見えない世界に向かって

みなさん、こんにちわ。

世界中のあちらこちらで、地球の不気味な胎動が始まっていますね。
日本の巨大地震につづき、アメリカでは嵐と竜巻が発生してそうとうな被害をもたらしているというニュースも入っています。

暴雨風で竜巻が発生、多数死亡 米南部
CNNニュース

日本とハイチ:2つの震災でみた「顔」
ロイター通信

太陽フレア活動や地球の磁場の変化、環境汚染の問題や、原子力エネルギーや安全性の見直し、新種のウイルス、テロリズムとの戦いなど、これまでの人間の暮らしや社会成長、経済のあり方等について、世界は新しい視座で見つめ直す必要の時がきていることを痛感しています。

 ◆★

4年前のちょうど3月頃、話題になった理論があります。
進化論を覆し、創造論を超えるとまでいわれた新理論「インテリジェント・デザイン」です。
私もとても興味をもって本を読んでいたを思い出します。

インテリジェント・デザイン理論が正しいとか怪しいとかいうこと以上に、この論争には「科学」と「神」の境界線を乗り越え、手を携えようとしている歩みよりの可能性を示唆する理論としての存在価値がありました。

・インテリジェント・デザインとは一体なに?!第1回
・インテリジェント・デザインとは? 第2回
・インテリジェント・デザイン新理論の未来

・生命の誕生と「核」エネルギー

またこの時期に人気を集めていたのが「リモート・ビューイング」です。
テレビでも話題になった”超能力捜査官”ジョー・マクモニーグルや、サイコダイバーとして知られるジョン・オリバーのような方々がおられます。

人間の意識に入り込むことや遠隔透視などはもはや宇宙人や超人のすることではなく、普通の人間がもつ特殊能力として認められ、警察の犯罪事件捜査やCIAの諜報活動に取り入れられるようになっていることも驚きの事実でした。

この4年間でマザーアースを母体とする世界は、「目に映る現実世界」だけでなく「可能性のありそうな見えない世界」に対して寛容・寛大になりつつあるように思います。

現在日本を脅かしている放射線の実体は見えませんが、全能なる偉大な神も見えないことに変わりはありません。

宇宙も地球も人類も、時とともに進化しています。
アセンションはそのような世界の入り口なのだと私は考えています。

b0213435_16324425.gif

[PR]