山の精霊が伝えたいこと

こんにちは。
b0213435_13420008.jpg
1月7日からマヤ暦は「夜」のトレセーナ周期にはいりました。

「夜」は「神殿、家、山の心臓、神秘、陰陽、闇、洞窟」などを意味するサインです。

先日、関東では大きな地震がありました。
私は世田谷に住んでいますが、下からドンと突き上げるように始まってかなりゆらゆら揺れていました。


このことを象徴やメタファーとして考えてみますと、今回の地震はとても意味ある揺れだったように思います。



昨年11月、中沢新一先生の講座に伺わせていただきました。



そのとき「山」についてお話を伺いました。

「山」には死者がいて、もともとお寺は山にあるものだったそうです。

山には庭があり、庭を守るのが庭師の役目でした。
お寺の庭には「土俵」があって、「庭」と「土俵」は神や死者と人間をつなぐ中間機構を担っていたのだそうです。
そして自然の大いなる力を体現したのが「お相撲さん」だよ、と教えていただきました。
お相撲さんは「山」の象徴でもあるから、名前に「山」がついていることがあるのだとも知りました。

昨今、国技である「相撲」の力士や相撲界のトラブルがテレビを賑わせています。



このことは、日本にとって何を意味するのか?

中間機構の崩壊、山なるもの、自然の大いなる力が揺らいでいる。ということではないでしょうか。

大地の女神は、東京近郊を揺らすことで、人間に警告したのだとおもいます。

山の心臓「夜」の周期がやってくる前に、山の精霊は死者の精霊にメッセージを託したのだとおもいます。




中米のグアテマラでも、去年フエゴ山が噴火しましたね。



自然界は人間から切り離された世界ではありません。
大地も自然も動物も人間の一部だし、人間は自然の一部です。

精霊やエンジェルは見えない天の意思や摂理と、人間や自然、意識をつなぐ存在です。

中沢先生の言葉でいえば、中間機構のような役目ももっていると思います。


精霊や「夜」のナーカルが、私たち日本に、人間に何を伝えたいのか?

そんなことを考える人が増えてきたら、日本社会も救いの光りが見つけられるのかもしれません。

b0213435_13512292.jpg




[PR]
2018 あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。


b0213435_11313984.jpg

2018年は「戌年をワン!ダフルな一年に」がスローガンとなっているような「戌年」ですが、マヤ暦でも新年はやはり「イヌ周期」ですので、プチシンクロしています(笑)
こういうプチな引き寄せは「幸運な年・引き寄せる年」の前兆です162.png

初日の出のご来光、素晴らしいですねー



さらに今日2日は満月、今年初めてのスーパームーン!
昨夜の月は超輝いてて、まんまる大きかったですよね~

月が地球に最も近づく頃に満月となるため、より大きくより明るく見えるそうです。
30%明るいって、結構明るいですよね(^^♪
スーパームーンもやはり引き寄せの前兆のようですよ。




イヌ周期は「イヌ1」から始まり「風13」までの13日間です。
12月25日のクリスマスから始まり、年をまたいだ1月6日「風13」までがイヌ周期。
そしてもう一回、今年は9月11日~9月23日秋分までが「イヌトレセーナ」周期となり、今年は2回あります。

このこともとても良い象徴的な出来事ですね。

もともと「イヌ」の周期を担いでいる主は「シぺトテク」という春の神様です。
元素の力を復活・再生させる神で、食料を与えてくれる源、若返りの神といわれている発展と肥沃の神様です。
イヌ周期を守るのと同時に「ワシ」の日を担ぐ守護神です。

ことしは春の神様が冬のこの新年の時期と、秋分の時期を見守るわけです。

春は初春2月にマヤの年神様が「シカ」に交代します。
春から初夏にかけては「シカ」を中心に神々が座して祝祭をするため、「イヌ」はマヤ的にはエジプトのアヌビスのように、あるいはマヤデイサイン「イヌ」のもつ特性(信頼と忠誠心に厚く、人に寄り添って見守るナーカル守護者)のようにして、脇役として活躍することになりますので、神話的にはとても安心安定する一年です。

b0213435_11312276.jpg

Tutankhamun jackal.jpg
By Jon Bodsworth
http://www.egyptarchive.co.uk/html/cairo_museum_50.html, Copyrighted free use, Link




次にやってくる満月は今月の終わり1月31日です。
今度は「シカ・12」で満月「皆既月食」となります!!
今度は春にむけて「シカ」がシンクロ現象に顔を見せに来るようです♪

b0213435_12215562.jpg
月は、東南東の空で20時48分にかけ始め、21時51分に南東の空で皆既食となります。皆既食となった月は、「赤銅色(しゃくどういろ)」と呼ばれる、赤黒い色に見えます。皆既食は23時08分に終わり、その後は徐々に欠けた部分が小さくなっていき、日付の変わった0時12分に、南の空で部分食が終わります。皆既月食の全行程が空の高い位置で起こるため、とても観察しやすい月食です。寒い季節ですが、防寒対策をしっかりして観察してみてはいかがでしょうか。



しばらくぶりに私のシンクロ現象解読好奇心に火がついています(笑)

今年はブログ更新、神秘神話素現象の象徴解読を頑張りたいとおもいます。

よろしくお願いいたします(^_-)-☆

[PR]

夢は世界を変える

こんばんは。

マヤ暦30日は「ワシ・6」
2017年も残すところあと1日。
2018年元旦の太陽を担ぐのは「香・8」となります。
b0213435_00320643.jpg
本年中もたくさんの皆様にご訪問頂き、ありがとうございました。110.png101.png

5年、10年前に比べたら、今年の更新回数は本当に少なくて、時間をかけて分析解読した記事などを作成することが出来なくなりました。

私がブログを始めたのは11年以上前ですが、HPやブログ、SNSなどがインターネット光通信とともに走り出したばかりの頃でした。お会いしたことのない人に自分の記事や世界観を読んで頂けることが嬉しくて、頑張って更新していました。



この10年で社会は本当に変わりました。
10年ひと昔とはよく言ったものだと実感致します。



以前のブログ(魔法のブログ)と当ブログを合わせて、この10年のアクセス解析をみてみると100万PV程でした。
1日に2万PVまでくると、どんなに肩こりが酷くなっても夢中に書いていたことを懐かしく思います。

書籍化のお話も何度かありましたがそうしてこなかった理由の一つに、これまでは「リアルタイムや日の単位でユーザーさんの関心度が見えるスリル感」が「書籍となって多くの方に手を取って読んで頂ける満足感」に打ち勝っていました!(笑)

そろそろ、そういったスリル感は卒業かなぁ~

b0213435_18264613.jpg
今年はどんな目標が達成できて成就したか、来年はどんな年にしたいかしっかりと振り返る大切なラスト1日にされると良いかもしれませんよ。

私はマヤ暦の専門家なのでこの10年近く当然「マヤ暦デイサイン」とともに生きているのですが、不思議なことにナーカルバースデーや大切な節目のサインの日に願望や目的達成に向けて宣言したことは、ほとんど叶っています!(^^)/

例えば3つ目標を宣言してナーカルに願いを託すと、1ツォルキン後に1つ達成。2ツォルキン後に2つ達成。みたいなことになって、気づくとやっぱりマヤってすごいよね~となり、また次の目標や願望達成を宣言してナーカルに渡していくわけです。

b0213435_18200319.jpg

荒野と化してしまったこのジャングル社会を生き抜くためには「何」が必要で、「何」を信じて「何」を目指して「誰」を仲間としてジャングルをかき分けて進むのか、今一度原点に立ち返って考えてみてほしいと思います。

「夢は世界を変える」
ホドロフスキー DUNE

映画『ホドロフスキーのDUNE』劇場用パンフレット

アップリンク/アップリンク

undefined




本年中はたくさんのご縁をありがとうございました。
良いお年をお迎えくださいませ。
[PR]
メリークリスマス🎄173.png

b0213435_23355472.jpg

b0213435_23361882.jpg

MaryXmas♡ 皆さんはいかがお過ごしですか?


私はこの数日間とても充実した日を過ごすことができました(^^)

天や宇宙の摂理がピーンと直列して「理」を動かす時って、人間の意思や意識なんて塵か煙のようにぶっ飛んで消えてなくなっちゃいます。

その代わりに普通ではありえないような現実に遭遇するため、時間を超越した体験が得られるわけですね!

b0213435_23431484.jpg

23日の天皇誕生日は、皇居に行って一般参賀してまいりました♪

b0213435_23442055.jpg

すごい人人人でしたよー

b0213435_23443192.jpg
b0213435_23453337.jpg
23日は天皇陛下の84才の誕生日でいらっしゃいましたが、22日はマヤ暦の陛下の「マヤナーカルバースデー」「シカ・11」でございました(^▽^)/ 普通では重ならないマヤ暦と西暦が一日違いでシンクロしまして、天皇陛下も一つの理を終えようとされていることがわかります。


b0213435_23503608.jpg
b0213435_23504977.jpg

来年はマヤ暦では「シカ」が年の守護者となり、一年を担ぎます。
人知を超えたところにある世界の扉が開き、森の王者「シカ」によって様々な視座からの意識や神話が繋がりはじめます♪


森は考える――人間的なるものを超えた人類学

エドゥアルド・コーン/亜紀書房

undefined



クリスマスは「イヌが人を見るときイヌは人になる」「人がイヌを見るとき人はイヌになる」というエドゥアルド・デ・カストロの言葉の対称性の意味について、じっくり読みながら勉強してみようと思います。

そういえばマヤ暦では25日から「イヌ」の周期です!101.png174.png

素敵なクリスマスをお過ごしくださいませ。
b0213435_00021025.jpg

[PR]
こんにちは。
皆さんは映画「メッセージ」をご覧になりましたか?



社会学者の宮台真司先生も高評価されていて、私は2回観ましたが何かの折にはまた観ようと思っているシンボリックな深い映画です。

映画の内容は映画評サイトさんにお任せするとして、私が「メッセージ」を鑑賞して感動した「言語」と「非言語」の世界観について書いてみようと思います。

中世のガリシア王国当時、言語は「芸術」だとみられていたそうです。
「言語は文明の基盤だ。人々を結び、対立時には最初の武器となる」

映画「メッセージ」では、円盤を縦にしたような12のオブジェクトが宇宙かどこかからやってきて、12の国の空中や地上に留まって静止しています。
それぞれの国が各々のやり方で、そのオブジェクトなる未知との遭遇で交信・交流しようとするわけですが、何せ言葉が通じないわけです。

そこで言語学者のルイーズは「視覚言語」というビジュアルコミュニケーションに期待をしてトライします。

何度か挑戦しているうちに、彼らの「話す音・声」と環のように描く「文字」には関連がないことがわかり、話す通りに書くという人間の言語はあまり意味がないと思われていることに気がつきます。

それが「表意文字」です。
b0213435_13175799.jpg

映画の後半で、ルイーズはついに1対1で「彼ら(実際には1個体のみ)」と直接コミュニケーションをとることに成功します。
そこで彼女が観たものは・・・!
その先はぜひ映画をご自分の目で観てください♪ 
あ、そうそう!私にとってこの映画はSFのカテゴリーではない派です。106.png

古代マヤ文字の世界も同じように「表意文字」や「象形文字」「象表文字」と呼ばれる類のものです。
マヤ考古学者であるデイヴィット・スチュワート博士は、非言語的で象徴的な発想をマヤ語に見つけたのです。

マヤの書記たちは、様々な記号の中から好きなものを組み合わせて文書を書いていたというのです。
単に言葉を記すだけでなく、遊び心があって芸術性に優れたものを生み出している感覚。

絵文字や芸術的センスこそが、マヤの人々の複雑な精神世界や神話の世界観を現わしていたのだということ。

ブログ記事リンク:高度で神秘な文字体系をもつマヤ文字



映画の中で登場するルイーズの可愛い娘。
名前は「ハンナ」

ルイーズはハンナに伝えます。
「ハンナという名前は特別な名前なのよ。Hannahは前から読んでも後ろから読んでも同じようにハンナって読めるのよ」

ルイーズは彼らに出会って「未来と過去はつながっている」ことを知ります。
「時」の流れは止めることはできない。でも時の流れに縛られないで生きることは出来る!

テトラポッドの中でアボットと名付けた地球外生命体は最後にルイーズにこう伝えます。

「Weapon opens time」
武器は 時を開く

この「Weapon」は「武器」ではなく「言語」でした。

芸術人類学研究所所長で思想家の中沢新一先生は、レヴィ=ストロースの影響を大いに受けたと語っておられますが、彼の著書「芸術人類学」でこのように書いています。

「レヴィ=ストロースは自分のつくりあげている『構造人類学』の中心的な主題は、人類の心の中の『無意識』の領域である、と繰り返し語っています。その領域を探求するために、私たちは言語学の視点からの手助けを借りているのだというのです。ところが私の見るところ、『無意識』は言語の構造そのままではありません。言語は、世界についての合理的理解をもたらすために、論理の仕組みにしたがって作動しています。…私はそういう『無意識』の領域で働いている知性の働きを、精神医学者のマッテ・ブランコから借用した言い方で、『対称的思考』とか『対称性論理』とか呼ぼうとしています。対称性の論理にしたがって動いている『無意識』は、言語のモジュールとはちがって、ものごとのカテゴリーを分離するのではなく結びつけてしまおうとしますから、そこでは言語の合理性が一生懸命取り除こうとしている矛盾した思考などというものも、大手をふって通用しています。…そこでは過去も現在も未来も、同じ『場所』に共存することができます。」 芸術人類学

芸術人類学

中沢 新一/みすず書房

undefined




中沢新一先生が「言葉のある『宇宙のすべての形ある物質である色』の世界」と「言葉のない『実体がなく空虚である空』の世界」を瞬時につなぎ、分断しては繋ぐ「即」なのだよねーと深く感動したのです。

記事リンク:ボンズヴェール「森」の年に向かって



言語と非言語は別のものではなく、実は陰陽のように一対になっているのだと思います。

メソアメリカやマヤの神々の多くには「二元論」があって、一人の神が善神であると同時に人間にとって脅威の存在にもなるとか、相対する別の神格をもつ神の姿として表現されたり、コインの裏表のように別個の神の特性が共存して出現したりします。

言語だけでコミュニケーションするには限界があります。
かといって非言語コミュニケーションが普通にできることはあり得ません。無意識的な領域の現れですからね。

とすると、中沢新一先生の言われるように人間の意識を超えたものを見る、想像や常識を超える体験を脳がする、未開社会や原初の世界に踏み込んでみることで見えてくる時間を超越した世界があるのではないかと深く思えるのです。それが「芸術」に繋がっているのだとすれば、私も「YES!」と感じるのです。


メッセージの言語学者ルイーズが映画の中で書いた「ユニバーサル言語」の素になっている世界観、中沢新一先生が描く「対称性人類学」や「芸術人類学」の世界観、そしてユヴァル・ノア・ハラリ氏のベストセラー「サピエンス全史」に描かれている世界観は皆共通しているように感じます。

サピエンス全史 上下合本版 文明の構造と人類の幸福

ユヴァル・ノア・ハラリ/河出書房新社

スコア:






言葉は文字でなくて、絵や記号や点や象やトーテムポールだっていいわけよね!
(^^)/

マヤカレンダー2018はこちらからどうぞ♪



[PR]
皆さんこんにちは。
クリスマスデコレーションやイルミネーションが本当に綺麗な季節ですね!
b0213435_17415033.jpg
「夜になるのが楽しみ♪」という心理的効果の象徴としては「陰・暗・静」が主体になった冬至の時期の内なる世界を、「光」「火」で照らし夜を明るくすることで「希望」「救い」が輝きの象徴として具現化されるという意味ですね。

ゆえに「キリスト生誕」は希望と救いの象徴として、「クリスマス」なるビックイベントを継承させることが可能となったのだと思います。

b0213435_17410071.jpg

いつも定期的にマヤ鑑定セッションをご利用いただいているお客様に「驚異的な引き寄せ」がおこっていまして、私も本当にビックリしてしまうほどの共時的なGood Luckな連続現象です。

こんなことある?

なくらい偶然が次々にシンクロして「天恵」になってる!なわけです。

マヤ暦には「ナーカルバースデー」というマヤ暦の誕生日があります。
その誕生日の前2週間から後2週間は、光の蛇ククルカンが聖なる暦のなかを蛇行しながら上昇します。

同時にその人の「ナーカル生命樹」全体に光があたります。
例えていうなら、人間ドックに入って、身体全体をどこもかしこも全部調べられ、CTスキャンされて、影がないかどうか調べる。みたいな内面ドックの周期なのですが!(笑)162.png177.png165.png

で、問題がまったくないどころか、純粋で誠実で、天のことわりに準じて命を丁寧に紡いでいる敬虔深い魂には、クリスマスのイルミネーションのようにキラキラと光が輝いて内面を照らすわけです!

b0213435_17575874.jpg

そうすると、あまりにビックリするような引き寄せがおこり、天の祝福や恵みを体感できるということです。

誰でも人間ドックで良い結果を聞きたいじゃないですか。
影がある、とか言われたくないでしょ~

なので、自分の心や魂がピュアであるかを自分自身が見張っていること。
マヤ神聖暦の世界や天の摂理に素直であるかどうか確認し、心と魂の健康状態をチェックしてみることは大事ですね。

純粋な人におこる天の引き寄せは、創造を遥かに超えた次元での引き寄せがおこるから!!!です♡

162.png

これからクリスマスイブまで「香」の周期です。
そして25日から「イヌ」の周期。
あなたのマヤ生命樹はお元気でピュアですか?

確認にいらしてみてはいかがかしら?(^_-)-☆



人気占い師ならエキサイト

[PR]