マヤ春分の日に寄せて~「断」の神秘~

みなさん、こんにちわ☆

春近し♪ もうすぐ春分ですね。
3月20日は春分の日。マヤ暦では「トカゲ・1」です。
トカゲトレセーナ周期始まりの日が春分の日と重なります。

春分の日、マヤではとても大切な天文ショーを見ることが出来ます。
チェチェンイッツアのカスティーヨと呼ばれる大きなピラミッドに、
マヤ文明伝説の空飛ぶ蛇ククルカンが光と影によって浮かびあがり、降臨するのです。
b0213435_13582953.jpg


かつては種まき時期である春分と、収穫時期である秋分の時期を民衆に伝えるという役割を持っていたこの天文イベントが、トカゲの周期に一致していることは素晴らしく意味のあることです。(トカゲは種まきのサインです)
b0213435_13491361.jpg


いま、世界は混乱の時です。
日本も同じです。
混乱の時だからこそ、学ぶべき大切なことがあります。

日本人はどうやら「断」という神秘的意味を、スピリットが理解できていない民族のようです。

「断」を使った単語には「決断」「判断」「断る」「遮断」などがあります。
日本人は「断」という意味を「NOということ」「反対の意見をもつこと」のように理解しているかと思いますが、実はそれだけではありません。

きょうは春分の日に向けて「断」というスピリチュアルパワーについて、少し意見をご紹介してみたいと思います。

b0213435_1415310.jpg


勝間和代さんも「断る力」という本を執筆されていて、書籍の紹介に次のように書かれていました。

◎私が今、タイムマシンに乗って20代後半の自分にたった一つアドバイスをするとしたら、「『断る力』を一刻も早く、身につけること」と言うでしょう。実際、私が「断る力」、英語にすると「Say No」、すなわち相手の言いなりにならずに拒否をする力を身につけることができたと確信したのは、34歳で初めての離婚をしたときからだと思います。そして、その時から、私の世界はドラマティックに変わりはじめました。

彼女の世界観を変えたのが「断る力」であったと聞いて、なるほど!と思いました^^!


確かに今の日本、政治や経済、報道や災害復興対策など右を見ても左をみても、対立する意見であふれています。
瓦礫の処理の是非問題、原発推進と反対、消費税増税派と反対派、沖縄米軍基地問題・・・・イランの核開発YES派とNO派・・

またオセロの中島さんの話題だけでなく、オウム真理教やカルト集団などのような「洗脳意識」を受けやすいのも、おそらく日本人の「断」に対するスピリチュアルな認識ができてないからかもしれません。


「人は、この世に生まれ親に愛され、学校へ行って学べばちゃんとした大人に育つ」
あなたはそう思いますか?

「生きることは難しいことではない。」
本当にそうでしょうか?


私はそうは思いません。
「生きる」ことほどこの世界で難しいことはないです。
普通に健康に育ち学んだからといって、大人としてちゃんとした人になれるわけではない。


人間が社会に適応・貢献していくために得る力を「学力や知力・思考力」などと呼び、その専門を教育分野というでしょう?
しかしそれだけでは大人として「生きる」ために必要なものは足りてないのですよ。

人間は「知的生命体」として「思考する」「行動する」生き物として存在することが出来る時のみ、社会はその人を必要とします。
それができないと社会から弾き飛ばされ、生きることができないのが現実なのではないかしら。

それは「認知力」が訓練されていないこと、「断る力」に慣れておらず使い方を知らないことなどが不足していることも1つの要因だと思います。

「人や自分の心」「スピリット」に適応・貢献していくために得る力が「認知力」や「察知力」だと思います。
そして「断る」の本来の意味を教育分野では学んでいないため、社会で断る必要があるのに出来なくて追い詰められたり、決断、判断など「断する」ことができなかったりして、次第に社会から遠ざかろうとしてしまいます。


日本は「断る」ことは失礼・無礼なことである、という意識の習慣が根づいているからでしょう。
勝間さんのおっしゃる「NO」という意識のことですね。

ところが私のすむ宇宙意識という「スピリチュアル」な世界では、「YES」も「NO」も両方「在る」し「無い」のです。
b0213435_1444598.gif


断るはNOだけではありません。
YESのとき断ることだってあるし、断ることで結果YESもあります。
NOが人を救うこともあれば、YESが人を殺すこともあります。

決断や判断はその中の一部の状況を変える、見分けるベクトルチェンジですから。

つまり何かの方向が変わるとき、自分や社会や物事のベクトルを変える必要があるとき、対立する意見というものが地震のようにあちらこちらに出現し、意識を動かします。


冒頭でいったように、今の世界・日本は混乱の時です。
時代が大きく変わろうとしている時の只中に私たちは生きています。
政治経済、文化、価値観などが古いものから新しいものへとベクトルチェンジしているときです。

対立する意見や支配、洗脳、マインドコントロール、探りあいにぶつかり合いは日常茶飯事。今の時事ニュースを見れば一目瞭然です。


「断」に対するスピリチュアルな認識・・・
それはまず「受容」から始まります。
断ってもいいという認識、決断して失敗してもいいという受容背景を自分の中に見つけること。でしょうか。
宇宙意識からすると「断」はYESでもNOでもないのです。
つまりベクトルを変える=方向を変える「力」です。


★「断」のスピリチュアルアドバイス♪

◎会社が嫌だなぁ。と感じたら「何故」嫌なのか「何が」嫌なのかを自分が考えるための判断材料を探し出しましょう。
そして材料がそろったら、自分の何かが変化したがっているものを、心に素直になって探してみましょう。
そして見つかったら方向を変える勇気と認識をもって「決断」してみましょう!
そこから新しい自分は始まります。
ベクトルチェンジ・・方向転換です。

◎好きな人と喧嘩が続いてて不安だわ。。と感じたら、理由を探すよりも原因を追究して解決させようとするよりもまず、とりあえずでいい、少し距離を置いてみましょう。

普通の人間には感情や性格、エゴなどがあるため、恋愛や愛のベクトルを見分けるのは難しいからです。
時間と距離をおくと、それまで見えなかった「何か」が見えるようになります。見えるようになってきたら、判断し決断していきます。
その答えがYESでもNOでもいいんですよ。
ベクトルチェンジですからね。

◎そして最後に…
もしあなたがカルト宗教や洗脳集団、如何わしいと疑われる人間たちに関わってしまったようで困っているのであれば、どうぞ一度「断」を考えてみてください。

あなたは「断」を知っていますか?
「断」を恐れてはいませんか?
「断」を誤解していませんか?

そして「断」をもっと知りたい、自分の不安定な状態をベクトルチェンジしたいと願うのであれば、勇気をもって「断」を知っている専門家に相談してみてください。

「断」の神秘的認知力は、時に「人類を救う」救世主となります
!!!!!!


みなさんにとって春分の日が「良き春の訪れ」を知らせる日となりますように^^♪
[PR]