タグ:金環日食 ( 4 ) タグの人気記事

2月は早いですねー042.gif
あっという間にもう月末だよ~(';')

今日は日本では見れない「金環日食」の日!
南米とアフリカでは天文現象が見れそうです。



アルゼンチンのパタゴニア地方では 午前9時24分頃から午後12時06分に最高の眺めとなるそうです。

b0213435_19520536.jpg
チリでは午前9時頃から、コロンビア、エクアドル、ペルーでも見れるようですが、食の最大となるのは大西洋のど真ん中。

b0213435_19515506.jpg

b0213435_19545504.jpg
今回の日食は、マヤ暦「ウサギ11」の日におこります。
マヤ暦の神話ストーリーにしてお話してみますね。

今月20日、年の神様「ケツァルコアトル」「風」が地上にやってきて、ぴゅーぴゅーと吹き荒れながら「時の座」につかれました。それまで座していた「香」の神様はやっと担いできた時の荷物を降ろされて、ホッと一息。
少しはゆっくり地上でも眺めて天に帰りましょう!と思っていますと、風の神はなぜか不機嫌。
さっさと天へ帰れと言わんばかりです。
天界の頭脳をもつ頭のよい「香」の神は、風の神のもとへどうやら愛する女性が天から顔を見せるらしいとわかりました。それで風の神は浮足立っていたようです。
風の神が地上の王の座に着座された祝い事に、女神は姿を現すというのですがどのように?

そうです。月と太陽が重なり合って美しく輝く光の環を空に見せて差し上げましょうということでした。
しかも風とウサギは生命樹を一つにつながりあっておりますので、それはそれは美しい金環日食なはずです。

ところがウサギの女神は、人間の目に触れないところで美しく一つになることを望まれたようです。
なので今回は大地のないところ、南大西洋の真ん中を選ばれたのですね。

日本からは見えませんが、南米には少しだけ姿をお見せするのですから、ケツァルコアトルとマヤウェルの愛のひと時はやはり故郷に近いところ。なのかもしれません♡


b0213435_20103511.jpg
日本時間の今夜23時38分頃が食の最大かしら。。

空に時神と女神の愛の形が具現化されるのです053.gif053.gif

素敵ですね~(^^♪



みなさん、こんばんわ★

いよいよ金環日食の日になりました(^_^)
今日はマヤ暦では「死・11」です。
ん? 私のデイサインの日だ♪(笑)

今日は内宇宙から受けとったメッセージをお伝えしたいと思います。

それは…

金環日食の日の夜、もしもあなたが夢をみたら、その夢にはとても大切なメッセージがあるはず!
ということです。

b0213435_184892.jpg

空の向こうでは「地球━月━太陽」が直列して金環日食がおこりますが、上の画像にもあるように金星も地球と太陽の間に接近中。
そして太陽の向こう側には水星と木星が並びつつあります。
b0213435_1101563.jpg

また宇宙では惑星たちがプレアデス星団がライン上にあり、6月6日の金星のトランジットそして6月中旬には木星とプレアデス星団が接近していきます。

前回も書きました。
空の向こうにある惑星は、自分の内なる宇宙とつながっています。
(私は占星術はよくわかりませんがマヤでも同じです)

また同じように精神分析学者のユング博士がいう無意識の元型やアイオーン(時間や時代を神秘的人格として表したものをいう)の象徴を研究していくとき、宇宙と内なるマンダラという、同じ概念をもつ象徴的な根源にたどり着きます。

ユングは自分の経験も含め多くの分析をおこなうなかで、夢には象徴シンボルとして元型的性質をもつ大きな夢というものがあるといいます。

幻視や夢は意識や意識のもつ世界観や固定的概念を排除した上での「心が発する自発的な発言である」といわれています。

夢の中に登場する人物や動物、様々な不思議キャラは、そのもの自体に意味があるのではなく心自身があなたに伝えたい象徴的メッセージを含んでいる場合が多いということです。

たとえば原生林へと退行する森は、無意識の中への立ち入りを意味しているとか、真珠のように輝く物体(クラゲのようなもの)が出現したときはそれは三次元のマンダラ、つまり自己(セルフ)を表すなどのようにです。

b0213435_1171369.jpg


日食は午前7時頃から見え始める“宇宙”を体感できる貴重な天体ショーとして楽しむ「外の天文現象」としての意味だけではありません。
同時に人間の内なる宇宙にも同じように特別なイベントが起こることを意味しています。

象徴解説のバイブルであるユングの著書「アイオーン」の中の一節に、次のようにかかれています。

「プリスキリアヌス(385年没)は、キリストについて次のようにに言う。キリストは星空の変遷について知っていて、生誕の車輪を破壊しながら、洗礼を再びつくりあげることによって我々の誕生の日にうち勝つ。」

この生誕の車輪は占星天宮図(ホロスコープ)として把握されているものです。

宇宙意識につながるアセンションが始まるきっかけがいつどこであるのかは、その人の守護者にしかわかりません。
明日あるかもしれないし、一生ないかもしれません。

b0213435_129211.gif

しかし外なる宇宙と内なる宇宙がシンクロしはじめたとき、個人のなかに神秘的に輝く光を見つけることができたなら、それが始まりであることは間違いありません。

これから始まる天文現象は私たちの住むこの地球にも少なからず影響を与えると思います。
日本、イタリアでも地震がおきました。

夢をみたらぜひ書き留めてください。
そしてそのとき自分に生じている「感情の動き」がどんなものだったかを覚えておいてくださいませね。

アイオーンあるいはナーカルという時の神は、それをあなたにわかるように示してくれる「解読の時」をちゃんと用意しています。
だからすぐに意味を理解できなくてもOKです。

もちろん明日だけに限ったことではありません。
6月にかけてイベントは続きますし、マヤ暦からいうと2012年12月はもっとビックイベントなのですから!!

日本でも初夢については多くの伝説がありますね。
太陽信仰の国でしたからね。(今もかな?^^)

私が見てきた宇宙の惑星はとても素敵でしたヨ♡( ´ ▽ ` )ノ
できることならずっとそこにいたかった^^♪

b0213435_1422746.gif

コパンの墓跡から見つかった肖像たちは、どこか宇宙船にのって惑星から戻ってきた人のように見えますね!
みなさん再びこんばんわ☆

マヤと金環日食とウサギについてブログを書き終えて更新してから、ふと何か忘れてるような気が・・・(・_・;)?

そうなんです

実はあそこまでは画像を作成して張り付けたり記事を訳したものをまとめてのせたり、あるいは引用したりしてまとめて書いているだけのものでして…私が感じた「謎解き」についてのコメントをのせるのをすっかり忘れていた!!のです(-_-;)。

最近ドジで忘れっぽい「空」な私ですw

b0213435_15738.jpg

「人間、誰だって年をとる」
「人間誰だって忘れたり間違えたりすることはある」

「すべての地球上の人間はたった一人の母から生まれているという原点の奥義に気づけば、たとえ世界中の人が自分を敵にまわしたとしても自分の敵は外にはいない、自分の中にいるのだと認識できるようになる。だから自分にだけは嘘をついてはいけないことを知り、あるがままの自分と向き合っていく大切さを知ることができる」

だから・・・
へこたれないわ・た・し♪

☆前回の記事:マヤと金環日食とウサギの謎解き

前回の記事をご覧いただいた方は先へどうぞ^^

前回の記事について解き明かそうとしたのは、以下の内容でした。
◆クロップサークルに「Lamat(ウサギ)」と「6」が出現した理由
◆16ではなくて「8」というペアと数秘の意を伝えたかったのではないか?
◆人間の思考分析習性に依存せず、心の声と気づきに耳を傾けて象徴を読み解いていくべきではないか?

前回の動画でマヤ暦サインについて説明しているセルジオ・カルデロン氏のいう13と28日から構成されている暦の説については、私は知識がなくまた興味も持ち合わせていないため、そのことについて賛否意見等はありません。
b0213435_2152267.gif


さてヴィーナストランジットについては、皆さんもご存知かと思いますが「8年間隔」で生じる稀な天文現象で「ペア」の年をもっています。

2012年6月6日のヴィーナストランジットは、2004年6月8日に起きたトランジットとのペア。
1874年12月9日から8年後の1882年12月6日がVTペア。
2012年が終わると今度金星が太陽面を通過するのは2117年12月17日だといわれています。

8年かけて星型の5芒星の形を描くのですね♪
参考記事:
金星による地球の通過儀礼
2012年の冬至のお話-その7

マヤの数秘で「8」は「互いに共鳴しあう・調和・共振・波長を合わせる」という意味があります。
自分の考えが正しいと思った時点で相手が共振するしか道はなくなることを戒めるために「8」には「正義」というカルマの負債を背負わせています。
それは「正義」なるものの本質を知り、見極め、考え、苦しみそして乗り越えるべき魂の課題であることを意味しています。

金星は地球の双子の兄弟星で愛の象徴ビーナスであるといわれていますよね。
マヤでも金星については正確に観測され、天文的なことのみでなく神話的な要素も含んで多くの記述がのこされています。

さきほどのクロップサークルの形を見ると、左に8列、センターが日食、そして右に8列の形があるようです。「16」ととらえるより「8」がペアととらえたほうが、日食に意味がでてくるように感じませんか?
b0213435_158578.jpg

人間的に解釈するより宇宙人的に解釈する・・・つまり象徴として普遍的な意味を考えてみる、宇宙意識につながって感じてみることが大切なのではないかと思います。

以下気になったこと。

○2005年8月9日 最初のクロップサークルが出現した日⇒「水・4」
○2011年7月22日 2番目のサークルが出現した日⇒「風・6」
○水と風はマヤデイサインのペア
○1つ目の出現から2つ目の出現までの間隔⇒6
○2006年8月15日 Lamat(ウサギ)のシンボルが出現した日⇒「祖先・11」 生命樹でみるとこの日の未来のサインは「ウサギ・6」
○ヴィーナストランジットのペア⇒8
○ヴィーナストランジットが起こる日は2012年6月6日「風・1」
○2012年5月21日 金環日食の日⇒「死・11」⇒この日の未来のサインは「ジャガー・6」
○「ジャガー・6」の未来のサインはVTが起こる日「風・1」

ふぅ。。

マヤの生命樹がわからない人には何のこっちゃ?!だと思いますが、マヤ暦の仕組みと生命樹を理解できる人には驚きだと思います(゜o゜)!

「象徴として時の事象・天の事象をとらえる」

そこを基準点としてクロップサークルをみてみると、まるでマヤ生命樹が「未来宇宙」にシンクロしているかさせられていることがわかります。

「未来からのメッセージだよ。」って(^_-)-☆

「8」をペアにキリスト意識を具現化させたケツァルコアトルの羽毛が日食の両側に象徴としてつけられているのは、2012年5月21日という金環日食を通して人類に「正義」を勘違いしないようにとの警告かもしれません!!!

また「6」が多く出現していますが、こちらは「流れ・生命のバランス、生産する」ことをマヤ数秘としてもっています。と同時に先の「8」と同じように「6」には「平等」という学ぶべきカルマの負債が与えられています。
それは「平等」が何を意味するのかを知り、見極め、考え、苦しみ、自らの中にある不平等を乗り越えるべき魂の課題であることを意味しています。
また「6」と「未来」のペアは、万人に平等な生きる道を未来へ向かって気づきなさいという警告かもしれません!!

聖書の名言に次のような言葉があります。
「神のなさることは、すべて時にかなって美しい。神はまた、人の心に永遠への思いを与えられた。しかし、人は、神が行なわれるみわざを、初めから終わりまで見きわめることができない。」   旧約聖書 伝道者の書 3章11節

古代マヤの時の思想をみると「時」が永遠であり「神」であることがわかります。だから美しいという言葉もぴったりです。

古代マヤの人たちが、天の星辰の動きや事象を観測し続けてこれたのは、時神に守られている自分を知っていたから。
そして宇宙意識とつながる大切さを知っていたからでしょう。

クロップサークルについては私も専門的に調べたわけではないので何ともいえませんが、解釈するのであれば象徴として「時」や「数」に神秘の意味を探し出すほうが自然かと。

金環日食もヴィーナストランジットも「実際の目で見ればいい」というものではないと思います。

今この瞬間に生じている宇宙での出来事として、心に受けとめてほしい。
内なる宇宙は外の天体宇宙とつながっています。

5月21日も6月6日も、その目で見たなら同じように今度は目を閉じて「心の第三の眼」で静かに惑星たちの祭典を気で感じてみてほしいと思います。

b0213435_2205392.jpg

マヤの時神ナーカルは、その瞬間を待っています。
宇宙意識とのコンタクトが始まるのはそれからずっと後になってからです(^_^)/~
みなさん、こんばんわ★

ブログの記事を作成しているとドン!と大きな地震がきました
(((;゜Д゜))

今日の東京は昼間物凄い雷と雨にも見舞われましたが、みなさんは大丈夫でしたでしょうか?
地震・雷・津波・原発事故だけは何度経験しても慣れません(-_-;)

☆お天気が気になる金環日食、いよいよ間近に迫ってきましたね。

天体現象としては現代ではもちろんビックイベントですが、古代マヤでも同じように日食は重要な意味をもつビックイベントだったようです。

こちらが「日食」を表すシンボルです。
b0213435_1974336.jpg

ドレスデンコーデックスには日食を示す絵文字が数ページにわたって描かれています。
b0213435_1985356.jpg

太陽をかじる天の蛇の姿で、マヤの天文学者は日食を怖れながらも研究する対象として重視していたようです。

月や金星、その他の星の動きと同じように日食や月食は神々の合図として考えられていました。
いい前兆であるか悪い前兆であるかを読みとるために神官たちはその様子を詳細にわたって記し、建造物の奉納や戦争の開始など特別な儀式をとりおこなうべきかどうかを王に進言したと伝えられています。

驚くことに、西暦700年頃に発見された「ドレスデンコーデックス」に記されている表には、月の軌道が太陽の見かけの軌道と会合する時点から前後18日のあいだにしか月食や日食は起こらないということが記されていたとあります。
古代マヤの天文学者たちは、この2つの現象が173.3日おきに起こるという予測を表にして記録していたというのです!
すごいですねー(゜o゜)
b0213435_1992216.jpg


ところが不思議なことにドレスデンコーデックスの日食に関するページが続く途中、2ページ目に「自殺の女神」3ページ目に「死神」が描かれています。
b0213435_1913077.jpg

Ixtab
「イシュタブ」と呼ばれる自殺の女神
黒い頬紅を丸く塗り、目を閉じて天から下ろされた紐で首を吊っている姿で描かれていて、まるで天が自分を連れて行ってくれるのを待っているかのようです。

古代マヤでは自殺は直接天国へ行くと信じられていたようで、些細な何かが起こったり鬱病になったりすると自殺するというのは一般的だったようです。
b0213435_19133542.jpg

Yum Cimil
「ユム・キミル」と呼ばれ、またの名をア・パッチ(Ah Puch)ともよばれるのはマヤの冥界シバルバーにおける主である死神です。

マヤでは死の概念は供犠の儀式と深く結びついていて、冥界の王が怒りを鎮めてくれるようチチェン・イッツァのセノーテの泉には、かつて多くの聖なる生け贄が捧げられたそうです。
しかし一方で「死」は「生」と循環しているという信仰や思想がマヤ族を支えていたので、現代と異なり「死」という概念は「恐ろしい世界」ではなく月へ行くような、あるいは黄泉の国サンド・ムンドに祝福をうけるようなものとして認識されていたのではないかと思います。

日食が古代マヤ族に天からのメッセージとして重んじられていたことからみれば、現代も同じように神が「時」を知らせる鐘の音として予測することも可能となるはずです。

ところでこちらのサイトでもおなじみのUFO研究家ジェイミー・モウサン氏の動画から、クロップサークルと関連するミステリーを発見!



K.Iguchi氏のブログにも記事がありました。
ミステリーサークルの警告?:5月21日金環食後16日間、5月21日〜6月6日に注目!?

b0213435_19161795.jpg


金環日食がおこる2012年5月21日(地球の向こう側では20日です^^)から数えて16日目に金星が太陽の前面を通過するビーナス・トランジットがおこりますが、このことを2005年と2011年に出現したクロップサークルがシンボルとして何かメッセージを伝えている可能性がある、というものです。

ビデオに登場するマヤ&クロップサークル研究家のセルジオ・カルデロン氏によると、二つのクロップサークルの中心に描かれているのが「たまごの中で行われる日食」であるといいます。
マヤでは「0」には2つの意味がある。
1つは"mabal"で意味は"nothing"
もう1つは"He"を意味していて"egg"。

ゼロの概念が発達していた古代マヤの人々が「たまご」と「彼(おそらく金星になった白い巨人のケツァルコアトル)」をゼロの神秘としてもっていたことは、驚きましたがw

また「16」という数が日食と一緒に示されていることから、2012年5月21日から16日後の6月6日にビーナストランジットがくることは、やはり何か意味がありそうです!
b0213435_19172137.jpg


さらに2006年8月15日に「ラマト(ウサギ)」のシンボルが出現し、2007年8月13日には「6」を示すシンボルが出現したそうです。
b0213435_19182463.jpg

b0213435_19191645.gif

不思議なことに2006年8月15日はマヤ神聖暦でみると「祖先・11」。
祖先11から生命樹の未来をみると「ウサギ・6」なんですヨ♪
ミステリアスですね。
b0213435_19202031.gif

(こちらは「6」を表すマヤ数字)

5月21日の金環日食、惑星はこのようなつながりを見せてくれています。
b0213435_19212030.jpg


金環日食は宇宙からみれば、太陽と地球のあいだに月が入りこんで並ぶ現象ですよね。
水星も木星も太陽をはさんで向こう側にいます。
金星だって接近中で、VTが6月早々にやってきます!!
何と美しいんでしょう!
b0213435_19224871.jpg

金環日食からVTにかけての16日間、もしかしたらプレアデスの目・ブルズアイがキラリと光って私たちのサードアイにむかって「あとに続くもの」へ秘密のメッセージを告げてくれるのかもしれません♡( ´ ▽ ` )ノ

b0213435_19232129.jpg


マヤ暦でも2012年当初より発信している「水」が守護する周期がやってきます。
21日は「死」の日、23日が「ウサギ・13」でアセンション。
そして「水」の周期へとはいります。

どんなことが世界でおこるか・・・
宇宙から救世主があらわれるかもしれません(^_-)-☆
注目度マックスです♪