みなさま、こんにちは!

私たちの星「地球(テラ)」の大地が、恐ろしい顔の側面を見せ始めています。
b0213435_13502900.jpg


ネパールでマグニチュード7.8の巨大地震が発生したのは25日でした。
4千人を超えたともいわれる死者の数はまだ増え続けるはずです。

 ネパール大地震 80時間後に男性救出
b0213435_13564522.png



また、ロシアではチェルノブイリ原子力発電所の方向に向かって、激しい火の手が向かっているそうです。


約400ヘクタールの森林が燃え、森林火災の状況が悪化してます。火災が原発まで20キロの地点まで達するという深刻な脅威があり、対応のための準備に着手したとニュースにありました。
b0213435_13595407.png

火の神はあの事故から29年もたったいま、私たちに何を思い出させたいのでしょう!

 続きを読む


さらに


インドネシア北スマトラに位置するメダン付近の「Sinabung」山が、噴火爆発し始めたようです。
28日の様子が映し出されています。


https://youtu.be/hzfJclT88GE

http://video.metrotvnews.com/play/2015/04/17/387523/kubah-lava-gunung-sinabung-membesar

ここで私たちは既に何か大変なことが起きていると気づかなければいけません。

b0213435_13500617.png



さらに象徴的な事件!

米国メリーランド州のボルティモアでは、デモ隊と警察の衝突がさらに発展し、27日には大規模暴動に発展。建物や車両は燃えさかり、暴徒化した集団を止める手立てはもはや武力行使では追いつかないかもしれません。
http://www.asahi.com/articles/photo/AS20150428000944.html
b0213435_13513833.png

これら一連のニュースは、マヤカレンダーと時のサイクルから見ると何を意味しているのでしょう!?


すでにその前兆は今年に入ってからたくさんありました。
が人間は天の前兆を読むことをおざなりにし、それどころか無視して嘲笑った傲慢さは天の神々を怒らせてしまったのかもしれません。



4月4日に皆既月食があったことは、まだ記憶に新しいと思います。
この日は満月で「ジャガー6」というサインの日でした。


マヤからみたテラ的には嫌な予感の始まりの日でした。

そして12日からマヤ暦では「風」のトレセーナ周期に入りました。

「風」のサインはマヤ生命樹でみると「ジャガー」の未来にあたる場所にあります。

b0213435_13543450.png
マヤの神様レベルでみると、「風」の日を担ぐ守護神と「ジャガー」周期を担ぐ守護神は同じ「ケツァールコアトル」です。マヤでは大変有名な空飛ぶ羽を持つヘビククルカンで自然を守る神です。
また「風」の周期を担ぐ守護神は、宝と火を見張る「チャンティコ」という自然の女神です。

創造の根本的な神ケツァルコアトルは、冥界の王という「ジャガーの顔」をもって大地の下で地球の生命を見守っています。

そして4月4日からちょうど20日後の4月24日、マヤカレンダーは「ジャガー・13」を迎えました。


「ジャガー」の日を守護するのは「トラソルテオトル」という浄化と大地の女神です。
不浄を喰らい、清める儀式の女神さま。

邪悪なものや過剰なものは大地のパワーで清めます。
同時に「13」という天界の数と合体したことで、エネルギーは宇宙的に集大成的に働きました。


この前日の夜からわたしの身体は浄化作用がとっても強くなっていました。
衝撃的な波動がきていたため、ツイッターでも気をつけてとつぶやいていました。


みなさん、こんばんわ★

今日の夕方3・11大震災の恐怖を思い出すほど大きな地震がありましたw
ほんとに怖かったですね; ̄ロ ̄)!
ぐらぐらするのであたふたしちゃいました(~_~;)
そしたらマヤを学んでいるお弟子さんが「先生、地震大丈夫ですかっ??!」とすぐにメッセージをくれました♪
こんなときのたったひと言が、人の緊張と恐怖を和らげて救ってくれるんだなぁ~と彼女に感謝しました(^_^;)
大地が揺れるというのは、何度体験しても慣れないものです。
人類の魂や遺伝子の中に記憶として地震の恐怖体験が組み込まれているのかもしれません。

【12月21日頃のニビルの位置】
Ms.9Naniaが、私が時間がなくて調べられなかったことをちゃんと解読して、YouTubeにアップしていました!彼女もまた神のスピリチュアル体験をしている一人なので、とてもわかりやすく解き明かしています。(時々ちょっとマニアック風になりますが・・・(笑))
b0213435_20393347.gif


b0213435_20424544.gif


・Scientists Estimate Location of Planet X in 1988, 2009, & 2012

http://youtu.be/z8_Y-mG5a6k


マヤカレンダーでは13バクツン・12月21日まであとちょうど2週間です。

これから2週間の間に本当に多くの情報が飛び交うかもしれません。
マヤ暦やマヤ予言を語った偽情報や、うわさに尾びれがついて人々を恐怖で煽ったり、今日のように地震があると地球はやはり無理なのか?!などと考えてしまうのも当たらずとも遠からずといった視点から、情報はあふれてくると思います。

昨日の記事にも書いたオーストラリア首相のマヤ終末論発言もそうですが、他にもたくさん関連する情報はあります。少しだけピックアップしてみました。

「地球は12月21日から3日間暗闇に」とうわさ 中国四川省で住民ろうそくに殺到 ・・・産経ニュース

 2012年12月21日から3日間、地球は暗闇に包まれる-。中国四川省でこうしたうわさが広まり、ろうそくやマッチを購入する住民が殺到している。7日付の中国紙、新京報が伝えた。

マヤ終末論は否定も…科学的に可能性のある「世界の終焉」8つのシナリオ

 読者が正当に心配できる、「科学的に適切な」世界の滅亡シナリオを集めてみた。

終末論は悪のETが計画して実行に移したいだけなのです。

 世間が騒ぎたてているマヤの予言の通りに人類の滅亡が来るのだろうかと悩んでいる人も多いかもしれませんが、現在進行中の数々の終末論的出来事が予言通りに起きているのではなく、完全に人工的に起こされたものだとしたらどうしますか?人類を敵視するエリアン勢力が、自分達の利益のために人間を操っていたとしたら、どうしますか?

12月21日に何が起きようとしているのか。。。闇の計画とマヤ人の計画

 最近は、何かとても胸騒ぎがして仕方ありません。それは12月21日に起こる惑星配列に関することです。
その日に闇の支配者等による実験が行われようとしているのです。この実験は粒子加速機を使って行われます。科学者等は反物質を探しています。そして彼等は当日の惑星配列を利用して非常に高い振動を発生させようとしています。この実験はプロトンプロトンと呼ばれています。

世界中で気象環境が荒れています。フィリピンでは大型台風の直撃により、死者が300人以上発生、欧州では強い寒波の影響で猛吹雪となっています。
☆NASAが隠すポールシフト情報

ポールシフトの前兆

12月に入って突然、不穏な出来事・情報が増えてきた。

「マヤ文明と終末論の真実」連載企画 マヤピラミッドの真実
Webナショジオ 

 マヤ文明といえば、何を思い浮かべるだろうか。謎、未開、石造ピラミッド、ジャングル、王墓、装飾品? あるいは「2012年世界滅亡」かもしれない。最近話題にのぼることが多い終末思想は、マヤ暦と関係あると言われているが、本当にそうなのか。

マヤ文明 その繁栄と崩壊


◆これまでの関連記事:
Dr Salの警告情報は本当か嘘か?
古代マヤの予言とプラズマの関係w
マヤ暦2012に関する新たな発見!と周期運
地球の何かがおかしい!
マヤからみるスマトラ沖巨大地震4・11


いままでも終末論については、前兆や予言や黙示録なども含めてたくさんのことが語られてきました。

たしかに地球は新しい次元へと変移していると私も思っています。
地球意識は分離し、留まり続ける意識力とより高いレベルへと移行・上昇していく波動レベルは、崩壊なくしては始まらないのが天の摂理だからなのでしょう。

でもどうか皆さん、情報に惑わされないでください。

自分の心・スピリットで見分ける能力を身につけ、人の意見によって右往左往するのではなくサードアイ、あるいはチャクラでしっかりと真理を見るように心がけてみてください。
訓練によっていくらかでもそれは見えるようにナーカルは助けてくれるからです。

私はアセンションという神秘体験をしたときから、現在に至るまで多くの「不思議」や「光と闇」「神の摂理」や「自然・宇宙の真理」など、あるいは人類が見つけて後世に遺産として残してくれている伝承や教えなどを学び続けてきました。
そしてそれらは1つの領域に留まりません。
時に学術的であり政治的であり、科学的であり非科学的であり、神秘的であり芸術的である・・等々、多くの視点となってナーカルは私のサードチャクラに留まり、それらの中に通っている神髄を見せてくれているのだと思っています。

マヤ暦やマヤの予言も、私にとってはそれらの1つに過ぎません。
マヤの予言が全てではないのです。全てだと決定しようとしている何か別の意志がある!ということです。

しかしマヤの叡智にもピーンと透き通った真理の光が輝いていますよ♪

b0213435_20521668.jpg

2012年12月21日 冬至の太陽は銀河の中心と直列します。
25、627年というマヤでいう一つの「時代」13バクツン周期が5回巡ってきて、最後となるフナブクの夜明け前に戻ってくるのが2012年の冬至12月21日「13.0.0.0.0.」4アハウの日である。と言われています。

マヤの暦とマヤ予言とは異なる別のものです。
13バクツンは終わりですが、新しい始まりでもある。
ということがマヤ暦「時のサイクル」の真理であり自然の摂理です。

マヤの予言は古代マヤ族が語りついできた聖なる書物のことです。
そしてそこには多くの神秘や謎めいた神話・伝承がたくさん書かれています。

今日は予言の一部だけ紹介しておきましょう。

「2アハウの殿の時代に(2012年12月21日には4アハウから2アハウの時代へと交代することを意味している)、ブルク・チャブタンが荷物を背負って到着するだろう。(研究者によると「11倍の幸福」とも訳されていて、崇拝されていた英雄、もしくは神といわれている)」

「これらの年の間、カトゥン(約20年)の半分は吉く、パンと水をもたらし、強力な首長を与えるだろう。他の半分は悪く大きな災難をもたらすだろう。その半期は飢饉、他の半期はパンだろう。」


これらは文字通りに解釈するだけでは不十分です。よーくサードアイを開いて、心の目で読んでみてくださいね(*^_^*)
これらの予言に隠されている時の摂理と真理を見分けていくことが新しい時代には必要なのですから!


p(*^-^*)q がんばっ♪ お知らせ

2012年12月11日(火) 19時~20時54分 フジTV
『世界行ってみたらホントはこんなトコだった!? イタリア&マヤSP』
b0213435_2022560.gif


題して…『カスペ!“2013年は絶対イタリアが来る!”らしいので…その前にイタリアはホントはこんなトコって流行先取り。年末話題の「マヤ歴」(マヤの2012年人類滅亡説)の謎を探るため、メキシコやグアテマラまで飛んで取材を敢行している。話題のマヤ歴によると“世界の終り”まであと10日くらい!?気になるマヤの地にも行ってホントか確かめて来ちゃったスペシャル』

宮迫さんの手術の成功と元気回復も願って、予約セットしてお見逃しなく~~☆彡

★おまけ

自己チューニングで引き寄せ運をアップ
~マヤ暦の2012年12月は自分を整える絶好のチャンス~


日経ウーマンオンライン マヤ占いコラム
真夜中にこんばんわ。

2004年のスマトラ島沖地震と去年の東関東大震災の記憶が、私を寝かせてくれなくなりました。
去年はニュージーランドに続いた日本の巨大地震でした。

3・11は強烈な地震だっただけに、どうしても意味を調べないといられなかった。
それほど神の予言的意志をリーディングしようと夢中で試みたことも記憶に新しいです。

スマトラ沖ではM8.6の巨大地震の後もずっと余震が続いていますし、2時間後には再びM8.2の地震が発生。今も揺れ続けていて、まるで日本の3・11の再来みたいです。



いったいどうしたというのでしょう!
「11」に現れる悪魔の呪いか、「11」に合わせた天の警告か、さもなければ「11」を意図的に狙った人類の悪者の仕業なのか?!

私自身は東関東大震災3・11の地震が人口によるものであったという論説も信じるし、大地の女神が人類に警告を与えているという神々からのメッセージであることも信じます。
さらにいえば、すべては大きな意志によって、宇宙大計画が進められていて地球を我がものにしたい!と企む一握りの選民と称する人々によって宇宙操作されていることも信じます。

が・・・
それでも私は必ず全てに通ずる「共時的な意味」があるものだと信じるため、スピリチュアル的なものをマヤのシンボルを使って探求せざるを得ないのです。
b0213435_225575.gif


3・11の時は、9Naniaがエレニン彗星が太陽系の惑星の配置に関わり地球に影響を与えるだろうと予言したことで、私も夢中で調べていました。
9Nania
エレニン彗星

最近あまり9Naniaの情報については書いていませんでしたが、彼女は自身の動画サイトでプラネットXによる軸のシフトが何故2012年3月22日に起こらないの?!と見解を述べていました。



22日が11日に変更になっただけかもよ!?

北朝鮮のロケット「銀河3号」を打ち上げが明日12日だとして、もし地震エリアのターゲットがインドネシアから北朝鮮に移ったとしたら、ロケットはどうなるのか?地震で倒れたりしないのか?大地に変わる「何か」が、ロケットの打ち上げを地震によって阻止しようとしているのかもしれませんよね?

マヤ暦でみると・・
2011年3月11日、マヤ暦では「シカ」周期の「水」の日でした。
2012年4月11日の今日、マヤ暦では「香」周期の「死」の日でした。

「シカ」周期の守護神は「テペヨリョトル」という山の心臓をもつ神様で、「香」の周期は「トラソルテオトル」という大地の王で誕生を守る神様です。

「水」は「死」に至るという未来への予言なのでしょうか?!
山の心臓をもつ神が、大地の王に座を譲ったとしたら・・・

マヤの象徴的に解釈すると、水は心の綺麗さ、精神の純粋さを象徴しているサインですが、死は地下の源泉からパワーと成長をあふれ出す黄泉の国や世界との縁結び役のサインです。
だとすれば「精神・心の純粋性」が「変容して究極的に解除される」という意味としても成り立ちます。

まだ何がおこるか予断は許せない状態です。
少し注意深く洞察していきたいとおもいます。
また象徴的理解ができたら、アップしていきます。

関連記事:
マヤ暦と大地震との関係〔1〕
マヤ暦の予言と地震(プレアデス星団の関係)の関係〔2〕
みなさんこんばんわ★

24日(時差でまだ23日「死・13」の国もあります)「シカ・1」の日、地球では地震が多発しています。
先ほどは北海道日高で震度5弱の地震がありました。3900世帯が一時停電したそうです。

M4.2 カナダバンクーバー
M3.0 イエローストーン・ナショナルパーク
M6.0 04:34AM 福島県沖
M5.0 10:55AM インドネシア・ジャワ島
M5.1 10:23PM フィジィー諸島
M6.1 19:25PM 北海道浦河沖



26日でマヤツォルキン暦では3月11日からちょうど1ラウンド経過します。
20×13で260日が経ったわけです。
あの地震と大津波が起きた日がマヤカレンダー「水・3」の日でした。
3月9日にも前兆のような余震がありましたね。
それが今日と同じ「シカ・1」のサインでした。
嫌なシンクロですね・・・(・_・;)

エレニン彗星が地球人に何か特別なメッセージを伝え残していたのでしょうか?
それともHaarpの動きが激しくなっているせいなのでしょうか?
HAARPに地震波か? Kazumoto Iguchi's blog

b0213435_2234597.jpg

広域 ・ 日本全国 広域 ・ 最新24時間 の震央分布図

関連記事:
Thanks giving day(感謝祭)とシカとエレニン

乙女の足の下から誕生する星・・サタン11:11:11


こちらの記事もサタン関連では気になります。

太陽系が荒れている: 土星と天王星でスーパーストーム


一部転載します。

土星のこの200日間の悪天候は1903年以来の記録となっている

今年の土星の北部の悪天候は記録的だ。
NASA の土星探査機カッシーニから送信された写真では、この200日間のあいだ、土星は継続的なスーパーストームに見舞われている。これは 1903年に観測された5ヶ月間に渡るストームの記録を塗り替えるものだ。

土星は、木星と同様その大部分が水素とヘリウムで構成されている。
大きさは地球の約 755倍だ。

土星の高層大気での風の速度は、赤道付近で、秒速 480メートルに達する。これと比較すると、地球で最も強いハリケーンの風速が秒速 18メートルで、土星の嵐の桁外れの猛威がおわかりかと思う。
(オカさんのサイトより)


土星・・Saturnサタン
天王星・・Uranusウラノス



天王星は「普通ではない惑星」「おかしな惑星」とあります。

以下ナショナルジオグラフィック公式サイトより転載

b0213435_22433765.jpg

普通でない惑星

 かつては平凡そうな惑星の1つだと考えられていた天王星には、太陽系外縁部で最も明るい雲がいくつかあり、環が11本もあるなど、ダイナミックな世界であることが明らかになっている。望遠鏡を使って発見された最初の惑星は天王星であり、天文学者のウィリアム・ハーシェルによって1781年に発見された。太陽系第7番目のこの惑星は太陽からあまりにも遠いため、1回の公転に84年もかかってしまう。

 固体表面を持たない天王星は巨大惑星の1つである(ほかの巨大惑星は、木星、土星、海王星)。天王星の大気は主に水素とヘリウムで構成されているが、メタンも少し含まれ、水とアンモニアの痕跡もある。天王星が青緑色をしているのはメタンガスによるものだ。メタンガス層の直下にある天王星の雲頂からは太陽光が反射している。その反射した太陽光がこのメタンガス層を通過するときに、赤い波長はメタンガスに吸収されるが、青い波長はそのまま通り抜ける。その結果として、地球からは天王星が青緑色に見えるようになる。

 天王星の大気を細部まで可視光の領域で観測するのは非常に難しい。天王星の質量の80%以上は、主に“凍った”物質(水、メタン、アンモニア)で構成された大きな液体の核であり、中心部に近いところにはさらに高密度の物質がある。

おかしな惑星

 天王星の自転軸は、まるでこの惑星が無理に横倒しにされたかのようにほぼ水平になっている。この異常な傾きは、天王星の歴史の初期に惑星サイズの天体と衝突したことが原因だと考えらえる。その衝突によって、惑星の自転が大幅に変えられたらしい。また、磁場は通常は惑星の自転軸とそろっているものだが、天王星の磁場の軸は自転軸に対して60度も傾いている。

 横倒しに自転しているため同じ季節が20年以上も続くが、太陽から遠いこともあって夏と冬の温度は大きく変わらない。天王星の温度は雲頂の近くで摂氏マイナス216度である。

 自転軸の傾きが異常であるため、その環は太陽を回る軌道面に対してほぼ垂直になっている。外側の10本の環は暗く、薄くて幅が狭いが、最も内側の11本目の環は幅広で拡散している。

 天王星では27個の衛星が確認されていて、そのほとんどはウィリアム・シェイクスピアかアレキサンダー・ポープの作品の登場人物から名前が付けられている。ミランダは天王星の衛星の中で最も奇妙な形をしており、まるでスペアパーツを集めて作ったような姿をしている。この衛星の切り立った崖や曲がりくねった渓谷は、内部が部分的に溶解し、凍った物質がときどき表面へあふれ出ていることを示しているのかもしれない。

転載終わり

何かマヤ2012との関連や意味がありそうです。

おっと、もう1つ忘れてはいけません。

サタンは土星や霊的な世界だけを表わすわけではありません。
サタニストたちは世界中に散在して、聖なる儀式と誓いのもと上階層級の指示に従っているということもありますので(・_・;)

サタニック聖書なるものもあるようですよ。


そういえば、ウラノスって「青い惑星」なんだそうです。


マヤ暦のサインとの関連性からみても少しの間、地震には注意が必要かもしれません。
みなさんこんばんわ。

地震つづきましたね。。
7月31日03時56分 震度5強 福島県沖
8月01日02時38分 震度4 日高地方東部
8月01日23時58分頃 震度5弱 駿河湾

さっきの地震は酔いました。揺れというより回ってた気がします(・_・;)
ダメです。ああいう地震は!

b0213435_122248.jpg

7月31日から8月2日はエレニン彗星が地球の軌道上を通過しています。
目に見えなくても通過していることに変わりはありません。

これ以上の地震がきたら、少しヤバイですからね。
祈るしか手立てが見当たりませんが(~_~;)

そしてこれからどんどんとエレニン彗星は地球に近づきます。
b0213435_15969.jpg


b0213435_154211.jpg

8月16~18日、エレニン彗星は金星の軌道上を通過します。
8月14日 03時57分に月は満月になります。
そして15日には45P/本田・ムルコス・パジュサコバ彗星が地球に最接近します。また07時35分には金星が外合します。エレニン彗星、金星、地球が太陽と水星を結びながらトライアングルになります。
b0213435_1302516.jpg

この前後数日間には何もおこらないことを私は神に祈っています。
マヤではケツァルコアトルは金星になったとあるからです。

今日は地震酔いしましたので、また次回書きたいと思います(・_・;)