地球に隕石が衝突するかも?!

みなさん、こんばんわ★

突然ですが、Kazumoto Iguchi's blogに衝撃的な記事が掲載されました。

来週の月曜日に隕石が地球に衝突するらしいという、怪しくもあり恐ろしくもある内容です。


「来週月曜日17時〜21時に隕石が地球に衝突するゾ!?」:マレー博士のeメール!

http://quasimoto.exblog.jp/15915003/
ぜひ元記事をご覧になってみてください。


以下ブログより転載させていただきました。

----
重要になる可能性のあるEメール



私たちは、幾分意味ありげなある情報を含んだ、1通のEメールを受信した。

現時点では、この情報の裏付けは取れていないが、この人物の業績に照らし合わせてみると、彼のEメールにあるこの危険が迫っているというのも、根拠があると言えよう。

ブルース・C・マレー(Bruce C Murray)から送信された事をEメールは示している。

しかしこれもまた確認が出来ていない。

彼は、宇宙科学の名誉教授であり、ジェット推進研究所の所長を1976年4月1日から1982年6月30日まで務めている。

このEメールには、小さな街ほどの大きさの隕石の衝突に関する内容が記されている。

これは私たちが送信したEメールではなく、私たちはただ危険が迫っていることを知らせたいのだ。そしてこの転写は正真正銘の本物だ。

Eメールを読むには動画を一時停止してほしい。

「こんにちは、私がこれから話すのは極めて重要であるが故に、私の信頼性の確認から始めることが必要不可欠だ。

私の名は、ブルース・C・マレーだ。

私についてはここ

[Bruce C. Murray]

や、ここでも

[Bruce Murray]

確認可能だ。

小さな街ほどの大きさがある巨大な隕石が、非常に速い速度で地球に近付いている。SOHOのSTEREOマップに携わる人々は、それをはっきりと見ており、崩壊したその一部がちょうど先週、太陽に衝突したというのが事実だ。ここには、それに関して論じていた人々がおり、そのスレッドが立っていたのを私は憶えている。

これに関して、主要メディアは何も述べていない。人々はこの事を黙っているように言われているのだ!

私は、これがカテゴリ1に相当する絶滅規模の事象であることを確認している。これが太平洋を襲ったなら、巨大な津波が発生し、地球上の全ての呼吸する人間や哺乳類、そして植物の絶滅を引き起こす事象の引き金となるだろう。

米国時間の月曜日早朝から午前8時の時間帯のいつでも、それが衝突する可能性がある事から、当局者やエリート達は、今週末に地下(基地)へと向かうだろう。
そこで我々が警戒しているのは、米国時間午前4時〜午前8時の間の時間帯だ。(日本時間17時〜21時)
これは、信じようとする誰もが、信じる神が異なろうとも祈るための時間なのだ。祈る他に道はない。

来るべき物が来たのだ」。

----転載ここまで----


それにしても・・不思議ですね(゜o゜)!

どうしてエレニン彗星が地球に最も接近する日と同じ日なのでしょう?!

b0213435_22102034.jpg

地球との距離:0.232 AU


しかもこの日は小惑星「2005 YU55」も地球に接近しています。
b0213435_2211774.jpg

地球との距離:0.191AU
(こちらの惑星が最も地球に接近するのは11月9日0.0023AUです)

参考記事:○ヨハネ黙示とエレニン彗星・・乙女から誕生する星


9Naniaもこの日には、おとめ座ヴァーゴから太陽が生まれる!として以前コメントを出していました。
・10月17日~18日 エレニン彗星が地球から0.234AUに接近

◆太陽が生まれでる!
b0213435_22123995.jpg


◆9Naniaの関連記事:

◆エレニン彗星関連記事:

エレニン彗星のコマは、今年4月の時点で8万キロメートルもの大きさがありました!
b0213435_22162158.jpg


そしてエレニン彗星(C/2010 X1)は、Kazuo Kinoshitaとベルさんの言うには、周期は11858.5年ということでした。
1万年もの周期をもつ彗星で8万キロもの大きさであったエレニンが、いきなり「崩壊」といわれて「あっ、そうですか。」と思えることのほうが、私には不思議です。

彗星の尾はふつう、次のように惑星に影響を与えるそうです。
b0213435_22184161.jpg


動画:


今回のメールには「隕石」とあるようですが、なぜこうもエレニン接近と「時」が一致しているのでしょう。 宇宙はどこまでも広く大きいのですから、たった1日、一ヶ月という「期間」の間に同時に星が地球に近づくというのも偶然というにはあまりに不思議です。

いったいどうなっているのでしょう?!

マヤカレンダーでは16日からウサギの周期。13日間を守護する時の王は「シウテクウトリ」で火の神です。 光と来世の希望の擬人化で「水」のナワールの守護者でもあります。
17日は「水・2」でシウテクウトリのサインの日です。火の神が天から降りてこないことを祈るばかりです。

主よ地球を守りたまえ。

(事実かどうかの検証はできないため、本当かどうかはわかりませんm(__)m。何もなければと願っています)
[PR]