件である知りたいと願うことも、絶望から救われるために信じてみようと思うことも、また救いや希望を何かに求めることもできないとしたら!
「答え」=「ない」という結論を出してしまうと、虚無になってしまいますよね。
それこそが超悲劇なのです。

古代ギリシャで罪を犯したものに対し、最大の刑罰の1つに、朝、山のふもとから山の頂上まで大きな重たい岩を運ばせるということがあったそうです。
頂上へ運んだのち、昼過ぎにはその岩をもって夜までにふもとにあった場所に戻させました。
この重労働を毎日、毎日やらせる。というものでした。
この労役をさせられると、数日後には必ずその人は発狂してしまうそうです。
発狂して気がおかしくなるだけでなく、生きることに意味を見出せず、無意味さゆえに自然死してしまうことさえあったそうです。

意味を見出せない作業は、創造も進歩も発展もありません。
すべてが絶望であること・・・3つの死
それは人間にとって精神の死を意味するのですね。

b0213435_15182635.jpg


マヤ暦という時のピラミッドでは、時を運ぶ神様が伝説の中心にいます。
人間の時間は、重たいはずです。(重力あるし!^^;)
時を運ぶ神がニヒリズムになったら、人間は大変なことになりますねー
毎日毎日、ひたすら重たい時を担いでは、交代する。それを繰り返しているのですから。

全ての子どもが社会に適応するように生まれているとは限りません。
魂の思いが強くて、人間なんて大嫌いという人がいてもいいですし、病気や障がいがあって出来ないことも多いけど人とは違う視点を理解できるという「個性」「長所」をもって生まれていてもいいわけですよね。

人がニヒリズムの悲劇にならないためには、その人が信じる姿勢、求める気持ち、知ろうする行為や行動を誰かが尊重して認めてあげなくてはいけません。
そしてそれは家族じゃなくたっていいんです。

逆境の心理学
「生きる意味」を求めて V.E.フランクル


人間が救いを求めるのは「異なる次元」にあっていいのだと私は思います。

「マヤ暦の奥義」のようにね・・・(*^^)v
この混迷の時代、私にマヤがなかったらと思うとwwww
脅威ですww(^_^;)!
[PR]
みなさん、こんにちわ。

マヤカレンダーでは、今日から「ヘビ」のトレセーナ周期(13日間)に入りました!

マヤ語でヘビは「チャン」または「チクチャン」と発音され、これは「空」を意味する言葉であったといわれています。
b0213435_16531628.jpg

ヘビは多くの複雑な象徴的意味をもっていて、「幻視の蛇」は超自然の世界と交信する手段で、人間と神を結びつける役割を持っていたようです。マヤの絵や彫刻には羽根と宝石で装飾された蛇が描かれていて、ククルカンという神として信仰の対象になっていました。

チェチェン・イッツァには、「エル・カスティーヨ」とよばれるピラミッド神殿があります。
このピラミッド左側の階段の下の部分には、羽根毛をもつ天空の蛇(ククルカン)の頭が置かれています。そして春分の日になると、天から蛇がおりてきてピラミッドの側面にちょうど蛇がのたうっているような影が映ります。
このピラミッド遺跡は暦であると同時に、異界へと続く蛇山を表しているといわれています。
b0213435_16534726.jpg


ヘビのトレセーナ周期の守護神は「シウテクウトリ」
これは火の神で来世の希望を象徴した光の擬人化です。

また日のデイサイン「ヘビ(チクチャン)」の守護神は「チャルチウトリクエ」といい、愛と生命力を与える水の女神です。 

ヘビのトレセーナ周期は、アグレッシブなビジネスや取引、また戦いに挑む姿勢に時の守護者が味方するときです。 人生の旅において、経験したことのないようなことに向かって大胆に冒険に出る、あるいは探検に挑むようなこと、また旅そのものにもよい周期です。
きっとヘビは「血」と「情熱」を表すシンボルだからでしょうね!
血が騒ぐことに素直になり直感を信じていくと、斬新な発見ができるかもしれませんね。

血は命とおなじ。生と死をつなぐ絆の水です。
霊的なアセンションへの道も救いの光も、絆に付随するギフトなんですよ。

この周期はアセンション・デイもあります!
どのような変化が訪れるのか、待ち望んでほしいと思います。

いろんな辛いことがあるけど、我慢してきたことたくさんあったと思うけど、
これからですよ。希望の光をつかむのは!

いま生きているあなた、命をつないでくれたんだよね。

ありがとう♪
b0213435_16593422.gif

マヤのククルカンが天の梯子をつたわって、あなたにギフトをくださいますよう祈ってまいります。
[PR]

植物の超能力!

みなさん、こんばんわ。

きょうは植物の不思議な能力についてご紹介しましょう。

マヤ占いでは、マヤカレンダーから運命を導き出すナーカルを調べだし、そのナーカルを中心とした4つの方向(未来・過去・男性性・女性性)の運と力をつかって、人生の修行道を生きるための指針とする「マヤ生命樹」の思想と教えがあります。
b0213435_21415724.gif

マヤ占いをご利用いただいてる方には理解できると思うのですが、古代マヤでは人間を生命の樹木に見立て、損得や強欲、邪心などに人生を支配されないよう戒めとアドバイスを与えます。
物言わぬ樹木として智恵を授けてくれるのです。

マヤ占いと生命樹についてはこちら
★古代マヤの暦、歴史、宇宙

★マヤ 生命樹占いはこちら

 

植物の超能力について、ミステリーマガジン「ムー」に掲載されていた記事から抜粋してご紹介します。
b0213435_22194749.jpg

【記憶力】
2本の鉢植え植物を置いた密室に6名の実験協力者がひとりずつ入り、そのうちのひとりが植物の1本を引き抜き、踏みつけて”殺す!”という実験をしました。
犯人役は実験者であるバクスター(元CIAの尋問官で嘘発見器の専門家)自身のほか、実験協力者自身にもわからないように抽選で決められた。 残った1本の植物に嘘発見器をセットして、その前にひとりずつ立たせたところ、植物は犯人にだけ激しい反応を示しました。

【テレパシー能力】
植物は人間の性行為に感応するそうです。実験者が自宅から130キロ近く離れた別荘で、ガールフレンドとベッドをともにしていたとき、自宅の観察機に映っていた植物は、激しく反応していました。

【地震予知能力】
大地震の前に、植物は狂い咲きするといわれるが、地震前の植物の異変はそれだけではない。たとえば、オジギ草は日の出前30分に開き、日没後30分に閉じるという習性があり、この習性が狂ったときに自然界に地震などの異変が起きるとされる。ちなみに中国でも、地震の前にオジギ草が葉を閉じて倒れる、といわれている。阪神淡路大震災の時のほか、報告例は多数ある。

【計算能力】
サボテンと嘘発見器をつかって、計算能力を実験した。まず「1+1はいくつ?」とたずねたところ、サボテンにつながれた嘘発見器の針は2回揺れて、記録紙にふたつのピークが描かれた。次に「2+2は?」とたずねると4回。さらに「4+4は?」との問いには8回も揺れて、8つのピークが描かれたという。

【読心力】
植物は人の思念を理解できることはわかっている。植物改良の天才といわれるアメリカ人のバーバンクが開発したのは「トゲのないサボテン」。特別な方法を用いたのではない。敬意と愛情をもって「お前たちには恐れるものなど何もないんだよ。身を守るトゲもいらないんだよ。私がお前たちを守ってあげるから」と語り続けているうちに、トゲはいつしか消えていった。
b0213435_22215483.jpg

植物には人間よりも凄い力があるね!とまで言えちゃいそうですが、驚くことにもっと不思議な能力が発見されました。
その能力につけられた名前は「フィトンチッド」
「フィトン」は植物を「チッド」は殺すを意味する言葉で、「植物が傷つくと、その周囲にある他の物質を殺す何らかの物質を発散する、自己防衛物質」のようなもの。
この謎の物質フィトンチッドは、植物対動物の間だけでなく、植物同士の間でも微妙に影響しあっているらしい。
植物同士の相互扶助関係や、逆の敵対関係作用をもたらす化学物質を出すことで、攻撃と防御を行い、全体としてのバランスのとれた植物相を形成しているという。
フィトンチッドなる物質は、情報伝達化学物質という言葉に置き換えてもいい。植物は互いに多種多様の情報伝達因子を放出、誘引しあい、あるいは反撥しあって、全体に秩序ある植物相を形づくり、樹木間で交信が行われているらしいのだ。
害虫や攻撃によって侵されたり傷ついた樹木が、空気中に化学物質を放出し、仲間の樹木に危険を知らせていることが、ほぼ立証されている。

---------★

私たち自身がマヤの教える生命樹であることは信じるに値するものです。そして植物がこれほどまでに超越した能力を持っていることが立証されるのなら、生命樹をなす人間が植物と共存してこなかったことが自然破壊につながり、あるいは大地の波動を傷つけてしまったことにもつながりましょう!

b0213435_22232753.jpg


あなたのお部屋やベランダ、あるいはお庭に傷ついた植物はありませんか?
いたわって修復してあげましょう。ダメならちゃんと土へ返してあげましょう。
まずはあなたがマザーアースのためにできることから始めていきましょう♪
[PR]