マヤの宇宙観~ナイトロードと星の神々~

みなさん、こんばんわ。

エキサイトブログ「いちおし」にてご紹介いただき、嬉しく思っています♪
これからもマヤの神秘やスピリチュアル的オラクルなど、楽しく綴っていこうと思います。


古代の世界では、この世に完全な「闇」が存在していたとき、太陽は今よりはるかに明るく、月や星々もずっと多くの輝きを放っていました。空いっぱいに広がる宇宙と天体の輝きのひとつひとつに、古代に生きた人々は神の姿を見ていたといいいます。

古代マヤ文明の礎を築いたマヤ族は、天文学の知識、暦、そして世界観や思想を持っていました。 またそれだけではなく「チラム・バラムの書」や「ポポル・ヴフ」などのような神話や予言、儀式、暦としての聖なる書を叡智として語り継いできました。

マヤの宇宙は3つの世界から成っています。
目に見える地上の世界、見えない天界、そして冥界(地下世界)です。冥界であるシバルバーへの入り口は、「洞窟」だとされていますが、そのシバルバーへ続いている「道」は、天の川の中に見える帯状の暗い部分だと考えられていました。

この3つの世界にはそれぞれに神がついています。
大地の神7人、地下世界(夜の王)の神9人、そして天界の神13人です。
この3つの世界の神々を組み合わせ(掛け合わせ)ると、木星・土星の運行を追うための周期の一つになっているのです。(819日周期)

マヤの宇宙観を研究し、また紐解いていくとき、壮大な天体の星々と人間との間にある見えない世界への切符を手にするようなそんな感じを覚えます。
しかしそれはマヤに限ったことではありません。世界中で語り継がれてきた神話には、星になった神々についての共通の概念が存在しています。

★銀河(ミルキーウェイ)

銀河、天の川は、天を滔々と流れる川や銀色に光る道であるというのが神話世界での常識となっています。日本や中国、ベトナムでは、天の川に隔てられた悲恋物語が有名です。
これらの物語では、男女が川の両岸で相対しながら、なかなかあうことができずに泣き出すという意味を持ちつつ「雨」を象徴しているとも言われています。

ギリシャ神話の主神ゼウスが、アンピトリュオンの妻アルクメネにうませたヘラクレスが8ヶ月になったとき、ゼウスの嫉妬深い妻であるヘラは、2匹の蛇を揺り篭の中に入れ、殺そうとしました。ところが赤子のヘラクレスはその蛇を素手でもって絞め殺してしまいます。ヘラの怒りを恐れたアクルメネは、ヘラクレスを野原に捨ててしまいます。偶然そこを通りかかったヘラは、誰のこともわからないヘラクレスを抱き上げて乳を与えました。するとそのあまりの怪力で乳房を吸ったため、乳がほとばしって川となり、その川が天を流れる銀河となったという話です。

マヤでは、3つの光の結合によってこの世界は創造されたとする3次元からなる「十字架」があります。その十字架は「輝く光」(東から西に向かう光)、「一本足の光」(北から南に向かう光)、そして「小さな光」(天頂から天底へ向かう光)で表わされています。この「小さな光」は日本や中国の神話と同様「雨」という意味を持っています。この光の結合であるマヤン・クロスは夜空に浮かぶ銀河を表しているといわれ、ユカテク語では「持ち上げられた天空」を意味する「ワカフ・チャン」と呼ばれています。

★プレアデス星団
牡牛座の肩に6つ星が集まっている場所、それがプレアデス星団です。日本では「すばる」という呼び名を持っています。

ギリシャ神話ではプレアデスは天を担ぐ巨人アトラスの7人姉妹の娘で、女神アルテミスに仕えていたそうです。月の明るいある晩のこと、7人姉妹が森のなかで踊り戯れていると、猟師であるオリオンが現れ、彼女たちを犯そうとしました。驚き恐れた彼女らは、森の奥へと逃げ込んで月の女神アルテミスに助けを求めます。女神は自分の着物の裾にかくまってあげました。
しかしなおもオリオンを恐れ続ける姉妹たちを気の毒に思ったゼウスが、7人を美しい鳩に変えたので、大空へ飛んでいって星になったそうです。今では6つの星にしか見えないのは、姉妹のひとりエレクトラが、トロイアの城壁が戦火で焼け落ちるのを見て悲しみ、長い髪をなびかせて彗星となって飛んでいったからだと伝えられています。


アステカ神話でもプレアデスは「センテオトル」という「コーンの神」としての神格を持っています。(マヤではヤム・カァシュと呼ばれています)


センテオトルはトラツォルテオトルという月の女神の息子です。トウモロコシでできた冠を戴いた若くて凛々しい青年の姿として表され、「7つの蛇」と呼ばれるコーンの女神をパートナーの女性神格として持っています。またセンテオトルはマヤの神「ケツァルコアトル」によってこの世界に連れてこられたといわれ、北の力を持ち、プレアデス星の使いだとも言われているコーン神なのです。

マヤの地下世界(ナイトロード)を司る9つの王



古代からひとは神を信じ、自然に宿る脅威の力をあがめ、また天を信じて生きてきました。
人は常に変化してゆく心や朽ちてしまう肉体、社会のさまを愚かだとし、普遍的で変わらないものを信じることで、生きることに救いの光を求めてきたのだと思います。


人は苦しいと感じるとき、どんなに頑張ってもどうすることもできず人力では叶わない運命的な力を無意識に求めるものなのです。
運命の力や幸運は人が願うとおりに、また考えるとおりにそのひとの人生を良い方向へと与えてくれるわけではありませんね。
人間の考えは所詮人間の考えうる範疇でしかない事柄です。そこに人と天の違いがあるのですから、同じであるはずはないわけです。

ところが「自分」という人間の持つ力や考えに限界を感じ、己の可能性をどんなに期待したとしても最終的には人間としての限界にぶち当たることを悟り、自らのハンドルを天に預けたときから、天は天の考えるやり方でその人の人生の舵を握って運命的な方向へと転換し始めるのです。

マヤ暦と無意識の世界を探求し続けてきた私は、マヤ暦の「ナイトロード」という不思議なサインに注目していました。

生年月日に持つ自分のデイサインがあることは、マヤ暦では一般的に知られていますが、もう1つわたしたちの生年月日には「夜の守護者(ナイトロード)」と呼ばれる神や女神がついていることはあまり知られていませんでした。
そしてまたその「ナイトロード」がどのようにデイサインやわたしたちの運命に関わっているのか、ナイトロードは夜を司りながらどのような意味を与えてくれるのかを解き明かすために協力してくれます。

9つのナイトロードは1日のうちの「夜」を司って繰り返し時のサイクルを交代して見守ります。
その夜の神々は、暗闇に隠されたそのひと自身を明らかにするものでした。
この古代の神々、また女神は、元型タイプとしてあなたの意志の後ろにある深い精神の力を象徴している!とわかったとき、それがわたしたちの「無意識」に大きく影響していることをはっきりと知る手掛かりであることがわかりました。
それをもとにして、自分自身の運命の生命樹を作成してみると、なるほどナイトロードの存在が少しずつわかってきます。

冥界の9神は、天界の13の神々と戦って敗れてしまったので、夜を見守るため地下世界にいったのだそうです。
シバルバーへの道は、天の川の中に見える帯状の暗い部分だと考えられていて、夜になると地上のうえにその入り口が姿を見せる、と考えられていました。この天の川の暗い部分がオリオン座と関係のあることは、「古代マヤ文明の暗号」の著者であるエイドリアン・ギルバートも多くの紙面を割いて語っています。

他の誰もが知らない、また理解することのないあなたの人格の一部。
無意識に潜んでいる元型をささえ、それをあなたの意識へと伝えようとしている夜の守護者。
ナイトロードと一緒に運命をよみとく解読法を新たに占いに取り入れて、マヤ暦の占術を磨いているこの頃です(*^^)v

マヤ占い、ぜひお試しください^^♪
[PR]