<   2018年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

マヤ森の王と皆既月食

皆さんこんにちは。

今日1月31日はマヤ暦では「シカ12」です。

神秘的な天体現象「皆既月食」が今夜おこるわけですが、天空では「一年」を担ぐ年神(イヤーベアラー)の交代にむけて、儀式や祝祭がおこなわれていて、スーパーブラッドムーンもその一連の儀式のうちの天の現象です。

b0213435_11485222.jpg


b0213435_11512817.jpg

古代マヤをふくむメソアメリカの文明といえば、高度に優れた天体観測技術とその計算やピラミッドの建造などがありますが、古代マヤ人にとってそれらをおこなうことは、興味や好奇心や仕事のようなものではなく、星々や天空の神々に仕える神官として、天空の民としての誇りや自尊心から行われていたものでした。


b0213435_11575296.jpg

マヤ・アステカ神話の神々は、それぞれが天体・星辰であったり、動・植物や自然というトーテムの役割をになっています。
マヤの世界観は「二元論」にもとづいているので、どの神々もペアになって光と闇、善と悪、喜びと苦しみの具現化を体現する神の特性をもっています。

太陽神「トナティウ神(ウィツィロポチトリ:マヤの最高神)」
太陽神 トナティウの妻 「ヨワルテクトリ女神」

2つにしてひとつの太陽。同じ太陽のふたつの異なる側面の象徴です。

金星「ケツァルコアトル神」 宵の明星
金星「トラウィスカルパンテクウトリ神」 明けの明星

月「テクシステカトル女神」
地球「トラルテクウトリ女神」
水星「ピルシンテクウトリ神」
などなど

b0213435_11490140.jpg
今日はここ↑

b0213435_15465388.jpg
古代マヤ暦では「2月20日」に年神(イヤーベアラー)が交代します。年の新年です。
マヤ暦にはいくつものサイクルがあって、新年の定義もいくつかあります。

20日「シカ6」が年の王となります。

今日「シカ12」が「風の年」では最後の「シカ」のナーカル日です。


天空ではシカの神が神輿にのせられ、精霊たちに担がれて「せいやーせいや~」と神殿に着座するためにむかっている最中です。
時々に押し戻されたり、ぶつかり合ったり、前進したりしながら。

b0213435_12054524.jpg

今日の皆既月食は、そんなマヤ天空のストーリーを感じながら、神秘現象を眺めてみてほしいな。と思います。


シカの守護神は森を守る王なので、月食が始まったらシカの王は右足にチャクラをもつので、右足で大地を「トントン」と踏み鳴らして、守りの座に無事についてくださるようお願いすると良い事があるかもしれませんよ♡


b0213435_12092595.jpg

毎日のナーカルメッセージをホームページで更新中です。
良かったらのぞいて見てくださいね!





[PR]
こんばんは。

東京は大雪になりました。
雪やこんこん あられやこんこん♪

子どもにとっては大喜びの雪ではありますが、通勤通学その他お出かけ予定の方にとっては「マジか‼122.png」な感じかとおもいます。
滑らないようお気をつけくださいね。

b0213435_18342444.jpg


マヤ暦では20日から「コンドル」の周期にはいりましたが、19日までとは違った「軽やかさ」を感じていらっしゃるでしょうか?

1月7日から19日までの「夜」周期で、神殿、ハートチャクラ、山の心臓といわれるほどとても重要な象意をもつ周期を過ごしていたので、結構ストレスや負担が無意識にかかっていたかな~と思います。
重要な使命を担っているサイン「夜」ですからね!

しかし20日「コンドル1」になってからは、その重厚さ重要さのようなものから一気に解放され、わりと気楽・気軽に時間を過ごせるようになったよー(^^♪というように感じたら、それは「コンドル」の精霊がもつ力に共振したことになります109.png


b0213435_18245748.jpg
さてさて・・・

今月31日「シカ・12」の満月におこる「皆既月食」を皆さんご存知でしょうか?




満月皆既月食のときには、いろんな名前がつけられるものですが、今回は「スーパーブルーブラッドムーン」です!
NASAがそういうのですから私もそう呼びたいと思います!(笑)


月は20時48分に欠け始め、21時51分には完全に欠けて皆既食となります。
皆既食が1時間17分続いた後、23時8分には輝きが戻り始め、真夜中を過ぎた0時12分に元の丸い形となります。

東京でも見れますよ!天気さえ良ければ。


この日がマヤ暦で「シカ・12」ということも偶然なんかではありません!!

この31日「シカ・12」の次の「シカ」の日、20日後の「シカ」の日こそが、マヤ暦伝統的「新年」だからです!

2月20日「シカ・6」でマヤ暦では「年神様」が「風」から「シカ」に交代します。


なので天の祝祭として1月31日の満月は意味ある月蝕なわけです♡173.png

皆既食中の月は、真っ暗になって見えなくなるわけではなく「赤銅(しゃくどう)色」と呼ばれる赤黒い色になります。
普段見ることのない神秘的な色になる月を楽しみましょう。by国立天文台


いよいよ・・・・!

な感じが強まってくる1月後半ですね♪



[PR]
こんにちは。

ブログ更新するする!143.png詐欺師になっていてごめんなさい。149.png
b0213435_15220303.jpg

今年に入って不思議なことが重なっていて、そのうえさらに今までと異なる視点からみる自分が見えたりして。
困惑しながらも「落ち着けー落ち着け‐わたし!」と自分を制している年初を過ごしております105.png

我が家の猫の写メとってもカオナシになる始末!(;・∀・)

b0213435_15214997.jpg
こういうときは「集合無意識」と「神話素」と「時のナーカル」が手打ちをして、シンクロ現象による気づきやメッセージを送っているはずですので、キャッチすることに徹する! それが一番だと思っています112.png



先日、LINE LIVE チャンネル「さしめし」で、乃木坂46の生駒里奈さんと栁俊太郎さんのトークで、マヤ暦占いについてお話をいただきました。

アーカイブでも見ることができるようなので、ぜひ見てみてくださいね!
ただ残念なことに2018年のサイン別占いのページに進めなかったようで、サインの特徴にのみ語られています。
生駒さん、栁さん、お時間あるときに今年の運勢もぜひお読みくださいね~♡





マヤ暦では新月の今日「コーン・11」で、「夜」のトレセーナ周期もあと2日で終わろうとしています。
森の王「シカ」が神殿に入るために森の獣道を歩いている時です。
20日から「コンドル」の周期にはいりますが、「浄化」や「清算」「許し」などが時の事象としてシンクロしやすくなります。
また魂の暗闇に光の精霊が寄り添うようにして時が流れるので、寂しさや切なさみたいなものが具現化しやすいかもしれません。

自分に優しくなろうよ、な「時」かもしれません。

b0213435_15370907.jpg

これから2~3月にかけて「受験」「卒業」のシーズンと「確定申告」のシーズンがはじまります!
というか始まっていますね。


2月の運勢については記事をまたアップしますが、今月については「過去の自分の考え方や経験や思いに拘らずとらわれず、一つずつ丁寧に自分らしく」時を紡ぐと成功します!!!!

1つ気がかりなことがあったら、その一つに拘るのではなく、次の一つに挑戦する!次の一つはクリアするぞ!な気持ちが、天の精霊を味方にするのだとおもいます。

b0213435_15465388.jpg

マヤ暦という幸暦の歩みを、焦らず、慌てず、いっぽずつ!

頑張っていきましょう(^^)162.png166.png





[PR]

山の精霊が伝えたいこと

こんにちは。
b0213435_13420008.jpg
1月7日からマヤ暦は「夜」のトレセーナ周期にはいりました。

「夜」は「神殿、家、山の心臓、神秘、陰陽、闇、洞窟」などを意味するサインです。

先日、関東では大きな地震がありました。
私は世田谷に住んでいますが、下からドンと突き上げるように始まってかなりゆらゆら揺れていました。


このことを象徴やメタファーとして考えてみますと、今回の地震はとても意味ある揺れだったように思います。



昨年11月、中沢新一先生の講座に伺わせていただきました。



そのとき「山」についてお話を伺いました。

「山」には死者がいて、もともとお寺は山にあるものだったそうです。

山には庭があり、庭を守るのが庭師の役目でした。
お寺の庭には「土俵」があって、「庭」と「土俵」は神や死者と人間をつなぐ中間機構を担っていたのだそうです。
そして自然の大いなる力を体現したのが「お相撲さん」だよ、と教えていただきました。
お相撲さんは「山」の象徴でもあるから、名前に「山」がついていることがあるのだとも知りました。

昨今、国技である「相撲」の力士や相撲界のトラブルがテレビを賑わせています。



このことは、日本にとって何を意味するのか?

中間機構の崩壊、山なるもの、自然の大いなる力が揺らいでいる。ということではないでしょうか。

大地の女神は、東京近郊を揺らすことで、人間に警告したのだとおもいます。

山の心臓「夜」の周期がやってくる前に、山の精霊は死者の精霊にメッセージを託したのだとおもいます。




中米のグアテマラでも、去年フエゴ山が噴火しましたね。



自然界は人間から切り離された世界ではありません。
大地も自然も動物も人間の一部だし、人間は自然の一部です。

精霊やエンジェルは見えない天の意思や摂理と、人間や自然、意識をつなぐ存在です。

中沢先生の言葉でいえば、中間機構のような役目ももっていると思います。


精霊や「夜」のナーカルが、私たち日本に、人間に何を伝えたいのか?

そんなことを考える人が増えてきたら、日本社会も救いの光りが見つけられるのかもしれません。

b0213435_13512292.jpg




[PR]
2018 あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。


b0213435_11313984.jpg

2018年は「戌年をワン!ダフルな一年に」がスローガンとなっているような「戌年」ですが、マヤ暦でも新年はやはり「イヌ周期」ですので、プチシンクロしています(笑)
こういうプチな引き寄せは「幸運な年・引き寄せる年」の前兆です162.png

初日の出のご来光、素晴らしいですねー



さらに今日2日は満月、今年初めてのスーパームーン!
昨夜の月は超輝いてて、まんまる大きかったですよね~

月が地球に最も近づく頃に満月となるため、より大きくより明るく見えるそうです。
30%明るいって、結構明るいですよね(^^♪
スーパームーンもやはり引き寄せの前兆のようですよ。




イヌ周期は「イヌ1」から始まり「風13」までの13日間です。
12月25日のクリスマスから始まり、年をまたいだ1月6日「風13」までがイヌ周期。
そしてもう一回、今年は9月11日~9月23日秋分までが「イヌトレセーナ」周期となり、今年は2回あります。

このこともとても良い象徴的な出来事ですね。

もともと「イヌ」の周期を担いでいる主は「シぺトテク」という春の神様です。
元素の力を復活・再生させる神で、食料を与えてくれる源、若返りの神といわれている発展と肥沃の神様です。
イヌ周期を守るのと同時に「ワシ」の日を担ぐ守護神です。

ことしは春の神様が冬のこの新年の時期と、秋分の時期を見守るわけです。

春は初春2月にマヤの年神様が「シカ」に交代します。
春から初夏にかけては「シカ」を中心に神々が座して祝祭をするため、「イヌ」はマヤ的にはエジプトのアヌビスのように、あるいはマヤデイサイン「イヌ」のもつ特性(信頼と忠誠心に厚く、人に寄り添って見守るナーカル守護者)のようにして、脇役として活躍することになりますので、神話的にはとても安心安定する一年です。

b0213435_11312276.jpg

Tutankhamun jackal.jpg
By Jon Bodsworth
http://www.egyptarchive.co.uk/html/cairo_museum_50.html, Copyrighted free use, Link




次にやってくる満月は今月の終わり1月31日です。
今度は「シカ・12」で満月「皆既月食」となります!!
今度は春にむけて「シカ」がシンクロ現象に顔を見せに来るようです♪

b0213435_12215562.jpg
月は、東南東の空で20時48分にかけ始め、21時51分に南東の空で皆既食となります。皆既食となった月は、「赤銅色(しゃくどういろ)」と呼ばれる、赤黒い色に見えます。皆既食は23時08分に終わり、その後は徐々に欠けた部分が小さくなっていき、日付の変わった0時12分に、南の空で部分食が終わります。皆既月食の全行程が空の高い位置で起こるため、とても観察しやすい月食です。寒い季節ですが、防寒対策をしっかりして観察してみてはいかがでしょうか。



しばらくぶりに私のシンクロ現象解読好奇心に火がついています(笑)

今年はブログ更新、神秘神話素現象の象徴解読を頑張りたいとおもいます。

よろしくお願いいたします(^_-)-☆

[PR]