カテゴリ:天文と宇宙( 33 )

マヤ森の王と皆既月食

皆さんこんにちは。

今日1月31日はマヤ暦では「シカ12」です。

神秘的な天体現象「皆既月食」が今夜おこるわけですが、天空では「一年」を担ぐ年神(イヤーベアラー)の交代にむけて、儀式や祝祭がおこなわれていて、スーパーブラッドムーンもその一連の儀式のうちの天の現象です。

b0213435_11485222.jpg


b0213435_11512817.jpg

古代マヤをふくむメソアメリカの文明といえば、高度に優れた天体観測技術とその計算やピラミッドの建造などがありますが、古代マヤ人にとってそれらをおこなうことは、興味や好奇心や仕事のようなものではなく、星々や天空の神々に仕える神官として、天空の民としての誇りや自尊心から行われていたものでした。


b0213435_11575296.jpg

マヤ・アステカ神話の神々は、それぞれが天体・星辰であったり、動・植物や自然というトーテムの役割をになっています。
マヤの世界観は「二元論」にもとづいているので、どの神々もペアになって光と闇、善と悪、喜びと苦しみの具現化を体現する神の特性をもっています。

太陽神「トナティウ神(ウィツィロポチトリ:マヤの最高神)」
太陽神 トナティウの妻 「ヨワルテクトリ女神」

2つにしてひとつの太陽。同じ太陽のふたつの異なる側面の象徴です。

金星「ケツァルコアトル神」 宵の明星
金星「トラウィスカルパンテクウトリ神」 明けの明星

月「テクシステカトル女神」
地球「トラルテクウトリ女神」
水星「ピルシンテクウトリ神」
などなど

b0213435_11490140.jpg
今日はここ↑

b0213435_15465388.jpg
古代マヤ暦では「2月20日」に年神(イヤーベアラー)が交代します。年の新年です。
マヤ暦にはいくつものサイクルがあって、新年の定義もいくつかあります。

20日「シカ6」が年の王となります。

今日「シカ12」が「風の年」では最後の「シカ」のナーカル日です。


天空ではシカの神が神輿にのせられ、精霊たちに担がれて「せいやーせいや~」と神殿に着座するためにむかっている最中です。
時々に押し戻されたり、ぶつかり合ったり、前進したりしながら。

b0213435_12054524.jpg

今日の皆既月食は、そんなマヤ天空のストーリーを感じながら、神秘現象を眺めてみてほしいな。と思います。


シカの守護神は森を守る王なので、月食が始まったらシカの王は右足にチャクラをもつので、右足で大地を「トントン」と踏み鳴らして、守りの座に無事についてくださるようお願いすると良い事があるかもしれませんよ♡


b0213435_12092595.jpg

毎日のナーカルメッセージをホームページで更新中です。
良かったらのぞいて見てくださいね!





[PR]
皆さんこんにちは。
あまり興味ないかもしれませんが、今日はキリスト教の復活祭イースターです。
Happy Easter!
b0213435_15073792.jpg
ところでみなさんは「運命」と「宿命」の違い、おわかりですか?

まさか「どっちもおんなじだろ?」なんて考えてませんよねーw121.png
どう違うのかを文明の歴史から説明する前に、まずはタイトルにある「人工知能・AI」について少し紹介します。

いまやビックデータや人工知能、ロボットなどのニュースを目にしない日はないくらい、テクノロジー分野は新しい時代の富を先行して牽引しています。

イスラエル人で歴史学者のユヴァル・ノア・ハラリ氏が著した「サピエンス史」や「Homo Deus」は世界中でベストセラーとなっていますよね!
サピエンス史の上下巻はとても興味深く読みました。

サピエンス全史 上下合本版 文明の構造と人類の幸福

ユヴァル・ノア・ハラリ/河出書房新社

undefined






著書に書かれている内容を読んだり、スピーチやメディアでのコメントなども聞いてみて、彼の世界観がマヤの世界観にシンクロしているなーと共感しております。

彼の感じている歴史観や人類の歴史は虚構であるという認識概念の根底には、どこか精神世界にも通じる運命論的な思考や、伝えたいメッセージやストーリーには神話的な思考が織り込まれていて、とても興味深く思います。

something great 的な「ID(インテリジェント・デザイン)理論」をもとらえた上で、実在するリアリティの現実世界と、人類を支配するストーリーテラーが創造してきたフィクション(虚構)の世界が、映画「マトリックス」や「インターステラー」のように絡み合って形成されている架空の現実界という2つのパラレルワールドは、マヤの聖なる次元というもう一つの世界概念にシンクロしました。

b0213435_16155449.jpg




さて「運命」と「宿命」についてです。165.png


マヤ文明から少し遡って、古代シュメール文明の秘蔵として発掘されたシュメール神話によると、地球では「知識」と「支配権」は一致していませんでした。

地球の主で最高権威の称号が与えられ「偉大な科学者」と呼ばれたのは「エ・ア(エン・キ)」
地球のミッションを指揮する指揮権や支配権、栄光の任務は「エン・リル」に与えれました。

いろいろあって神話もクライマックスになると、本来は遺伝的には俺が後継者の息子なんだからとか、おまえは愛人の息子だとか、俺は後継者の子どもだとか娘だとか、あれやこれやで神々のバトルが始まり、権力や支配権の相続争いがおこります。

人間とおなじね。

で、”宇宙の原理を知り、運命を定める偉大なるアヌンナキ”はこう考えました。
「ふむ。運命と宿命を識別しなければならない。」と。

「ナム」・・・惑星軌道のように、あらかじめ進路が決定されていて、変えることができない、人為に左右されない永遠の秩序で変更不可能な成り行き ➡「宿命」
「ナム・タル」・・・曲げたり壊したりして変えることができる、無秩序な出来事の成り行き ➡「運命」


何が自分たちにとって「不可避(変更不可能)」な運命・ナム(宿命)であるのか、自由選択の結果として自由に操ることができる「変更可能な決定」の運命・ナム・タル(運命)なのかどちらなのかを知ることができるというわけですね。

そしてそのことを達観し、再考することで、もしもそれが惑星周期のように再び巡ってくるようなものであれば、それは過去と向き合うことで、未来を予見できるであろう!そして最初の事柄が最後との事柄と重なることも予測できるであろう!ということです。
b0213435_185747.jpg
マヤ暦も、そのように運命や宿命をひも解きながら、循環する世界を読み解き、未来の運命を変えていくために有効なツールだと思います♡109.png



b0213435_20521668.jpg


予測不可能な行動、人間の独創的な考えや感情の爆発などを含めた無謀な行動ができるのは「人間・ホモサピエンス」と「宇宙からやってきた地球外生命体」だけなのかもしれませんよ。

動物や植物は自然界の道理や掟に従って生命を全うしますし、AIと呼ばれる人工知能やコンピューターのビックデータなども数理論や一定の秩序や法則に従って動くようプログラムされていますよね。

「宿命・ナム」は予測できても、無秩序でカオス的な動きで破壊したりカオスを生み出す「運命・ナム・タル」までは、人工知能も相当の経験とデータ蓄積が必要なのではないでしょうか。

ユヴァル・ハラリ氏のセオリーにあるように、もしこの世界が「虚構」であり近未来、人類が「ヒューマンアップロード」され、サイバーリバーの淵で暮らすようになるとするのなら、彼は「宿命・ナム」を予見したのかもしれませんね。

ただし「運命」が「DOOM(破壊の運命)」でないことを祈りますが!

CU!


b0213435_0454038.jpg



人気占い師ならエキサイト

[PR]
2月は早いですねー042.gif
あっという間にもう月末だよ~(';')

今日は日本では見れない「金環日食」の日!
南米とアフリカでは天文現象が見れそうです。



アルゼンチンのパタゴニア地方では 午前9時24分頃から午後12時06分に最高の眺めとなるそうです。

b0213435_19520536.jpg
チリでは午前9時頃から、コロンビア、エクアドル、ペルーでも見れるようですが、食の最大となるのは大西洋のど真ん中。

b0213435_19515506.jpg

b0213435_19545504.jpg
今回の日食は、マヤ暦「ウサギ11」の日におこります。
マヤ暦の神話ストーリーにしてお話してみますね。

今月20日、年の神様「ケツァルコアトル」「風」が地上にやってきて、ぴゅーぴゅーと吹き荒れながら「時の座」につかれました。それまで座していた「香」の神様はやっと担いできた時の荷物を降ろされて、ホッと一息。
少しはゆっくり地上でも眺めて天に帰りましょう!と思っていますと、風の神はなぜか不機嫌。
さっさと天へ帰れと言わんばかりです。
天界の頭脳をもつ頭のよい「香」の神は、風の神のもとへどうやら愛する女性が天から顔を見せるらしいとわかりました。それで風の神は浮足立っていたようです。
風の神が地上の王の座に着座された祝い事に、女神は姿を現すというのですがどのように?

そうです。月と太陽が重なり合って美しく輝く光の環を空に見せて差し上げましょうということでした。
しかも風とウサギは生命樹を一つにつながりあっておりますので、それはそれは美しい金環日食なはずです。

ところがウサギの女神は、人間の目に触れないところで美しく一つになることを望まれたようです。
なので今回は大地のないところ、南大西洋の真ん中を選ばれたのですね。

日本からは見えませんが、南米には少しだけ姿をお見せするのですから、ケツァルコアトルとマヤウェルの愛のひと時はやはり故郷に近いところ。なのかもしれません♡


b0213435_20103511.jpg
日本時間の今夜23時38分頃が食の最大かしら。。

空に時神と女神の愛の形が具現化されるのです053.gif053.gif

素敵ですね~(^^♪



[PR]
皆様こんにちは。

7月22日、マヤ暦ではいよいよ「香(カバン)」年の香トレセーナ周期の最後の日になりました。
二十四節気では大暑、マヤ暦は「水・13」です。

私は「マヤ暦」を使ってお仕事をしていますが、マヤ暦だけでなく世界中にある色々な「こよみ」が大好きです。
「こよみ」って素敵な言葉だと思いませんか?053.gif

日にちを認識するためのカレンダーといえばそれまでですが、そのような「年表」や「時間割」や「時を計る尺度」などを意味するものと並行して、「こよみ」には「宇宙の出来事」が書かれている!058.gif016.gifのです♡


たとえば天文年鑑

天文年鑑2016年版

天文年鑑編集委員会(編集)/誠文堂新光社

undefined


1年の暦や祝日を始め、主な天文現象や展望、毎月の空におこる出来事が細かく書かれています。

こちらは古代ローマ暦
b0213435_23131246.jpg

古代ヨーロッパのコリニー暦
b0213435_23132310.jpg

ネットで「暦」と検索すると、すごい数の暦画像が出てきますね。
そして不思議なことに、どの暦をみても共通することが多いわけですが、当然ですよね。
太陽や月、惑星の動きや周期はほぼ世界中同じなわけですからね。

いろんな暦を見ていると私には「宇宙」が見えてきます。
その宇宙にはもちろん空の上にある宇宙もですが、秩序や理の中にも宇宙はあります。

で、このブログを書いている瞬間に「あれ?前にも同じ画像で同じ内容のブログを書いてた記憶がある!」みたいなデジャブ感がおこっています。

それくらい「こよみ」って不思議な力をもっているのだと思います。
b0213435_13150159.jpg


マヤ暦では7月23日から8月4日まで「イヌ(オク)」の周期になります。

イヌは「光の運び屋」で、勇敢で強い意志を持つナーカルです。自己犠牲をもいとわず、自分が求めらることに応えようと努力します。信頼を大切にしながら、心のつながりを形にしていきます。同時に相手には高い要求もしますし、批判もします。

そしてそのすべては「光を運ぶため」のミッションなのです。

イヌのトレセーナ(13日間)を見守るのは「シペトテック」という発展と肥沃の神様です。
殻を脱ぎ捨てる神で、元気を再生する力をもつ神です。

22日までの13日間「香」の周期に蓄えた強烈な大地の「知恵」や「エネルギー」は、このイヌの周期に光の運び屋によって洗礼をうけます。不要な殻は脱ぎ捨てさせられ、元気の源を照らし出します。
そうした洗礼を受けたのちに「夜」のトレセーナ周期に入ることになっているからです。

b0213435_19364155.jpg
b0213435_2237161.jpg
ポケモンGO!が日本に上陸したようです!
なんとか「香と水」の守護神のパワーに間に合ったようですね〜(笑)

人間は”楽な尺度”で物事を考える



地球には1978〜1984年くらいの間に地球外生命体のシード(種)をもつ人間がたくさん生まれています。

その人たちの頭脳や思考プロセスや意識や感性は、ちと私たち現代人とは異なっています。
そしてその人たちのシードは、今年から来年にかけて再び大きく二極化二分化していきます。
非合理的に生きることのできる人間とそうでない人間に。。



[PR]
3月22日はマヤ暦「シカ8」で「祖先を祝う日」です。
うちにはたまに死者の霊がやって来るので、今日はニンニクと玉ねぎ切ってプンプン匂わせて部屋の隅に置いておきました075.gif

2016年幕開けから今年はあまりに謎で、不思議でビッグバン的なことが続いているため、私の個人的意識がついていけてません。

マヤ春分のセレモニー
b0213435_20451056.png
Saqtekaw Victor Paredes FBより

マザーの手から焚べられた白い粉は、火に向かってククルカンのようにうねっています!


20日春分の日、太陽も興奮したのでしょうか。
太陽の中央部から太陽ガスが放出され、コロナホールの高速風と重なって3日後くらいに磁場の強まりが到来するかもしれない。と宇宙天気ニュースではいわれていました。

b0213435_20473155.png

そして22日のきょう、全日空の国内線システムに障害が発生。
搭乗手続きでの混雑が報道されていました。

さらに恐ろしいことにベルギー・ブリュッセル空港での爆発事故。
空港内が騒然としている様子がツイッター上に流れていました。
b0213435_20482409.png
https://twitter.com/gloomynews/status/712196356954193920

今日は茨城、福島や新潟でも地震が多発しています。042.gif


アメリカ大統領選挙については別に記事を書いている途中なのですが、マヤ暦からみていくと今年は「闇とか夜の力が正義のマスクをつけて表に出てくる」年であり、「天の頭脳が良きにつけ悪しきにつけ神の力を具現化させて見せつける」年でもあると感じています。

3月9日の皆既日食が「ジャガー8」でしたしねw


私たち人間は生まれたときから、目にみえるものを信じる訓練を受けて育っています。
目に見えないものについての捉え方、考え方を学ぶのは、魂や神、愛や死について学ぶのと同じカテゴリーに入れられ、体験したことを信じるとしてはいるけれど、そこには本当かどうかわからないという側面も匂わせながら半目を開けて信じようとしています。


そして情報操作やブレインウォッシュ、プロパガンダのように「正しい」「信じるに価する」と思わせることができる「人」「団体」「国家」「思想」があることも事実です。



「見る」ということは、実はすごく間接的な証拠を積み重ねた結果なんです。

b0213435_22284514.png

東京大学国際高等研究所カブリ数物連携宇宙研究機構の村山斉氏は「重力波天文学の将来について」のインタビューにこう答えています。

「見えないものの話をしているけれど、本当にそんなことわかるの?」と言われますが、原子だって19世紀に見た人は誰もいないわけです。でもメンデレーエフが周期表を作って、誰もみたことがないのに「水はH2Oだ」とわかったわけです。

見えないからわからない、というのは思い込みで、見えなくてもいろんな手段がありますから、それらを組み合わせて、総合的に「こうに違いない」と判断してきた例はたくさんあります。
極端なことを言えば、光だって見えてはいません。光というのは、人間の網膜を光が叩くと、網膜にある電子が動かされて、その電子が動いた電流を神経が拾うから我々は見た、と感じるわけですけれど、光そのものを見たわけではないんですね。

マイナビニュース 重力波天文学の幕開け


b0213435_22304243.jpg
メンデレーエフさんて、オカルティック〜!


重力波が発見された!といいましても目で見えるわけではなく、宇宙の広がりとか始まりや終わりなど天文学的な謎なわけですね。
「頭で考えてもわからないこと」が私たちの日常にも次々と起こっているわけです。

今この瞬間も、世界は進化し、宇宙は膨張し続けていますからね。


国家や戦争、政治にも影響を与えると言われるマヤのカツンサイクルを占うために、チラムバラム予言書を読みながらアメリカ大統領選も含め世界の動きを照らし合わせているのですが、象徴を読み解いていくと何やらおそろしいことが待っている気がしてなりません。
本当に今年は、宇宙に新しい神殿が立ち上がるのですから凄い年になりますね。
占ってる場合でもなくなってきてる気もしますが・・汗



私は御使いのところに行って、「その小さな巻き物をください。」と言った。すると彼は言った。「それを取って食べなさい。それはあなたの腹には苦いが、あなたの口には蜜のように甘い。」
そこで、私は御使いの手からその小さな巻き物を取って食べた。すると、それは口には蜜のように甘かった。それを食べてしまうと、私の腹は苦くなった。そのとき、彼らは私に言った。「あなたは、もう一度、もろもろの民族、国民、国語、王たちについて預言しなければならない」
黙示10

その半期は食物をもたらし、その半期は水をもたらすだろう。
以上のようなことが神の予言である。その半期は、その治世の間、神殿の時代となるだろう。これが神の予言の成就である。
チラムバラム・カトゥンの予言

b0213435_22300470.jpg
それにしても元素って本当に美しいです!


[PR]
いよいよです!

9月28日(月) 
大安 満月 皆既月食(テトラッドブラッドムーン、スーパームーン)
b0213435_00071485.jpg
雲間から顔を出してくれました♪

マヤ暦「サル・1」チューエントレセーナ13日サイクルの始まりの日

ユダヤ暦「15th of Tishrei, 5776」Sukkot (仮庵の祭)

九星 五黄土星  十二直 開く

space.com 実況中継(日本時間では午前11時47分頃に中継で見られそうです)
(月食が始まってから終わるまでの時間は約 3時間20分、皆既月食の時間は、約 1時間10分くらいのようです。)

http://www.space.com/19195-night-sky-planets-asteroids-webcasts.html#ooid=lmN25xdzpax8xIqUMDmqBQWLD7PoOI3B



米航空宇宙局(NASA)によると、1900年以降にスーパームーンと皆既月食が重なったのは5回で、最後に観測されたのは1982年。次回に見られるのは2033年だそうで、今の宇宙的暦的なシンクロがおこってるこの瞬間に立ち会えること、やっぱりすごいことだなーと思います!


聖書の預言やユダヤ暦とのシンクロもありますので、今回はエネルギーは本当に強烈に影響してくると思います。

テトラッドの間の月食(赤)と日食(青)

2014年04月15日 皆既月食(ユダヤ教の祭「過越」)
2014年10月08日 皆既月食(ユダヤ教の祭「仮庵の祭り」)
2015年03月20日 皆既日食(ユダヤ教暦新年の前日)
2015年04月04日 皆既月食(ユダヤ教の祭「過越」)
2015年09月13日 部分日食(ユダヤ教の新年祭)
2015年09月28日 皆既月食(ユダヤ教の祭「仮庵の祭り」)
In Deep より

私は、今回のシンクロ現象をとても神聖な宇宙的儀式のように感じています。
b0213435_00084734.png
何かが起こるかもしれないし、おこらないかもしれない。
エネルギーが大きいことは確かなことなので、たくさんの不思議な事象が重なったり具現化されたりするかもしれない。

でもそれ以上に体感しているのは、もっと深い次元と、天高い次元との間にワームホールorブラックホールみたいな穴があいていて、ウロボロスのようにパワーも世界も循環しようとしていること。

しかしまだウロボロスの蛇の口は、尻尾に噛みつけていない。

だからその隙間から、落ちてしまうとそこは見知らぬ次元や場所だったり、記憶メモリーや体験だったり、不慮の事故や病気のようなダークサイドのように、そこへ落ちてしまう。

四隅が定まるまでまた時間があるので、今は必死に落ちないように自分を中道におかなければならない。のです。

予定がドタキャンになったり、動かなかったものが動き出したり、上のものは下になり、下のものは上になり、ウロボロスの輪が完成するまでは、冷静さを逆なでするような出来事もおこったりするのです。



10月27日に四隅が定まります。
そこから始まる新しいステージは、ホログラムのような世界だとおもいます。


ユビキタスがホログラムの世界観と融合し、いったんバラバラになった分子構造は素粒子によって新しい宇宙システムに準じて組み替えが始まり、意識もシフトチェンジしていきます。


だから・・・


いますべきこと。


それは「自分の損得や欲や願望に執着せず、惑わされず、中道にいながら、相手の幸せを願うこと。」

罪を恨んで人を憎まず。とはいいますが、今は罪も恨まないほうがいい。

すべては起こるべくしておこっていること。


https://youtu.be/YKAm3SxHGlg



全部天に宇宙に惑星意識にまかせていよう。


ただ自分は「その人の幸せを願うこと」で、内側から浄化がおこり、ウロボロスの輪から落ちることはないのだとおもいます。

蜘蛛の糸のお話に近いかな072.gif


28日から始まるサルの13日周期は、もしかしたらシンデレラストーリーのように「幸せ神話」を生み出してくれるかもしれないのですから♡ あ、でも期待しないでね。今回はまだ口が開いてるから。(笑)



[PR]
皆様、こんばんわ★

10月3日だというのに今日は暑かったですね〜!
せっかく汗をかくというエネルギー消耗から解放されたと思ったのに013.gif、この気温では調子も狂ってしまいますね。
こんなときは悔しい017.gifので夕食は熱々のポトフをいただきました。目には目を汗には汗を!です。049.gif066.gif(笑)
性格ですね。。

いよいよ「テトラッド」の赤い月(皆既月食)の2回目がやってきますね!!
b0213435_23151165.jpg
2014年4月15日 マヤ暦・ナイフ周期「祖先・3」
2014年10月8日 マヤ暦・シカ周期「コンドル・10」
今回10月8日の皆既月食は日本でもお天気さえよければ、バッチリ見れそうです!

リンク:国立天文台「皆既月食2014年10月8日」

このあと、10月24日マヤ暦・祖先周期「道・13」新月の日に部分日蝕がおこります!
そして2015年3月20日には完全日食がやってきて、21日春分の太陽へ繋がれます。
そしてそして4月4日 マヤ暦・水周期「ジャガー・6」
9月28日 マヤ暦・サル周期「サル・1」スーパームーンの皆既月食までつづきます。

ユダヤ暦とのシンクロやバイブルの予言との関わりについては、オカさんのサイトに詳しく説明されていましたので、ぜひご覧いただけると面白いかもしれません★

西暦が始まって以来の「4回連続する皆既月食」(テトラッド)の発生はたった8回。そして、その時に起きていたこと(In Deep)



世の中の情勢も本当に変化してきていますよね。
香港の10万人規模になるデモは本当に凄いことになっています!
このまま続くと経済的なダメージは避けられないでしょうねぇ。。
傘とスマホのライトで抗議する!というスタイルが平和的で私はいいと思いますけれど(^_^;A
b0213435_23550387.png
この民主化デモの現場で若い人たちに人気だったアプリがあるそうです。
「ファイアーチャット」というものだそうで、街頭デモを続ける民主派の学生や市民の間で、電話回線やインターネットを経由せず、スマホ同士がユーザー同士が瞬時につながってやりとりしながら、自動的に編み目のようにつながれるものだそうで、不特定多数のデモ参加者との情報共有が容易になるのだそうですよ!
すごいアプリですねぇ。。Σ(・∀・|||)です!

ソース:産経ニュース

時代は今や「抑え込み」ではダメでしょう。
中国はここでどんな対応をしてくるのか、大事な時だと思いますよね。

そして中東でも、かつて類をみないような新しい主義主張をもつテロリスト集団が問題となっているようです。
これはアルバート・バイク(フリーメーソンの黒い教皇といわれた人物)の書簡にも書かれていることと一致しますねーw というか人類最終戦争が行われるという聖書の預言ハルマゲドンにも関係していそうで、フリーメーソンの中ではすでにイスラム国家の樹立の狙いを既に知っているのではないでしょうかしらね。。
詳しくは今日は省略しますけれど、明らかにこれまでのようなテロリズムとは異なっているように感じます。
ある国際情勢に詳しい方が言っておられましたが、今回のイスラム国やKhorassanなどのグループは、これまでの文明を否定し、破壊するのが狙いであり、新たな文明の戦いではないか!?と
マヤの預言にもありますよ。古い文明の崩壊と新しい文明の始まりの時が来た!と。。

というようなこともあり、10月8日のブラッド・ムーンは何かの前兆ではないかしらね。。

マヤ的にみると既に9月には「破壊する力」はやって来ていますので、その破壊が次の創造を生み出すにはまだ時は熟していないはずですが。
え?いつ熟するのかって?
怖いのは12月ですよ。。文明の血が流れそうですもの。。(・ω・ ;)(; ・ω・)

。.:+*:・'☆お知らせ〜〜058.gif
◇10月7日(火)日経ウーマンオンライン マヤ占いでみる10月の運勢が掲載されます♪
ブラッドムーンの影響も書いていますので、ぜひぜひお楽しみに(/∇\*)

◇10月の対面鑑定出演日は11日、25日となります。
詳細は塔里木にお問い合わせくださいませ♪

◇エキサイト電話占いにて相談鑑定を始めて、今年10月で5周年となります(*^-^)!
みなさまに感謝の意をこめて特別キャンペーンを実施いたします。
実施日:10月17日〜20日
詳細は近くなりましたら掲載する予定です♪
プロフィールのお知らせをご確認くださいませo(*⌒─⌒*)o


ところでトルコの黒海で9月25日に巨大津波が発生したようです!!?
何で??! 何だかいやーな予感しますよね。


トルコの黒海沿岸の街(ギレスン)に巨大津波?が襲いました。高速道路にまで波が押し寄せてきました。ツイッターに投稿された情報です。なぜこのような巨大津波が起きたのかもわかりません。さらに詳しい情報を入手する必要があります。このような巨大津波が起きるのは普通では考えられません。
記事ソース


福島の地震はやっぱしHAARPが関係してたかも!という動画。




御嶽山の噴火はUFOが関係してたかも!という動画。

(・ω・ ;)(# ゚Д゚)079.gif079.gif079.gif


[PR]
今年も今日を入れてあと4日となりましたね。
アベノミクスの景気復活宣言の影響なのか、街は大きな買い物袋をさげた人たちでいっぱい(ノ゜0゜)ノ
師走オーラ全開です!(笑)

暦は色々ありますが、マヤ暦に親しみのある私は時々現在の太陽暦の基準となっているグレゴリオ暦(西暦)が羨ましくなります。

b0213435_1893743.jpg


日本では今から140年前の1873年1月1日に太陰暦を廃止してグレゴリオ暦が導入されたそうですが、こちらはローマ・カトリック教会時の教皇グレゴリウス13世が中心となって暦法の研究を始めたことからスタートしています。

マヤ暦を知らない人が多いので、マヤ暦の新年や祝日さらにはマヤ暦の誕生日まで、あまり知る事ができないのが現実。。グレゴリオ暦の年末のように新たに始まる年やマヤ暦の自分のお誕生日を祝うこともないですよね。
それではちょっと悲しぃぃ・・

ということで来年はもっと「マヤ暦」をみんなに知ってもらいたーい!
そんな願いから、マヤカレンダーをグーグルに読み込めるようにプログラマーさんに制作していただきました!

近日中に公式サイトに掲載しますので、ご自身でグーグルカレンダーに取り込んでいただき、ぜひマヤ暦にも親しんでいただければと思います。

。.:+*:・'☆。、:+*
皆さんはもうアイソン彗星のことなど綺麗さっぱり忘れてしまわれたでしょうね。
b0213435_1812347.jpg


消滅した!という一言で。(/_;)
それって誰か人が亡くなっても死んでしまえばすぐ忘れるのと一緒よね。
かなし。。。

アイソン彗星の欠片は今も宇宙へ還ってるの。ちょうど27日の昨日地球に最も近いところを通ってね。(近日点通過0.43AU)
b0213435_18101944.jpg

アイソンは何のメッセージを地球に残していってくれたのでしょう?


私は・・・宇宙とアイソン彗星と「その日」に絶対つながりたくて、27日は宇宙村へ行ってきました!!

b0213435_18134760.jpg


笑っていいともやたくさんのテレビ番組に出演された有名な「宇宙村」の村長さんを皆さんはご存知でしょうか?
村長さんは国際宇宙協会会長なのですが、隕石と宇宙のパワーについては賢者の石です(・ω・`)!(笑)

b0213435_18161231.jpg

隕石の祭壇で一緒に写真を撮らせていただきました!

b0213435_1816393.jpg

宇宙パワーは最高ですもの♪

b0213435_18165536.jpg

皆さんも一度四谷の宇宙に行かれてみてはいかがでしょう?
宇宙村

今年はブログ更新があまり出来ない1年でしたが、たくさんの皆様に訪問していただきましてありがとうございました。申し訳ない半分嬉しい気持ち半分でふくざつー!m(_ _)m
来年もひっそり宇宙と交信しながら更新してまいりますので、末永く宜しくお願いいたします。

年内の対面鑑定セッションは今日で終わりました。
電話セッションは30日までとなります。
新年の予定はまた改めて更新させていただきます。

年の瀬の忙しい時ですが、バランスをとってお過ごしくださいませ♪
[PR]

土星のヘキサゴン嵐☆

今日もいいお天気ですね!

昨日から背中の右側の道が痛いので、何か宇宙的な動きや惑星意識が活発になってるのかも!と思っていたら、今朝また不思議なサイエンスニュースを見つけました☆

土星の神秘ヘキサゴン嵐出現!!

b0213435_11245637.png

土星の北極付近で普通では有り得ない「六角形」を描いたジェットストリームが発生しているのを、NASAのカッシーニが捉えたそうです!

ヘキサゴン嵐!Σ(・∀・|||)

ダビデの星とよばれる六芒星の意味としては「天」と「地」が正しく結ばれ「多元的世界を実現すること」だそうですね!
天の意志と地の意志が結合することで新しい世のエネルギーが生まれて、地球に新しい文明を創造するキリスト意識が具現化されていく!

2012年12月10日に10時間かけて撮影されたそうですが、マヤ暦の1時代が終わろうとする直前に、土星は地球人類にむけて、素敵なメッセージを贈ってくれていたのですね〜♪

マヤ暦でみると去年の12月10日は「水・6」ですので、水(ムルク)シウテクウトリと「6」・・ヘキサゴン!

新しくやってくる来世の擬人化であるシウテクウトリは、マヤ数秘6の流れをもって土星にヘキサゴン嵐のメッセージを現した!とリーディングできるのです!
選ばれたのは「土星」でヘキサゴン嵐がメッセージ❤


土星もアイソン彗星もそうですが、惑星や星や彗星たちは地球とは兄弟です。

もしあなたの兄弟が小学校1年生になるとか中学へ入学するとしたら、ギフトをあげたり「小学校で友達できるよ♪」とか声をかけてあげたりしますよね!? 

宇宙の星辰や惑星も同じように、地球の新時代、太陽系の新時代を不安ながらも支え合い、サポートしてくれているのではないでしょうか(*´∀`*)


今日も素敵な一日を〜。.:+*:・'☆。

Weird & Wonderful Saturn


ソース

[PR]
みなさん、こんにちわ☆

久しぶりの更新となりました。
明日29日にはアイソン彗星が太陽にもっとも接近する日ですね!
あっという間に天に還ってしまうと思うと、嬉しさより寂しさがこみ上げてきます。

b0213435_1138664.png


先日、NASAではJPLのコンピュータにてISON彗星の公転周期の解析データの計算をしたところ、アイソン彗星の公転周期は400864.54年であるとする最新データを発表しました。(28日現在581480.34年となっています)
b0213435_1137287.jpg

計算上アイソン彗星の核に含まれる原子の内容や量によっても異なる数値が出てきそうですが、いずれにせよ太陽系にかつて40万年前以上前にアイソン彗星はやってきたことがある、ということになるようです。
NASA JPL

そしてそのことは、私たち人類とシュメール文明に基づく神話伝説の真実性との関係をさらに裏づけることにもなるのだと思います。 何十年にもわたってシュメール文明とその謎の解読に生涯を捧げてきたゼカリア・シッチンの解説によれば、44万5千年前に宇宙よりアヌンナキがエンキに導かれ、第12惑星から地球へ降り立ち、ホモ・サピエンスを創成した。とあります。
その頃にアイソン彗星も地球へやってきていたことになる。。。!!
b0213435_1146350.jpg

とても感慨深いです。



「急増光したアイソン彗星、分光観測に成功」

29日未明(日本時間)の近日点通過を目指して太陽に接近しているアイソン彗星の光の分析に、京都産業大学理学研究科(博士後期課程3年)の新中善晴さんを中心とする研究チームが成功した。同彗星が14日以降に急に増光した直後のタイミングで、すばる望遠鏡(ハワイ島)を用いて分光観測したもので、同彗星の“核”の成分構成や急増光のメカニズムなどを知る上で貴重なデータが得られたという。

分光観測は16日午前0時すぎ(日本時間)に、すばる望遠鏡に搭載した「可視光高分散分光器(HDS)」を用いて行われた。国立天文台によると、アイソン彗星は太陽に近づきつつも、当初予想されたほど明るくなっていなかったが、金星軌道の内側に入るや14日に急激な増光を起こし、その後2日間で10倍以上明るくなった。

観測されたスペクトルには、炭素や酸素、水、ナトリウムなどといった、気体状態の分子や原子から放たれた無数の輝線が記録された。とくにナトリウム原子による輝線がかなり強かった。

ナトリウム原子は、彗星の核に含まれる塵(ちり)から蒸発して出てくると考えられるが、観測当時は塵による反射光が弱く、この考え方には沿わない。そのため、ナトリウム原子の生成については、新たな謎となった。また、急増光の原因の1つとして、彗星の核が分裂したことも考えられるが、画像の解析ではその兆候は見られなかったという。

研究チームは、取得したデータを詳細に解析し、“原始太陽系円盤”から彗星の誕生時に取り込まれた分子の形成温度や、今回の急増光の原因となった可能性のあるガスの成分比などを調べ、アイソン彗星の起源や急増光のメカニズム、さらに太陽系の成り立ちなどについて究明していく予定だ。
元記事:サイエンスポータル


ナトリウム原子による輝線が強かったとあり、ナトリウム原子の生成について謎を投げかけてきたアイソン彗星。
「ナトリウム」が意味するものは、もしかしたら日本の福島原発事故の救世主としても役立つシンボルとしての意味をもっていて、そのために地球にこの時期に来訪しているような気もします。

なぜならアイソン彗星は地球人類にとって大切な意味があるからです。

b0213435_1147143.png

先日のアセンションセミナーで「アイソン彗星来訪の秘儀」についてと、そのアイソン彗星の来訪メッセージをお伝えしました。


☆アイソン彗星が人類に伝えている象徴的メッセージ

「惑星地球に存在する生命体が、父なる神(偉大な宇宙神)の意志により、神秘復活・解放(自由)の時を告げにきた。子なる神(キリスト意識)により人類に知恵が授けられ、精霊なる神と調和することで、人類の自然に宿る聖性はよみがえり、地球人類にとって存在は正義となる。子なる神(キリスト意識)の知恵は存在であり正義は非存在である。」

b0213435_1149218.png

☆アイソン彗星軌道が奏でる秘境メロディ リンク ツイサウンド http://twitsound.jp/musics/ts6TdtSVo

アイソン彗星が遠ざかって消えてゆく。。
寂しさがつのります。


知恵の星月

知恵の星がかすれてく
知識の月がかけて行く

おぼろげながらも雲間から灯りを照らしてくれるときはまだいい
霞か雲がかかるだけならまだいい
いずれ晴れるときを待つから

知恵の星がかすれゆき やがて宇宙の中に消える頃は
天からアハウの声も聞こえず 存在も感じられない闇と1つとなる

知識の月がかけてゆき やがて新月になる頃は
冥界からじゃぐゎーるの声も届かず 無意識に知識をシャットダウンする

嗚呼なんという儚さ
嗚呼なんという傲慢さ

閉じては消え 開いては閉じる
それで生きてる意味など どこにあろう
宇宙は無限の彼方なのだから

知恵の星が満ちてくれば ただそれだけで歓喜の時が過ごせるのに
知識の月が満ちていれば 魂の使命は果たせるのに

黄金の満月の夜に 鳳凰の羽織毛を纏い
天空に飛翔する ククルカンの星の姿を
時の主アハウよ 再び我に見せたまわんことを!
[PR]