「マヤ2012年終末説」信者が南仏の村に集結

みなさん、こんばんわ。

16日は、満月が地球の陰にすっぽりと隠れてしまう「皆既月食」、日本では半年ぶりに沖縄県などで観測されたそうです。
地球の大気の層で屈折した僅かな光を受けて、赤黒く輝くのが特徴だとのこと。
神秘的ですね!

今月の天文現象は
17日 月が冥王星の南3"20
22日 夏至
29日 月と火星が並ぶ
だそうです。


「2012年終末説」信者が南仏の村に集結、当局が警戒

マヤ終末論に関するニュースがでてしまいました!

---記事転載開始---

2012年に世界が終わると信じる人たちが、フランス南部にある人口わずか200人の小さな村ビュガラッシュを安全な「聖地」とあがめ、終末から逃れるために続々と詰めかけている。

新興宗教団体を監視する政府当局は15日発表の報告書で、古代マヤ文明の暦を基に割り出された「滅亡の日」とされる2012年12月21日までの間、ビュガラッシュに対する監視を強める必要があるとの見解を示した。

 当局の報告によると、特別な場所とされるビュガラッシュにある岩山には過去数カ月間で多くの訪問者が殺到。周辺の不動産価格が上昇しているほか、金融詐欺やマインドコントロール(洗脳)が行われるリスクが高まっているという。

 地元住民から「逆さまの山」と呼ばれるこの岩山は、岩の上層部分が下層部分よりも古いことなどから、神秘的な場所とされてきた。インターネット上では、この岩山が磁力で囲まれているという説から、宇宙人の基地があるとの説、別の世界への入り口が地下にあるとの説などがささやかれている。

 監視当局の責任者はロイターに対し、訪問者の急増を懸念した村長の連絡を受けて最近ビュガラッシュを訪れたところ、米国の「ラムサの学校」メンバーが周辺に6カ所の居住施設を建設していたと説明。また、他の宗教グループも地元ホテルで有料セミナーなどを開催していると明かした。

 この責任者は、1993年に米テキサス州ウェイコで発生し80人近くの死者を出した新興宗教ブランチ・ダビディアンによる立てこもり事件に触れ、終末思想は弱い状態にある人に大きな影響を与えるとし、「警戒を続ける必要がある」と述べた。
[パリ 15日 ロイター] 
----ここまで----
b0213435_0282830.jpg

う~ん・・危ないですね。。危険です。

カルトやマインドコントロールが心配です。
古代マヤ暦は、宗教の対象それ自体ではありませんし、キリスト教聖書のような教えとして成立する書物も見つかっていません。
最初はきっとパワースポットとして有名になり、その後マヤ暦滅亡説や地下都市伝説がタッグを組んで歩きだし、多くの迷える子羊たちに影響を与え始めているのでしょう。

・ラムサの学校
こちらは、古代の叡智の学校だそうです。
ラムサは今から3万5千年前、古代の戦士で征服者、アセンドしたマスター。彼は自分のことを「不死の神」、つまり「意識とエネルギー」だと言っており、遠い昔に消滅したレムーリアという大陸に、3万5千年前に人間として生きていたと言っていた。とあります。
彼の魂は、死を体験したことがないそうで「不死の神」だそうです。

これは「ユダの福音書」で不死の王国「バルベーロ」と支配者デミウルゴスとアルコーンたちのお話に似ています。

こちらの学校で学ぶことのなかに、気になることがありました。
「自分の人生を自分の思い通りの人生に変えるために、脳の中で意識を移動させる方法」とあります。
これは危険ですね。
この世を支配したい、人生を思い通りにしたい、それは学ぶことでしょうか?
よく考えてみたいものです。

・ブランチ・ダビディアン

『ヨハネの黙示録』に基づく終末思想と「選ばれし民」という選民思想をもって信者を洗脳し、集団自殺に追い込みました。
生き残った信者たちは、突撃銃、拳銃、散弾銃、重機関銃等の武器を所持し、ブランチ・ダビディアンは現在もなお存続し、活動を続けているそうです。
オウム真理教の事件と同様、信者には多数のエリート青年が含まれていたそうです。

 ★
人は弱いものです。

強いパワーを誰かと一緒に信じたくなるのが人間の常です。
そのことをわかっていない人は、もとから洗脳されやすい土壌を無意識の深層エリアに持っている可能性があります。
振興宗教だけではありません。
ニューエイジやアセンションも同じような意味をもっています。
信仰それ自体、選民思想、古代伝承や神秘思想もみな同じような落とし穴をもっています。
b0213435_0294628.jpg

マヤのピラミッドは、このようなことを望んでいるとは思えません。
地震に天災、地球に多くの変化が現れてくればくるほど、人はこのような対象に救いを求めるかもしれません。
でももう一度考えてみてください。
本当に古代マヤ暦は、人類滅亡を予言しているでしょうか?
地球は滅びてしまうでしょうか?
救いはそのようなところにあるでしょうか?

何もトラブルがおこらないことを祈るばかりです。
[PR]