イエスとアセンション〜聖夜に〜

24日のきょうは聖夜ですね。
明日はクリスマス072.gif
キリスト教を信仰していなくても、日本人は正月同様クリスマスを賑やかに祝って盛り上がりますね。
日本人らしいといえばらしいですが・・(笑)
b0213435_17364179.jpg
欧米諸国では相手がクリスチャンなら「メリークリスマス♪」とキリストの生誕を祝してメッセージカードを送りますが、ノンクリスチャンには「シーズンス・グリーティング」という季節を祝うカードを送ります。
気にしない人もいますが、ユダヤ教やイスラム教、仏教などたくさんの宗教が混在している国では、気にする人もいるのは事実。
宗教より空気を読み取る日本人にとっては、どっちでも同じように感じるかもしれませんが、結構違います(^_^;A

私は中学のときに洗礼を受けた一応はクリスチャンなのですが、キリスト教聖典の言葉や愛と真理については神秘を体験していますので信じてはおりますが、宗教としてのそれはもうぐちゃぐちゃなのでやめました。

だからイエスの誕生というクリスマスは嬉しいですが、象徴的意味において祝ったり家族との団欒においては楽しみますが、ノリと雰囲気で楽しむクリスマスは卒業しています。
b0213435_17355598.jpg
でも教会のクリスマスミサや礼拝はすごいですよ!
やっぱり盛り上がり方が違います。
なにしろイエス様がお生まれになった!と救世主の誕生を祝っているわけで、それがなければキリスト教は成立しないわけですから。
なので本当のクリスマスを体験してみたいなら、信仰するしないに関わらず「教会」へ行くことを私はお勧めします☆

b0213435_17332689.png
ところでアセンションについて少なからず学んだり体験した方ならご存知だと思いますが、キリストはアセンデッド・マスターですね。

つまりアセンションをした人間としての先駆者・導師なわけで、その様子は聖典や外典を読めばあちこちに描かれています。

象徴体系や神話を学んでみると、イエスキリストは私たちが思っているような「人」ではなく「象徴」であることがわかります。人としてのイエスは愚か者で、キリストの神話としては不朽です。イエスはゴルゴダの丘で十字架にかけられるという磔刑を経験させられます。そしてその苦痛が極限に達したとき、十字架上で彼は叫びます。

『エリ、エリ、レマ、サバクタニ』(我が神、我が神、どうして私をお見捨てになったのですか)と。
神話の中ではアーサー王もイエスも「死」を通して英雄としての称号を与えられます。

歴史の闇に封印されて1700年ぶりに復元されたといわれる「ユダの福音書」を読むと、イエスとユダの秘儀が書かれていて、救済についての考え方やイエスの使徒との関係についての神秘も描かれているのでとても参考になります。

ユダはイエスが心を許した一番の側近で、充実な愛弟子です。そしてイエスが天の家に帰るため(アセンションするため)に、イエスを死(ゴルゴダの磔刑)へと引き渡した人物です。

イエスが天の家に帰るためには、肉体の死は免れません。そして天の家とは、この世界を超越した真の王国であり、この世つまり物質世界という肉体ある牢獄を逃れて「神性な要素を宿している人々が行き着く場所」なのです。
また、いわゆる全てのクリスチャンが目的としている「救い」についても、教義が語っているものとは少し違っていて、天の王国に属する人々は、地上での時を終えると、肉体は死として滅びるがその人のプネウマ「霊」「魂」は死ぬことなく、天へと引き上げられて天の家に戻る、と書かれています。

天が授けてくれる啓示を知ることは、秘密の知識を学ぶ事でもあります。
その1つがユダ。
ユダは12人の使徒から外されています。12という数字の外にいるわけです。
そしてイエスはユダを「13番目」と呼びました。
ユダの福音書では「13」は幸運をもたらす数字。

マヤの暦でも「13」はアセンション数。
1から始まった13までのピラミッド暦の数秘サイクルです。

西洋占星術では人々の希望を打ち砕くクロノスの教師である土星が、クリスマスイブの24日に蠍座から射手座に移動したそうですが、蠍座の皆さんはお疲れさまでした。油断はできないようですが、ここはしばしの休憩を♪
b0213435_17375777.jpg
さてイエスとアセンションについて、ダイアナ・クーパーの「アトランティスカード」がとっても役に立ちますので、よかったら秘儀を学んでみてはいかがかしら?(^_^)

本日24日、マヤ暦で診断する2015年の占いが掲載されました!
さて・・と、来年はいったいどうなることやら。汗

「マヤ暦で予測する、2015年の世界」リンク

[PR]