人気ブログランキング |

タグ:10月の運勢 ( 2 ) タグの人気記事

ようやく空と風が「秋」らしくなってきましたね。
今年の夏は気温だけでなく災害や世界情勢も含め、マヤ的には本当に強烈な夏でした。

きょうから10月(^^)
今年も四分の三が終わりました。残すところあと3か月!150.png
10月は国内政治では解散・総選挙もあり、北朝鮮問題も緊張感をもって見守る必要があるわけですが、果たして10月はどんなマヤの神々が時の座に着座されにやってくるのでしょうか?

まずは全体的な運を司る時の流れをみてみましょう!

10月7日まで 嵐周期
8日から20日 道周期
21日から ヘビ周期
満月 イヌ12
新月 トカゲ13


今年3月、春分の日を担いだナワールは北の精霊「イヌ」でした。
2月に「北の年(風年)」になり春分も北の精霊が主役だったため、風の守護神ククルカンは安定した秩序と理を天界に保持して着座されていました。

ところが夏7~8月に強烈な東西のエネルギーが解放されて迎えた9月、秋分を担いだナワールは東の精霊の王「香」です。
救いの守護神ククルカンは、地上に降臨したのち「嵐」周期の神トラロクと融合しました。

そして宇宙の創造神であり大地の四隅で天を支えるバカブ神の命により、東西の力を制するとともに南北の神々の力とバランスをとるよう時の座につかれました。


b0213435_13051973.jpg
さて・・・

ようやく秋が到来する10月、マヤ暦的にも成熟と豊穣の女神が恋神話の元型とともにやってきます。

b0213435_14490984.png

マヤウェル

ここで1つ古代マヤの恋神話を紹介しましょう♡

道の周期を守護する女神「マヤウェル」は、「ケツァルコアトル(ククルカン)」に誘惑されて恋に落ちた美しい女神です。
関係をもった二人は抱き合ったまま、絡み合うようにして1本の樹に変身しました。162.png

ところがその様子をみていた嫉妬深いマヤウェルの母は、怒り狂ってその樹をまっぷたつに引き裂いてしまいました。
149.png137.pngオーマイガー!!

ケツァルコアトルは元の姿に戻れたのですが、マヤウェルは死んでしまいました。
美しい女神の死をとても悲しんだ風の神ケツァルコアトルは、嫉妬深いツィツィミトルの手下どもに遺体が食べられてしまわないよう、彼女の骨を拾い集めて畑に埋めました。

するとどうでしょう!
マヤウェルの骨はみるみるうちに成長し、「マゲイ(maguey)」というリュウゼツランとなりました。
b0213435_14525853.jpg

また、マゲイの樹液から白いお酒「プルケ(Pulque)」が造られることから、プルケの守護神とも呼ばれるようになり、ほろ酔い気分にさせてくれる酔わせる酒の女神ともいわれるようになりました。

b0213435_14500003.jpg
道周期のあとにやってくる「ヘビ」周期も、血に熱く情熱的ともいわれる希望と光と火の神です。


10月は恋や目標に向かって、ポジティブに受け止めていくとグッドラックを引き寄せるよ!な月になりそうです。

選挙とかいろいろありますが、そこには愛・情熱・血が騒ぐ・天の摂理が主たる目的や人の心になければ、成就はしないということになりましょうか。。


運勢が良いデイサインは
1位 道
2位 ウサギ
3位 風
4位 ヘビ
5位 死
6位 トカゲ




168.png109.pngココがポイント!

「愛」のレッスンと前進・恋愛成就を願うならチャンスの秋10月♡

愛情関係がうまくいかない
愛するのも愛されるのも下手
幼少期のトラウマや、十分に愛を感じることができなかった経験、過去の愛の傷などにより「愛されなかったら、受け入れてもらえなかったら怖い、どうしよう(´・ω・`)」と感じてしまい、愛に対して壁をつくってしまっている人がいたら、マヤウェルの力に委ねてみましょう。

白いお酒の力を借りるのもOKですし、一本の樹に絡み合う思い切った経験に踏み出してみるのもOK。
マヤウェルの化身で乳白色マゲイのもつエネルギーは、あなた自身の愛を傷を癒し、浄化して、愛に対する恐怖を優しく融解し、心がオープンになれるようサポートしてくれます。

愛に絡まりついた執着や嫉妬の化身ツィツィミトルに負けないよう、純粋で素直な愛の力を取り戻していきましょう。

愛のお悩みは10月のうちに解決しちゃいましょう!

人気占い師ならエキサイト


ちなみに今年のハロウィン10月31日は「ワシ11」です。

秋の収穫を祝い、悪い霊を追い出すお祭りですが、仮装して「Trick or treat! (お菓子くれないといたずらするぞー)」と歩き回るわけですが、マヤ的には太陽の戦士「ワシ」の日より冥界の王「ジャガー」が座してる30日のほうが、効き目があるような気がしますが。(笑)
b0213435_14492362.jpg

マヤ占い10月の運勢

久しぶりのブログ更新となりました。

勢いがあるときは更新する内容が次々と頭に浮かんできて頻度も上がるのですが、エネルギーが落ちてるときはダメですね~(^_^;)

ニューヨークウォール街の抗議デモには今や全米から若者たちが集まり、公園で寝泊りしながらの抗議行動を続けているようです。ごく少数の富裕層が富を独占し、経済格差が広がっている!として社会を変える必要があると主張しています。
日本の福島では放射能による子どもの甲状腺異常が見られるとニュースになり、被害が拡大する可能性も否めません。

この腐敗した世界に有効なデモとなるでしょうか?!
あるいは日本の未来に救いの道はあるのでしょうか・・・

b0213435_13355244.jpg

エレニン彗星の崩壊説が浮上してから、そのことに深い疑問を抱いた私はその疑問を解消するため多くの時間と検索が必要でした。
果たして「エレニン彗星」とはいったい何を意味するのだろう?!
そう頭脳が思考するとき、私は肉体的、物質現象的、そして霊的にもサタンの攻撃に耐えなくてはなりませんでした。

私は「死」を怖いものとは考えていないので、戦いに勝つか負けるかのみが課題で挑戦です。ようやく不気味な胎動の正体と真相に接近しつつあると思っていますが、並行して日常的生活の維持は止めるわけにもいかないため、まるでこっちの世界とあっちの世界に両足を踏ん張って仁王立ちしている感じです(~_~;)

そして私の頭の中で鳴り響く角笛の音。。
「時は来たり」「背筋を伸ばし天を仰ぎみよ」「山へ逃げよ」
声なき言葉は以前にも増して、私を光の働き手としての使命へと駆り立てています。

人はこの世界で窮地に追い込まれると、無意識に「神」「仏」「宗教」「精神世界」「占い」など見えないものに救いを本能的に求めます。
また音楽や芸術、踊りやスポーツに心のより所や救い・癒しを求めることも、人間の習性の1つですよね。
でも弱い自分が前面にでて強くなってしまうと、酒、性の快楽、薬などに依存してしまいます。
そしてこれらは実は「平和」があることが前提です。

みなさんは人情味あふれる民族としての血を継いだ日本人として生まれ、教育制度も安定していて治安もよく、医療もうけられる国家に住んでいます。
地球規模でみれば、それは決して当たり前で普通なことではありません。
貧困、戦争、枯渇、不毛、干ばつ、不衛生・・

しかし皮肉なことに人間、脅威体験が乏しいと危機管理の認識が出来にくいことにつながらないとも限りません。そのような能力が活かされていなかったために原発事故や大津波による被害も拡大してしまったのではないでしょうか。

マヤの暦は2012年12月21日に1つの長いサイクルが終わります。
そしてこの終わりはあらたな始まりを生み出します。
そのように時代が変化するとき、地球は大きな呼吸と鼓動を繰り返します。
2011年から既に大きなうねりが地球に押し寄せてきているのは皆さんもご存知のとおりですよね。 そしてこれから地球はどうなってしまうのだろう?大丈夫だろうか?!と不安に思われるかもしれません。

このような時だからこそ「大地の鼓動」を感じてみてほしいと思います。

人と人、ものとモノ、時間と時間、意識と意識、自然と人間、天と地、光と闇が強く干渉し合っているところの「気」と不気味な符号の存在を感じてみてください。

アセンション以降の無次元世界では、距離やスピードなどの観念は存在していません。意識と無意識が融合しているので、想念は瞬時に伝わるため、思いを伝えあうという行為自体が無意味になります。

2013年以降にやってくる新しいサイクルの波にのるためには、今から自分の感覚を訓練しておくことは大切ですよ♪

9Naniaが夢で受けとったメッセージは「Big Wave」だったそうです!:)


マヤ暦占い~10月の運勢~

10月前半が「ワシ」、後半が「ウサギ」のトレセーナとなっています。
「ショチケツァール」と「シウテクウトリ」が周期を見守る守護神です。

今月は全体的に躍動感、高揚感、飛翔感が高まる周期サイクルです。
積極的に日常に変化を求めていきましょう!
芸術や音楽には特に力を注いでくれる神様ですので、仕事やプライベート、恋愛にも積極的に取り入れてみてくださいね。

また天の事象的にも社会的・経済的にも地球上では大きな揺さぶりがありそうです。が、ビックウェーブには乗り遅れないように備えは大事です。油断は禁物。
自分の意識を見張っていれば、波は必ずわかります。

全体運が良いサイン:ワシ、ウサギ
近い未来運、夢の実現の可能性があるサイン:シカ、祖先
仕事運、結婚運のよいサイン:水、風
恋愛運、新しい出会いのあるサイン:ワニ、ジャガー

マヤの唯一神で天空の殿「フナブ・ク(Hunab-ku)」が告げる予言の1つを紐解いています。

「三度の月の満ち欠けの間、ケツァル鳥の羽が現れる。それから力に充ちている神、九の山々の神、ケツァル鳥の羽が現れる。・・・その頭は”ジャガー”、その歯は長く、その身体は兎の身体、イヌの身体である。その心臓は槍で刺し貫かれている。・・・」チラムバラムの予言書

9Naniaは星座と惑星からヨハネの黙示録を紐解いています。
マヤの予言も星辰が教えてくれるかもしれません^^!

関連する記事:
古代マヤの思想哲学&マインドフルネス

マヤの象徴と太陽の時代

地球の胎動とマヤ神話

天使と悪魔 神の粒子と宇宙の幽霊

アセンションとミラクルワールド

2012年以降「マヤ暦」はどうなる?! 

見ると幸せになれる♪(ワシの周期についての説明)