タグ:マヤ暦 ( 49 ) タグの人気記事

こんにちは(^_^)

14日はマヤ暦では「ウサギ・13」
マヤでは「ラマト(Lamat)」とか「カニール(Q'anil)」などとも呼ばれています。
b0213435_13213772.png
美しく、豊かな心、そして博愛の精神と輝きをもつ魅力的なサインの象徴「ウサギ」が
天界数「13」と手をつないで時の座についています053.gif072.gif072.gif


「ポジティブな思考と抜群の発想力をもって幸せを手にする」といわれるウサギですが、美智子皇后さまが「ウサギ・13」であられるのは偶然ではないように思います。
また山本五十六さん、中川翔子さんも「ウサギ・13」で、今日がマヤ暦の誕生日ということになります。

。.:+*:・'☆。、:+*:.

「四隅に座ったバカブ「包み」をもらった?!」


でも書きましたが、マヤ暦の世界では10月27日「4・アハウ」で四隅が定まり、12月6日「5・アハウ」で13バクトゥンが0で新しく始まってから「3ツゥン(360日が3周)」が経過しました。

b0213435_13403448.png

こちらにも執筆致しましたが、新しい神殿を建造する年は何よりも「自分の基礎」が大事!なのです。



12月に入った頃からマヤ的に不思議なことが連続して「時間」の中に現れてきています。
特に感じていることは「アーキタイプ」という元型のパワーをもった人とご縁があってお会いしたり、お話したりしている。ということです。

「無意識の世界」を探求し続けた精神分析・心理学で有名なC・G・ユング博士は、「元型」について、神話の成り立ちにも影響している東西人類に共通する心の特徴をいくつかにわけて、説明しています。

マヤ暦に登場する「20」のナーカルサインもそのようなものだと私は思っています。

もちろん「タロット」も元型の旅を探るには最高のツールだと思います058.gif


b0213435_14451502.jpg
私はユンギアンでかなりのユングオタク016.gifなので、ユングが語っている世界観はかなり好きでたくさんの書籍を読み漁りました。なかでも「アイオーン」「結合の神秘」「人間と象徴」などはほぼ「教科書」なみに線を引いて何度も読み返します。

「ユングとタロット」という書籍は、マヤ占いを始めようと思ったきっかけとなった本でもあります。

ユングとタロット―元型の旅

サリー ニコルズ/新思索社

undefined


先ほどの話にもどると、あまりにもマヤの元型タイプの人とご縁があるので、なんでなのかしら?
と、久しぶりにユングの元型に関するノートや本を開いてみたわけです。

するとまるで私への警告かのように、ピタリ合致したページを開いてしまいました(笑)

一部抜粋すると・・・

「精神の元型とは、人生の混沌のなかに隠されてしまった、始源からあった意味を具現化する人物像である。・・・そして元型にたどり着いたとき、元型的な人物像に対して抱きやすい誤解は、それを象徴としてではなく、文字通りに受けとめてしまうことである。 いかなる元型であれ、自分をそれと同一化させてしまえば、どんな年齢の人にとっても悲惨な結果をもたらすことになる。自我膨張をおこし、人間的次元のものさしを見失ってしまう。あるいは不可能なことの重圧に押しつぶされ、鬱状態に陥ってしまうかもしれない。 明らかなことは、元型的な人物像というのは超人間的だということである。」


シカの元型、香の元型、イヌの元型、ナイフの元型・・・

マヤのナーカルは、ある意味では「元型」であり、暦のなかに座している時神さまの特性でもあり、その人のトーテムポールであり、また「魂の顔」でもあります。

元型的な人に出会ったら、アーキタイプと同一化させてその人を神聖化しすぎてはいけないよ。
ということなのかもしれません(o*。_。)o



さあ、これから始まる新しい年「2016年」

私たちは一人一人違う「オリジナルな旅」を続けていきます。

b0213435_15131703.jpg


そこではきっと、これまでに出会ったことのないタイプの人と知り合ったり、見たこともない光景を目にしたり、あるいは孤独な山道を登ったり、地獄の谷を歩いたり、飛んだり溺れたりすることもあるかもしれません。

「香(カバン Caban)」という年ですので、躍動感あふれるエネルギーのなか、旅をすることになります。


マヤナーカルデイサインの元型らしく、あるいは自分らしく旅を続けられるように「必要なものはちゃんと用意」して旅にでることは大切です。


「少しの幸せを日々感じられる」

という楽しみ方でもいいし


「毎日ひたすら頑張ってオールを漕ぎ続けるので、1ヶ月は流れるままに流されて休みたい」


という旅でもいいでしょう。


自分の心の神殿は、誰かのために建造するのではなく「自分を見守り続けている自分の魂・神さま」のためであること。

ぜひ来年にむかって、考えてみてはいかがでしょうか053.gif





二子玉川もクリスマスのライティングで素敵です♪

b0213435_15065389.jpg


久しぶりの更新となりました。

みなさまお元気でいらっしゃいましたか?
わたくしはようやく「洗濯機」の中で洗濯されて脱水がおわり、お天道様のもとに干されて乾き、なんとか本来の姿に戻れたところでございます(笑)
058.gif018.gif

ところが、たたまれてみたら以前と比べて、縮んだのか伸びてしまったのか、何だかもとの自分とは少々大きさが異なっている?!
そんな気がしております。
024.gif

古代マヤ暦からみる世界は、いよいよ「四隅」が定まります。
宇宙空間には上下左右あるいは東西南北があってないようなものですね。
地球上にいるから太陽や月、星をみて磁石を使えば方位はわかりますが、天が教えてくれなかったら人間だけでそれを知るのはちょっと難しい。

天と太陽と地の関わりによって四季がわかり、天の成り立ちや仕組みを観測し続けてきた古代からの知恵や遺産があって、神々の神話や暦が生まれたことがわかります。

b0213435_16092027.jpg


2012年12月21日、マヤの予言で人類が滅亡すると騒がれました。
みんながマヤに興味をもってくれて、嬉しくて楽しかった!(笑)

そしてあの時はまだ13バクトゥンが終わったばかりなので、時代は「カオス」の始まりだったわけですね。
マヤ暦ロングカウント「13・0・0・0・0」でした。


さて混沌から始まった新たな時代が、次のステージへと進む時がやってきました。
b0213435_16485505.jpg
上に書いた図には、東の年・2012年12月21日「4・アハウ」から始まった神聖暦が、北の年・2013年9月7日と西の年・2014年5月25日を通り、いよいよ最後の第3コーナー南の年(少し日にちはずれますが)・2015年2月9日を通過しました。

そしてやっと東北西南の守護者のもと、四隅四方位ピラミッドの土台が定まりつつあります。

それが2015年10月27日「4・アハウ」です。
この日のお月様は「満月」で、大安♡
ナイトロード(夜の神様)は、真夜中24時を守護するG5神(死神)です。


人も時代も建築物も、すべて「土台」はとても大事なのですね!

そしてもう1つ!
上に書いた四隅(4神聖暦)が定まるとき、2極化していた太陽と月が「3」という動きや波を「食年」を通して3Dになってくる!という象徴的な土台の意味がわかってきます。

「1040日」というのは「3食年周期(Eclipse Year)」です。

太陽が1巡して、月の交点に戻るまでの長さだそうで、太陽、地球、月の3天体が一直線に並ぶと日食がおこるのですが、太陽が昇交点を出発して再び昇交点に戻るまでの周期を「1食年」というそうです。

1年(365.2422日)よりも18.62日短く「346.62日」が1食年。
それが3周すると1039.86で1040日。

古代マヤの人たちは日食の観測もちゃんとしていたので、神聖暦が4回巡ると3食年と同じになる。
そんな循環暦をちゃんと計算できていたのですね〜027.gif

b0213435_19264948.png

前日26日の朝空は大層にぎやかです!
水星・木星・太陽・海王星が直列したり、金星も火星もそばに集まっているようにみえます。
b0213435_18475448.jpg




b0213435_18474633.jpg

さあ、10月27日「祖先(アハウ)・4」を迎え、四隅が定まった上に建造されていく「新しい時代」の形相はどんなものになるのでしょうか?!

来年の運勢をただいま執筆中なので、お楽しみにしていてくださいね!!
2016年のマヤ暦カレンダー(運勢つき)も、今年はぎりぎり制作できそうです053.gif


マヤ神話から、これから先に関係しそうな象徴的な出来事を1つご紹介しますね!

海の彼方、太陽の出るところからやってきた最初の4人の男たちがいました。
「バラム・キチェー」
「バラム・アカブ」
「マフクタフ」
「イキ・バラム」
です。
この四人のバラム(ジャガー神)に、キチェの尊神は「生の印」の記念として力を与えるため、「ピソム・ガガール」という「包み」をバラムに渡しました。

ところが、包んであるものを開くためのつなぎ目がわからなくて、最後まで大切にしていた「包み」の中身を見ることはできませんでした。

そしてそのまま4人は死んでしまったのです。


b0213435_14162059.gif
この贈り物の包みには、いったい何が入っていたとおもいますか??

神殿に仕える神官が「権威と主権の印」として大切に守っていた神秘的な包みなのだそうです。
この尊い包みについては、キチェー族にもいくつか言い伝えがあるそうです。


「包み」の中身が開かれるとき、私たちは新たな時代に必要な「印」を天からいただけるのかもしれませんね!055.gif



b0213435_21351826.gif
〜お知らせ〜

♡10月24日、31日は、原宿占い館「塔里木」に出演鑑定しております。
ハロウィンの仮装しながら鑑定しようかな〜〜(笑)
ご予約はこちらです。 電話:塔里木 03(3497)5825
b0213435_19452375.png
♡10月26日はエキサイト電話占い「6周年・キャンペーン」をおこないます。
いつもより少しお安くしているので、この機会にお電話お待ちしております♪


人気占い師ならエキサイト



明日から「香(caban)」の周期にはいります。
「天の頭脳」の周期です。

なんともふさわしい雑誌が発売されるのだそうですが!!

「神がサイコロを振る階層」
アインシュタインの特集みたい!
b0213435_19564399.png
面白そうですね〜

さすが香の周期にふさわしい!!(笑)



いよいよです!

9月28日(月) 
大安 満月 皆既月食(テトラッドブラッドムーン、スーパームーン)
b0213435_00071485.jpg
雲間から顔を出してくれました♪

マヤ暦「サル・1」チューエントレセーナ13日サイクルの始まりの日

ユダヤ暦「15th of Tishrei, 5776」Sukkot (仮庵の祭)

九星 五黄土星  十二直 開く

space.com 実況中継(日本時間では午前11時47分頃に中継で見られそうです)
(月食が始まってから終わるまでの時間は約 3時間20分、皆既月食の時間は、約 1時間10分くらいのようです。)

http://www.space.com/19195-night-sky-planets-asteroids-webcasts.html#ooid=lmN25xdzpax8xIqUMDmqBQWLD7PoOI3B



米航空宇宙局(NASA)によると、1900年以降にスーパームーンと皆既月食が重なったのは5回で、最後に観測されたのは1982年。次回に見られるのは2033年だそうで、今の宇宙的暦的なシンクロがおこってるこの瞬間に立ち会えること、やっぱりすごいことだなーと思います!


聖書の預言やユダヤ暦とのシンクロもありますので、今回はエネルギーは本当に強烈に影響してくると思います。

テトラッドの間の月食(赤)と日食(青)

2014年04月15日 皆既月食(ユダヤ教の祭「過越」)
2014年10月08日 皆既月食(ユダヤ教の祭「仮庵の祭り」)
2015年03月20日 皆既日食(ユダヤ教暦新年の前日)
2015年04月04日 皆既月食(ユダヤ教の祭「過越」)
2015年09月13日 部分日食(ユダヤ教の新年祭)
2015年09月28日 皆既月食(ユダヤ教の祭「仮庵の祭り」)
In Deep より

私は、今回のシンクロ現象をとても神聖な宇宙的儀式のように感じています。
b0213435_00084734.png
何かが起こるかもしれないし、おこらないかもしれない。
エネルギーが大きいことは確かなことなので、たくさんの不思議な事象が重なったり具現化されたりするかもしれない。

でもそれ以上に体感しているのは、もっと深い次元と、天高い次元との間にワームホールorブラックホールみたいな穴があいていて、ウロボロスのようにパワーも世界も循環しようとしていること。

しかしまだウロボロスの蛇の口は、尻尾に噛みつけていない。

だからその隙間から、落ちてしまうとそこは見知らぬ次元や場所だったり、記憶メモリーや体験だったり、不慮の事故や病気のようなダークサイドのように、そこへ落ちてしまう。

四隅が定まるまでまた時間があるので、今は必死に落ちないように自分を中道におかなければならない。のです。

予定がドタキャンになったり、動かなかったものが動き出したり、上のものは下になり、下のものは上になり、ウロボロスの輪が完成するまでは、冷静さを逆なでするような出来事もおこったりするのです。



10月27日に四隅が定まります。
そこから始まる新しいステージは、ホログラムのような世界だとおもいます。


ユビキタスがホログラムの世界観と融合し、いったんバラバラになった分子構造は素粒子によって新しい宇宙システムに準じて組み替えが始まり、意識もシフトチェンジしていきます。


だから・・・


いますべきこと。


それは「自分の損得や欲や願望に執着せず、惑わされず、中道にいながら、相手の幸せを願うこと。」

罪を恨んで人を憎まず。とはいいますが、今は罪も恨まないほうがいい。

すべては起こるべくしておこっていること。


https://youtu.be/YKAm3SxHGlg



全部天に宇宙に惑星意識にまかせていよう。


ただ自分は「その人の幸せを願うこと」で、内側から浄化がおこり、ウロボロスの輪から落ちることはないのだとおもいます。

蜘蛛の糸のお話に近いかな072.gif


28日から始まるサルの13日周期は、もしかしたらシンデレラストーリーのように「幸せ神話」を生み出してくれるかもしれないのですから♡ あ、でも期待しないでね。今回はまだ口が開いてるから。(笑)



マヤ占いの種類について

みなさん、こんにちは。

いよいよ9月。
今年もあと4ヶ月で終わりですね〜
あっという間のような、長かったような・・(笑)

この9月はまだまだ宇宙のスパイラル活動は活発です。
昨日テレビで「アンフェアー」を放送していたので娘とみていたのですが、どちらが味方でどちらが敵かわからない!
そんな9月の運気にピッタリのタイミングでの放送だった気がします(^_^)085.gif

オフィシャルサイトに全体的な流れも書きましたので、参考にしてみてくださいね!

「マヤ暦と神話素で占う怖い9月!」


b0213435_15423904.jpg
ところで、今日はよく質問される「マヤ暦占いって色々あるんですか?」について、少し私の味方と意見を紹介してみようと思います。

もともと「マヤ暦」自体は紀元前からずっとありましたが、南米のジャングルにずっと埋もれていたため、そこに住んでいた先住民以外や考古学者、専門の研究者以外にはあまり知られていませんでした。

しかし近代になってグアテマラ周辺で古代遺跡やモニュメント、ピラミッドや石碑などが発掘されたことにより、とてもしっかりした暦の体系や天文学的知識が描かれていたことがわかり、そこから解読が始まりました。


マヤ暦の原型はコーデックスや遺跡に描かれていた「絵文字」です。

ちなみに「マヤ暦」といっても私が「日を占うため」に使っているのは「マヤ・ツォルキン暦」という260日サイクルですが、その元型はこちらです。

b0213435_15555377.jpg

マヤ暦はいくつもの周期暦が重なって動いている「マヤ宇宙暦」なので、一言では述べられませんが、例えば西暦にも「1年」「一ヶ月」「一週間」「1日」などがありますね! それと同じように別の名前の別の日数周期があるわけです。


さて、先ほどの質問にあるように、マヤ暦を使った占いで日本でも有名なのは、今は亡くなってしまった「ホゼ・アグエイアス」さんが古代のマヤ暦や思想を学ばれて体系化した「マヤ・銀河の暦」とか「13の月の暦」とか「コズミック・ダイアリー」と呼ばれているものだと思います。


私が学んで習得したマヤ暦占いは、ホゼさんのものが出来上がる前の元型。
つまり遺跡や写本に描かれていたり、ククルカンピラミッドに象徴されている暦だったりしたものをまとめた考古学的視点を含む「古代マヤ暦」をつかっています。

ケネス・ジョンソンさんが著された「ジャガーの知恵」だったり、諸外国でマヤ暦を研究されている方々の文献や資料であったり、あるいは象徴哲学体系から述べられているマヤ思想や歴史的な背景から、なるべく神話的、民族的思想が失われないように努めて原初の暦に忠実であるようにと学んできたものの集大成です。


どちらがいいとか悪いとかではなく、説明の言葉だったり解釈するために使う周期などが違うということだと思います。


たとえば、
ホゼさんのマヤ暦では「KIN(キン)・太陽の紋章」という言葉を使っているようですが、私は「デイ・サイン」と呼んでいます。
顕在意識を表す「銀河の音」という13の数を、私は「マヤ数秘」としてつかっています。

また私もよくわからなかった「WS(ウェブスペル)」という概念ですが、こちらは「トレセーナ周期」を表しているようです。トレセーナ周期とは13日間で1サイクルという周期暦で、その13日間にはちゃんと「守護神」がおります。
私はよく「◯◯トレセーナ周期の◯◯デイサイン」として「分母」という認識をしながら使っていますが、ホゼさんが「無意識の領域」をあらわす。として使っているのと似ている気もします。

そのように、言葉の違いや組み合わせの体系化によって分離した解釈などはあるかもしれませんが、どちらを使って人間の人生を解き明かすのも、その人の引き寄せによる運命だとおもいます。


b0213435_16334849.jpg

それにしても、このチチェン・イッツァにある「カスティーヨ」ピラミッドが、「暦」なのですから、古代マヤ先住民族って、すごいですよね〜〜005.gif005.gif053.gif

5月21日「ワニ・1」から始まった、新しいツォルキン周期。
今回の第1番目の「ワニ」周期は、とてもパワフルな共時性・引き寄せが働いています。

しかもサインと数秘、マヤの分母周期など、象徴の元型(アーキタイプ)がそのまま時の中に出現することが本当に多いのです!! 私も日々驚いております。

日々の引き寄せやパワーについては、ツイッターでつぶやいております☆

b0213435_16014487.png
今日のマヤ暦は「ウサギ・8」の日なのですが、先ほどニュースが飛び込んできました。

今井雅之さん死去 大腸がんで闘病も…容体急変、54歳


大腸がんの末期であることを発表していた俳優で演出家の今井雅之(いまい・まさゆき)さんが28日午前3時5分、都内の病院で死去した。54歳だった。兵庫県出身。

b0213435_16055416.png
Yahoo! News

ハッと思って、すぐにマヤ暦の彼の誕生日を調べました!
b0213435_16084976.png
by ウィキ


誕生日:1961年4月21日  マヤ暦:ワニ周期の「ウサギ・8」
没年日:2015年5月28日  マヤ暦:ワニ周期の「ウサギ・8」


005.gif005.gif005.gif Σ(゚Д゚;)!

今まで、何万人もマヤ暦誕生日や死去の日など調べてきましたが、誕生と死去された日がまったく同じ周期で同じサインという方を未だ見つけたことがありません!!

彼がマヤの時神様に選ばれた人だとおもいます。愛されウサギ(マヤではカニールと呼び、愛や美の象徴です)と8(調和・共振数)を選んで彼は生まれたのち、再びウサギと8に選ばれて、天に帰還されたという、すごい引き寄せによって召されたように思います。

「ウサギ・8」の日は、マヤ神聖暦では「農地の祝日」として、大地の恵みに感謝する祝日です。

今井さんのご冥福をこころよりお祈りいたします。
そして、彼がウサギ8の生涯を「美と愛」とともに生き、美と愛とともに、天に戻られたことを、皆さまにもご報告いたします053.gif007.gif

今週から来週にかけて、さらに共時性は高まります。


弓玉



こんにちは。弓玉です(^_^)

21日からマヤの260日サイクル(神聖暦)が新たに始まりました。
「ワニ・1」から始まって「祖先・13」までの260日がツォルキン暦の1年です☆

20日「祖先・13」の一日は、私的には大晦日のようにざわざわしていましたが、時の共時性が高まりつつあることを感じていたので、何がやってくるのかとドキドキワクワクしておりました。

日が開けた21日の真夜中というか明け方、物凄い雷の音に飛び起きた人もいらっしゃったのではないでしょうか!
私は夢の中でその嵐の音を聞きながら

「あー天ではマヤの神々が祝宴をあげているんだわ〜☆ 楽しそう〜.:゚+(*^ヮ^qP) ☆」
と思いながら眠ってしまいました(笑)

また今朝方、東京や静岡では環水平アークかハロか虹の光が顔を出していたようですね!
\(^o^)/

b0213435_14493938.png

b0213435_14503177.png
今日はマヤ暦「風・2」ですので、風の守護神で光の神「ククルカン」が、太陽の光を通して姿を現してくださったようで、朝から嬉しくなりました♪

時のシンクロニシティー現象がとても強く、引き寄せの具現化として既に始まっているようです。

この数日間で、ありえない確率(260x260x260分の1)で出会わされたり、引き寄せられたりした!という現象を目の当たりにし、また鑑定でも、知人やお客様を通して体験させられています。

こういうときは、時が近づいているので、自然の摂理に身をまかせ、流れにのっていくしかありません。

何が起こるか、引き寄せるかられるか、シンクロニシティーがどう生じるかは、マヤの時神や天界しかわからないことなのです。

明日から忙しくなります☆

ジャガー周期に火山の噴火が活発になりすぎるのを、何とか阻止したいと祈っておりますが、どこまで天界の意思を止められるのかは・・不明です!(;゚∀゚)


ワニの周期:5月21日〜6月2日
ジャガーの周期:6月3日〜15日

6月の運勢は来週後半に掲載予定しています(^_^)



悩みなんか吹っ飛ばせ♪

みなさま、こんにちわ。016.gif016.gif

ミラクルワールドのブログ更新、久しぶりとなりました。
皆様お元気でお過ごしになられていたら嬉しいです☆

今週21日はいよいよ「春分」ですね〜♪
マヤ遺跡のチチェン・イッツァには光の蛇ククルカンの降臨を見ようと、たくさんの人が集まっていくことでしょうね!パワーもらえますものね☆
b0213435_22393263.jpg
こちらのブログには、今でもたくさんの方が訪問してくださっています。

これまで記事を書いてきたポータルサイト様やマヤ暦コンテンツを配信して下さっているサイト様、他にも全体の6割前後はキーワード検索でのぞいて下さいますm(_ _)m


2012年はマヤ暦最大の時代イベントがあったので、月に1万以上あるいはマヤ文明ドキュメンタリーテレビやニュースなどが放映されたりすると週に1万ページビューものアクセスがございました。060.gif058.gif

b0213435_22483435.png
今日からコンドル周期♪17日の星模様です。

たくさんの方が読んでくださるというのは、ブログを書くものとってはすごく励みになるんですね! 
マヤ的に不思議なことやシンクロが見つかると、すぐパソコンに向かって記事を作成していたのを思い出します。


ブログを書くこと自体は仕事ではないのですが、占いを仕事にしていると、お客様にはもっとマヤの叡智や神秘学を知ってもらいたいと思いましたので、しょっちゅう書いていましたね。 
特にマヤ暦の話題では他のブロガーさんもあまりいなかったので、私も一生懸命だったのかもしれません♪
b0213435_22413789.jpg
ただそれだけに結構プレッシャーもあったりしました。


日経ウーマンオンラインさんの占いコラム記事も連載していましたし、もちろんメインのお仕事である鑑定もありましたので、毎日パソコンに向かったまま1ヶ月を過ごすなんてことはざらにありました。

私の場合はもともとパソコン入力の仕事をしていたり、ライティングの仕事をしていたので、ウェブページや記事を作成するのは苦ではありませんでしたから慣れでしていましたが。
もう10年近く前から書き続けていますので、ほとんどネットオタク病みたいなものでしょうか。(笑)


「魔法のブログからから★」から弓玉ミラクルワールドへお引越ししてきて4年。

正直少し「書く」プレッシャーから解放されたかった!という気持ちもあります。

また幸か不幸か(;゚∀゚)昨年は私にとってまさに大変化の年でした。
シカ年とか道、風、香年とかいう「イヤーベアラー(年の守護者)」の脅威を見せつけられた気がします。
同時に年の守護者は、恐ろしいものだけでなく「前に進むためのヒント」も一緒においていってくれます。


病気、家族、死、挫折、無力、困惑、不安・・

そういった人間のもつ「罪の性」のようなものへの認識不足を知らされ、向き合わされた気がしております。
グリーフケアみたいなもの、とっても大事だと思います!
私の魂は、いつの間にか自分の運命に謙虚さが足りなくなっていたのかなぁと反省しました(;゚∀゚)


b0213435_22471572.png

また最近ボチボチと視点を変えたブログを始めました。
「魔法」「宇宙」「不思議」「占い師」「マヤ」キャラから、少し違った世界や別カテゴリーへ意識を引越ししてみたくなりました。
こちら。。 「NIPPON 「占」オタCUL☆」
相変わらず変人ブリは進化しておりますようで・・(;゚∀゚)003.gif006.gif037.gif


そちらでのブログを始めてみようかな。と思ったきっかけがいくつかありまして、そのうちの1つが「お悩みフェス」というイベントと「酒井日香」さんというとっても面白い占い評論家さんでした。

もちろん私もこのフェスに参加します☆053.gif053.gif
b0213435_22542875.jpg

お悩みフェスの正式名は
「第1回お悩み相談フェスティバル」hp

フェイスブックページ


4月4日(土)11時から18時まで、YMCAアジア青少年センターにておこなわれます。
入場はお一人様千円ですので、お時間のつく方はぜひ遊びにいらしてくださいね。

癒しフェアとか占いイベントとは趣が少し違っています!


先月、フェスに参加されるブースの方々との説明交流会がありまして、出かけてきたのですが、少しどころかかなりのカルチャーショック!を受けました。

ジャンルが「占い」とか「スピ」とか「癒し」とかだけじゃないんです!!


とにかく何かに「悩んでる」ことを解決するためのプロ集団とでも申しましょうか。。
プロのようにうまく写真をとる方法とか、健康チェックとか、起業するためのテクニックとか・・とにかく一人で悩んでないで、悩みを解決するプロがたくさん集まるから、いらっしゃいよ!気軽に!!みたいなノリなのです。

セミナーもとっても魅力的なトークをされる人気講師ばかり!イベント主催者には「酒井日香」さんの他にオネエ講師もいらっしゃる!Σ(( ̄д ̄; )

「悩み」をひとくくりにしたフェスというのが私の琴線に触れまして、今は触発されちゅうでございます。


そしてもう一人の影響力半端ない「酒井日香(さかい にちか)さん。
b0213435_22590567.jpg
酒井さんとご一緒させていただき、お話をするチャンスもございまして、何時間かぶっ続けお話させていただいたのですが、彼女のなかにはめちゃくちゃ不思議な生命体が住んでおられるようでした。

とてもご苦労されていまして、それでもひたすら書くことを使命としてブログも書籍もイラストも書き続けてきて、今ではブログのアクセス数も凄い勢いで伸びているとのこと。納得という気がします☆


彼女、本当はとってもあったか〜い人なのです♪037.gif058.gif049.gif

ちなみに彼女も元占い師だったそうです。

彼女はマヤ暦で見ると「コンドル」で、浄化と癒しと許しのキブと言われるデイサインです。
悩みとか胡散臭いものを「浄化」するのが使命なのかも♪とお話していました。

彼女の面白いブログはこちらです。

作家・占い評論家 酒井日香の「占い死ね死ね♡」ブログ溝鼠NEO



こちらのミラクルワールドのブログは、マヤ暦関連のことで面白い発見をしたり、マヤ占いの記事書くときは、こちらへ投稿しようかな。と考えています!

よかったら別顔の私のブログもご覧くださいね!
http://ameblo.jp/uranai-otacalture

第1回おなやみ相談フェス、お待ちしていまーす☆
とーってもリーズナブルな料金で、マヤ暦鑑定やマヤ曼荼羅を作成できますよ♪



みなさん、こんばんわ★

今日は2014年12月21日ですが、皆さんはマヤの人類滅亡説を覚えているかしら?!

b0213435_22391673.jpg
マヤの予言として恐れられていた2012年12月21日「人類滅亡説」から、ちょうど2年が経過しました。

新しいカトゥン・サイクルが始まって2年。マヤ的な視点から見ると、地球も人類の意識も本当に変わってきているように思えます。

随分と深いところへ下降していくグループAと、グングン高みへと飛翔していくグループBとに二極化してきたのがこの2年。そして明日22日の冬至から今度は互いが引き合いながらあるいは性質の違いを認め合いながら、スパイラルになって結合していく。そんな始まり・・・


明日の冬至は特別な冬至だそうです。

「朔旦冬至(さくたんとうじ)」と呼ばれ、新月と冬至が重なる年の冬至のことで、19年に1度しか訪れないとのこと。

冬至の日、伊勢神宮宇治橋の大鳥居真ん中から太陽の光一直線に-冬至祭も(伊勢志摩経済新聞)
b0213435_22370395.jpg
古代の暦においては、その出発点を「朔旦冬至」においていました。これは、月が朔(さく:新月)の日で冬至と重なる日が19年に1回おとづれるということで、それを基準に暦が作られたとあります。
暦の正確さは、政治が正しく行われていることの証(あかし)であるとして、朔旦冬至は盛大に祝われたそうですが、どこか最近日本でもそんな様子を聞いたような・・アベノ・・とか。。(;゚∀゚)


b0213435_22342783.jpg
古来から「冬至」は極限まで弱まった太陽が復活し、新しい太陽が昇ってきて新しい太陽のサイクル(日が長くなる)を迎える「復活の日」として神聖視されてきました。

マヤ暦でも今年の冬至は「ヘビ」トレセーナ周期の「サル・7」で次の日が「道・8」で人生を祝うマヤの祝日。

天において神聖な血の継承者であるヘビの守護神が時の座にすわり、地においては幸せと喜びを尊んで人生を虹色に織り上げていこうとするサルのナーカルが太陽を担いで昇ってくる!
さらに次の日はマヤ暦「人生を祝う日」として2015年を担ぐ年の守護者「道」が新たな始まりの太陽を担ぎます。

この幸せに預からないのはもったいなーい!o(・д´・。)○オ━━ッ!!

b0213435_22325722.jpg
マヤ的には東と西のレイラインが1日中開いておりますゆえ、朝は軽く太陽に向かって微笑み、夕には大きく深呼吸をしてその息を腹に飲み込む。そんな気持ちで時の守護者が放つ風の香りを感じていただけたら、新月冬至の祝いの儀も魂の中におすすわけされることでしょう☆

明日は皆様にとっても古代マヤ暦にとっても第3ステージへと向かう新しい始まりの日です。

b0213435_22320417.jpg
滅亡論を信じている人にはまだまだ修行は続くよ〜〜と一言添えて、幸多かれと祈ります♪


みなさん、こんにちわ。

更新できずにごめんなさいm(_ _)m

5月19日「二つの時間渦に翻弄される私!」にも書きましたが、昨日13日の金曜日マヤ暦「嵐」でおきた満月のエネルギーは、私たちのライフスタイルをいい意味でも悪い意味でも、揺さぶりをかけ続けています。
地球上の「個」の意識だけでなく「集合意識」が、二極化しているパラレルの渦の中に巻き込まれているのよねw

日経ウーマンオンラインの「マヤ暦で占う6月の運勢~誘惑との戦い~」にも書いたのですが、神話が天の星々の動きにあわせて現れているときです。誘惑との戦いも含めて、地球人類の意識が次なるステージへ行くためには、今のすべてが必要なものかそうでないかを見分けるためのふるい分けが始まっていたわけです。
b0213435_16522004.jpg
さらにです! 今回13日(金)の満月は、ザビアン占星学的にみたものと、マヤ暦の長期暦が終わった2012年12月21日の前後のステージの変化と、大きなつながりがあることがわかっています。

太陽と月は天空の黄道12宮を巡り、毎年・毎月少しずつ位置をずらしながら新月・満月を形成していきます。月の軌道はいびつなので、そのズレ方は決して一定ではありません。 けれど、たまに今回のように以前の新月や満月と同じ度数のテーマが示されることがあります。 そしてそんな時は、長い時間を経て再び前回の課題を復習するような星回りになっているんですね。 だからこの満月は、 前回5月29日の新月と2012年12月13日の新月と、二つの新月のテーマが交差しあって何らかの結実を見る…またはやり残してきた物事を仕上げるように促される…何らかの解答を出さねばならない…そんな重層的な意味を持っているのではないかと思います。(R.S.H._言葉のパワースポットサイト様より)
2012年12月21日の13バクトゥンを迎えようとしていたとき、マヤ暦では「香」の周期でした。

人類が滅亡すると騒いで、フランス南部の山村ビュガラッシュ村には、3千人以上の新興宗教信者やスピリチュアルな人たち、マスコミなどが押し寄せたり、中国ではマヤ暦の神聖な日12月21日を最後の審判の日として太陽の光が消えるというシナリオを説いたカルト団体とその信者800人近い人たちが逮捕されたりしたようで、大変な騒ぎぶりでした。
b0213435_21304043.gif
YEAR ZEROまであと2日!2012年12月19日の過去記事


冬至で13バクトゥン開始だった12月21日「祖先4」の日も、29日の新月も「香」の13日周期のなかで生じていたことでしたね。

あれからマヤ暦はちょうど5月25日で「2ツォルキン」を迎えました。
1ツォルキンのあいだ、新時代はまだまだ産まれたばかりの状態で、目覚めの創造第一ステップの時でした。

2ツォルキン目に入ったのは去年2013年の9月7日。新月直後でした。
さらにはユダヤ暦5774年の新年とも重なり、香の周期は神聖な雰囲気に包まれて賑やかでした。
b0213435_1444124.jpg
「いよいよ西の神殿が開かれ神々が集う9月が始まりました。
天界、地上界、冥界の神々はそれぞれが相談しながら、この世あの世の時空次元を超えて、行き来しながら私たち地球意識に向けてメッセージを発信したり、ナーカルがあるべき魂の座に着きそっと変化を促してくれたりするミスティックパワーが満ちてくる月となります。覚えていらっしゃる方も多いと思いますが「2012年12月21日」マヤの長期暦が終わった「祖先・4」の日、新しい時代と天の川銀河宇宙とのレイラインがつながり、強いエネルギーが生まれました。9月4日「香」トレセーナがくる今週の7日にやってきます。
1時代が終わり新時代の始まりからちょうど1ツォルキンが経つことになります。」


2014年9月2日の過去記事より;マヤ暦でみる9月の運勢


新たな覚醒の時代へ突入し、2ツォルキン目は対立や二元性の意識が強まり、人類は二極化していく場面にたくさん遭遇してきたはずです。

その最後の締めくくりが今年の5月22日「香1」から始まってました。
b0213435_20170919.jpg

260日の神聖暦が2サイクルを終えて、第三ツォルキンサイクルへと入ったと同時に5月29日、新月がやってきて、6月3日まで「香」の周期でした。


b0213435_18055364.jpg
占星術やザビアンシンボルでも、大きな確認の渦がまいている6月。

マヤ暦「3ツォルキン」の開始とともに揺さぶりはさらに異なる意味をもって、私たちに迫っているようです。


次なる時代に相応しい光、スピリット、意識、社会、価値観、有り様の準備が整っているかどうか、次なるステージに適応できるだけの学びが出来ているかどうかが試されていく260日がスタートしたのです。
それはまるで恋愛や人間関係、特に家族や血族、結びのなかで、不要な意識や邪念・疑いや執着などはいっさい捨てたの?!と優しく厳しく試されているかのように…

6月は新たなアセンションの扉が開き、「3」という数秘のエネルギーが啓示されて具現化され始めました。

皆様も「個」の次元から「家族や愛する人」との集団の次元まで含めて、大切なものを見分けながら、素直になって身体も心も精神も守られるよう「祈り」をテーマにこの時期をお過ごしくださいませね!!

b0213435_18152350.jpg
。.:+*:・'☆。、:+*:.。.:+*:・'☆。、:+*:.

6月はライトワーカーとして、
覚悟して挑む必要のある精神の修行・学びがあるため
更新は出来る時だけに致しますm(_ _)m

鑑定ご希望の場合は塔里木まで☆


みなさん、こんにちわ☆

社会的時間の回転が早くなるのと同時に、引き寄せパワーが尋常でないほど強くなってしまい、自分でもわけが分からない状態にあってブログの更新が出来ず、ごめんなさいm(_ _)m

この間、マヤ暦では15日「イヌ・7」で満月を迎え、マヤツォルキン暦での大晦日を迎えていました。
そして16日「サル・8」で神聖暦の新しい始まり・元旦を祝い、17日は「道・9」で次の260日サイクルがスタートしています。
b0213435_15030468.jpg
(picture from maya tecum)

5月に入ったのと同時に、およそ15冊ほどの書籍を一気に読む事になり(実際はナーカルからのコマンドで読まされてますが!)、さらに神秘の解析量がはんぱなくなり、エネルギーが強まっていることもあって身体中の産毛が立ってるくらいテンション上がるし、占いのお仕事より別のお仕事が忙しくなっているし。。という状態が続いております。

私たちは二つの時間をもっています。
一つは限りがある、と思っている日常の社会的な時間。もう一つは始まりと終わりがつながっている永遠という時間。です。
そしてその両方が自分の中でチクタクチクタク動いているわけですが、この二つの時間のスピードがあわないと大変になります。
今の私のように。。
b0213435_15104686.jpg
時間に追いかけられてるのに、大切な時間ばかりがもう一つのスパイラルに盗まれる。
時間が足りないのに、まるで時間を気にするな!というかのように無制限に私を本の中に縛り付ける。

困りますね。。

スノーデンの「暴露」を読破し、うーんwと考えているその瞬間、これを読んで♪と「チベットの死者の書」を読まされました。

「フリーメーソン」を読んでから「ギリシャ神話」「歴史と神話の心理学」を読んだすぐ後に「シリウス星と謎の古代空間」から「世界の見方の転換」を読む事に。。。そして今から読むのが「千の顔をもつ英雄」です。

意味不明な動きでしょ(^_^;A
読まされる本にどーも統一性がない。
b0213435_15115477.jpg
でも何だかやっと全体像の「輪郭」が見えて来たような気がしています。

私がこれからつけなくてはいけない「仮面」や演じる必要がある「トリックスター」の側面が。

アトランティスカードを購入しました☆
アトレンティスカードには、オカルト的なスピリットの記憶と秘儀が入っているようです!(ノ∇≦*)
解き明かしをしながらも何故かレムリアの記憶が残っていて、既に知っている気がしています。
b0213435_15134544.jpg
今週もまだ忙しいですが、また更新がんばりますm(_ _)m(^_^)