大手小町 マヤ占い

みなさま、こんにちわ。


ヨミウリ・オンラインの女性向けサイト「大手小町」さんの占いコーナー
「マヤ占い」を設置いただきまして、新たにこのブログにご訪問くださった皆さまも、どうぞ宜しくお願い致します。



マヤ暦では、2012年12月21日「祖先・4」の日に5125年という長期暦が終わります。(日付は異なる説もございます)



何を根拠にして、古代マヤ族の人たちはこのように複雑で正確かつ、天体と人間の内なる時間と対応させた暦を生み出すことができたのでしょう。
そして神聖暦を、神話や予言に関連づけることができたのでしょうか。

文明も進化していないジャングルで、未知との遭遇体験でもしたかと思うほどに神秘の力を感じます。

「美しく神秘的な、古代の世界、まだ神々が人間に委ねていない世界が見える。それは広漠平坦で、灼熱の太陽に燃える無人の世界、チャカンつまりサバンナの国であり、そこに今から千五百年も前、最も美しい文明の1つが生まれた。・・・マヤ人の偉大な発見は、この地上の世界は決して自立的なものではなく、無限の一部であり、現在(いま)の時間は、時の巨大な車輪の一通過にすぎないと考えついたことである。」
チラム・バラムの書)


マヤカレンダーが伝えているのは「時」を超えるための秘密の教えだと私は思っています。


「時」を意識しなくなったとき、人間は時空や次元を超えて宇宙的な世界につながります。

聖なる時間に入ると、人の意識は神々の普遍性と統合され、無意識に眠っていた可能性の光を解き放ちます。
そして「時」を担ぐ守護者のほんとうの意味を知り、「時」から解放されます。


マヤカレンダーは自己実現への道しるべとなり、本当の自分と出会う光となります。



人を愛すること、人を信じること、人と別れること、人を支えること、人と関わることなど、人は、人との関係でいつも悩みます。

そんなときでも「時」は皆に平等です。
1時間は1分にはならず、1日は1年にはなりません。


大きな時を知れば知るほど、1日は小さく感じます。
また1日を知れば知るほど、大きな時は大きく感じます。
だから「時」は真理であり、「黄金」なのではないでしょうか。


マヤ占いは、悩みに答えを出してくれる易経のような術とは少し違います。
悩んでいる原因を探り、どこを修理すれば、自分のバランスが整って悩みがなくなっていくかを知る、いわばホリスティック医療や自然治癒力を高める健康法のようなものかもしれません。


生を受けた生き物は、死の世界といつも背中合わせです。
生と死の間を循環します。マヤのデイサインたちも同じです。

    

ぜひマヤの神秘をご覧いただければ幸いです。
またマヤ占いをぜひお試しくださいませ。



古代マヤの暦、歴史、マヤ宇宙


マヤ占い マヤ暦周期


マヤ生命樹占い 無料
(誕生日より生命樹を導き出すことができます)

[PR]